スポンサーリンク

2015 11/09

【ミリマス】P「次の公演での漫才の事なんだけど」茜「知ってた」



1: ◆48hmBD0EUg 2015/11/08(日) 23:55:26.66 ID:mKCpKBTj0


茜「いやーもう来ちゃったかー!茜ちゃんの痛快なツッコミを再び披露する機会がもう来ちゃったかー!」
nnhrakn7.jpg

P「おっ、乗り気だな茜。いい心がけだぞ」

茜「乗り気なもんか!無理矢理テンション上げてかなきゃやってけないだけだから!」

P「ああ、麗花に関しては」

 麗花『すいません、来年の芥川賞狙ってるので漫才はちょっと……』
ktkmrik28.jpg

P「って事でまたの機会な」

茜「2匹目のドジョウ狙ってるんじゃないよ。それにあの人は本読んで育ってきた人だからね」

P「でも、そんなところが良くて麗花を相方に選んだんだろ?」

茜「違うよ!?人選は完全にプロちゃんとモガミンだよ!?」

P「はっはっは。今日も絶好調だな!今日はそんな茜に新たな境地を見せてくれるであろう相方を用意した。おーい、入ってくれ」

ジュリア「邪魔するよ」ガチャッ
julia11.jpg

茜「ここはキミがいるべきところじゃない!早く元の世界に戻るんだ!(裏声)」



前スレ
【ミリマス】P「次の公演での漫才の事なんだけど」 茜「え?」
【ミリマス】P「次の公演での漫才の事なんだけど」茜「また?」
【ミリマス】P「次の公演での漫才の事なんだけど」 茜「はいはい」





