スポンサーリンク

2012 06/29

あずさ「律子さん、占いはお好きですか?」



1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/29(金) 00:29:43.03 ID:CIYkzGMlO


律子「へぇ、タロット占いですか」

あずさ「はい~。律子さんは占いはお好きですか?」

律子「うーん…良い結果なら信じますね」

あずさ「うふふ。私と同じ、ですね?」

律子「ふふ。みんなそんなもんですよ」

あずさ「では、何について占いましょうか?」

律子「占って欲しいことかぁ…あらためて聞かれると困っちゃいますね」

あずさ「うふふ。では……恋愛運、占っちゃいましょうか?」

律子「れ、恋愛!?い、いえ、そういうのは特に必要無いというか……その…」

あずさ「あらあら~。顔、真っ赤ですよ?うふふ」




スポンサーリンク




4以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/29(金) 00:33:44.31 ID:CIYkzGMlO


律子「あ、あずささんのせいですよ!」

あずさ「あら~?私、何かおかしなこといいました?」

律子「ぐ…べ、別に……」

あずさ「はいはい。では、この中から好きなカードを3枚選んで下さい」

律子「……はい。じゃあ…これとこれと…それからこれを」

あずさ「見せてもらえますか?……まぁ!」

律子「ど、どうしました?」

あずさ「律子さん…いま……」

律子「い、いま?いま何ですか?」

あずさ「恋をしてるんですね~!」

律子「…………え?ええっ!?ななな何を…あの…あ、あずささん!?」

あずさ「うふふ。また顔、赤くなってますよ?」




6以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/29(金) 00:39:15.83 ID:CIYkzGMlO


律子「あ、あずささんが…あずささんが変なこと言うから……」

あずさ「あら~!あらあら~!」

律子「こ、今度は何ですか……?」

あずさ「律子さんはその男性のことが……」

律子「ことが…?」

あずさ「大好きなんですね~?うふふ」

律子「あずささ~ん……もう止めましょうよ………」

あずさ「私が言ってるんじゃありませんよ?律子さんが引いたカードが教えてくれるんです」

律子「ホントですかそれ……なんか泣きそうなんですけど……」

あずさ「あらあら。可愛い律子さん、ですね?」

律子「う……またそうやってからかう……」




7以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/29(金) 00:45:36.96 ID:CIYkzGMlO


あずさ「いつぐらいから好きなんですか?」

律子「え?それ、占いなんですか?」

あずさ「ええっとぉ…………………占いです~!」

律子「ぜったい違いますよね……」

あずさ「占いの参考、ですね?」

律子「いや、私に聞かれても……」

あずさ「それで?いつぐらいからなんですか?」

律子「……分かりません。気付いたら、その人のことばっかり考えてました」

あずさ「あら~!本当に好きな人、いたんですね?」

律子「あ、あずささん!?」

あずさ「うふふ。お姉さんジョークです~」

律子「いじめないで下さいよぉ……」




8以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/29(金) 00:50:34.17 ID:CIYkzGMlO


あずさ「いつも考えてるんですか?」

律子「まぁ、だいたい……」

あずさ「お仕事のときは?」

律子「う……」

あずさ「竜宮小町のプロデュースをしているときは?」

律子「………………たまに」

あずさ「あら~。あらあら~」

律子「ごめんなさい……」

あずさ「伊織ちゃ~ん!亜美ちゃ~ん!」

律子「よ、呼ばなくていいですから!ってか、呼んじゃダメです!」

あずさ「あら~、残念」

律子「どうかご勘弁を……」




10以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/29(金) 00:57:54.81 ID:CIYkzGMlO


あずさ「どんなところが好きになったんですか?」

律子「えっと……何というか…放っておけないところ…かなぁ?」

あずさ「律子さん、面倒見がいいですからね」

律子「性分なんです……」

あずさ「その人のこと、何とお呼びしてるんですか?」

律子「い、言えませんよそんなの!」

あずさ「では……私、当ててみてもいいですか?」

律子「えっ!?えっと…それは……」

あずさ「プ

律子「わぁー!わぁー!!あずささんストップ!!!」

あずさ「あら~?」




12以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/29(金) 01:07:33.20 ID:CIYkzGMlO


律子「ホ、ホントに泣きそうになってきました……」

あずさ「私、『プライベートのことはよく分からないわよねぇ』って言おうとしたんですけど~」

律子「……あずささん?」

あずさ「はい~」

律子「ぜったい嘘ですよね!全部分かってて言ってますよね!私…私……」

あずさ「ご、ごめんなさい律子さん。私、意地悪が過ぎちゃったみたいです」

律子「うぅ……あずささんのばかぁ……」

あずさ「うふふ。赤くなった律子さんが可愛かったから、つい」

律子「私…可愛いくないです……自分で分かってます…」




14以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/29(金) 01:15:33.01 ID:CIYkzGMlO


あずさ「そんなことありませんよ?律子さんはとっても可愛いです。ただ、ちょっと意地っ張りで素直になれないだけ」

律子「だって……恥ずかしいから……」

あずさ「素直になるのが、ですか?」

律子「はい……」

あずさ「う~ん…難しいわね~」

律子「それに…寸胴だし、メガネだし、パイナップルだし………」

あずさ「そ、それはあんまり関係が……」

律子「可愛くなんてなれないですよぉ……」

あずさ「あ、あら~。どうしましょう…」」




15以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/29(金) 01:22:45.46 ID:CIYkzGMlO


律子「あずささんは……」

あずさ「私?私が、どうかしましたか?」

律子「好きな人いますか?」

あずさ「……はい」

律子「たぶんですけど…私の知ってる人」

あずさ「……はい。たぶん」

律子「たぶんですけど、その人が大好き」

あずさ「はい。たぶん」

律子「それから…たぶんですけど、私と同じ人」

あずさ「はい」





18以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/29(金) 01:42:04.10 ID:CIYkzGMlO


律子「ズルいですよ、あずささん」

あずさ「どうしてですか?」

律子「私とその人をくっつけて、自分は身を引こうとしたんでしょ?」

あずさ「私は……」

律子「そういうのは嫌です…」

あずさ「……ごめんなさい」

律子「……あずささんも素直じゃないですね」

あずさ「……知ってます。よ~く」

律子「ふふ……」

あずさ「うふふ……」




19以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/29(金) 01:48:50.01 ID:CIYkzGMlO


律子「プロデューサーとしては、アイドルに恋愛を推奨するわけにはいきませんけど……」

あずさ「けど?」

律子「私が好きになったのもアイドル時代でしたから」

あずさ「うふふ。それも知ってました」

律子「えっ!ホントに!?」

あずさ「律子さん、意外と分かりやすいんですよ?」

律子「むぅ……お恥ずかしい……」

あずさ「あらあら~。またまた顔が真っ赤に」

律子「良いですもん!女の子ですもん!」

あずさ「はい。とっても可愛い」

律子「そういうことにしておきましょうか」




22以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/29(金) 01:57:50.73 ID:CIYkzGMlO


あずさ「なんだか、中学生くらいのころを思い出しちゃいますね?」

律子「ふふ。同じ人を好きになって」

あずさ「抜け駆けしないって約束して」

律子「抜け駆けされちゃう!」

あずさ「はい~!」

律子「あずささんもそうでした?」

あずさ「奥手なので……」

律子「あずささんから告白されたら、ぜったいオッケーしちゃうと思いますけどね」

あずさ「律子さんだって、ですよ?」

律子「自分が告白してる場面が想像できません……」




23以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/29(金) 02:09:33.33 ID:CIYkzGMlO


あずさ「今回はどうでしょう?」

律子「うーん……何やら、倍率が高そうな気もしますけど」

あずさ「うふふ。あんな人なのに」

律子「まったくです。あんな人なのに」

あずさ「いまごろクシャミしているかもしれませんよ?」

律子「営業中、かな?いまは」

あずさ「頑張っているんでしょうか?」

律子「頑張ってもらわないと。私たち、惚れ損になっちゃいます」

あずさ「うふふ。そうですね」





24以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/29(金) 02:16:19.53 ID:CIYkzGMlO


律子「仕事に戻りましょうか」

あずさ「はい。私たちも頑張らないと、ですね?」

律子「ですね。頑張れなくなったら、また占ってもらいます」

あずさ「占い、お好きなんですか?」

律子「うーん……」

あずさ「あら~?」

律子「ふふ。あずささんの占いは、ね?」

あずさ「……うふふ。はい~!」


お し ま い




25以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/29(金) 02:17:12.87 ID:CIYkzGMlO


終わり
律子さん可愛いです
読み返してきます




26以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/29(金) 02:18:14.56 ID:50DhiQ640


乙 たまにはいじられるりっちゃんも良い




29以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/29(金) 02:20:20.90 ID:4Ml0WybT0


乙。りっちゃんのメガネはずしてペロペロしたい。




引用元:あずさ「律子さんの、占いはお好きですか?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1340897383/

スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SS765プロ律子あずさあずりつ

(9)

AFTER あずさ「いえ~いっ!」

BEFORE 小鳥「まただ……またヤツが来る……」P「誕生日のことですか?」

あずりつ!あずりつ!?
良かった!
[ 2012/06/29 17:55 ] [ 編集 ]
これは良い年長さんコンビ
[ 2012/06/30 03:10 ] [ 編集 ]
あのスタイルで寸胴を自称するなんて、国語辞典でぶん殴られても文句は言えないな
[ 2012/06/30 05:56 ] [ 編集 ]
国語辞典が国語辞典持って襲いかかってくるのか…怖いわ
[ 2012/06/30 17:11 ] [ 編集 ]
72「おかしいわね…私の知ってる寸胴と意味が違うわ。国語辞典はどこだったかしら…」
[ 2012/07/02 09:27 ] [ 編集 ]
いじられるりっちゃんかわいい

※2391
なんでや!72はウエスト細いやろ!
[ 2012/07/07 16:37 ] [ 編集 ]
あずささん「私の占いは、当たる!」
[ 2012/10/21 22:24 ] [ 編集 ]
※8403
「私の占いが、ようやく、外れる…」
[ 2013/03/10 10:15 ] [ 編集 ]
B85-W57-H85
まったく寸胴じゃないんだよなぁ・・・
[ 2013/05/09 21:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

あずさ「律子さん、占いはお好きですか?」

Copyright © 2019全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto