スポンサーリンク

2015 07/25

モバP「舞踏会への最短距離」



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/25(土) 19:57:47.68 ID:g5v6B6Ato

事務所

つかさ「なにしてんの?」ヒョイ
krytks5.jpg

P「お、つかさか」

つかさ「アタシはアタシだよ。それよりなにしてんのさ」

P「次のイベントについてだな…」

つかさ「へー。ちょっと見せてみ」

P「見せていいのかなぁ…」ペラ

つかさ「口とは裏腹に渡してくる根性は嫌いじゃないよ」

P「俺もいいものにするためならプライドはないからな」

つかさ「アタシは社長やってんだって。プライドもなにもアタシのが上だよ」

P「ここだと俺のアイドルだけどな」

つかさ「そこに上下はないだろ。アタシはいかに自分を魅せるか考える。お前も24時間アタシを活かす為に何が出来るか。いわばパートナーってこと」

P「なるほどな」

つかさ「当たり前のこと言ってたせいで時間無駄にしたわ。んー、このまま先方に出すの?」

P「とりあえずな」

つかさ「まぁ平気だとは思うけど」

P「つかさに言って貰ったら自信になるな」

つかさ「…まぁ、そこまで大それたもんじゃないと思うけど」ドヤァ

P「口と行動が合ってないのはお前も同じだな」

つかさ「どうだか」ヤレヤレ




スポンサーリンク



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/25(土) 19:58:34.03 ID:g5v6B6Ato


泰葉「あ、今度のイベントの詳細ですか?」
okzkysh14.jpg

P「そうだな」

凛「ふーん。こういう感じなんだ」
sbyrn16.jpg

泰葉「結構大きいイベントなんですか?」

P「まぁ、それなりには大きいと思うよ」

凛「気合いいれないとね」

泰葉「…そうですね!」

つかさ「あ、この間言ってたやつか」

P「そうだな」

つかさ「気合い入れるのは当たり前として…どう見せるかだなぁ…」ブツブツ

泰葉「気合い入ってますね」

つかさ「当然っしょ」

凛「まぁ、こういう舞台に立つんだからそうだよね」

つかさ「まぁ…うん。そうだね」ポリポリ


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/25(土) 20:00:12.42 ID:g5v6B6Ato

事務所


つかさ「ちょっといいか?」

P「どした?」

つかさ「お前に質問。客はなにを見るためにステージを観に来る?」

P「アイドルだな」

つかさ「そりゃ当たり前」

P「なんだろうな」

つかさ「おいおい…夢を見に来るんだよ客は。夢見心地にしてやらないと失礼だろ」

P「なるほど確かに」

つかさ「それが大事だろ。私は実力を出し切った。気持ち良かった。客はどうでもいい。って言うならお遊戯会と変わらないし」

つかさ「それなら両親、親戚、お友達の間でワイワイやるのがいいわ。誰も傷つかないし」

P「……」

つかさ「もしかしてちょっと幻滅した?」

P「いや、その通りだと思う。自己満足の前に大切なモノがあるわな」

つかさ「いいと思ったことをすぐ取り入れるのはお前の良い所だと思うよ」

P「ただ、流されやすいだけかもしれないけどな」

つかさ「18の小娘の意見を素直に聞ける大人がどれくらいいたもんだか」

P「俺は年齢で判断はしないさ」

つかさ「…そりゃどーも」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/25(土) 20:03:47.76 ID:g5v6B6Ato

つかさ「さっきの話の続きなんだけどさ」

P「うん」

つかさ「自己満足より大事なものがあるって言ったはいいけど、自己満足も大事だよな」

つかさ「大事なのは順番ってだけで」

P「だろうな」

つかさ「本気でやってる奴には惹かれるものがあるよ」

P「俺がつかさをスカウトした時みたいな感じか」

つかさ「そこは分からないけどね。アタシが他人の目にどう映ってるかなんて分からないし」

つかさ「ただ、死ぬ気で生きてただけ」

P「さらっと言うとカッコいいな」

つかさ「そりゃアタシだしね」

P「あはは」

つかさ「別に笑いどころだった気がしないけど」

P「悪い悪い」

つかさ「それじゃそろそろレッスン行ってくるわ」

P「お、行ってらっしゃい。余念がないな」

つかさ「単純に心配性ってだけだよ」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/25(土) 20:05:00.66 ID:g5v6B6Ato

翌日
ちひろ「つかさちゃんって良い子ですよねぇ…」

P「どうしましたか急に」

ちひろ「いや、たまにプロデューサーさんとお話しているのを見て思ったんですよ」

P「だと思いますよ。ちょっとキツいって思うこともありますけど、しっかり未来を見据えてますよね」

ちひろ「そりゃ当然だろ。だってアタシだし。とか言い出しそうですよね」

P「凄い言いそうですね」

ちひろ「経験に裏付けられた自信家ですよね」

P「ですね」

ちひろ「実は凄い心配性ですし」

P「無駄な失敗したくないみたいですしね」

ちひろ「なんかカッコいいですね」

P「ですねぇ」

ガチャ

凛「おはよ。どしたの?」

P「いや、つかさの話しててさ」

凛「あぁ…凄いよね」

P「お、凛が言うか」


凛「変かな?私も凄いと思ったらそう言うんだけど」

凛「真面目にやってるなぁってそれに、どう見えるかってのを常に意識してるのが凄いなぁって」

ちひろ「確かにそれって経験がないと考えませんもんね」

凛「うん。だから私も参考にしてる所もあるよ」

P「まぁ、俺もだなぁ」


ちひろ「それはどうかと思いますけどね…」

凛「ま。負けられないけどね」

ちひろ「お、凛ちゃんがやる気ですね。ファイトです」

凛「熱いのは苦手なんだけどね…」ポリポリ

P「そうか?」

凛「どういうこと?」


P「青い炎は赤い炎よりって知ってるか?」

凛「学校で習った気がするけど。それがどうしたの?」

P「凛もそうだろ?」

凛「…そうだね」クス

ちひろ「あ、今の表情いいですね!」

凛「無意識だったけど…ありがと」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/25(土) 20:06:23.49 ID:g5v6B6Ato

事務所

つかさ「おっす」

P「お。お疲れ様」

つかさ「あれ?ちひろは?」

P「用事があるって帰ったよ」

つかさ「まぁ、こんな時間だもんな」

P「つかさも帰らないとな」

つかさ「子供扱いすんなって」

P「送るよ。社長だし運転手付きでもおかしくないだろ?」


つかさ「…まぁね」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/25(土) 20:07:45.06 ID:g5v6B6Ato

車内

つかさ「なぁ、ちょっといい?」

P「なんだ?」

つかさ「多分凄い言い辛いこと聞くけど大丈夫?」

P「答えられる範囲なら」

つかさ「アタシって事務所の他の子から嫌われてたりすっかな」

P「ん?」

つかさ「あ、いや、やっぱいい。なんでもない」

P「そんなことないと思うぞ」

つかさ「なんでもないって言ったから言わなくていいって」

P「それじゃここからは俺の一人言」

P「つかさは慕われてるって表現は似合わないけど、ある意味一目置かれてる感じだな」

つかさ「まぁ、ギャルで、社長だし」

P「というより姿勢、取り組み方だな」

P「何かを見せるのは魅せること。相手あってのことだしな」

つかさ「…当然だっての」

P「ほら、そこは社会経験の差か。それとかその他諸々だよな。周りの人に対する気配りとかな」

つかさ「…アタシは全知全能の神でも分身出来る訳でも手が何本もある訳ないからね」

つかさ「一人でなんでも出来るって思ってないわけで」

つかさ「アタシは客に夢を見せる。その為の装置は裏方が用意する。そのアイデアはプロデューサーが考えるんだろ?」

P「まぁな」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/25(土) 20:08:24.30 ID:g5v6B6Ato

つかさ「アタシの独り言に反応しなくていいっての」

つかさ「まぁ、なんにせよ、プロの仕事を見せるのが大事って話だよな」

P「仰る通りで」

つかさ「…ただ、アレだな。嫌われてなくてよかったわ」

P「あ、やっぱり、気にするのかつかさも女子高生だし」

つかさ「…はぁ?」

P「あれ、違ったか?」

つかさ「いや、なんつーかさ、今回のイベントをより良くするにはチームワークが不可欠だからってことだっての」

P「そうなのか」

つかさ「いや、まっ、完全に的外れって言えるほど人間も出来てないけどねぇ」

P「それが普通だろ」

つかさ「そうだとしても、なんかお前に言われるのは癪なんだよな」

P「パートナーの言葉は素直に受け取れって」

つかさ「分かってるっての。お前がアタシを選んだようにアタシもお前を選んだ訳だし」

P「なんか嬉しい言葉だな」

つかさ「そう?」

P「あぁ」

つかさ「ま。そこはどうでもいいだけどさ」

つかさ「イベントは絶対成功させる。それは確定事項」

P「分かってるって」

つかさ「それも知ってる。知らないとか言ってたらアタシはお前のアイドル辞めてるから」アハハ


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/25(土) 20:09:30.45 ID:g5v6B6Ato

数日後

会場

P「やっぱりこういう所に来ると少し興奮するな」

つかさ「遠足前の子供か」

P「どちらかって言うと引率の担任だな」

つかさ「ああ言えばこう言うな」

P「つかさには及ばないけど口が立つからな」

つかさ「なんかバカにされてる気しかしないけど」

P「気の持ちようだな」

つかさ「ま。どうでもいいか」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/25(土) 20:11:20.28 ID:g5v6B6Ato

つかさ「これ食べる?」ヒョイ

P「なんだ?」

つかさ「糠漬け」

P「ありがたく頂く」

つかさ「食べると落ち着くよな」

P「なんとなく懐かしい味がするな」

つかさ「だろうな」モグモク


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/25(土) 20:13:40.15 ID:g5v6B6Ato

つかさ「よしっ!充電完了」

P「お、流石だな」

つかさ「時間は限りがあるからね。次は――」

P「ほい」

つかさ「ん?これって…」

P「俺が目に付いた所だけ確認しといた。あとは大丈夫のハズ」

つかさ「……」

P「間違ってたか?」

つかさ「…いや、別に。お前やっぱり有能だわ」

P「珍しいな俺を褒めるなんて」

つかさ「そう?アタシは過大も過小評価もしないつもりだけど」

P「ま、なんにせよ褒められるのは嬉しいさ」

つかさ「アタシの言葉一つで乗せられてくれるってのは安くて便利だね」

P「つかさの言葉はそこまで安くないって」

つかさ「判断は各々に任せるけど…」

P「勝手にしておくな」

つかさ「ま。そんなことより今はこの舞台のセッティングをだな……」ブツブツ


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/25(土) 20:14:30.17 ID:g5v6B6Ato

スタッフ「真面目ですよね彼女」

P「えぇ。どっちがプロデューサーだか」

スタッフ「そうなるとプロデューサーさんがアイドルに?」

P「そういう訳じゃなくて…」

スタッフ「というのは勿論冗談ですが、こう裏方の仕事の重要性を分かってくれているアイドルの方って中々いないなぁって思いまして」

P「…それだけ本気なんですよ。来てくれた人に夢を見せるために」

スタッフ「ですね。私達も頑張りましょう!」

P「はい!」

つかさ「何話してんの?」

P「いや、悪いな。仕事に戻るよ」

つかさ「いや、もう多分やることないかと」

P「全部やったのか?」

つかさ「全部もなにもお前がほとんどやってくれてたから」

P「そうだっけか」

つかさ「とぼけ方が下手過ぎる」

P「すみません」

つかさ「まぁ、惚けるならそれでもいいけどさ、しっかりやれよな」

P「了解した」

つかさ「さて…あとは自分がどう頑張るか。だけか」

P「俺に出来ることあるか?」

つかさ「どーだろうな。お前に限らずスタッフも他のアイドルも最高のことをやってくれる気がしてるしこれと言って……」

P「どうした?」

つかさ「あるっちゃある…」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/25(土) 20:15:26.47 ID:g5v6B6Ato

P「お、なんだ?」

つかさ「……」オホン

つかさ「カッコよくシャンとしてろ」

P「ん?」

つかさ「お前はアタシを。アタシはお前を選んだ。パートナーがカッコよくしてないとアタシが恥ずかしい」

P「分かった」

つかさ「あぁ、アタシの方は心配いらないから。とりあえず最高にカッコイイ予定だから」

P「流石だな」

つかさ「ま。気の持ちようだけどね」

泰葉「なに話してるんですか?」

P「ちょっとした世間話だよ」

つかさ「そそ」

泰葉「そうですか。桐生さん頑張りましょうね」

つかさ「アタシはいつでも頑張ってるっての」

泰葉「スマイルですよ~。私が言うのも変な話なんですけどね」アハハ

P「そんなことないと思うぞ」

泰葉「そうですか?…よし」

つかさ「あー…そっか。うん。ありがとう泰葉」

泰葉「どうされましたか?」

つかさ「ん。なんつーか今のアタシはアイドルだもんな…眉間に皺寄せてステージ出るのは変な話だわ」

P「そうだな」

つかさ「気づいたら言えっての」チラ

P「悪い悪い」

泰葉「お客さんに夢を見せる。魅せるのが仕事って言ってた桐生さんならきっとステージでいい表情が出来ると思いますよ」

つかさ「アイドルとして立つってのは初めてだけどまぁ、やれることはやるか」ポリポリ

泰葉「はいっ!あ、私先に行ってますね」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/25(土) 20:17:05.49 ID:g5v6B6Ato

つかさ「あれだな」

P「ん?」

つかさ「アイドルってすげーわ」

P「いきなりどうした?」

つかさ「いや、別にディスってた訳でもないんだけどさ、モデルと変わらねーかなとか思ってた」

P「まぁ、実際モデル出身のアイドルがいないわけじゃないけど」

つかさ「今度しっかり聞いてみたら?多分傍から見たら一緒かもしれないけど違うところはあるよ」

P「そうだな。機会あったら聞いてみるよ」

つかさ「そうして」

P「それじゃ、こっちは任せてそろそろ行ってこい」

つかさ「いや、まだ、そんな時間じゃないし、ここにいてもいいだろ」ソワソワ

P「なんだ緊張しるてるのか?」

つかさ「こちとらアイドルしてステージ出るの初めてなんだって」

つかさ「正直吐けと言ったら吐ける気もするくらいだわ」

P「傍からは見えないけどな」

つかさ「そら、お前に言った手前アタシはカッコいいからな」

P「無理をする必要はないけど」

つかさ「アタシの安っぽいプライドだから気にしないでいい」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/25(土) 20:18:29.07 ID:g5v6B6Ato

つかさ「……」

P「そういやさ、最初のペンギンって知ってるか?」

つかさ「昔学校で読んだ気がする」

P「今のつかさはそんな感じじゃないのか」

つかさ「ん?」

P「ギャルで社長でアイドルで。そんな人いなかったに違いない」

つかさ「そらーね」

P「つまり同じだろ?」

つかさ「あー、そういうことね」

P「そういうことだな。時代を変えてきたのはそういうペンギンだ」

つかさ「ピーチクパーチク言ってる奴じゃなくて動いた奴が一番偉いもんな」

つかさ「分かる分かる」ウンウン

P「だけどさ、ま。得てして一人じゃ飛ぶのは怖いわな」

つかさ「そりゃね」

P「変な話かもしれないが、つかさには俺がいるし、一緒に飛んでやる」

つかさ「ん?」

P「最初のペンギンも二人なら怖くないだろ?」

つかさ「……はっ!」

P「ど、どうした」

つかさ「携帯持ってたらお前の顔を取ってSNSでバラまいてやりたいわ」

つかさ「今、自分がどんな顔してるか想像出来る?」

P「さぁな」

つかさ「ふーん。ま。いいけど。割とサイコーな感じだよ」

P「一体どんな顔なんだそれは…」

つかさ「ま。知らなくていいよ」

つかさ「しっかりと自分の発言には責任持て、な?」

つかさ「お前には保身とか何も考えないで飛び込んで貰うから」

つかさ「それじゃ行ってくるわ」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/25(土) 20:19:08.31 ID:g5v6B6Ato

つかさ「あぁ、最後に一つ聞いていい?」クルッ

P「どうした?」

つかさ「YESかNOで答えてな」

P「あぁ」

つかさ「今のアタシは世界で一番輝いてる?」

P「YES」

つかさ「OK。アタシも同意見。その言葉に踊らされてくるよ」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/25(土) 20:23:48.51 ID:g5v6B6Ato

イベント後

車内

つかさ「まぁ、成功だったんじゃね?」

P「良かったと思うよ」

つかさ「他の子よりも目立ってる気はしなかったけど、まぁいっか」

P「観客は満足してるみたいだったからな」

つかさ「そう。そこが重要。ただ、リアクション的にまだ向こうの予想の域を超えてなかったっぽいわ」

P「そうなのか」

つかさ「まー逆に言えば恥ずかしいレベルでもなかったって訳だけど」

つかさ「それはさっき送ってった二人も分かってると思うけどね」

P「かもな」

つかさ「まー。サクッとトップに立ってあげるよ」

P「お、大した自信だな」

つかさ「自信ってか経験から?社長やってた訳だし」

つかさ「多かれ少なかれ社員の人生の重さは背負ってきたわけ」

つかさ「アイドルだって上に行けばいくほど色んな人の思いを背負う訳でしょ?」

P「まぁ、確かに言い様によっては…」

つかさ「勝手に良い様に言ってるだけだけど」

つかさ「まー。そのためにはお前にはアタシのことを24時間考えて貰わないとな」

つかさ「健やかなる時も病める時も」

P「え?」

つかさ「本気で死ぬ気やらなきゃ取れるものも取れないから」

つかさ「と言う訳でとりまトップまでの最短距離の道案内よろしく。OK?」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/25(土) 20:25:11.58 ID:g5v6B6Ato

終わりです。

短めでしたが、読んで下さった方ありがとうございます。

そろそろ夏の締切が近づいてきている方もいると思いますので頑張って下さい。

失礼いたしました。

転載元:モバP「舞踏会への最短距離」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1437821757/
SS速報VIPのSS紹介です。


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SSモバマスつかさ泰葉

(2)

AFTER 杏「杏・輝子・小梅のシンデレラジオ 第129回」

BEFORE 藍子「茜色に染まる帰り道」

社長カッコいい。
あんまりデレずにこの路線で行って欲しいな。
[ 2015/07/25 23:03 ] [ 編集 ]
>健やかなる時も病める時も
結婚式か
[ 2015/07/26 04:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

モバP「舞踏会への最短距離」

Copyright © 2017全ては跡地。 All Rights Reserved.

   Designed by:paritto