スポンサーリンク




2: ◆48hmBD0EUg 2015/11/08(日) 23:58:24.01 ID:mKCpKBTj0

P「さっ、後は二人で頼んだぞー」バタン

茜「どうしたジュリアン。話を聞こう」

ジュリア「その……だな。なんつーか……アレだ。最近スランプって奴でさ」

茜「だよねー割と真面目な話になるよねー」

ジュリア「それでさ、何かこう、ガラッと気分を変えるような何かが必要だと思ってさ。それでチハに相談したんだよ」

茜「あの子は漫才を魔法の薬か何かだと思ってるのかな」

ジュリア「まあ……実際気分を変えようってんなら、アカネとパァーっと馬鹿やるのも悪くないかと思ってさ。付き合ってくれるか?」

茜「……当ったり前っしょーぷぅちゃん!仲間のピンチに何もしないなんて、そんなの茜ちゃんとは言えないかんね!」

ジュリア「お、今の亜美真美の真似か?なかなか上手いな」

茜「さ!ガンガンネタ作ってくよー!」

ジュリア「おう!あたしもできるだけの事はやるよ」


3: ◆48hmBD0EUg 2015/11/09(月) 00:00:20.81 ID:/Nkc0vAP0

茜「ところでジュリアン、ボケとツッコミならどっちがいい?」

ジュリア「さあ……正直、やれと言われればどっちでも行けるとは思うけどね」

茜「なるほどねー……茜ちゃん、ツッコまないという選択肢があるだけで涙が出そうだよ」

ジュリア「……まあ、わからないでもないな」

茜「それじゃ、その辺も考えながら少しずつ練って行きますかー!」

――――
――

P「うんうん、何も問題なさそうだな。ジュリアに」

 ジュリア『最近どうも調子が出なくてさ……だから、アカネと漫才やりたいんだ』

P「って言われた時は何言ってんだコイツと思ったが、この分なら何も心配いらないな!」

――数分後――

ジュリア「ここ、もうちょいサラッと流した方が面白いんじゃないか?」

茜「んージュリアンの言う通り単品で見ると確かにそうなんだけど、ここまでこの流れがあってこう次に繋がって行くわけでしょ?」

ジュリア「あーなるほど……結構奥が深いな」

――――
――

P「うん!大丈夫だわこれ!」


4: ◆48hmBD0EUg 2015/11/09(月) 00:02:36.43 ID:/Nkc0vAP0

――当日・舞台袖――

茜「さて、準備はいいかなジュリアン?」

ジュリア「ああ。何だかんだ、長いようで結構短かったな」

茜「ジュリアン。茜ちゃん、昨日事務所の冷蔵庫にとっておきのプリンを2つ買って来といたんだ」

ジュリア「おっいいなそれ。終わったら祝杯代わりに頂くとするか!」

茜「ごめん、朝見たら空のカップが2つゴミ箱にあった」

ジュリア「食われてんじゃねーか!」

茜「犯人の目星はついてるから。打ち上げはまた今度って事でね」

ジュリア「ははっ……まあいいさ。何ならプリンくらい、あたしが奢ってやるよ!」


未来『続いては!』
ksgmri20.jpg

杏奈『茜さんとジュリアさん!最強のコンビで漫才に挑むよーっ!』
mczkann10.jpg

可奈『二人は天才~♪見事な漫才~♪』
ybkkn20.jpg

未来『それでは、「ハード・デイズ・ナイト」のお二人!どうぞー!』


5: ◆48hmBD0EUg 2015/11/09(月) 00:05:20.51 ID:/Nkc0vAP0

イズガンガンガンガンガンガンガンガンガーン オオッ オオッ

ジュリア「はいどうもーハード・デイズ・ナイトですー!」

茜「ねえねえジュリアン、ちょっとアイドル辞めたくなったりしない?」

ジュリア「はあ?急に何言い出すんだよアカネ……あたしらまだまだこれからだろ?」

茜「あのねぇジュリアン。茜ちゃん、お別れは綺麗にしたいの。いつかのために、綺麗なお別れを練習したいの。わかるでしょ?」

ジュリア「……ったく、しょうがないなアカネは」

茜「さっすがジュリアン!」

サッ

ジュリア「アカネ……あたし、アイドル辞める」

茜「……嘘でしょジュリアン……一緒にトップアイドルになるって、約束したじゃん!」

ジュリア「……母さんが倒れたんだ。仕方ないだろ」

茜「……どうしても、辞めちゃうの」

ジュリア「ああ……世話になったな。アカネとアイドルやれて、幸せだったよ」

茜「……最後にひとつだけいいかな、ジュリア」

ジュリア「……何さ、茜」

茜「こないだ立て替えた3000円なんだけど」

ジュリア「台無しだよ!3000円くらいチャラにしとけよ!」

茜「こちとら高校生だから!3000円舐めんな!」

ジュリア「もうアカネには任せらんねえ。代わりな」


6: ◆48hmBD0EUg 2015/11/09(月) 00:06:50.41 ID:/Nkc0vAP0

サッ

茜「ジュリアン……私、アイドル辞める」

ジュリア「……嘘だろアカネ……一緒にトップアイドルになるって、約束したじゃないか!」

茜「……お母さんが倒れたんだ。仕方ないよ」

ジュリア「……嘘だろ……だって、一緒にトップアイドルになるって!」

茜「本当なら、お父さんが会社をクビになった時に辞めてるはずだったんだ。でも、私がワガママ言ってアイドル続けたせいで……だから、さ」

ジュリア「そんな……でも、一緒にトップアイドルになるって!」

茜「引き止めるの下手か!オウムじゃないんだからもうちょっとレパートリー用意しといてよ!」

ジュリア「アカネなら雑なゴリ押しでも踏み留まってくれるだろ?」

茜「んなわけないでしょー!もういいよ、茜ちゃんがやる!代わって!」

サッ

ジュリア「アカネ……あたし、アイドル辞める」

茜「……嘘でしょジュリアン……一緒にトップアイドルになるって、約束したじゃん!」

ジュリア「……スカイツリーが倒れたんだ。仕方ないだろ」

茜「何があったの!?さすがにそれは茜ちゃんもアイドルやってる場合じゃないよ!」

ジュリア「ほら、最近杭がどうとかニュースでやってるだろ。あれだよ」

茜「あれなの!?スカイツリーも!?もういいよ、代わって!」

サッ

茜「ジュリアン……私、アイドル辞める」

ジュリア「……嘘だろアカネ……一緒にトップアイドルになるって、約束したじゃないか!」

茜「……内閣が倒れたんだ。仕方ないよ」

ジュリア「仕方なくねーよ!現政権とアイドルに何の繋がりもねーからな!?」

茜「でも茜ちゃん、総選挙なんて出たくない!」

ジュリア「別モンだよ!あたしらにはまだ選挙権すらねーわ!もういい、代われ!」


7: ◆48hmBD0EUg 2015/11/09(月) 00:09:10.25 ID:/Nkc0vAP0

サッ

ジュリア「アカネ……あたし、アイドル辞める」

茜「……嘘でしょジュリアン……一緒にトップアイドル縛るって、約束したじゃん!」

ジュリア「どんな変態同盟だよ!?つーか今あたしがボケる番だろ!?」

茜「漫才は戦争なんだよ!ほら、代わって!」

サッ

茜「ジュリアン……私、アイドル辞める」

ジュリア「……嘘だろアカネ……一緒にラップ大国になるって、約束したじゃないか!」

茜「ラップ大国って何!?茜ちゃんそんなHIPHOPな国やだよ!」

ジュリア「ラチが開かねえ、悪いなアカネ、いいからそこ代われ、イェー!」

サッ

ジュリア「アカネ……あたし、マイケル超える」

茜「無茶だよ!夢が大きいのは結構だけど!代わって!」

サッ

茜「ジュリアン……私、iPhoneに替える」

ジュリア「好きにしろよ!一々報告しなくていいから!代われ!」

サッ

ジュリア「マカベ……」

茜「茜だよ!代われ!」

サッ

茜「…………」

ジュリア「何か言えよ!もういい、次で最後だ。バシッと決めるぞ」


8: ◆48hmBD0EUg 2015/11/09(月) 00:11:27.73 ID:/Nkc0vAP0

サッ

ジュリア「アカネ……あたし、アンタを愛してる。この世の誰よりも」

茜「えっ……!?」

ジュリア「ははっ……とうとう言っちまった。もう一緒にはいられない……じゃあな」

茜「ま、待ってよジュリアン!」ガシッ

ジュリア「……何さ」

茜「茜ちゃんも……ううん、私も、ジュリアの事が好き!愛してる!だから……」

ジュリア「……だから?」

茜「こないだの3000円!」

ジュリア「もういいよ!」

茜・ジュリア「「どうもありがとうございましたー!!」」

パチパチパチパチパチ


9: ◆48hmBD0EUg 2015/11/09(月) 00:13:21.61 ID:/Nkc0vAP0

――楽屋――

茜「お疲れジュリアーン!」スッ

ジュリア「お疲れアカネ」スッ

パァン!

茜「いやー最高最高!ボケるってこんなに心が弾むものなんだね!」

ジュリア「ま、普段あんだけツッコミしてりゃな。本当、アカネはよくやってるよ」

茜「いやーまあそれほどでもあるけどね!茜ちゃんの辞書に不可能の文字はないからね!ジュリアンはどう?少しは吹っ切れた?」

ジュリア「ああ。今なら最高の曲が弾ける気がするよ」

茜「それじゃ、早速聴かせて聴かせてー!復活したジュリアンを一番に聴かせてー!」

ジュリア「い、今からか?はぁ……しゃあないな。心して聴けよ?」

茜「いよっ、日本一!」

ジャカジャッ ジャーン......♪


10: ◆48hmBD0EUg 2015/11/09(月) 00:14:23.21 ID:/Nkc0vAP0

――後日――

P「茜。ジュリアとのコンビ、すごく良かったぞ!」ナデナデナデナデナデナデナデナデ

茜「ただでさえ失敗しない茜ちゃんがジュリアンと組んでしくじるわけないじゃーん!あと痛い痛いその速度のナデナデは痛い」

P「茜のボケも新鮮だったぞ!まだまだ上を目指して行こうな!」

茜「プロちゃん、茜ちゃん今日ジュリアンと二人で打ち上げだからねえプロちゃん何この手錠どこから出てきたの」

P「次の公演での漫才なんだが――――」


おわり



転載元:【ミリマス】P「次の公演での漫才の事なんだけど」茜「知ってた」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1446994526/
SS速報VIPのSS紹介です。


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SSグリマス野々原茜ジュリア

(4)

AFTER 的場梨沙「あれ、ハートさん太った?」 佐藤心「」

BEFORE 春香「能力リボン」

>茜「ごめん、朝見たら空のカップが2つゴミ箱にあった」
>ジュリア「食われてんじゃねーか!」

一番漫才らしく面白かったのかここだった
[ 2015/11/09 21:35 ] [ 編集 ]
笑い飯かな?
[ 2015/11/10 03:55 ] [ 編集 ]
引き止めるレパートリーが少ないジュリアが容易に想像できて笑ってしまった
[ 2015/11/11 02:46 ] [ 編集 ]
笑い飯リスペクトっぽいな
唐突なマカベーにやられた
[ 2015/11/11 16:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

【ミリマス】P「次の公演での漫才の事なんだけど」茜「知ってた」

Copyright © 2019全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto