スポンサーリンク

2015 08/24

智絵里「お、お泊まり…」かな子「杏ちゃん!」杏「ええ…?」



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/24(月) 01:02:27.25 ID:MlOpfYZV0

CIがCPルームで駄弁るだけ

アニメ2期前、まあまあキャラ崩壊注意

繋がりのあるやつ
未央「お泊まり!」卯月「お泊まり?」凛「しないよ」




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/24(月) 01:03:30.17 ID:MlOpfYZV0


杏「……だから、二人ともさ、折角杏が逃げおおせようとしてたレッスンも、プロデューサーに捕まったせいで無理矢理終わらせられたんだしさー…ふつーに家、帰ろうよ」
ftbanz15.jpg

かな子「そんなこと言わないで…やろうよ、杏ちゃん!」
mmrknk9.jpg

智絵里「あの…駄目、かな?」
ogtcer10.jpg

杏「…いや、だって、3人でお泊まりとかだるいって。もっとさー他に誰か誘いなよ…きらりとか、みくちゃんとか…杏より、そういう騒がしいのに適任なのは沢山いるって」

かな子「……そうなんだけど、そうじゃなくって…」

智絵里「あ、杏ちゃんがいいんです…!」

杏「……。って、言われてもなぁ…杏、めんどくさそうなのは積極的にパスしたい所存だし。だらだらしたい」

かな子「そ、そこをなんとか、ね?」

智絵里「あぅぅ…お願いです、杏ちゃん…」

杏「……んー、そうだなぁ……、じゃあさ、杏が二人に付き合ってあげてもいいなって思えるような何かをしてよ」

かな子「…付き合ってあげてもいいような…」

智絵里「…何か?」

杏「そう。家の床でだらだらするより、二人と一緒にいた方がお得だって証明があったら、考えてあげないこともないよ…。…なーんて」

かな子「……家から秘蔵のお菓子取ってくるね」ガタッ

智絵里「まだ一枚しか見付けたことのない…五つ葉のクローバーの押花、なら…!」ガタッ

杏「待った二人とも」




スポンサーリンク



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/24(月) 01:10:12.83 ID:MlOpfYZV0


杏「そんな大切そうなもの持ってこられても困るよ」

かな子「えー?でも……」

杏「でもじゃないよ、ほら、これ食べて落ち着いて」ヒョイ

かな子「ほぁふ」パクッ

かな子「……」モグモグ

かな子「……美味しい……イチゴ味だ」ホワワ

智絵里(餌付け…?)

杏「智絵里ちゃんも、ほら」ヒョイ

智絵里「あ、ありがと…」キャッチ

杏「…あ、今適当にあげちゃったけど、これなんだろ…?マカロンかな」

智絵里「ええと…確か、プロデューサーさんが買ってきてましたよ…?」パクッ

杏「あのプロデューサーがこんなカワイイお菓子買ってくるのか…世も末だなぁ」パクッ

かな子(……このお菓子のロゴ…プロデューサーさん、前に私が言ってたの覚えててくれたんだ)パクッ

かな子(……お礼、言わなきゃ)ニマ

杏「……んー!甘い、スッゴい甘いぞこれ。かな子ちゃん、よく食べれるね…そんな幸せそうな顔で」

かな子「……ふふ。このマカロンはね、モノによって色々味が違うんで有名なんだ。これは抹茶だね」モグモグ

杏「へー、そうなん………2個目早いよかな子ちゃん…」

智絵里「あ、杏ちゃんは、甘いの駄目なんですか?でも…」

杏「んにゃ、度を過ぎたのが駄目ってだけだから、飴はフツーに好きだよ。美味しいし、適度な量の糖分は杏のやる気を促進するしー、それに、はぴはぴするし」

かな子「はぴはぴ?」

智絵里「はっぴはっぴ…?」

杏「うん、はぴはっぴ。…こう、にょわーって付けるとそれっぽくなるんじゃないかな」

かな子「にょ、にょわー…、かな?」

智絵里「わぁ、きらりちゃんだ…」

杏「おー、これが噂に聞く諸星かな子ちゃんか。こっちの諸星サンはきらりよりも杏を甘やかしてくれるに違いない」

かな子「な、何でやねんっ」ペシッ

杏「へぷっ」ボスッ

智絵里「あはは」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/24(月) 01:11:27.71 ID:MlOpfYZV0


杏「…あー、起き上がるのもめんどくさい…もういいや、このまま食べるから誰か甘いものくれ」ダルーン

かな子「お行儀が悪いよ、もう…」ヒョイ

杏「あむ」パク

智絵里「あ、これ、美味しい…かな子ちゃん、これおすすめ、かも」

かな子「本当?食べてみようかなぁ…おんなじ色は…どれだろ?」

杏「んぁー…これ丁度いい味だ…糖分が染み渡る…」モグモグ

杏「にしても、こんなのどうやって作るんだろうなー。めんどくさそうな香りがぷんぷんするよ」

智絵里「確かメレンゲ…とかじゃない、かな?」

杏「おおう…メレンゲって名称から漂う更にめんどくさそうな気配に、杏の全身が拒否を示しているぞ…。かな子ちゃんは作れるんだっけ」ゴロン

かな子「んー?うん!マカロンはちょっと手間暇がかかるけど、その分出来上がったときの感動もひとしおなんだ…今度一緒に、作ってみる?」

杏「いや、杏は試食係でいいかなぁ…うん」

智絵里「わ、私、やってみたいかも…!」

かな子「本当?じゃあ今度一緒に作ろっか、勿論、杏ちゃんも!」

杏「えー?杏はいいよー…だから、試食係で――」

智絵里「は、働かざる者、食うべからず、ですっ」

杏「おうっ、み、耳に痛い…」

かな子「頑張った分、きっと美味しいお菓子が食べられるよ?」

杏「ん……まあ、考えておかなくもないかな」パクッ

かな子「うん、考えておいて欲しいな♪」

智絵里「い、一緒に、頑張りましょう…杏ちゃん」グッ

杏「だから、考えておくだけだって…。もー、結構、二人ともぐいぐいくるよねー」

智絵里「…杏ちゃんだからだと、思いますよ…?」

杏「…喜んでいいのかなぁ…」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/24(月) 01:12:28.36 ID:MlOpfYZV0


智絵里「……」パクッ

智絵里「……」モグモグ

智絵里「……おいしい」ホワ

かな子「智絵里ちゃん、ゆっくり食べるね~、マカロン、まだ半分だ」

智絵里「え?そうかな…?」

杏「んー、なんか、ハムスターみたい?」

かな子「リスじゃないかな?」

智絵里「ど、動物さんじゃないよぉ…」

杏「莉嘉ちゃんが兎さんって言ってるのは、聞いたことあるかも」

かな子「兎さん……分かるかも」

智絵里「分からないよ…?」

杏「そういや兎肉って美味しいらしいよ」

智絵里「ひぇっ!?」

かな子「何でこのタイミングでその話題…」

杏「あ、小粋なジョークのつもりだったんだけど…」

智絵里「た、食べるなら…ひとっ、一思いにお願いします…!」フルフル

杏(兎だ)

かな子(兎さんだなぁ)


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/24(月) 01:14:23.38 ID:MlOpfYZV0



智絵里「うさぎさん…うさぎさん…」ブツブツ

杏「だから食べないってば…」

かな子「でも杏ちゃんにも、兎ってイメージあるかも…」

杏「…んー?…多分、それ、これのせいでしょ」ボフッ

智絵里「あ、いつも持ってる兎さんのぬいぐるみ………」ハッ

智絵里「…………たべるんですか」ジト

杏「だから食べないってば!」

かな子「あはは…確かに、それもあるかも」

杏「枕にするのに丁度いいんだよ。かなりへしゃげてるのが問題だけど」

かな子「もしこの子が喋ったら、杏ちゃんにいっぱい文句言いそうだね。もっと大切に!って」

杏「文句の心当たりが多くて困るよ。ぺちゃくちゃ煩いか、問答無用で殴りかかってくるかのどっちかだろうねー。怖い怖い」ボスボス

智絵里「すごい叩いてる…」

かな子「言ってる側から酷いなぁ…」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/24(月) 01:15:45.72 ID:MlOpfYZV0


智絵里「案外、杏ちゃんみたいに、なにもせずに、だるーんってしてるかも…」

かな子「ペットは飼い主に似る、って言ったりするもんね。じゃあ、その時は杏ちゃんが二人になるのかな?」

杏「べつにこいつは杏ではないけどね…でも、似るっていうなら、精力的に替え玉として働いてもらおうかなー。CI裏の杏、それがこのぬいぐるみなのだー、どやぁ!…みたいな」

智絵里「さ、サボっちゃだめですよ、杏ちゃん?」

杏「だからもしもの話だって。人二人とヌイグルミ一つとか、かなりアレな絵面になりそうだしねー」

かな子「う、うーん、それでCIは、名乗りたくないなぁ…」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/24(月) 01:17:27.57 ID:MlOpfYZV0



智絵里「…ちょっと、それも面白そうだけど…杏ちゃんに逃げられたらダメだから、かな子ちゃんと、そんな計画は、阻止します…!わーっ!」

かな子「うん、阻止しちゃうぞー!えーいっ」

杏「うぉぉーっ、実行どころか起きてすらいない杏のサボり計画が阻止されていく!こんな理不尽には耐えられないぞ!もうだめだ…ぱたり」ゴロン

かな子「あ、倒れた」

智絵里「あう…」

杏「…帰る気力も薄れてきたから、このまま惰眠を貪ってやる…ぐう」

智絵里「お、起きてくださいー!」ゴロゴロ

杏「のわっ」ボスッ

かな子「前にも言ったけど、杏ちゃん、こんなところで寝ると風邪引いちゃうよ?本当に…」

杏「あたた…んー?平気だよー。不健康まっしぐらな生活送ってるけど、そこまで体調崩したことないし」

かな子「なんだか不安だなぁ…」

智絵里「ちゃんと健康にしなきゃ、駄目ですよ…?」

杏「……だってさ、かな子ちゃん」

かな子「えっ、私!?」

智絵里「え、えっ、違うよ…!?あ、でも…うん」

かな子「えっ!?」

杏「まあ杏も人のこと言えないけど、かな子ちゃんもお菓子食べ過ぎだと思うよ?」

かな子「え?美味しいから大丈夫だよ?」

あんちえ『…なんでやねんっ』ペシッ

かな子「きゃんっ」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/24(月) 01:19:24.26 ID:MlOpfYZV0


かな子「うう…酷いよぉ…」クスン

杏「かな子ちゃんのそれも、なんだか台詞が様になってきたね」

智絵里「え、えっと、いつも言うけど、その、あんまり、大丈夫じゃないからね…?」

かな子「でも美味しいし…皆いるし…」ボソボソ

智絵里「あう…会話になってないよぉ…」オロ

杏「…。にしてもさー、かな子ちゃんはさ、よくアレだけのお菓子を作ってこられるよね」

かな子「…え?普通じゃないかな?」

杏「いやいや、杏、あんなに作ったら、疲れすぎで倒れること間違いなしだよ」

智絵里「うん…かな子ちゃん、スゴいと思う」

かな子「…えへへ、ほめられると照れちゃうな…ええと、私は、皆に、お菓子を食べて幸せな気持ちになってほしいから。勿論、お菓子が好きなのもあるけど…それで、皆の嬉しそうな顔が見られるから、頑張れるんだと思うなぁ」

智絵里「……スゴいね、かな子ちゃん。本当に…」ジッ

杏「ん?でも、一番食べてるのは…」

かな子「それは言わないで…」ズーン

杏「お、おう…なんかすまん」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/24(月) 01:21:06.89 ID:MlOpfYZV0


かな子「皆が食べてるの見ると…食べたくなっちゃって…甘いものは普通に好きだし…そうだ、ダイエットしなくちゃいけなくて…」ブツブツ

智絵里「か、かな子ちゃ…?」

杏「なんだろう…藪蛇しちゃった気分だ…」

かな子「うう…アイドル頑張ります…」ズーン

智絵里「し、しっかりして、かな子ちゃん…」

かな子「CIのセクシー担当だって名乗っちゃったし…なのに…」

智絵里「あー…アレは…もう、忘れていいんじゃないかな…」

杏「…………マスコット担当双葉杏、今日も元気に置物の役やりまーす、えいっ」

智絵里「に、逃げないでください杏ちゃん…!?」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/24(月) 01:22:14.75 ID:MlOpfYZV0


杏「えー、だってなんかもう…。…はぁ、しょうがないなぁ。ねえ、かな子ちゃん」

かな子「何…?」

杏「最近おすすめのクレープ屋さんってない?杏、久々にクレープ食べたくってさー」

智絵里「え…?」

かな子「…それなら、駅前の車のクレープ屋さん、おすすめかな…!最近卯月ちゃんがよく行ってるの見かけるから、買えない日も、思わず覗き見ちゃってるんだけど」

智絵里「…!」

杏「…それ、なんか危ない人になってない?」

かな子「うーん、やっぱりそうかなぁ?卯月ちゃん、やけに辺りを気にしてたんだけど…まあともかく、あのお店はなんと言ってもね、お薦めは、コクのあるカスタードで――」


智絵里「(杏ちゃん、すごいです…!すっかりかな子ちゃん、気がそらされてます!)」ヒソ

杏「(ふふふ…どやぁ!これぞ杏の本気――)」ヒソ


かな子「―――そう、全部あのカスタードが悪いんだ………」ドンヨリ

杏「えっ」

智絵里「あ、杏ちゃん……っ!」

杏「いや、もう、どうしろっていうのさコレ…」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/24(月) 01:24:36.37 ID:MlOpfYZV0



かな子「……さっき、トレーナーさんに、クレープ暫く食べるなって怒られちゃったの……お菓子も、作るの控えなさいって」

智絵里「…そ、そうなんだ…。

(…あ、杏ちゃん、どうしよう…)」ヒソ

杏「(いやだからそんな厄介そうなの振らないでって…)」ヒソ

杏「……………。…!」ピーン

杏「……んー、まあ、杏に任せなよ」ニヤ

智絵里「ほ、ほんとう…!?」

杏「まあ、その場しのぎの頑張らない魔法を使う時だと杏は睨んだからには…よし、きらりを頼ろう、そうしよう」

智絵里「き、きらりちゃん…?」

杏「…ぽっぱっぴっと、あー…もしもし、きらり?」

きらり『―――もしもしぃ、うん、きらりだよー?にょわわ?杏ちゃんが電話なんて珍しいにぃ…どーしたのぉ?』

杏「いや、諸々あったんだよ。杏がこうして電話を掛ける事態になってるってことで、何となくわかると思うけど」

きらり『…んー、分かんないけど分かったにぃ!』

杏「ん、それでいいよ。ねぇきらり、確かきらりのあの変なキャンディって、プロジェクトルームにストックあったよね?」

きらり『うんうんっ!もしかして、食べたくなっちゃった?ええとねぇ―――』



智絵里「きゃ、キャンディ…?でも、かな子ちゃんは甘いものは…」

かな子「そう、ミニライブ近いんだからクッキーも止めておけって…よ、よく考えたら、今のマカロンも駄目だったんじゃ…!」ガクガク

智絵里「かな子ちゃん落ち着いて…!?」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/24(月) 01:25:28.81 ID:MlOpfYZV0


杏「…。ん、うん、…ありがときらり、助かったよ。拝借させてもらうってことで…」

杏「…え?なにそれ…いや、莉嘉ちゃんもみりあちゃんも、きらりにそういうことをしたい御年頃なんじゃない?知らないけど……うん、そういうもんだよ、多分。……それじゃ、充実した休日を過ごしてくれー」ピッ

智絵里「ど、どうだった…?」

杏「……さあ。きらりも大変そうだ」

智絵里「………?」

杏「………」チラ

かな子「うう~…」ドヨンド

杏「…こっちも…」ハァ

智絵里「あ、あう……」

杏「……ねえ、智絵里ちゃんー」ゴロン

智絵里「ひ、ひゃいっ!?えと…?」ビクッ

杏「落ち着きなよ…。今から言うところから、飴をとってきてもらいたいんだけどさ。任せていーい?」

智絵里「あ、は、はい……!」パタパタ


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/24(月) 01:31:47.06 ID:MlOpfYZV0



智絵里「―――わぁ、ここに飴あったんだ…きらりちゃん、ちゃんと整理してる…」ゴソゴソ

智絵里「あ、杏ちゃーん、これであってる……?」

杏「うむ、ゴクロー」

智絵里「で、でも、かな子ちゃん…お菓子はダメなんじゃ…」

杏「それがそうでもないんだな…まあ、分からないけど。これで取り合えず、かな子ちゃんのテンションを戻すことにしようか…。…はぁ…」ポリポリ

かな子「……それは…?」

杏「飴だよー、飴。きらりの買ってきた、ね。かな子ちゃん、クレープとかクッキーは駄目らしいけど、それは高カロリーだからでしょ?」

かな子「で、でも、飴も甘いし…うう」シュン

杏「…そりゃ飴も多量摂取したら高カロリーにもなるって。でも、少しだけなら小さいし、それにこれは…んー、まあ、一個舐めなよ、何はともあれさ。なかなか面白いから」

智絵里「はいっ、かな子ちゃん」スッ

かな子「う…お、面白い…?………」パク

かな子「…………」カラコロ

かな子「…な…なんか…甘いけど……ええ…?」

杏「人によって好き嫌いはかなり異なるみたいだよ。杏はまあ普通かな。きらりは『むぇー』って言いながら目を細めて舐めてた」

智絵里「え?え…?これ、普通の飴じゃないの?」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/24(月) 01:32:52.78 ID:MlOpfYZV0


杏「まーね。聞いて驚かれても困るけど、それ、ノンカロリー飴、ってやつなんだ。のど飴なんかだとよく見かけるヤツ。きらりが試しに買ってきたらしいんだけどねー、まあきっと、少しは太りにくいよ…」

智絵里「………」ジィ

杏「…智絵里ちゃんも食べてみたら?」

智絵里「え?で、でも、いいのかな…」

杏「いいんじゃない?別に個数制限とかないし。ユルく行こうよ」ポン

智絵里「あ、あうう……」

智絵里「………」キョロキョロ

智絵里「……………」ジッ

智絵里「………。い、いただき、マス」パク

智絵里「………」カラコロ

智絵里「………………うう……?」

杏「おお、これまたビミョーな反応」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/24(月) 01:34:20.56 ID:MlOpfYZV0


かな子「……………」カラコロ

智絵里「……………」カラコロ

杏「………あのさ、二人とも、どんなもん?」

ちえかな『……………』カオミアワセ

かな子「……………」クビフリ

智絵里「……………」シカメツラー

杏「…んー、ダメかー…杏は悪くないって思うんだけども」

かな子「…なんか、違うよう…」

智絵里「お砂糖じゃない…お砂糖じゃないです…」

杏「まさかここまで受け入れてもらえないとは思わなんだ…これはきらりに返しておこう」

かな子「…………むぅ」クモン

智絵里「飴じゃないと、思えば……」ハウウ

杏「……二人とも、きっとコーラのライトとか苦手なタイプだねー」

智絵里「飲んだこと無いから…分からないです、けど…多分」アウー

かな子「フツーの舐めたいなぁ…うぅ」

杏「え?…うーん、でも今、手持ちはなあ…レッスンの時、みーんな舐めちゃったから」

かな子「…………」ジッ

智絵里「かな子ちゃん……?」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/24(月) 01:35:37.23 ID:MlOpfYZV0


かな子「……ろう」

杏「……?」

かな子「こうなったら今作ろう、キャンディ」

智絵里「…え?えと、えと…キャンディなら、ラジオの時に、その」

かな子「あ、違うの、ロゴとかそういうのを入れるんじゃなくて……」

かな子「―――砂糖を煮詰めて作るところから」

智絵里「そ、そこからっ!?というか、かな子ちゃん、そもそも、作るの控えなさいって言われて――」

杏「試食係には是非杏を!」バッ

智絵里「は、早いです杏ちゃん…ってだから、働かざる者、食うべからずですっ…!」

かな子「確かジャムを煮詰めて作るっていうのは聞いたことあるから……ちひろさんがジャム瓶を棚に入れてたはずだし、向こうのコンロを使えば……!」キラキラ

杏「ソファでごろごろずっと待ってるから、期待してるよかな子ちゃん」グッ

智絵里「…………」フルフルフル

智絵里「な、な―――なんでやねーん!」ペシッ

かな子「きゃっ」

杏「おうっ」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/24(月) 01:36:45.57 ID:MlOpfYZV0


智絵里「もう、もう…!ふ、二人とも、自由すぎですっ…!」

かな子「あはは…ご、ごめんなさい…ちょっと楽しくて」

杏「まあまあ、そんなカリカリしないで――」

智絵里「っ」キッ

杏「すまんかった」キリッ

かな子「変わり身早いよ…杏ちゃん」

杏「杏はフリーダムに生きるからこそ、時に自分の身を大切にするのさ」

智絵里「むううう」プクー

かな子「わわっ、智絵里ちゃんのほっぺが、膨れちゃった」

杏「おお、まるで怒ったフグだ」

かな子「ぷくぷく……」ソワ

智絵里「……?」プクー

かな子「……えいっ」プニッ

智絵里「ぽふぅっ!」プスー

杏「……変な声……っく」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/24(月) 01:38:18.01 ID:MlOpfYZV0


智絵里「……………かな子、ちゃん?」フルフル

かな子「あ……ご、ごめんね?なんか潰したくなって」

智絵里「もーっ!もうっ……!」

かな子「ごめん…そうだよね、考えてみたら買ってくれば良かったんだね、キャンディ…」

智絵里「だからっ!怒られちゃうって!」

かな子「えっ、やっぱり作った方がいい…?」

智絵里「だから~…!もうっ、もーっ!」ペシッ

かな子「ひゃん、これは…チョップ?」

智絵里「あ…これは、ち…ちえりんチョップ、ですっ!」キリッ

かな子「へー、ちえりんチョップ…かわいい名前だね♪」

智絵里「え?えへへ…そ、そう、かな…?…って、流されないよ…!?」

かな子「ああっ、惜しい…」

杏「…智絵里ちゃんも苦労するなぁ…」

智絵里「あ、杏ちゃんもっ!」

杏「んえ?」

智絵里「ちゃんとしてくれなきゃ、ダメです…!杏ちゃんは、杏ちゃんは…!」

杏「いや、そう言われても…あ、杏は…?」

智絵里「キャンディアイランドの、い、一番忙しい、突っ込み担当なんですから…!」

杏「……いやいや、なんでやねんっ」ペシッ


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/24(月) 01:41:10.83 ID:MlOpfYZV0


智絵里「ひゃうっ………」

かな子「…………智絵里ちゃん!」スッ

智絵里「あ、か、かな子ちゃん…!」スッ

ちえかな『―――いえーい!』ハイターッチ

杏「おーう、元気だなぁ……」

かな子「杏ちゃんも杏ちゃんも!」

杏「ん?……。……ん」リョウテダシ

かな子「いえーい!」

智絵里「い、いえーいっ!」

杏「いえーい」パチン



杏「……はーぁ、つまるところ、これで三人ともツッコみツッコまれたってことでしょ…もう、ノルマクリア成功ー、って音声が頭のなかで流れちゃったよ」

かな子「智絵里ちゃん、よく頑張ったね!」

智絵里「えへへ…ちょっと頑張ってみようかな、って…いっつも、杏ちゃんはボケてばっかりだから」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/24(月) 01:42:14.24 ID:MlOpfYZV0


杏「あのさー、勘違いされそうだけど、CPの芸人的役割はAsteriskだからね?杏達がボケとツッコミ鍛えてどうするのさ」

かな子「あ、杏ちゃんはそれ、言っちゃダメじゃないかな…」

智絵里「で、でも、楽しいです、よ…?」

杏「…いや、別に智絵里ちゃんが良いならいいけど…」

智絵里「…杏ちゃんと、かな子ちゃんと。三人一緒にテレビに出られるの…スッゴく楽しい、から。だから、もっと、頑張らないとなって」ニコ

杏「……まあ、杏はあんまり出たくないけどねー」フイッ

智絵里「あ、あうぅ……」ショボン

かな子「…………」チラッ

杏「……ったく、きらりといい何でそうもストレートに……」ブツブツ

かな子「…ふふ♪」ニコニコ


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/24(月) 01:43:09.26 ID:MlOpfYZV0


杏「あー……二人といると時々調子狂うなぁ……」ポリポリ

杏「んー、そういや智絵里ちゃんさ、さっき…まあ、結構前の話なんだけどさ、気になってることがあって」

智絵里「は、はい…?」

杏「五つ葉のクローバーって、あれ、どういうこと?」

智絵里「…へ?」

かな子「…あ、言ってたね。杏ちゃんにあげるって…五つ葉ってことは、四つ葉よりも運勢が高いの?」

智絵里「あ、えと、ううん、そうじゃなくて…。五つ葉のクローバーは、幸運じゃなくて、財政運とか、金運を高めてくれるんだ」

杏「……金運とな」ガバッ

かな子「杏ちゃんが起き上がった…!」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/24(月) 01:44:28.74 ID:MlOpfYZV0


智絵里「うん。場所によっては、いっぱい見つかったりするらしいんだけど…私はまだ、一つだけしか、見付けたことないから…ちょっと渡すのは、勿体なくなっちゃって」

杏「ほーう、そっかそっかー。ねえ智絵里ちゃん、もし、もう一枚見付けたら杏に頂戴?これからの印税生活に有効に役立てるからさ」

かな子「もう、相変わらずだなぁ、杏ちゃんってば」

智絵里「え?う、うん…でも、いつ見つかるか分からないよ…?」

杏「だから、いつかでいいよ。まだ暫くは、運に頼るなんて楽、できそうにないし…頼る暇も無さそうだしさ。二人も居るだろうし……あー、やだなぁ、頑張るのは性分じゃないのに」

智絵里「………うん!」ニコ

かな子「ふふ、そうだね!…そう、自分の力で、頑張らないと…」グッ

杏「肩の力入れすぎてもダメだからね、かな子ちゃん」

かな子「わ、分かってるよう…」


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/24(月) 01:45:23.14 ID:MlOpfYZV0


杏「危なっかしいなぁ…さっきのレッスンもなーんかぎこちなかったし、ちゃんと深呼吸してる?」

かな子「あう…ご、ごめんね…」

智絵里「深呼吸…息抜き…休憩…」

智絵里「…お泊まり?」ボソ

かな子「…あっ、そうだ杏ちゃんのお部屋にお泊まりしたかったんだ」

杏「げ」

智絵里「げ?」


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/24(月) 01:47:37.65 ID:MlOpfYZV0



智絵里「…杏ちゃん、わざとお話し逸らしてましたね…?」ゴゴゴゴ

杏「…そ、そんなことはなくなくなくなくないかもだけど…ち、智絵里ちゃんも深呼吸深呼吸」

かな子「もう!こうなったら杏ちゃんのお家でお泊まりしてお菓子作るまで、私達も杏ちゃんみたいになっちゃうんだから!」

智絵里「あ、杏ちゃんのお家でお泊まりを希望する~…!」バッ

かな子「CIにお泊まりとお菓子の権利をー!」バッ

杏「ちゃっかり要求を増やしたなかな子ちゃん…おおう、普段杏はこんなことしてるのか。……ちょっとプロデューサーに同情するぞこれは」


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/24(月) 01:48:46.56 ID:MlOpfYZV0


杏「まあ、その、お泊まりは勘弁してくれ…いやマジであの部屋そんなことさせてくれないから、布団もないし」

かな子「……」ショボン

智絵里「……」シュン

杏「………ゔあ゙………分かった、分かったからその目止めろぉ!だ、妥協しようじゃないか。……ええと、そうだな…近場で、本当近場で、二人の行きたいところ……い、1ヶ所なら、付き合う……から……。ど、どうだ」チラ

かな子「……!」キラキラ

智絵里「……!」キラキラ

杏「……あ、ダメだこれ帰りたい」

かな子「ダメだよ!今杏ちゃん言ったからっ!」

智絵里「……逃げちゃ、め!ですっ」ギュッ

杏「ぐえっ……ち、智絵里ちゃ、キツイ」ギュッ

かな子「早速考えなくちゃ!ショッピングモールにすれば1ヶ所…だよね?」

杏「待った」

智絵里「あ、あのね、駅ビルに可愛い小物屋さんがあって……その、3人で御揃い、どうかな…って」

杏「ちょっと…」

かな子「わぁ、とってもいいと思う!じゃあ、取り合えずそこ、行ってみようか!」

杏「……ま、まさか二人とも、ここまで展開を読んで……いやそんな……でも」


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/24(月) 01:49:32.96 ID:MlOpfYZV0



かな子「…杏ちゃん♪」

智絵里「あ、杏ちゃん!」

杏「………ああ、もう」

かなちえ『一緒にお出掛け、楽しもうねっ♪』

杏「なんでもいいから早く、杏をだらだらさせてくれぇーっ!」


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/24(月) 01:52:29.92 ID:MlOpfYZV0

おしまい。前のCI回のラストと予告で全身から変な液が出そうになったので書いた。取り合えずTPフラグ嬉しいけどしまむらさんを誰か助けてくれ頼む

ちゃちゃっと依頼出してきます

転載元:智絵里「お、お泊まり…」かな子「杏ちゃん!」杏「ええ…?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1440345747/
SS速報VIPのSS紹介です。


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SSモバマスかな子智絵里CANDY_ISLAND

(2)

AFTER 楓「お金はおっかねえ」

BEFORE 喜多見柚「もちつもたれつ!」

実に愛に溢れているな、ほんわかした
こういうのでいいんだけどなあ
[ 2015/08/24 14:05 ] [ 編集 ]
アニメでシリアスをちょいちょいぶっこんでくるから、こういうのが染みるんだ
凸の続きもありそうだし、このシリーズ楽しみ
[ 2015/08/24 14:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

智絵里「お、お泊まり…」かな子「杏ちゃん!」杏「ええ…?」

Copyright © 2019全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto