スポンサーリンク

2012 06/26

伊織「ぱぱー!」P「……へ?」



1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 00:42:11.25 ID:PqEGNrsu0


―発端―

P「あ、どうも新堂さん。いつもお世話に……え?」

P「伊織が、頭を打って……意識が……?」

P「は、はい、はい、ええ、すぐ参ります」

P「~病院の~病棟ですね?」

P「は、はい、ではまた……」

P(伊織……!!)




スポンサーリンク



2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 00:43:33.70 ID:PqEGNrsu0


―病院―

P「伊織、大丈夫か!!」

新堂「病院ではお静かに……」

P「あ、すんません……」

P「って……伊織は?」

??「ぱぱー!」

P「……へ?」




3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 00:45:49.75 ID:PqEGNrsu0


伊織「ぱぱー!ぱぱー!!」

P(これは……?)

新堂「検査の結果、お嬢様の脳波に異常はなく、

 画像診断でも特に異常はございませんでした」

新堂「しかし……」

伊織「ぱぱー!」

新堂「このような有様で……」

P「なんと……」




4以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 00:46:53.06 ID:opX/VtCq0


ふむ




6以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 00:49:25.22 ID:PqEGNrsu0


P「えーっと、でも、お父様を呼んでるんじゃないですか?」

新堂「……それが……」

伊織「ぱぱー、ぱぱー」

新堂「と、あなた様の写真を指差してしきりにお呼びになっているものですから」

P「俺を呼んだ……と」

伊織「ぱぱ……、ふえ~ん!!」

P「っ!!い、伊織、どうした?」

伊織「ぱぱ~……グスっ……こっちー!」

P「あ、そ、そっちに行けばいいのか?」




8以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 00:52:04.76 ID:Kuc9NhTe0


これはもうダメだな……


俺が引き取ろう




9以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 00:52:19.56 ID:PqEGNrsu0


伊織「えへへ……ぱぱ……」ぎゅ

P「伊織……」

新堂「どうにも……あなた様を父親と認識しているようです……」

P「なんと……」

新堂「あなた様がいないと、お嬢様はかなり情緒不安定な状態に……」

新堂「お願いします!お嬢様が元にも戻られるまで、傍にいてくださいませんか?」

P「……」

P「……少々、時間をください……」




11以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 00:54:05.50 ID:AFyszWmb0


ほうほう実に興味深い




13以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 00:55:35.07 ID:PqEGNrsu0


―外―

P「あ、社長。ええ、その件で……」

P「ええ、伊織は無事です」

P「ただちょっと問題が……」

P「ええ、はい、長めのオフを頂きたいと……」

P「ええ、よろしくお願いします」

P「よし」

―病室―

新堂「……あの……」

P「オフを貰ってきました。お引き受けしましょう」

新堂「ありがとうございます!!」

伊織「ぱぱ、こっち、こっち」




17以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 01:00:15.77 ID:PqEGNrsu0


P(医者の話では、知能は3歳程度らしい)

伊織「む~、ぱぱ~、あそぶの~」

P「あ、ごめんごめん」

P「ほーら、いないいない~、ば~!」

伊織「……つまんない」

P「……ぐ……(わがままなのは変わらずか)」

伊織「おはなししてー」

P「お、おはなし?えーっと、むかーしむかし……」




20以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 01:02:53.10 ID:PqEGNrsu0


―夜―

伊織「……くー……」

P「……やっと寝たか……」

P「どれ、ちょっと飲み物でも買ってくるか……」

~~~

伊織「……ん~……」

伊織「……?……」

伊織「ぱぱ……ぱぱ~……ふえ……」

伊織「ふえ~ん!!ぱぱ~!!」




22以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 01:06:39.87 ID:PqEGNrsu0


P(!泣き声!!)

P「伊織!!」

伊織「ぱぱ~!どこ~!!ふえ~ん!!」

P「伊織、パパはここだぞ~」

伊織「ぱぱ~」

P「ははは、ごめんな、伊織」

伊織「えへへ……」

P「ん……?ニオイが……」

P「ちょっとフトンめくるぞ……うっ……」

伊織「ぱぱ、きもちわるい~」

P(オネショとは……どうしたもんか……)




23以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 01:07:37.31 ID:LilFb4vb0


え?舐めるんだろ?




25以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 01:08:41.48 ID:PqEGNrsu0


P「な、なるべく見ないように……、はい、足上げてー」

伊織「うん~」

P「はい、よくできたね~」

伊織「えへへ……」

P(ちょっとまて……これトイレどうするんだ……?)

P(あと風呂とか……)




28以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 01:11:39.16 ID:PqEGNrsu0


看護師「はい、伊織ちゃん、おトイレいきましょうねー」

伊織「いやっ!ぱぱといくのっ!!」

P(さすが伊織は伊織か……)

P「ん?パパと行く?」

伊織「ぱぱ」

P「俺か……」

看護師「うーん、どうしたものかしら……」

P「……覚悟は決まってます……」

P「いろいろと」




30以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 01:13:49.84 ID:PqEGNrsu0


伊織「ぱぱー、できたー!」

P「はいはい、よくできたねー」

P(下の世話か……)

P「はい、お尻上げて―」

~~~~~~~~

P(さすがに風呂は看護師さんに……)

伊織「いや




31誤送信:2012/06/26(火) 01:17:02.68 ID:PqEGNrsu0


―次の日―

伊織「ぱぱ、起きて」

P「うーん……もうすこし……」

伊織「もうっ、はやく起きてよね!!」

P(ん……?)

P「伊織!!」

伊織「ふえ?どうしたの?ぱぱ」

P「な、ナースコール!!」




32以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] :2012/06/26(火) 01:19:54.12 ID:aF+HDUg2O


これはまさか…




33以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 01:20:24.76 ID:PqEGNrsu0


P(医者の話によると、知能が徐々に成長?しているらしい)

P(この調子なら、多分元に戻れるようだ)

P(……冷や冷やしたぞ……マジで……)


伊織「ぱぱ、ご本読んで」

P「よーし、じゃあ『眠り姫』を」

伊織「わーい!!」




35以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 01:21:55.44 ID:ba/lLhVg0


俺はぱぱにならなくてもいい
ただ伊織の成長を見守ることができればそれでいい
そう思った




36以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 01:23:01.58 ID:PqEGNrsu0


P(医者と新堂さん、ついでに俺で話し合った結果)

P(伊織は退院することになった)

P(オネショはするが、体調に異常は全く見当たらないし )

P(家にいた方が、伊織もいろいろと思い出しやすいのではないか)

P(そういう話だった……)




37以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 01:24:15.58 ID:aF+HDUg2O


どこであんなひねくれたわがままで可愛いいおりんになってしまったんだ…




38以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 01:26:11.35 ID:PqEGNrsu0


―伊織宅―

P「では、俺はこれで……」

新堂「少々お待ちください」

P「はあ……、まあでも、家に帰れたなら俺もお役御免で……」

新堂「……そのことについて、旦那様からお話が」

P「だ、旦那様って、伊織のお父さんですか?!」

新堂「はい、本日帰国なさいまして……」

新堂「こちらでございます」




40以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 01:29:23.95 ID:PqEGNrsu0


―伊織父部屋―

P「し、失礼しまーす……」

伊織「あ、ぱぱ!」

伊織父「……ふむ……」

伊織父「まあ、掛けなさい」

P「は、はい、失礼します……」

伊織「ぱぱー、だっこー!!」

P「い、伊織、俺じゃない!パパはあっち!」

伊織「ふぇ?」

伊織父「……見ての通りだ。私は、今の伊織には、父親と認識されていないようだ」




43以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 01:32:59.82 ID:PqEGNrsu0


伊織父「……こんなお願いをするのもどうかと思うが……」

伊織父「頼む!もうしばらく、ここで伊織の傍にいてやってくれないか?」

伊織父「このとおりだ!!」

P「そ、そんな!頭をお上げください!!」

伊織父「頼む……」

P「わ、分かりました。伊織が元に戻るまで、俺が世話します」

伊織父「そうか……ありがとう……」

伊織父「よし、新堂、始めてくれ」

P「はい?」




45以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 01:36:31.58 ID:PqEGNrsu0


P「あのー……」

伊織父「何、気にしないでくれたまえ。監視カメラを伊織の部屋に設置してるだけだから」

P「はあ?」

伊織父「少々記憶が混濁しているからと言って、年頃の娘と男を一緒の部屋に……」

伊織父「まさかこんなに早く娘をさらわれる父の気持ちを味わおうとは……」

P「あの……」

伊織父「まあよろしく頼むよ、はっはっは!」

P「すいません、その立派な猟銃仕舞っていただけますか?」




47以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 01:38:45.26 ID:PqEGNrsu0


―伊織の部屋―

P「部屋でけえ……」

伊織「ぱぱ、だっこー」

P「あー、はいはい、だっこねー」

P「ほーら!」

伊織「きゃっきゃっ!」

伊織「もっとー!!」

P(体力もつか?俺?)




49以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 01:41:39.09 ID:PqEGNrsu0


伊織「つぎー、お馬さんごっこー!!」

P「ん?ああ、馬ね。よーし、パパ張り切っちゃうぞー」

P「……あのー、それナニ?」

伊織「えー、知らないのー?ムチー!!」

伊織「これでピシッとたたくと、お馬さん速くはしるんだよー!!」

P「……随分本格的だね……」

伊織「ほらー、はやくー!!」

P「……どうにでもしてくれ……」




51以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 01:44:15.86 ID:aF+HDUg2O


ムチで叩かれたい




52以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 01:44:28.00 ID:PqEGNrsu0


伊織「ぱぱー、こんどはおんぶー!!」

P「ぜえ……ぜえ……。お、おんぶね……」

伊織「わーい!!」

P「ほーら、ゆっくり乗ってねー」

伊織「はーい!」

P「よーし、立ち上がるぞ」

伊織「わー、高ーい!!すごーい!!」

P「お、そうか?」




53以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 01:47:31.07 ID:PqEGNrsu0


伊織「きゃっきゃっ!!」

P「よーし、よーし」

伊織「じゃあ次はかたぐるまー!!」

P「ん?ああ……っておんぶしてるところから!!立ち上がっちゃ駄目でしょ!」

伊織「えー、だいじょうぶよー」グラッ

伊織「え?」

P「伊織!!」がしっ




54以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 01:50:54.56 ID:PqEGNrsu0


P「伊織!!ダメじゃないか!!」

伊織「ふえ~ん、ぱぱがおこったー!!」

P「伊織!!お前が危ない目にあったらどうするんだ?」

伊織「ふえ?」

P「伊織が危ない目にあったら、パパや新堂や……えーっと、

さっきのおじちゃんも皆悲しくなっちゃうんだぞ!」

伊織「私があぶないと……皆かなしい……?」

P「そう。だから、もう危ないことはしないでね!?」

伊織「うん、わかった……」

伊織父(命を繋いだね、君)




56以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 01:54:16.30 ID:PqEGNrsu0


―伊織を連れて出勤―

新堂「本当にお出かけに……?」

P「はあ……急に休んじゃって仕事も溜まってますし……」

新堂「お嬢様も連れて……」

P「ええ、事務所の皆と会わせた方が記憶も戻りやすいでしょうし」

新堂「大丈夫でしょうか……?お見舞いも眠っているとき以外はほぼ断っていましたし」

P「大丈夫です」

P「多分」




58以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 01:57:02.15 ID:PqEGNrsu0


P「おはようございまーす!!」

伊織「おはようございまーす!!」

P「お、元気なあいさつよくできました」ナデナデ

伊織「えへへー」

小鳥「!!!」ガタッ

小鳥「電話で話だけは聞いていましたが……」

小鳥「これは……」

小鳥(カワイイ……)




59以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 02:00:03.07 ID:PqEGNrsu0


P「伊織は少しずついろいろと思い出してるみたいなんだ」

P「だから皆もいろいろ話しかけてやってくれ」

やよい「はーい!」

伊織「……ふえ……」

やよい「伊織ちゃん、よろしくね!!」

伊織「うん……」

やよい「あっちで遊ぼっか」

伊織「うん!」




60以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 02:02:45.15 ID:mIKRIBF80


いい…




61以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 02:02:51.64 ID:tW2amYxS0


さすがお姉ちゃん




64以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 02:03:05.05 ID:PqEGNrsu0


春香「……伊織ちゃーん……」

伊織「……なーに?お姉ちゃん?」

春香「クッキー食べる?」

伊織「え?クッキーあるの?食べたい!」

春香「うん。はい、どうぞ」

伊織「ありがとう、お姉ちゃん!」

春香(これは……アリだね!!)




69以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 02:07:13.73 ID:PqEGNrsu0


雪歩「ま、負けてはいられないですう……」

雪歩「伊織ちゃん、お茶……」

P「あー、すまんが、カフェインが入ってるのはNGな。夜眠れなくなるから」

雪歩「そ、そんなあ……」

響「かわいい!!なんであんなに生意気に育ったのかわからないさー」

千早「……くっ……乗り遅れたわ……」

貴音(如月千早の目が……血走っております……)




71以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 02:09:16.49 ID:rYHJHEXz0


俺「ふえ……」




74以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 02:10:45.74 ID:55xU+9IA0



      /!/{  / ヾ--r
   _  /     ̄    <_
 _>`´    >>71 ___<_
  >    r‐'" ̄ ̄ ノ ̄ ̄`ヽ、―ニ 二
/ ,    |  `ヽ/ ´`ヽ _  三,:三ー二
 ̄/    |   ノヽ--/ ̄ ,    ` ̄ ̄ ̄
 / /⌒ヽ,|  ミ }  ...|  /!
 レ l d     _}`ー‐し'ゝL _
  | ヽ、_,   _,:ヘr--‐‐'´}    ;ー------
  |/|  \   ノ`ヾ:::-‐'ーr‐'"==-
    ヽ/l/|` ー------r‐'"    ̄ ̄
      |└-- 、__/`\-:、
     __,ゝ,,_____/ \_」 \




75以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 02:10:54.93 ID:4ajZSpE00


ええぞ!! ええぞ!!




76以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 02:11:27.28 ID:PqEGNrsu0


伊織「お姉ちゃん、だっこー」

あずさ「あらあら~」

P「いやー、伊織はだっこが好きで……。」

P「ただ、流石に重いだろ?伊織、止めなさい」

あずさ「いえいえ、大丈夫ですよ。それじゃあ、あっちのソファの上で……」

伊織「やったー!!」

―だっこ中―

伊織(お胸が……、大きい……)ふにょん

あずさ「あ……」




79以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 02:14:34.37 ID:PqEGNrsu0


千早「い、伊織ちゃん……!」

P「あ、そーだ。今日は美希達レッスンだったな」

P「レッスンスタジオ連れてってみるか」

P「伊織ー、こっち来なさい」

伊織「なーに、ぱぱ?」

P「いい所に連れてってやろう!」

伊織「えー、いい所ー!やったー!!」

千早「……くっ……」




85以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 02:19:01.88 ID:PqEGNrsu0


―レッスンスタジオ―

P「美希と真と真美がダンスレッスン中だな」

伊織「……ふええ……かっこいいー……」

美希「あ、プロデューサー!!」

真「……伊織!?伊織だー!!」

真美「おー、これはやっぱり様子が違いますなー」

伊織「お姉ちゃんたち、すっごくかっこいい!!」

真「お、お姉ちゃん!!」

美希「これは……かなりの破壊力なの……」

真美「……これ、ホントにいおりん?信じられない!!」




86以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 02:19:10.83 ID:k9B26TNd0


小鳥「お姉ちゃん、だっこー」




87以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] :2012/06/26(火) 02:19:40.83 ID:EEUsqjYe0


北斗「ぱぱー☆」




88以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 02:20:36.31 ID:Vaf6LX1Q0


美希「ハニー!だっこー」




89以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 02:20:53.66 ID:4ajZSpE00


社長「おとぉさんっ♪」




90以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 02:21:56.29 ID:61ZHlmwj0


>>89
目を覚ませ




91以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 02:24:06.00 ID:PqEGNrsu0


―帰りの車内―

美希「やっぱり、ミキみたいにキラキラするの!」

真美「いや~、そこは真美みたいにきゅーとな感じで」

真「それより、ボクといっしょに……」

真美「それはだめっしょー!!」

真「なんでだよー!!」

伊織「うん……」

伊織「ぱぱ……、あのね……、私ね……」

伊織「大きくなったらアイドルになる!!」

P「うん。そうだな……。そうなったら、おれがプロデュースしてやる」




92以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 02:26:17.75 ID:4ajZSpE00


じゃあ僕はね、大きくなったら伊織ちゃんのお婿さんになる!!




93以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 02:27:17.42 ID:61ZHlmwj0



      /!/{  / ヾ--r
   _  /     ̄    <_
 _>`´    >>92 ___<_
  >    r‐'" ̄ ̄ ノ ̄ ̄`ヽ、―ニ 二
/ ,    |  `ヽ/ ´`ヽ _  三,:三ー二
 ̄/    |   ノヽ--/ ̄ ,    ` ̄ ̄ ̄
 / /⌒ヽ,|  ミ }  ...|  /!
 レ l d     _}`ー‐し'ゝL _
  | ヽ、_,   _,:ヘr--‐‐'´}    ;ー------
  |/|  \   ノ`ヾ:::-‐'ーr‐'"==-
    ヽ/l/|` ー------r‐'"    ̄ ̄
      |└-- 、__/`\-:、
     __,ゝ,,_____/ \_」 \




94以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 02:27:50.38 ID:PqEGNrsu0


―事務所―

律子「あ、やっと帰ってきた―」

亜美「あ、いおりんー!!」

伊織「ふえ?お姉ちゃんだれ?」

亜美「ぐはっ……いおりんにお姉ちゃんと呼ばれる日が来るとは……」

律子「伊織ー、どう?何か思い出した?」

伊織「……お姉ちゃん……怖い……」

P「……鬼の特訓を思い出したみたいだな……」




97以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 02:30:58.04 ID:PqEGNrsu0


P「じゃあ伊織……そろそろ帰ろうか……」

伊織「えー、やだー、もっといるー!!」

千早「そうですよ!」

貴音「千早……いけません……」

やよい「うっうー、夜更かしすると、あうーってなっちゃいますよ!」

P「ああ、そうだな。さ、帰るぞ伊織。また連れてくるから」

伊織「うん……」




100以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 02:34:39.74 ID:PqEGNrsu0


―次の日―

伊織「パパ……、早く起きなさいよ!」

P「んー……」

伊織「やっと起きたのね。もうっ、お寝坊なんだから」

P「ああ(ずいぶん、戻ってきたな……)」

P「さーて、じゃあ朝ご飯食べて、いい天気だし洗濯でも……」

伊織「……パパのぱんつと私のぱんついっしょに洗わないでよね」

P「……くっ……」




104以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 02:36:41.49 ID:ryUkWF6c0


かわいい




106以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 02:37:38.87 ID:55xU+9IA0


ここでツン成分が注入されたのか




108以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 02:39:10.80 ID:PqEGNrsu0


伊織「パパ。お外で遊びましょ?」

P「ああ、そうしよう」

―外―

P「伊織、あんまり遠くへ行くなよー」

P(つっても行けども行けども水瀬の敷地だが)

伊織「パパー!!早く早くー!!」

伊織「あ、かわいいお花!」

P「ああ、そうだな」

P(もう知能は小学生……後半くらいか……)

P(戻るのは、時間の問題みたいだな……)




110以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 02:41:54.14 ID:PqEGNrsu0


伊織「すー……すー……」

P「ははは、あんまりはしゃぐから……」

伊織「ぱぱ……、行かないで……」

P「……」

伊織「行かないで……」

P「俺はずっとお前の傍にいるさ」

伊織「すー……すー……」

P「……」




111以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] :2012/06/26(火) 02:42:39.25 ID:DXn6qnvn0


しかし破壊力あるな




113以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 02:45:37.23 ID:PqEGNrsu0


―パパ、どこ?―

―パパ、遠くに行かないで―

―伊織、すまないな―

―伊織は、トップアイドルの器です!―

―伊織、今度は一か月後だ―

―パパ、行かないで―

―俺が、君のプロデューサーだ―

―アンタが?―

―俺はずっとお前の傍にいるさ―

―プロデューサー……―




116以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 02:47:31.06 ID:PqEGNrsu0


伊織「……プロデューサー……」

P「伊織!?」

伊織「何でアンタ、私をおぶってるのよ……?」

P「戻ったのか?」

伊織「はあ?」

P「……憶えてないのか?……」

伊織「何言ってるの?」




118以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 02:48:23.40 ID:tW2amYxS0


くそっ!!!
覚えてないのか!!!!




119以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 02:49:21.28 ID:PqEGNrsu0


P「……そうか……」

P「あ、スマン、降ろすよ……」

伊織「……もうちょっと……」

伊織「もうちょっとだけ、おぶってていいわよ……」

P「……そうか……」




120以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 02:50:08.35 ID:arSYVfE/0


俺「じゃあ俺がおぶろう」




123以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] :2012/06/26(火) 02:52:02.08 ID:uV8/9MjO0



      /!/{  / ヾ--r
   _  /     ̄    <_
 _>`´    >>120 __<_
  >    r‐'" ̄ ̄ ノ ̄ ̄`ヽ、―ニ 二
/ ,    |  `ヽ/ ´`ヽ _  三,:三ー二
 ̄/    |   ノヽ--/ ̄ ,    ` ̄ ̄ ̄
 / /⌒ヽ,|  ミ }  ...|  /!
 レ l d     _}`ー‐し'ゝL _
  | ヽ、_,   _,:ヘr--‐‐'´}    ;ー------
  |/|  \   ノ`ヾ:::-‐'ーr‐'"==-
    ヽ/l/|` ー------r‐'"    ̄ ̄
      |└-- 、__/`\-:、
     __,ゝ,,_____/ \_」 \




125以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 02:53:44.52 ID:PqEGNrsu0


―事務所―

社長「いやー、めでたい!!」

春香「それじゃあ、伊織の復帰を祝しまして!」

春香「カンパーイ!!」

社長(あ、僕の仕事が……)

伊織「ちょっと大げさじゃないかしら?休んでたのは結局そこまで長くならなかったし」

やよい「そんなことないよ。みんなとっても心配したんだから」

真美「もういおりんのあの姿を見られないと思うと……」

亜美「悲しいですなあ……」

響「ほんとだぞー……」




126以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 02:56:09.15 ID:PqEGNrsu0


千早「……くっ……」

小鳥「千早ちゃん……これ……」

千早「?」

小鳥「あの時の様子をこっそり撮影したDVDよ」

千早「……!!」

小鳥「特別に譲ってあげるわね」

千早「……♪……」

小鳥(さて、あとは社長と、水瀬パパの分っと……)




127以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 02:58:29.02 ID:PqEGNrsu0


伊織「……アンタ、ちょっと表に出なさいよ……」

P「お、俺か?」

伊織「ボサッとしない!!」

P「……ハイハイ」

―外―

伊織「……これ……」

P「これ……ネクタイ……?」

伊織「父の日は、だいぶ過ぎちゃったけど……」

P「伊織、憶えてるのか?」




128以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 02:58:51.07 ID:4ajZSpE00


!?




129以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 02:59:04.72 ID:Vaf6LX1Q0


これはヤバイ




131以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 02:59:38.33 ID:tW2amYxS0


きた、心臓がやばいわ




133以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 03:00:20.78 ID:aF+HDUg2O


やっぱいおりんはいい子なんや…




134以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 03:00:31.33 ID:PqEGNrsu0


伊織「断片的に……だけど……」

伊織「恥ずかしすぎて、記憶から抹消したいわ……」

P「あー、そりゃあなあ……」

伊織「……でも、アンタが私のためにいろいろやってくれたのは憶えてるから」

伊織「……ありがと……」

P「そうか」

伊織「うん」




139以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 03:05:07.64 ID:PqEGNrsu0


伊織「言っとくけど、もうパパなんて呼ばないからね」

P「……えー……」

伊織「何残念そうな顔してんのよ……」

P「いや……そういや親父さんはどうだった?」

伊織「何か、パパって呼んだら泣いてたわ」

P「あー、やっぱりなー……」

伊織「プロデューサー」

P「ん?」

伊織「これからもよろ……伊織ちゃんのためにキビキビ働きなさいよ!」

P「……ああ、そうだな」


伊織(……パパじゃ、ダメなんだから)

伊織(プロデューサーじゃないと)




140以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 03:06:28.70 ID:wrUakJji0


いろいろやってくれたの覚えてるのか、下の世話とか……




141以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 03:06:29.35 ID:tW2amYxS0


所で、お漏らしの記憶はあるんですか?




142ここからは蛇足:2012/06/26(火) 03:07:54.82 ID:PqEGNrsu0


「……ぜえ……ぜえ……」

「あの……」

「落ち着きたまえ」

「す、すんません」

「まだ、だよ」

「そう……ですか……」

「なんとか……間に合いましたな……」




144以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 03:10:22.75 ID:PqEGNrsu0


「……元気な女の子ですー」

オギャー、オギャー

「は、はい!そうですか!」

「……にひひ……何情けない顔してんのよ」

「……これからもーっと頑張ってもらわないとね」

「……ね、パパ!」

終わり




145以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 03:10:55.51 ID:6mWFLDuC0



ええやん?




146以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] :2012/06/26(火) 03:11:24.60 ID:uV8/9MjO0


なるほど、こういうことか……




147以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 03:11:27.84 ID:cq3uxlFJ0



寝る前に面白いss読めてよかったわ




148以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 03:11:41.17 ID:PqEGNrsu0


ライブが終わって虚無感に包まれムシャクシャして書いた
後悔はしていない




171以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] :2012/06/26(火) 07:31:52.82 ID:HYOlmLSm0


>>148
いおりんに包まれたみたいで幸せです乙




150以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 03:12:05.44 ID:3au8RfVH0


乙 こういう終わりかた好きだ




177以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 08:36:03.56 ID:RE0ij23R0



いおりんもいいなと思いました
美希バージョンも見たい




引用元:伊織「ぱぱー!」P「……へ?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1340638931/

スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SS765プロ伊織ニヤニヤ

(8)

AFTER P「……………………誰?」 春香「へ?」

BEFORE 愛「反抗期だよー!」 舞「ふーん?」 愛「げえっ! ママ!」

ろりりんの声は妄想しやすいw
[ 2012/06/26 19:39 ] [ 編集 ]
良い・・とても良い!
途中で入れられる合いの手?も面白かった!
[ 2012/06/26 22:26 ] [ 編集 ]
何で128辺りからフォントデカくなってんの?
[ 2012/06/26 23:03 ] [ 編集 ]
伊織SSは何故こうも変態大人があつまるのか
[ 2012/06/27 00:53 ] [ 編集 ]
これはたまらん
100点
[ 2012/06/27 11:09 ] [ 編集 ]
いつものように>>128の「!?」を大きくしたが、その後戻し忘れたに100ペリカ
[ 2012/06/27 13:49 ] [ 編集 ]
どうみても変態なのにエロじゃない。
[ 2012/08/26 14:21 ] [ 編集 ]
顔パンチのAAのタイミング最高w
[ 2015/08/11 23:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

伊織「ぱぱー!」P「……へ?」

Copyright © 2019全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto