スポンサーリンク

2015 02/14

幸子「チョコ」美玲「イズ」まゆ「ミッシング」





1以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga] :2015/02/14(土) 13:09:26.89 ID:+IVD+6kD0



…………

幸子「フンフンフフーン」
ksmzsck11.jpg

幸子「問題です、今日は何の日でしょうか!」

幸子「正解はバレンタインデーです!」

幸子「なので、ちゃーんと用意しましたよチョコ!」

幸子「感謝してくださいねプロデューサーさん!」

幸子「……って、まだプロデューサーさん来てないじゃないですか」

幸子「困りましたね、プロデューサーさんも多忙ですから今日中に会えるか分からないですし……」

幸子「そうだ、机の上に置いておきましょう」

幸子「直接渡せないのは残念ですが……渡せずじまいよりはマシですね」









スポンサーリンク




2以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga] :2015/02/14(土) 13:18:33.98 ID:+IVD+6kDo


…………

美玲「……」キョロキョロ
hyskmri9.jpg

美玲「うん、プロデューサーはいないな」

美玲「今日はバレンタインデーだからチョコ用意したけど……」

美玲「チョコ渡したらプロデューサーのやつ絶対にいじってくるだろうし」

美玲「うーーーー」

美玲「あぁーッ! そもそもなんであいつのためにチョコ用意したんだウチ!」

美玲「……」

美玲「今のうちに机の上に置いとこ……」

美玲「うあー、顔合わせたくなくなってきた……」




3以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga] :2015/02/14(土) 13:25:18.60 ID:+IVD+6kDo


…………

まゆ「……」クンカクンカ
skmmy13.jpg

まゆ「匂いも気配も無い……まだPさん来てないんですね」

まゆ「どうしましょう、チョコはばっちり用意したんですが……」

まゆ「やはり直接手渡しが一番いいのに」

まゆ「でもPさん忙しいから今日中に渡せないかもしれないし」

まゆ「ぐぬぬ……どうやら机の上に置いておくしかなさそうですね」




4以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga] :2015/02/14(土) 13:32:23.22 ID:+IVD+6kDo


…………

幸子「あー疲れたー」

美玲「あ、幸子、お疲れー」

まゆ「お疲れ様です幸子ちゃん」

幸子「ああ美玲さんまゆさん、お疲れ様です」

まゆ「ねえ幸子ちゃん、Pさん見ませんでした?」

幸子「プロデューサーさん? 朝からずっと見てませんが」

まゆ「そうですか……」

幸子「(でも机の上に置いたチョコは無くなってるし、受け取ってくれたのかな)」

美玲「(チョコは無いから、プロデューサー受け取ってくれたんだよな)」

まゆ「(でもやっぱり手渡ししたかったですね)」

ちひろ「プロデューサーさん? 今日は事務所に来ませんよ」

幸子「えっ」

美玲「えっ」

まゆ「えっ」




5以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga] :2015/02/14(土) 13:38:20.38 ID:+IVD+6kDo


ちひろ「今日は地方への出張が入ってて、昨日からプロデューサーさんは出てるんですよ」

ちひろ「プロデューサーさんがめちゃくちゃ悔しがってましたよ、なんでよりによってその日なんだって」

幸子「いきなりすぎませんか?」

美玲「ウチ聞いてないぞ!」

ちひろ「決定が急だったものですから」

まゆ「(うっかりしてました……)」

まゆ「(もちろん知ってました、スケジュールの把握はしてたんですよ)」

まゆ「(でも、チョコ作りに夢中になって失念してしまいました……)」




6以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga] :2015/02/14(土) 13:44:58.68 ID:+IVD+6kDo


幸子「あれ? 待ってください」

幸子「じゃあ机の上に置いたチョコは?」

美玲「ん? ウチも机の上に置いてたけど」

まゆ「え? みんなも机の上に置いてたんですか?」

幸子「(誰のチョコも見当たらなかったですし、ボクが最初に置いたんですかね)」

美玲「(よく見てなかったけど、他にチョコは無かったはずだよな……ウチが最初に置いたのかな)」

まゆ「(他の女のチョコがあったら見逃すはず無いですし、私が最初に置いたんでしょうね)」

ちひろ「私が見たときは誰のチョコもありませんでしたけど」

幸子「んん???」

美玲「誰かがチョコを持っていった?」

まゆ「まさかちひろさん……」

ちひろ「ちょちょちょ! なんで私が疑われるんですか!?」

幸子「うーん……じゃあチョコは一体どこに……」




8以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga] :2015/02/14(土) 13:51:57.73 ID:+IVD+6kDo


幸子「……」チラ

美玲「……」チラ

まゆ「……あら?」

まゆ「どうしてお二人は私を見てるんでしょうかねえ……」

幸子「いやだって……ねえ?」

美玲「なあ?」

まゆ「もしかして……私を疑ってるんですかぁ?」

まゆ「私が最初に置いたんですから、むしろ怪しいのはお二人のどちらかだと思いますけど」

幸子「最初に置いたのはボクですよ!」

美玲「最初に置いたのはウチだぞ!」

幸子「え?」

美玲「は?」

まゆ「ん?」




9以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga] :2015/02/14(土) 13:59:48.83 ID:+IVD+6kDo


まゆ「一旦整理しましょう」

まゆ「チョコを持って事務所に来ました」

まゆ「でもPさんはいなかったので机の上に置きました」

幸子「ボクの時と一緒ですね」

美玲「ウチの時も同じだな」

まゆ「他にチョコは置いてませんでした」

幸子「無かったですね、ボクの時も」

美玲「置いてなかったな、ウチの時も」

まゆ「他に誰も置いてないので私が最初に置いたんだろうという結論に至った」

幸子「はい」

美玲「うん」

美玲「つまりどういうこと?」

まゆ「さあ?」

美玲「さあって……」




10以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga] :2015/02/14(土) 14:09:37.59 ID:+IVD+6kDo


幸子「やっぱりちひろさんが……」

ちひろ「いやいや、私は何も知らないですって!」

美玲「でもちひろさん相手じゃあなあ……」

まゆ「歯向かったらどんな目に遭うか……」

ちひろ「私を犯人と決めつけないでくれません?」

ちひろ「そして三人とも私のことどう思っているのか教えてくれませんかねえ?」

まゆ「冗談ですよ、冗談」

幸子「しかし……誰なんでしょうねえ、ボク達のチョコを持っていった人」

美玲「机の上に置いてたチョコを持ってった奴なあ」







輝子「………………」
hsshok13.jpg

幸子「あれ、輝子さんいたんですか」

輝子「ん!? あ、ああ……今来た……」




11以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga] :2015/02/14(土) 14:17:37.61 ID:+IVD+6kDo


美玲「なあなあ、ちょっと聞いていいかな」

輝子「な、なんだ……?」

美玲「ウチら、机の上にチョコ置いてたんだけどさ、いつの間にか消えてたんだ」

美玲「何か知らない?」

輝子「プロデューサー、では……」

まゆ「Pさんは出張で今日はいないんです」

輝子「ぇっ!? そ、そうなのか……」

輝子「………………」

輝子「し、知らないなぁ……うん……うん」




13以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga] :2015/02/14(土) 14:24:38.73 ID:+IVD+6kDo


まゆ「あれ、レジ袋?」

輝子「ん? あ、ああ……」

幸子「何か買ったんですか?」

輝子「こ、これな……ち、チョコ……」

美玲「チョコ? もしかしてみんなに配るやつ?」

輝子「い、いや、みんなに配るのは、他に用意してるんだ……」

まゆ「じゃあそのチョコは一体?」

輝子「……あ、えっとな……」

まゆ「……」



輝子「…………な、なんでもいいでしょ、ね」

まゆ「まあそうですね」




14以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga] :2015/02/14(土) 14:32:11.95 ID:+IVD+6kDo


幸子「はあー、残念ですねえ」

幸子「ラッピングとか思いの外苦労したんですよ」

輝子「そ、そう……」

美玲「そうだなー、包装紙とか沢山種類あってどれ使うか悩んだモン」

輝子「き、気合入ってたんだな……」

美玲「……あ、べ、別にプロデューサーの為にとか、そんなんじゃないけどッ!」

まゆ「包装紙ですか、私も赤いリボンに似合うのを探してたんですよね」

幸子「あー、リボンも選ぶのに苦労し……あれ?」

幸子「輝子さんのポケットから何かはみ出てません?」

輝子「ん?……あっ」

まゆ「リボンですか?」

幸子「黄色いリボンですね、ボクがラッピングに使ったものと同じような……」

輝子「えっとな、その……」

幸子「……」



輝子「ぷ、プロデューサーに渡そうと思ってた、友チョコ……だよ」スッ

幸子「なんだ、そうだったんですね」

輝子「み、みんなの分もあるから、あげる……フヒ」

幸子「ありがとうございます」




15以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga] :2015/02/14(土) 14:39:16.53 ID:+IVD+6kDo


まゆ「あら? 何か落ちてますね」

幸子「これは……食べカス?」

輝子「!?」

美玲「あー……確かに食べ物の欠片っぽいな」

まゆ「見た感じ……クッキーの欠片でしょうか」

輝子「う、うん……チョコクッキーっぽい、よな……」

美玲「チョコクッキー?」

輝子「ん?」

美玲「クッキーってところまでしか分かんないんだけどなあ、色も狐色でチョコっぽくないよな」

輝子「あっ…………あー」

美玲「……」



輝子「ほ、ほら……今日はバレンタインデーだし」

輝子「そりゃあ……チョコクッキー……なんじゃないかな、うん」

美玲「まあそうかもな」




16以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga] :2015/02/14(土) 14:46:29.54 ID:+IVD+6kDo


幸子「……」

美玲「……」

まゆ「……」

輝子「…………」

まゆ「……」ヒソヒソ

美玲「……」ボソボソ

幸子「……」コクン

輝子「?」




17以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga] :2015/02/14(土) 14:53:50.18 ID:+IVD+6kDo


幸子「あ、トリュフチョコですね」

美玲「トリュフチョコを作ったのか、キノコらしいな」

輝子「ん? あ、ああ、うん……」

まゆ「……あら、美味しいですねこれ」

輝子「えっ、そ、そう?」

美玲「うん、うまいなこれ!」

幸子「上手にできてますね」

輝子「あ、ありがとう……て、照れるな……フヒヒ」

幸子「まあ、ボクの作ったチョコの方が美味しいハズですけどね!」

輝子「う、うん……幸子が作った生チョコは美味しかった、ぞ……」



まゆ「ん?」

美玲「今」

幸子「生チョコって」

輝子「……………………あっ」




18以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga] :2015/02/14(土) 15:00:31.16 ID:+IVD+6kDo


幸子「確かにボクはバレンタイン用に生チョコを作りましたけれど」

幸子「なんで輝子さんはボクが生チョコを作ったとご存知で?」

輝子「あ、あー……」

輝子「や、やだなあ、去年、くれたじゃないか……」

幸子「去年作ったのはチョコレートマフィンですけど」

輝子「そ、そうだっけ……」

幸子「……」

美玲「……」

まゆ「……」

輝子「…………」





輝子「ごめんなさい、食べました」

輝子「チョコクッキーもチョコケーキも美味しかったです……」




19以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga] :2015/02/14(土) 15:07:08.55 ID:+IVD+6kDo


回想


輝子「キノコー、キノコー」

輝子「今日は……い、忌まわしきバレンタインデー……」

輝子「しかし……今回は違うぞ……」

輝子「友チョコ、たくさん準備したからな……フヒ」

輝子「……ん?」

輝子「(机の上にチョコが……)」

輝子「……は!」

輝子「こ、これは……プロデューサーから私への友チョコ……!」

輝子「きっとそうに違いない……」

輝子「ありがとう親友……あ、ありがたく、いただこう……」




20以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga] :2015/02/14(土) 15:14:54.39 ID:+IVD+6kDo


…………

輝子「ふう、トイレ行ってスッキリ……」

輝子「……ん?」

輝子「(机の上にまたチョコが……)」

輝子「……は!」

輝子「もしかして、ちひろさんから私への友チョコ……!」

輝子「そうか……ちひろさん、私のこと、と、友達だと思ってくれてたんだな」

輝子「ありがとうちひろさん……おいしくいただこう……」




22以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga] :2015/02/14(土) 15:21:38.82 ID:+IVD+6kDo


…………

輝子「危ない危ない、トイレに忘れ物してた……」

輝子「……ん?」

輝子「(机の上にまたまたチョコが……)」

輝子「……は!」

輝子「これはきっと……お隣さんから私への友チョコ……!」

輝子「フフ……あいつはシャイだからな……直接渡すのが恥ずかしかったんだろう」

輝子「ありがとうボノノさん……大切にいただこう……」




23以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga] :2015/02/14(土) 15:28:43.04 ID:+IVD+6kDo


輝子「ふう、美味しかった……」

輝子「生チョコにチョコクッキーにチョコケーキ……」

輝子「ど、どれも手作りな感じで、すごかった……な」

ピラッ

輝子「……ん? 紙が入ってる……」

『My Dear プロデューサー from まゆ』

輝子「………………」

輝子「ま、まさか」ガサゴソ

『プロデューサーさんへ by 幸子』

『プロデューサーへ 美玲より』

輝子「……」

輝子「ヒャア! やっちまった!!!」




24以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/14(土) 15:31:19.28 ID:IbPKojnh0


なにやってんだよwww




25以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage] :2015/02/14(土) 15:34:39.29 ID:QaZC8RCho


小梅ちゃんからのがあればあの子が止めてくれただろうに…!!




27以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga] :2015/02/14(土) 15:35:12.84 ID:+IVD+6kDo


…………

輝子「と、とりあえずコンビニでチョコ買ってきたけど……」

輝子「こ、これで……代用、効くかな……」

輝子「……む、無理だな」

輝子「箱と包装紙は残ってるから、なんとかして中身を……」

幸子「しかし……誰なんでしょうねえ、ボク達のチョコを持っていった人」

美玲「机の上に置いてたチョコを持ってった奴なあ」

輝子「(ノォォォ! 鉢合わせた!!)」


回想終わり




28以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage] :2015/02/14(土) 15:37:30.78 ID:zEAThcMAo


輝子も女の子だからね、仕方ないね




29以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga] :2015/02/14(土) 15:42:34.84 ID:+IVD+6kDo


輝子「そ、そういうわけ……ですはい」

幸子「はあ……」

美玲「お前が犯人かー……」

輝子「ご……ごめん」

まゆ「プロデューサーさんの為を思って、頑張ってケーキを作ったのに……」

輝子「うっ……」

幸子「生チョコ、作るの大変なんですよ?」

美玲「いやまあ、義理なんだけど? それでもせっかくクッキー焼いたのにさあ」

輝子「うぐぐ……」

輝子「……な、なんでもするから、許して……」



幸子「ん?」

美玲「今」

まゆ「なんでもするって」

ちひろ「言ったわよね?」

輝子「いやちひろさんは関係無いよね……」




30以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga] :2015/02/14(土) 15:48:24.02 ID:+IVD+6kDo


次の日


モバP「チョコくれ!!」

モバP「くれ!!!」

幸子「ちょ! いくらなんでもがっつきすぎですよ!」

モバP「だってさあ! バレンタインデーに出張とかおかしいだろ!」

モバP「出張先もバレンタインキャンペーンばっかりでさ!」

モバP「逸る気持ちが抑制されまくっててヤバイんだよ!」

まゆ「うふふ、そんなに焦らなくても、ちゃんとあげますよぉ」

まゆ「はい、どうぞ」

モバP「やったあああ! チョコだああああ!」

美玲「うるさいってば!」




31以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga] :2015/02/14(土) 15:54:26.94 ID:+IVD+6kDo


幸子「はい、ボクのもあげますね」

モバP「うはあ! サンキュ!」

美玲「……」

モバP「……」

美玲「な、なんだよ」

モバP「あくしろよ」

美玲「わ、分かってるよ! ホラ!」

モバP「やったあ! 美玲の本命チョコだ!」

美玲「ち、違う! 義理だよ義理ッ!」

モバP「え? こんなに凝ったラッピングなのに?」

美玲「ううううるさいな! ひっかくぞッ!」




32以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga] :2015/02/14(土) 16:00:04.29 ID:+IVD+6kDo


モバP「開けていい?」

幸子「え、早くないですか?」

まゆ「せっかちですねえ、チョコはどこにも逃げませんよ」

モバP「限界だ、開けるねッ!」ペリペリ

美玲「ビリビリ破らないんだな」

モバP「いやだって、なんか高そうな包装紙だし」パカッ

モバP「おお! 生チョコにチョコクッキーにチョコケーキか!」

幸子「頑張って作ったんですよ! 感謝してください!」

モバP「ナンマンダブナンマンダブ」

幸子「って! 手を合わせるほどでもないでしょう!?」

幸子「しかもなんで念仏唱えるんですか!? やめてください!」




33以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga] :2015/02/14(土) 16:06:29.72 ID:+IVD+6kDo


モバP「しかしなんだ」

モバP「どれも豪華チックだなあ」

モバP「手間かかってるというか、高そうというか」

モバP「金粉かかってるし」

まゆ「うふふ、それだけプロデューサーさんへの気持ちが強いってことですよ」

まゆ「まゆの気持ち、受け取ってくれます?」

モバP「やべえ、あまりにも高価そうな感じがするから手が止まったけど」

モバP「食べていいんだよね?」

まゆ「どうぞ♪」

モバP「よっしゃいただきます!」




34以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga] :2015/02/14(土) 16:12:34.39 ID:+IVD+6kDo


輝子「……」

乃々「……?」
mrkbnn11.jpg

小梅「ど、どうしたの、輝子ちゃん……」
srskkum11.jpg

輝子「あ、ああ……まさか、諭吉が何人も旅立つとは思わなくて……な」

乃々「何か高い買い物したんですか?」

輝子「まあ……高くついた、な……」

輝子「材料だけかと思ったら、調理器具まで買わされるとは、お、思わなかった……」

小梅「よ、良く分からないけど、災難だったね……」




37以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga] :2015/02/14(土) 16:19:08.92 ID:+IVD+6kDo


小梅「あ、そうだ、友チョコあげるね……」

輝子「ん? ああ……ありがとう」

乃々「あ、ありがとうございます……」

小梅「はい……焼けただれた皮膚チョコレート……」

乃々「えっ」

小梅「こう……チョコを混ぜた生地で作った表面が、溶け落ちた皮膚みたいに剥がれ取れて……」

小梅「血……じゃない、イチゴソースが、垂れてくるの……」

輝子「う、うまそう……小梅の説明が無かったら」

乃々「なんか、想像したら……うぷ」

小梅「め、召し上がれ……」


おしまい




38以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage] :2015/02/14(土) 16:19:58.94 ID:+IVD+6kDo


見てくれた人ありがとう



転載元:幸子「チョコ」美玲「イズ」まゆ「ミッシング」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1423886966/


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SSモバマス輝子幸子美玲まゆ

(3)

AFTER 杏「杏・輝子・小梅のシンデレラジオ 第103回」

BEFORE 若林智香「雨垂れ石を穿つ」

こーいうPもよろしおすなぁ
変に、え?おれなんかにくれるのか?みたいなパターンより好きかもしれん
勢いがあってよいぞ
[ 2015/02/15 02:13 ] [ 編集 ]
さっちゃん、生チョコほど簡単なものもねぇぞ?
と毎年チョコ作る俺が言う。

男のコミュニティでわいわい食べることで女性が渡しにくい環境作るの楽しいれす(^q^)
[ 2015/02/15 08:48 ] [ 編集 ]
出てるメンバーから一瞬シンデレラジオの人の外伝かと思ったが、あの人だったら杏ちゃんが出るはずだから違うなと思い直した
[ 2015/02/15 08:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

幸子「チョコ」美玲「イズ」まゆ「ミッシング」

Copyright © 2018全ては跡地。 All Rights Reserved.

   Designed by:paritto