スポンサーリンク

2015 11/20

亜美「いおりーん!」真美「太陽拳やってー!」



1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:04:10.438 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net


伊織「できるわけないでしょうが!」

亜美「えー…」

真美「できないのー?」

伊織「なんでそんなにあからさまにがっかりされないといけないのよ…」






スポンサーリンク


3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:06:25.985 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

亜美「だって『いおりん』と『クリリン』って似てるじゃん」

伊織「名前だけじゃないの!」

真美「あとおデコの広さもそっくりだよ!」

伊織「誰がつるっぱげよ!」


7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:07:34.970 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

亜美「じゃあ気円斬で我慢するよ…」

伊織「何一つ譲歩になってないのよ!」

真美「えぇぇ!?気円斬も無理なのぉ!?」

亜美「そんなぁ…」

伊織「逆になんでできると思ったのよ…」


9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:08:43.466 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

春香「こらこら、2人とも…」

亜美真美「「はるるん!?」」

伊織「そうよ、言ってあげて春香」

春香「せめてもっといいキャラにしてあげなよ…」

伊織「そういう問題じゃないのよ!」


12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:09:58.533 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

亜美「え?はるるん、クリリン嫌いなの?」

春香「嫌いとかじゃないけど…あんまり強くないじゃん」

真美「はぁ…じゃあはるるんの好きなキャラは誰なのさ?」

春香「やっぱりベジータとか…」


13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:11:15.702 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

亜美「うわぁ、出たよぉ!」

春香「え?」

真美「はるるん、やっちゃったね…」

春香「な、何が?」


14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:12:23.500 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

亜美「女子にありがちなんだよねー、ベジータ好きって」

真美「どうせあれでしょ?ツンデレにやられたんでしょ?ツンデレに」

春香「いや、そんなに深く考えて言ったわけじゃ…」


16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:13:33.558 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

亜美「ツンデレ=いおりんみたいな…そんな簡単な方程式を使ってほしくはなかったですな」

真美「全くですな」

春香「でもツンデレならいいんじゃないの?」

伊織「あんたが普段私をどう見てるかがよくわかったわ」


17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:15:14.750 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

亜美「あのね、はるるん。ベジータがツンデレとか言ってるけどね、最初に殺しにかかってきたやつが特に謝罪もなくいきなり味方面し始めたらどう思うよ?」

真美「ウザいとかいうレベルじゃないよ?」

春香「た、確かに…」

亜美「全然友達にしたいタイプじゃないよ」

伊織「スケールが大きいんだか小さいんだかわからない話ね…」


21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:16:13.659 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

亜美「その点クリリンは最初から悟空の友達!」

真美「よく叩かれる人造人間編の18号の自爆スイッチを押さなかったのも見方を変えれば愛に生きる人…まさにいおりん!」

伊織「亜美…真美…」

春香「でも、弱いことに変わりはないよ?」

伊織「いや、せっかくきれいに収まりかけたんだからもういいじゃない!?」


24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:17:02.569 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

亜美「弱いって言っても地球人最強だよ?」

真美「気円斬はフリーザにも効くし、太陽拳はセルだって真似するほどの技だよ?」

亜美「才能に頼らずテクニックで勝利を掴む様はまさにいおりん!」

伊織「あ、あんたたち…」


25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:17:45.412 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

春香「でも死ぬ回数一番多いよ?」

伊織「あんたは本当にクリリンになんの怨みがあるのよ!?親でも殺されたの!?」

亜美「いおりんはそんなことしないよぉ!」

伊織「今クリリンの話してたでしょうが!」


27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:18:20.846 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

P「おいおい、無駄話してないで春香と亜美真美は仕事だろ?そろそろ行くから下に降りとけ、あと最強は悟飯だから」

伊織「あんたも参戦するんじゃないわよ!」


28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:19:46.410 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

亜美「は?ブウ編で舐めプした挙句ブウを強化させたやつがなんだって?」

P「は?あいつ以外のサイヤ人ニートなんだけど?誰のおかげで飯食えてると思ってんだよ?」

真美「はい残念でした~、牛魔王の遺産ですぅ~、あと悟空も超では働いていますぅ~」

春香「カプセルコーポレーションに勝てる金持ちを連れて来なよ」

伊織「いいから早く行きなさいよ!」


29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:21:52.979 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

P「それじゃあ行ってくるわ、すぐ帰ってくるから。そしたら次は伊織の好きなキャラ聞かせてくれ」

伊織「帰ってこなくていいわよ!」

真美「いおりんはムラサキ曹長って言ってたよ!」

伊織「そんなわけないでしょ!?」


30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:23:05.272 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

春香「じゃあね~」

バタン

伊織「…」

伊織「…がっかりさせちゃったかしら」


31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:23:54.428 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

伊織「亜美と真美とは中々遊んであげれなかったものね…」

伊織「私が太陽拳を使えたら…あの2人は喜んだのかしら…」

伊織「…」


32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:24:59.981 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

しばらくして…

P「ふぅ、春香、迎え遅くなってごめんな?」

春香「2人を家まで送った後だからしょうがないですよ」


33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:26:54.759 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

ガチャ

P「ただいま戻りまし…」

伊織「はぁぁぁぁぁぁぁぁ!か~~め~~は…!?」

P「…」

春香「…」

伊織「…」


34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:27:43.479 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

伊織「お、おかえり…」

P「お、おう…」

伊織「…」

P「…」

伊織「あ、あの…」

P「大丈夫!何にも見てないから!」

伊織「それ見てる時しか言わないのよ!」


35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:28:41.929 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

ポパピプペ

伊織「ん?」

春香「あ、もしもし?双海医院ですか?」

伊織「大丈夫!頭も精神も大丈夫だから!」ピッ


36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:29:23.902 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

春香「伊織…大丈夫…大丈夫だから…」

伊織「本当に大丈夫よ!」

P「辛かったな…」

伊織「そうじゃないって言ってるでしょ!」


37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:31:15.389 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

P「なるほど…」

春香「そういうことか…」

伊織「えぇ…その…できるだけ期待には応えたいじゃない…べ、別にあの2人のためとかじゃないんだからね!?」

P「なるほど、亜美と真美のためにか…」

伊織「だから違うってば!」


38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:32:29.703 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

春香「伊織…それにしても…」

伊織「わ、わかってるわよ…」

春香「いきなりかめはめ波からはダメだよ」

伊織「できないことくら…は?」


40: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:33:04.934 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

P「そうだぞ?焦る気持ちもわかるが何事にも段階があるんだ」

伊織「いやいやいやいや、あんたたち何言ってるの?」

春香「いい?伊織、まずはこの20キロあるリボンを頭につけて…」

P「俺が『P』って書かれた石を投げるから…」

伊織「漫画の読みすぎよ!っていうかそのリボン20キロもあるの!?」


41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:33:48.469 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

P「まぁ、確かに俺たちは武術に関しては素人だな…」

伊織「いや、問題はそこじゃないのよ」

春香「だとすると…」


42: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:34:46.331 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

真「それで僕のところに…」

P「あぁ」

伊織「いや、あんたどんな感情してたら真顔でこの話聞けるのよ?」


43: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:35:23.260 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

春香「真ならかめはめ波くらい撃てるかなって思って…」

伊織「どんなイメージよ、それ」

真「まぁ撃てるけど…」

伊織「あ、撃てるんだ…じゃないわよ!どうやって撃つのよ、あんなもん!」


45: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:36:17.138 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

P「どんな風にって…」

真「こんな風に」バシュウ

伊織「…」

真「伊織…厳しい道になるけど…やるかい?」

伊織「もうこうなりゃなんでもやってやるわよ!」


47: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:37:12.909 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

真「よし、よく言った!じゃあまずはこの20キロのジャージを着て『真』って書かれた石を…」

伊織「結局それかい!」

P「こうして伊織の血の滲むような特訓が始まった」


48: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:37:53.341 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

真「いいかい?武道っていうのは勝つために励むのではなく、己に負けないために励むものであって…」

伊織「それあんたの教えじゃなくて亀仙人が言ってたやつじゃない!?」


49: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:38:43.525 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

真「今日は誰かと組手を…」

響「自分にやらせてくれ!」

真「響!?」

響「ここらでお遊びはいい加減にしろってとこをみせてやりたいぞ!」

伊織「死亡フラグをたてるな!」


50: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:39:52.106 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

響「はっ!『ソーキ弾』!」ブンッ

伊織「そばみたいに言うな!」スッ

響「ふはははは!どうだ!操作は一切できないがソーキそばの香りがする『ソーキ弾』は?」

伊織「何その無駄性能!?」スッ


52: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:42:25.787 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

響「勝手に動き回るから制御は一切効かな…」

ブン

響「え?」

ドカァァァァァァアン

響「…」

真「ヤム…響ぃぃぃぃぃぃい!?」


53: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:43:27.540 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

千早「はっ!!はっ!!はっ!!はっ!!」

P「(効果のないバストアップ体操は)や、やめろ、千早!もういい!」

伊織「あんたぶち殺されるわよ!?」


54: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:44:56.270 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

千早「ち、違います!バストアップ体操なんてしてません!私はただ気功砲の練習をしていただけで…」

伊織「あんたはそれでいいの?」

千早「はっ!はっ!はっ!はっ!」

ガチャッ


55: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:45:41.569 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

貴音「おはよう…」ドタプ-ン
あずさ「ございます~」ドタプ-ン

千早「はっ…はっ…はっ…」

千早 フラァ

伊織「いや、なんで!?」


56: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:46:22.708 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

律子「小鳥さん!いい加減に仕事してください!」

美希「小鳥!ミキのいちごババロア食べたでしょ?」

伊織「え?何?これも関係あるの?」


57: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:46:52.728 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

小鳥「ピヨ!?まずい…」ダッ

律子「逃げた!」

美希「させないの!」ガシッ


58: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:47:45.914 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

小鳥「くっ!美希ちゃん、離して」ジタバタジタバタ

美希「もう、ジタバタしないの!」

律子「くっ…狙いが定まらない…」

伊織「何の狙いよ!?」


59: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:48:33.429 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

美希「律子…さん、ミキごと…ミキごとやるの!」

律子「で、でも…」

美希「早く!」

小鳥「ピッ…ピヨォォォォ!!」ジタバタ

美希「早く!」


60: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:49:09.956 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

律子「…覚悟はいいのね?」

美希「やるのーーー!」

小鳥「まっ…待ってーーー!」

律子「魔貫光殺法!!!!!」ズォビッ

伊織「いや、あんたもできるんかい!」


61: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:49:37.934 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

小鳥「ピッ…ヨッ…」バタッ

美希「な…の…」バタッ

伊織「大体このシーンにクリリンいないじゃない!」


63: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:51:15.795 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

黒井「また会ったな、三流プロダクション」

P「げっ…」

美希「黒井社長なの…」

伊織「前回はよくも私のソロ曲イベントを妨害しに来てくれたわね!」


64: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:52:02.676 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

黒井「ふっふっふっ、今日のフェスでわがジュピターに負けるやつらの顔を拝んでおこうと思ってな…」

P「なんだと!?」

黒井「こっぱみじんにしてくれる…前回のアイドルのようにな…」

美希「前の…アイドル…」


65: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:52:51.158 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

黒井「なんだ?」

P「こ、これは…」

美希「デコちゃんのことかぁぁぁぁぁぁあ!」シュウシュウシュウシュウ

伊織「私死んではないわよ!?そんでデコちゃん言うな!」


66: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:53:31.206 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

P「あれこそがゆとり教育を受けながら激しい怒りによって覚醒したスーパープロジェクトフェアリーだ…」

伊織「ゆとり教育を優しい心みたいに言うんじゃないわよ!」

黒井「ふん!それがどうした、我が事務所の今年度の予算額は53万だぞ?」

伊織「しょぼ!?」


67: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:54:59.514 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

P「こうして、厳しい修業の末…」

伊織「いや、ほとんどツッコんでただけなんだけど!?」

真「いや、もう力は十分なはずだよ!僕が保証する!」

伊織「あんたに至っては、後半ほとんど見てすらいなかったじゃない!」


68: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:55:42.558 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

P「え?でももう2人呼んじゃったし…」

伊織「あんたはあんたでいらんことしかしないわね!」

ガチャッ

亜美「いおりーん!」

真美「用って何ー?」

真「ほら、もう来ちゃったし…」

伊織「くっ…わかったわよ…やればいいんでしょ!やれば!」


69: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:56:32.446 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

伊織「亜美、真美、今から凄いもの見せてあげるわ…」

亜美「え?なになにー?」

真美「気になるよぉ!」

伊織「まぁ見てなさい」


70: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:57:21.915 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

伊織「はぁぁぁぁぁぁぁぁあ!!」

亜美「い、いおりんの戦闘力が…」

真美「どんどん上がっていく!」

小鳥「21000…22000…」ボンッ

小鳥「ピヨォ!?」

亜美「ピヨちゃんのインカムが壊れた!?」

真美「あれスカウターだったの!?」


72: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:58:56.286 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

伊織「はぁぁぁぁぁぁぁ!太陽拳!!」カッ

亜美「うわぁ!?」

真美「まぶちい!?」


73: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:59:30.342 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

伊織「気円斬!!」ブゥ---ン

亜美「出た!」

伊織「とうっ!」ギャン

小鳥「ピヨォ!?」

真美「ピヨちゃんのプライベート用のパソコンが真っ二つに!?」

亜美「ほとんどえっちぃ画像しか入ってないからセーフ!」


74: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 04:00:19.022 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

小鳥「せ、せめてこれだけは守らないと…」

亜美「あ、やよいおりの同人誌だ!」

真美「あみまみ本もある!やっちゃえいおりん!」

伊織「か~め~は~め~…」

小鳥「や、やめ…」


77: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 04:03:07.674 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

伊織「波ぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

小鳥「いやぁぁぁぁぁぁあ!?」

亜美「いおりん凄い!凄い!」

真美「さっすがいおりん!」

伊織「はぁ…はぁ…で、できた…」


78: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 04:04:00.451 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

亜美「いおりん、まさか亜美たちが言ったから練習してくれたの?」

伊織「べ、別にそんなわけじゃ…」

真美「いおりん大好き!」ギュッ

亜美「亜美も!」ギュッ

伊織「ちょっ!?やめなさいよぉ!」


79: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 04:04:27.321 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

亜美「え~?やめていいのぉ?」

伊織「あたりま…」

真美「顔がにやけてるよ?」

伊織「!?」

亜美真美「「んっふっふ~」」

伊織「もう!」


80: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 04:06:14.059 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

P「ふぅ、一見落着…」

真「ですね…」

P「まぁ小鳥さんのダメージのケアはしないといけな…」

小鳥「ぐへへへへ…いおまみ…いおあみ…ふひひひ…」

真「…大丈夫みたいですね」

P「だな…」


82: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 04:08:27.046 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

P「まぁ何にせよ、これで万事…」

社長「あー、キミキミ、それから菊地くんも…」

P「社長?」

真「どうかしたんですか?」


83: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 04:11:44.171 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

社長「水瀬くんのかめはめ波と気円斬のせいで事務所がボロボロなんだが…」

P真「「あっ…」」

社長「修繕費は2人の給料から引いておくからね…」


86: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 04:13:47.860 ID:0IvRD/fy0HAPPY.net

真「ぷ、プロデューサー!?」

P「でぇじょうぶだ」

真「え?」

P「ドラゴンボールで何とかなる」

終わり





転載元:亜美「いおりーん!」真美「太陽拳やってー!」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1447956250



スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SS765プロ伊織亜美真美

(1)

AFTER モバP「モンスターちえりん」

BEFORE 梨沙「秋だから」

いおりんはどうしてこれほど理不尽な状況が似合うのか
[ 2015/11/23 01:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

亜美「いおりーん!」真美「太陽拳やってー!」

Copyright © 2019全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto