スポンサーリンク

2014 12/22

モバP「心豊かな忘れ物」





1以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga] :2014/12/21(日) 21:02:54.32 ID:GP5NLFE/o



モバP「ふぅ。こんなもんかな……よいしょ」ガタッ

モバP「はぁー……もうこんな真っ暗か。あー肩こった……」

綾瀬穂乃香「大変そうですね、プロデューサー」ヒョコッ
ayshnk7.jpg

モバP「おう、穂乃香。仕事の帰りか」

穂乃香「はい。あ、お茶どうぞ」

コト…

モバP「おっ、サンキュー。いつもすまんな」

穂乃香「いえいえ、大した事じゃありませんので」











スポンサーリンク




2以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga] :2014/12/21(日) 21:05:52.29 ID:GP5NLFE/o



モバP「あれ、そういえば一人か?今日はフリルドスクエアでの仕事だっただろ?」

穂乃香「みんな現場から直帰しましたよ?私は、事務所に忘れ物したので……」

モバP「忘れ物か、珍しいな」

穂乃香「急いでたもので……どこに置いてたかな」

モバP「見当たらないのか?探すなら俺も手伝うよ」

穂乃香「いえ、大丈夫です。多分この辺に……ええっと、ありました!この子です」

ぴにゃこら太「……」ピニャーン

モバP「あぁ、ぴにゃか。すぐ見つかってよかったな」





3以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga] :2014/12/21(日) 21:08:06.57 ID:GP5NLFE/o



穂乃香「はい。お騒がせしました」

モバP「気にするな。でも、わざわざ寄るくらいだから、鍵とかスマホとか……貴重品の類だと思ったんだが」

穂乃香「す、すみません……」

モバP「いや、別に責めてるわけじゃないんだが……現場から距離あったのに大変だったんじゃないかって」

穂乃香「ええ、普通はそうなんですが……」

モバP「何か理由があるのか?」





4以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga] :2014/12/21(日) 21:10:51.59 ID:GP5NLFE/o



穂乃香「あの実は……いや、でも」

モバP「何だ?気になるな……」

穂乃香「ええっと、みんなには内緒にして欲しいんですけど……」

モバP「ああ。約束する」

穂乃香「えっと……」

穂乃香「あの、私ぴにゃこら太と一緒じゃないと寝られなくて……」モジモジ

モバP(かわいい)





5以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage] :2014/12/21(日) 21:15:35.70 ID:zs3I9tTCO


心がぴにゃぴにゃしてきた




6以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga] :2014/12/21(日) 21:17:39.52 ID:GP5NLFE/o



モバP「そ、そうか……穂乃香はしっかりしてるから意外だな」

穂乃香「やっぱりおかしいですよね……こんな年になって子供みたいな」

モバP「いや、確かに驚いたけど……誰でも一つや二つ人には言えない秘密があるもんだ。そこまで気にするようなことでもな」

モバP(かわいいし、全く問題ないな)

穂乃香「早くなおしたいんですけど……なかなか」

モバP(なおすなんてモッタイナイ)

モバP「誰かに迷惑かけてるわけじゃないし、だんだん慣らしていけばいいんじゃないか?」

穂乃香「うーん。外泊の仕事もこれから増えてくると思うので……特にフリルドスクエアだと相部屋とかもあるんじゃないかって」

モバP「確かに……そうなると厳しいかな」





7以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga] :2014/12/21(日) 21:21:10.13 ID:GP5NLFE/o



穂乃香「どうにかならないですかね……」

モバP「うーん、離れて寝たりもするんだろ?」

穂乃香「はい。初めは大丈夫なんですけど」

モバP「ふむ」

穂乃香「ベッドで暗闇の中で寝転がると、だんだん寂しいというか、心細くなってきて」

モバP「ほう」

穂乃香「ついつい手を伸ばしちゃって」

モバP「なるほど」

穂乃香「こうやって、抱きしめたくなるんですよね……」ギュッ

モバP「かわいい」

穂乃香「えっ!?」





8以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga] :2014/12/21(日) 21:23:23.05 ID:GP5NLFE/o



モバP(やばい、ぴにゃを抱きしめながら俯く穂乃香が可愛すぎてついつい本音が)

穂乃香「か、かわっ……」

モバP(赤面して言葉に詰まる穂乃香かわいい……じゃなくて!)

モバP「い、いや、穂乃香じゃなくて、ぴにゃこら太……」

モバP(何つー言い訳してるんだ俺は!)

穂乃香「あっ……そうですよね……」シュン

モバP(あぁ!!穂乃香が落ち込んで、ぴにゃをよりギュッと強く抱きしめてる!)

モバP(可愛い!けどそれ以上に心が痛い……フォローしなくては)

モバP「いや、もちろん穂乃香も可愛いんだけど……」

穂乃香「本当ですか!」パァ!

モバP(ちょろかわいいな)





9以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga] :2014/12/21(日) 21:26:07.54 ID:GP5NLFE/o



モバP「あぁ。ほら、穂乃香って結構ストイックで、隙をあまり見せないから驚いたけどさ。普段とのギャップっていうのかな」

穂乃香「……」

モバP「確かに、しっかり者なのはいいんだけど、男としては少しぐらい弱点を見せてくれた方がグッとくるというか」

穂乃香「……」

モバP「さっき言ってた夜の寂しさとかも俺が何とかしてやりたいって」

モバP「この子を守ってやりたいって思える愛おしさが滲み出てて……結構好きだけどね……って、あ」

穂乃香「あぅ……」モジモジ

モバP(なんか口説いてるみたいになってしまった)





10以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga] :2014/12/21(日) 21:27:55.07 ID:GP5NLFE/o



穂乃香「あ、ありがとうございます。お世辞でも嬉しいです……」

モバP(穂乃香が照れてるのを見ると、俺まで恥ずかしくなってきた)

モバP「あぁ、うん。いや、本当に思ってるよ、うん」

穂乃香「あ、はい……」

モバP「うん……」

穂乃香「……」

モバP「……」

モバP(気まずい……)





11以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga] :2014/12/21(日) 21:30:16.15 ID:GP5NLFE/o



モバP(なんだこの間は……。穂乃香はともかく、俺は社会人なのに情けない……)

穂乃香「……」モジモジ

モバP(モジモジしてる穂乃香もかわいいなぁ……じゃなくて!)

モバP(兎に角、何か言わないと……)

モバP(……よし!)

モバP・穂乃香「「あの……」」

時計<ピピピピ!

モバP・穂乃香「!」ビクッ





12以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga] :2014/12/21(日) 21:31:58.63 ID:GP5NLFE/o



時計<ミンミンミン!ウサミンが○時をお知らせしちゃうぞっ!キャハッ☆

モバP「あ、あぁ!もうこんな時間か!結構遅くなっちゃったな」

穂乃香「そ、そうですね、遅いですし、そろそろ帰りますね、私」

モバP「そうだな、送っていくか」

穂乃香「いえ、今から歩けばちょうどバスの時刻に重なるので」

穂乃香「それに、けっこ近いので大丈夫ですよ」

モバP「そうか……気をつけてな」

穂乃香「はい」




13以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga] :2014/12/21(日) 21:37:44.55 ID:GP5NLFE/o



穂乃香「……あの、プロデューサー」

モバP「ん?」

穂乃香「やっぱり今日は、ぴにゃこら太と離れて寝てみようと思います。」

モバP「ふむ」

穂乃香「だからこの子のこと、一日だけ預かっててもらえますか?」

モバP「ああ。別にいいけど……大丈夫なのか?」

穂乃香「わかりません……だから」

ギュッ

モバP「!?」





14以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga] :2014/12/21(日) 21:38:40.03 ID:GP5NLFE/o



穂乃香「だから、今日の分は、プロデューサーで先に補充しておきます……」ギュッ

モバP「なっ……」

穂乃香「……」カァッ

モバP(や、やわらかいな……それに、匂いも。こんなにいい香りだったか?穂乃香って)

穂乃香「……ほ、本当の忘れ物はこれです……」ギュッ

モバP(もう、死んでもいいかな)





15以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga] :2014/12/21(日) 21:44:33.32 ID:GP5NLFE/o



穂乃香「……こ、これでもう大丈夫なはずです」バッ

モバP(俺が大丈夫じゃないんだが)

穂乃香「す、すみません……いきなりこんな」

モバP「い、いや、別に嫌ではなかったというか……うん」

モバP(むしろありがとうございますって感じだよ)

穂乃香「……っ!お、お疲れ様でした!」タタタタ……バタン

モバP「あっ……行ってしまった」





16以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga] :2014/12/21(日) 21:46:44.46 ID:GP5NLFE/o



モバP「穂乃香……あったかったな」

ぴにゃこら太「……」

モバP「うーん……あんな積極的な子だったか?」

モバP「しかし、アイドルとプロデューサーだし……」

モバP「いや、嬉しいんだが、なんというかいつの間に……」





17以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga] :2014/12/21(日) 21:47:59.98 ID:GP5NLFE/o



ぴにゃこら太「女の子ってもんは、いつの間にか成長してるもんだぜ。人間としても女としてもな。」

ぴにゃこら太「ただでさえ思春期っていうのは一気に成長する時期だ。昨日今日で全く表情もかわるってもんだぜ」

モバP「そうか……そうだよな」

ぴにゃこら太「あぁ。だから、下手に子供扱いするんじゃなくてよ、誠意を持って対応してやってくれよな」

モバP「あぁ……真剣に考えておくよ」

ぴにゃこら太「……」

モバP「……」




ぴにゃこら太「……」

モバP「……」





モバP「えっ」


おしまい




18以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage] :2014/12/21(日) 21:50:41.28 ID:EorxLLmr0


CV:はっしー




19 ◆/K/zul8vIg [saga] :2014/12/21(日) 21:52:36.49 ID:GP5NLFE/o




おわりです

心豊かさんみたいな女の子は現実にはいないんですかね

よんでくださった方ありがとうございます




20以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage] :2014/12/21(日) 22:02:46.97 ID:cddPG2guo


乙ぴにゃ




21以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage] :2014/12/21(日) 22:07:11.99 ID:cwggqTgfo


いいぞ、どんどんやれ、穂乃香大好き




22以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage] :2014/12/21(日) 22:34:00.01 ID:oKf8Pxjto


ついさっき5%チケぶん回して心豊さん出てきた俺にはタイムリーなスレだった
そういえばぴにゃってお空ではCVが卯月だったんだよな・・・




23以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2014/12/21(日) 23:14:48.01 ID:4cKCevu8o


あの声で説教されるのか……



転載元:モバP「心豊かな忘れ物」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1419163364/


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SSモバマス穂乃香ぴにゃこら太

(1)

AFTER 蘭子「聖夜の邂逅」みく「そろそろ予定を決めるにゃ」

BEFORE 響「寝るときは豆電球だぞ、貴音」貴音「分かりました」

ミギーみたいな声で再生されたわ(プーチキチキフォンフォンフォン
[ 2014/12/23 08:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

モバP「心豊かな忘れ物」

Copyright © 2019全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto