スポンサーリンク

2015 05/19

モバP「からぱれっ!」美由紀「おりょうりっ!」



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/15(金) 01:11:48.11 ID:q2Oad0u4O

P「美由紀!美由紀はいるか!」

美由紀「あっ!Pさんおかえりなさーい!」ヒョコッ
ynsmyk7.jpg

菜帆「なんだか慌ててますね~」
ebhrnh8.jpg

珠美「何かあったのでしょうか?」
wkymtmm10.jpg

P「美由紀いいいい!やったぞおおおぉぉぉ!」ギューッ!

美由紀「ふにゃっ!?」

菜帆「あらあら」

珠美「なあっ!?」



前スレ
モバP「からぱれ!」
モバP「からぱれ!」柳瀬美由紀「にっ!」





スポンサーリンク




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/15(金) 01:26:29.36 ID:q2Oad0u4O

P「やったぞ美由紀!よくやった美由紀!美由紀可愛い!」タカイタカーイ

美由紀「ふえっ?どうしたの?Pさん!?」クルクル

P「美由紀いぃぃぃ!」ギューッ

菜帆「Pさ〜ん、どうしたんですか〜?」

珠美「興奮しすぎではないですか!?」

P「ばんざーい!ばんざーい!ばんざーい!ほら、美由紀も」

美由紀「あっ、うん!」

P・美由紀「ばんざーい!ばんざーい!」

菜帆「ええ〜っとぉ…」

珠美「竹刀竹刀っと…」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/15(金) 01:38:10.02 ID:q2Oad0u4O

珠美「落ち着きましたか?」ビシッ

P「……はい」タンコブ

菜帆「それで、何があったんですか〜?」

P「美由紀の次のお仕事が決まりました」

美由紀「ホントに?やったー!」

P「そしてなんと…」

美由紀「なんと?」

P「美由紀が主役です!やったー!美由紀やったー!」バンザーイ

美由紀「わーい!」バンザーイ

珠美「おおー!」パチパチ

菜帆「美由紀ちゃんおめでと〜♪」パチパチ

P「美由紀いいいい!」ギューッ

美由紀「にゃっ!?」

珠美「…………」ビシュッ

P「あっ、はい…」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/15(金) 01:53:31.55 ID:q2Oad0u4O

P「しかも美由紀が主役なだけじゃなくてな」

美由紀「ふえ?まだなにかあるの?」

P「なんと菜帆も一緒に出演しちゃいます!」

美由紀「菜帆ちゃんも!」

菜帆「うふふ。それは楽しくなりそうですね〜」

美由紀「菜帆ちゃん、一緒にがんばろうね!」

P「うんうん」

珠美「……P殿」

P「うん?」

珠美「珠美は?」ワクワク

P「……あっ……珠美は…」

珠美「珠美はー!?」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/15(金) 02:03:58.68 ID:q2Oad0u4O

珠美「それで、具体的にはどんなお仕事なのですか?」

P「ん?次のLIVEツアーの公演」

珠美「公演と言うと毎回カオスな内容なアレですか?」

P「カオス言うな。珠美だってこないだ出ただろうが」

美由紀「ねえねえPさん、みゆきはどんな役なの?」

菜帆「あ、それは私も気になります〜」

P「うん。美由紀は新人コックで菜帆は美由紀の幼馴染のコックだな」

美由紀「コックさん!」

菜帆「美由紀ちゃんと幼馴染なんですね〜」

P「で、途中のあの演じる味仙人に弟子入りしたりして、最終的には翠演じる美食女神を料理でねじ伏せるって感じかな」

美由紀「お料理でねじふせるの?」

菜帆「どういう事でしょうか〜?」

珠美「ほら、その時点でもうカオスな空気じゃないですか」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/15(金) 02:18:40.93 ID:q2Oad0u4O

美由紀「でもでも、みゆきお料理ちゃんとできないよ?」

珠美「いえ、フリさえ出来れば実際にはやらなくても良いのですよ」

美由紀「そうなの?」

P「とは言え、格好はつけられないとだしなぁ…」

菜帆「今まで私やPさんのお手伝いはしてもらったりしてますが〜…」

珠美「包丁を握った事は?」

美由紀「Pさんがあぶないから使っちゃダメだって」

P「美由紀の珠のような肌に傷が付いたらどうすんだ!」

珠美「ああ、過保護の仇がこんな所で…」

菜帆「それじゃあ、一緒にお料理の特訓しましょうか〜」

美由紀「とっくん!みゆきがんばるの!」

珠美「珠美もお手伝いしますよ!」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/15(金) 02:27:55.40 ID:q2Oad0u4O

美由紀「それで、何をつくるの?」

菜帆「う〜ん。そう言えば、お夕飯を何にするか話してたらPさんが戻ってきたんでしたっけ〜」

P「あ、そうなんだ」

菜帆「はい〜。そうですねぇ………Pさんは何か食べたいものありますか?」

P「俺?俺は美由紀が作ったものなら何でも食べられるよ」

珠美「本気で消し炭でも何でも食べそうですね…」

美由紀「もー!なんでもいいが一番こまる、ってお母さんが言ってたよ!」

P「えっ?そうなの?」

菜帆「メニューが決められないから聞いたのに、結局決まらないワケですから〜」

P「ああ、なるほど。んー………ハンバーグ?」

美由紀「りょーかいなの!」

菜帆「うふふ。それじゃあ、一緒に美味しいハンバーグを作りましょ〜!」

美由紀・珠美「おーっ!」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/16(土) 01:02:07.29 ID:+XpT9U7UO

菜帆「からぱれの!」

美由紀「からふる!」

珠美「きっちん!」

菜帆「と言う訳で、からふるきっちん、今日はハンバーグを作っていきますよ〜。初めてでも簡単に作れちゃいます♪」

美由紀「はーい!」

P「…何かはじまった」

菜帆「うふふ。折角なのでお料理番組みたいに、と思いまして〜」

珠美「材料はこちら。四人分です」

美由紀「ひきにく400グラム・たまねぎ1個・たまご1個・パン粉40グラム・牛乳50グラム・塩コショウ・ナツメグ、です!」

P「オーソドックスだな」フム

菜帆「あまり凝りすぎても大変ですからね〜」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/16(土) 01:10:02.15 ID:+XpT9U7UO

菜帆「ではまずは、パン粉をボウルに入れて、牛乳に浸しておきます」

美由紀「よいしょっ…」ヒタヒタ

菜帆「は〜い。では次に玉ねぎをみじん切りにしていきますよ〜。美由紀ちゃん、包丁を使う時に大切な事は何かわかりますか?」

美由紀「えっとえっと……人に向けないこと?」

珠美「根本ですね…」

菜帆「うふふ。それも大事ですけど、正解は猫の手で〜す」

美由紀「猫の手?みくちゃん?」

P「いや、そうじゃなくてな?こう、指先を軽く曲げて…」

美由紀「こう?あっ!たしかに猫さんの手みたい!」

菜帆「にゃ〜♪」

美由紀「にゃーっ!」

P「みゆきにゃん可愛い!みくにゃんのファン辞めてみゆきにゃんのファンになりま…もうファンだった!」

珠美「はいはい…」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/16(土) 01:18:09.83 ID:+XpT9U7UO

菜帆「それでは、美由紀ちゃん。最初はゆっくりで良いですからね〜。まずは半分に切りましょうか〜」

美由紀「うん!…猫さんの手で…えいっ!」ザクッ

珠美「ふふっ。その調子です」

菜帆「じゃあ半分にしたのを置いて、細かくなるまで切っていきましょ〜」

美由紀「りょうかい!」

珠美「ではもう半分は珠美が…」

P「えっ?大丈夫?」

珠美「だから珠美は出来なくはないですからっ!」

美由紀「うー…菜帆ちゃんやPさんみたいにきれいに切れない…」

菜帆「うふふ。最初はそんなものですよ〜。これから一緒に上手になっていきましょうね〜。大事なのは怪我をしない事ですから」

美由紀「うん!みゆきがんばる!」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/16(土) 01:24:49.17 ID:+XpT9U7UO

美由紀「ううー…」

P「美由紀どうした?何処か切ったか?救急車呼ぶか!?」

美由紀「違うの。なんだか涙が出てきたの…」

珠美「ああ…。たまねぎ切ってるとこれが天敵ですよね…」

菜帆「そういう時は、たまねぎのカケラを口に含むといいんですよ〜」

美由紀「そうなの?…あむっ」

珠美「へー……あむっ」

P「なお、効果には個人差があります」

珠美「誰に向かって言っているのですか?」

P「……一応な」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/16(土) 01:32:39.71 ID:+XpT9U7UO

美由紀「ざくざく…菜帆ちゃん、これくらい?」

菜帆「ん〜…もう少し細かくしてみましょうか〜」

美由紀「わかった!」ザクザク

P「美由紀、大丈夫か?怪我しないようにな?」ハラハラ

美由紀「だいじょうぶだよぉ!」

P「いや、でもだな?初めてなワケだしな…」

美由紀「もお!Pさんちょっとだまってて!」モー!

P「あ……はい」シュン

菜帆「う〜ん…」

珠美「?」トントン


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/16(土) 01:39:12.85 ID:+XpT9U7UO

珠美「みじん切り完了です!」

美由紀「ですっ!次はなにするの?」

菜帆「はい。次は〜……の前に」

美由紀「?」

菜帆「ここからはPさん立ち入り禁止で〜す」

P「………えっ?」

菜帆「Pさんが構いすぎちゃうと、美由紀ちゃんが集中出来ませんからね〜。ここからは出来るまでのお楽しみ、ですよ〜」

P「そっ、そんな!?殺生な!」

珠美「はいはい。P殿、お帰りはあちらですよー」

P「美由紀ーっ!」

美由紀「んー……Pさん、楽しみにしててね!」

P「よし!わかった!」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/16(土) 01:46:50.55 ID:+XpT9U7UO

P「………美由紀が怪我しませんように」

紗南「ありゃ?Pさんどしたの?そんな所に突っ立って…」
myssn12.jpg

P「ん?ああ、紗南か…。追い出された」

紗南「追い出された?って何処から?」

P「キッチン」

紗南「?」ノゾキコミ

紗南「……あー。どうせまたPさんが美由紀に構いすぎたんでしょ?」

P「何故分かる!?」

紗南「あはは。いつもの事だからねー。で、暇になったカンジ?」

P「ああ。仕事も特に急ぎのはないし、そもそもする気になれないし…」

紗南「うわー。ダメな大人だー…。あっ!ならさ、ちょっとゲームに付き合ってよ!丁度一人だとキツイミッションがあってさー」

P「うん、いいぞ」

紗南「やったね♪」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/19(火) 00:33:20.92 ID:Mh7XVM/xO

菜帆「では続きまして〜」

美由紀「わくわく」

菜帆「ボウルにひきにく、卵、みじん切りにしたたまねぎ、牛乳に浸しておいたパン粉を入れます」

珠美「はい!」ドサッ

菜帆「塩コショウとナツメグで軽く味付けをして…」パッパッ

珠美「塩コショウはともかく、ナツメグは何故入れるのですか?」

菜帆「ひきにくの臭みを消して、香りつけをするためですね〜」

美由紀「へー」

菜帆「ではこれを思いっきり捏ねていきましょ〜!」

美由紀「これはやった事あるよ!」

菜帆「うふふ。美由紀ちゃんの大好きな作業ですもんね〜」

美由紀「うん!」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/19(火) 00:44:48.67 ID:Mh7XVM/xO

美由紀「おいしくなーれおいしくなーれ」グチャグチャ

珠美「むむ…これは確かにちょっと楽しいかも」グチャグチャ

菜帆「昔やったおままごとの泥だんごみたいですよね〜。……そうそう、今のうちに〜」

美由紀「菜帆ちゃんなにやってるの?」グチャグチャ

菜帆「後のお楽しみですよ〜♪混ぜれましたか?」

珠美「はい。これくらいで良いですか?」

菜帆「ん〜…。おっけ〜です。では、これを成型していきましょうか」

美由紀「はーい!」

菜帆「今回はちょっと厚めに作ってくださいね〜」

美由紀「Pさんが食べるから?」ペチペチ

菜帆「それもありますけれど、その方がふっくら焼き上がるんですよ〜」

珠美「なるほど」ペチペチ


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/19(火) 00:56:54.40 ID:Mh7XVM/xO

菜帆「ではいよいよ形を整えたら焼き上げていきましょう」

美由紀「んー…ねえねえ菜帆ちゃん。こんな形ってどうかな?」

菜帆「あら〜。可愛いですね〜。Pさんも大喜び間違いなしかな〜」

美由紀「えへへ。だよねだよね!」

珠美「少しサービスしすぎな気もしますが、まあ良っか」

菜帆「油を引いたフライパンに載せて焼いていきます。油がはねないように気をつけてね〜」

美由紀「うん!ぜんぶ入れていいの?」

菜帆「はい。全部入れちゃってください。両面にしっかり焼きめがつくくらい
、片面大体30秒くらいかな〜」

珠美「おや?普段はもっと焼いている気がするのですが…」

菜帆「うふふ。これが今日のワンポイントで〜す♪」

珠美「あっ…ええと、今日のワンポイント!」

菜帆「ででん♪」

美由紀「かためん30秒ずつ、しっかりと焼きめがつくように焼く!」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/19(火) 01:05:19.66 ID:Mh7XVM/xO

美由紀「菜帆ちゃん焼けたよ!」

菜帆「では〜、出来たものをこちらの耐熱皿に移してください」

珠美「耐熱皿?」

美由紀「はい!よっ…とっ!」

菜帆「そしてこれを予め250度で予熱しておいたオーブンに入れて、15分くらいかな?焼き上げていきます」

珠美「あ、さっきやっていたのはこれでしたか」

菜帆「これなら、フライパンでやるよりも失敗なく焼き上がって、更にふっくらするんですよ〜」

美由紀「菜帆ちゃんすごーい!」

珠美「オーブンを使うだけでなにやら本格的な感じがしてきますね」

菜帆「では、後の焼き上げはオーブンにお任せして、付け合せのマッシュポテトを作っていきましょ〜」

美由紀「はーい!オーブンさん、よろしくね!」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/19(火) 01:20:01.75 ID:Mh7XVM/xO

チン♪

珠美「おっ。焼き上がりましたか?」

菜帆「熱くなってるから気を付けて出してくださいね〜」

美由紀「うん!……ふわぁ!いいにおーい!」

珠美「おうふ。確かにこれはお腹のすく匂いですね…」

菜帆「上手く出来たみたいですね〜。最後にお皿に移して、ソースをかけてマッシュポテトをそえたら完成です〜」

美由紀「かんせーい!」

珠美「ふふっ。初めてとは思えないほど見事な出来栄えですな」

菜帆「美由紀ちゃんの愛情がた〜っぷり入ってますもんね〜」

美由紀「えへへ。Pさん美味しいって言ってくれるかな?」

菜帆「間違いなしですね〜」

珠美「食べる前から言うでしょうな」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/19(火) 01:32:48.94 ID:Mh7XVM/xO

美由紀「Pさんおまたせー!」

菜帆「ハンバーグ出来ましたよ〜」

P「おお!待ってました!」

紗南「くんくん。おっ、いい匂い…」

美由紀「あれ?紗南ちゃんもいる!」

紗南「やっほー、美由紀。ハンバーグ作ってたんだ?」

美由紀「そうだよ!紗南ちゃんもいっしょに食べる?」

紗南「んー。お誘いは嬉しいけど、美玲達と約束してるからまた今度ね」

美由紀「そっかー。美玲ちゃんによろしくね?」

紗南「おっけ。それじゃ、Pさん。手伝ってくれてありがとね」

P「なんのなんの」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/19(火) 01:40:51.65 ID:Mh7XVM/xO

美由紀「はい、Pさんどうぞ」

P「お、おおお!ハート型のハンバーグ!?」

美由紀「えへへ。いつもいっぱいお世話になってるから、あいじょういっぱいなんだよ」

菜帆「うふふ〜。愛情は大切な隠し味ですから〜」

P「こんなのもう美味いに決まってるじゃないか!」

美由紀「えへへ。サプライズ大成功?」

珠美「大成功ですね。まあP殿がこれを見て喜ばないわけがないでしょうが…」

P「どうしよう…」

美由紀「?」

P「おそれ多くて食べられない…」

菜帆「あら〜」

珠美「でしょうな…」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/19(火) 01:47:24.53 ID:Mh7XVM/xO

P「とまあ、それは置いといて…。いただきます」

美由紀「めしあがれー!」

P「あむ……もぐもぐ…お?」

美由紀「どきどき」

P「もぐもぐ…うん。お世辞抜きに美味い」

美由紀「本当に!?」

P「ああ。初めてとは思えない出来栄えだよ。これならいつでも嫁にこれるな」ナデナデ

美由紀「えへへ、やったー!」

珠美「嫁に…これる?」

菜帆「まあ、Pさんですし〜…。気にしたらダメな気も」

P「うまいうまい」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/19(火) 01:53:48.36 ID:Mh7XVM/xO

菜帆「それじゃあ、私達もいただきましょうか〜」

美由紀「うん!いただきます!」

珠美「いただきます……もぐもぐ…おお。確かに美味しく出来てますね!」

菜帆「ちゃんとふっくら焼き上がってますし、これは大成功ですね〜」

P「ふむ…美由紀一人でやったんだよな」

美由紀「えっと、菜帆ちゃんに教えてもらったり、珠美ちゃんにてつだってもらったしはしたよ?」

菜帆「でも、肝心な所は美由紀ちゃんがやりましたね〜」

珠美「珠美は美由紀ちゃんの作業を半分やってた感じですね」

P「なるほど…。美由紀、楽しかったか?」

美由紀「うん!これからはもっとPさんや菜帆ちゃんのお手伝いできるよ!」

P「そうだな。これからはもうちょっとやらせるかな…」

珠美「おっ?過保護お兄ちゃんも少し成長しましたかな?」

P「うるさいよ」


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/19(火) 02:08:58.61 ID:Mh7XVM/xO

P「ごちそうさま。美味かったよ」

菜帆「食後に冷やしぜんざいはいかがですか〜?」

美由紀「たべるー!」

珠美「あー、もうそんな季節なんですねぇ」

P「最近めっきり暑くなったからなぁ」

菜帆「は〜い。Pさんどうぞ〜」

P「うん。ありがとう………あれ?スプーンは?」

菜帆「うふふ〜。せっかくなので、私も愛情をた〜っぷり入れちゃおうかなぁ、と思いまして〜」

美由紀「もしかして、これ菜帆ちゃんがつくったの?」

菜帆「いえ〜。残念ながら買ってきたものなんですよ〜。なので〜…」

珠美「あ、まさか…」

菜帆「Pさん、はい。あ〜ん」アーン

P「えっ?」

菜帆「うふふ〜。あ〜ん、ですよ〜」


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/19(火) 02:16:14.22 ID:Mh7XVM/xO

P「最後まで食べさせられた…」

菜帆「どうでしたか〜?」

P「いや、うん。美味しかった、よ?」

菜帆「私も大満足です〜」

珠美「ふふっ。今日はP殿尽くされまくりですね」

P「まあ、な…。最後のはビックリしたけど、美由紀のハンバーグも美味かったし…」

美由紀「えへへ。これならみゆき料理人の役もこなせるかな?」

P「ああ、そう言えば最初はそれがきっかけだったっけ」

珠美「P殿!?」

P「いや、美由紀の手料理が食べられると思うとな?」

菜帆「まあ、分からなくはないですね〜」

P「な。とはいえ、折角の主役だからな。これから開演までもう少し一緒に料理の練習しような」

美由紀「うん!みゆきがんばる!」


おしまい


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/19(火) 02:18:07.76 ID:Mh7XVM/xO

以上、読んでくださった方ありがとうございました!
アイプロではっちゃけすぎたから大人しくしておこうと思ったら美由紀ちゃん来ちゃってビックリでした。菜帆さんと一緒で更に

転載元:モバP「からぱれっ!」美由紀「おりょうりっ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1431619908/
SS速報VIPのSS紹介です。


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SSモバマス美由紀珠美菜帆紗南

(2)

AFTER モバP「藍子と新婚生活」

BEFORE アナスタシア「call slow」

妻……菜帆
長女……美由紀
次女……珠美

え、実年齢? 気にすんな!
[ 2015/05/19 21:24 ] [ 編集 ]
(オーブントースターじゃ)いかんのか?
[ 2015/05/19 21:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

モバP「からぱれっ!」美由紀「おりょうりっ!」

Copyright © 2019全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto