スポンサーリンク

2014 10/29

モバP「装甲騎兵ウサミンロボ」





1 ◆NOC.S1z/i2 [saga] :2014/09/22(月) 23:12:24.12 ID:m+cWpgDko



 【モバマスSS】です。










2VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:13:28.14 ID:m+cWpgDko



 いつものように晶葉が事務所地下の池袋ラボで研究に打ち込んでいると、菜々とウサミンロボをつれたモバPが姿を見せる。

 うさうさ?

 うさー♪

 ウサミンロボはラボにいたウサちゃんロボとの久しぶりの対面に、堅いハグを交わしていた。

 菜々がデザインし、晶葉が開発したのがウサちゃんロボ。
 そのウサちゃんロボを、菜々が提供し、晶葉が解析した異星超科学ウサミンテクロノジーによって強化したのがウサミンロボなのだ。
 それでも、ウサミンロボは自分がかつてウサちゃんロボであったことを忘れていない。
 自分の生みの親が池袋晶葉であることを忘れてはいない。
 ロボは、かつての自分が池袋晶葉に作られたウサちゃんロボであったことを誇りに思っているのだ。






スポンサーリンク




3VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:14:22.65 ID:m+cWpgDko



モバP「よ、晶葉。調子はどうだ?」

 うさうさ

晶葉「む。助手とウサミンとロボか。ああ、低音域が弱点だな。マストレに音チェックだけでも頼むべきかもしれない」
ikbkrakh8.jpg

菜々「……晶葉ちゃん、今度は何を作っているんですか?」
abnn19.jpg

晶葉「よくぞ聞いてくれた」

 ふんす、と胸を張る晶葉。

晶葉「秋の夜長のお供にぴったり、鈴虫ロボだ」
 




4VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:14:53.60 ID:m+cWpgDko


菜々「ロボじゃなくて、音源だけだと駄目なんですか?」

晶葉「ウサミンは変なことを聞くなぁ」

モバP「晶葉の言うとおりだな」

菜々「プロデューサーは理解しているんですか?」

モバP「当然だ。俺は晶葉の助手だからな」

晶葉「さすがは我が助手だ、よし、説明してやってくれ」

モバP「なに、簡単なことだ」

菜々「菜々にはさっぱりです」




5VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:15:24.84 ID:m+cWpgDko



モバP「ああ、もうこってりしたものはきついですか?」

菜々「そうですね、こってりした牛豚よりも、あっさりとささみの梅肉和えなんか……いや、待って、何の話ですか」

モバP「年齢的に」

菜々「……ウサミンロボ、アタック!」

 うさーっ!

 ぺちん

 ウサミンロボがモバPにケツパンチ。
 もちろん本気のパンチではない。ウサミンロボの本気のパンチは危険すぎる。




6VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:15:55.93 ID:m+cWpgDko



モバP「はっはっはっ、すまんすまん、菜々。冗談が過ぎた」

 そして見事にスルーされていく鈴虫ロボの話題。

晶葉「それで、ラボまでわざわざ出向くとは、何の用事だ?」

 ウサちゃんロボにお茶を人数分運ばせると、晶葉は二人に椅子を勧める。

 アイドル活動に関することならば、ラボまで来る必要はない。連絡すれば晶葉がモバPのところまで出向くのだから。
 モバPがラボまで来たと言うことは、ラボ自体に用事があると言うこと。
 そして、一緒に来たのは菜々とウサミンロボ。
 これはどう考えても用事は一つしかない。

晶葉「ロボのことか?」




7VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:16:30.93 ID:m+cWpgDko



モバP「やっぱり想像は付くか」

晶葉「それはそうだ。私が助手をラボに連れてくることはあっても、助手から来ることは滅多にないからな」

モバP「だが、アイドル活動とも関係があるぞ」

晶葉「ウサミンバックダンサーズの改修か?」

 ウサミンバックダンサーズとは、ウサミンロボをリーダーとしてウサちゃんロボたちで作った安部菜々専用バックダンサーチームである。
 
モバP「いや、実は、バトリングの大会が開かれることになって」

晶葉「……バトリング?」

モバP「そうだ、ロボットによるバトリング大会」




8VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:17:07.54 ID:m+cWpgDko



晶葉「バトリング? 待て、それって」

モバP「晶葉は知っているかどうか知らんが、昔、装甲騎兵ボトムズってアニメがあったんだ」

晶葉「あ、ああ」

モバP「その中に出てくるロボット同士が」

 菜々が手を挙げた。

菜々「アーマードトルーパー、通称ATですよ」  注:装甲騎兵ボトムズは1983年放送

モバP「菜々……」




9VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:17:37.28 ID:m+cWpgDko



菜々「う、ウサミン星では地球製のアニメの放送は遅れて放送されるんです」

モバP「国交あったのかよ」

菜々「……有志の方々がウサチューブやミンミン動画で配信していて……」

モバP「違法配信じゃねえか」

 顔を伏せる菜々に、モバPは仕方なく話を続ける。

モバP「AT同士が観客の前で賭試合、戦闘を行う、それがバトリングと呼ばれる競技だ」
モバP「アニメの中では命がけだった。もちろん、今回は命はかけないしロボも壊さない」

晶葉「ふむ……」




10VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:18:03.81 ID:m+cWpgDko



モバP「むせるだろう?」

晶葉「は?」

モバP「いや、なんでもない」

晶葉「で、どこにアイドルの要素が?」

モバP「選手枠がアイドル事務所向けにいくつか提供されているんだ」

晶葉「アイドル事務所向け?」

モバP「そう。アイドルがセコンドについて、ロボットにバトリングさせるってわけだ」
モバP「セコンドとは言うが、基本的に自律できるロボットが出場条件なので、セコンドの役割は殆どない」




11VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:18:32.81 ID:m+cWpgDko



晶葉「なるほど、つまりアイドルは、レースクイーンのような役目か」

モバP「そうだ、そしてセコンドだけでなく、ロボット制作までアイドルなら、注目されるだろう」

晶葉「確かに……そしてそれが出来るアイドルはこの私、池袋晶葉だけ、ということか」

モバP「セコンドには菜々がついてもらう」

菜々「完璧な布陣ですね、優勝はウサミン晶葉組のものですよ!」

晶葉「いや、ちょっと待ってくれ」

菜々「晶葉ウサミン組の方がいいですか?」

晶葉「そうじゃない」




12VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:19:05.18 ID:m+cWpgDko



菜々「もしかして、ロボを戦わせるのが厭とか……」

晶葉「それもない。戦いと言うが、試合なんだろう? きちんとしたルールのある」

モバP「もちろん」

晶葉「そうでないと、そもそもウサミンがOKするわけないか。ウサミン星人は争いが嫌いだ」

菜々「さすが晶葉ちゃん。一番ウサミン星人に近い地球人」

晶葉「それ、褒め言葉だよな?」

菜々「勿論ですよ! 晶葉ちゃんには名誉ウサミン星人の称号を申請します」

晶葉「あー、うん。ありがとう」

モバP「それで、何を悩んでいるんだ? 晶葉」




13VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:19:35.10 ID:m+cWpgDko



晶葉「ウサミンロボには地球人にとってのオーバーテクノロジー、ウサミン科学が使用されている」
晶葉「ウサミニウム合金製のボディ、ポジトロンウサミニックブレインによるAI」
晶葉「純地球産のロボに対して、それは流石に卑怯な気がするんだ」

モバP「じゃあウサちゃんロボで出よう」
モバP「と、言いたいところだがな、晶葉」

晶葉「?」

モバP「地球には俺たちが思っている以上に異星のオーバーテクノロジーがあるらしい」

晶葉「?」

菜々「地球に来ているのはウサミン星人だけじゃなかったみたいなんですよ」

晶葉「どういう意味だ?」




14VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:20:37.82 ID:m+cWpgDko



モバP「百聞は一見にしかず。サイトで発表されているエントリーを見てくれ。あ、これ、パスワードと会員番号」

晶葉「どれどれ」

 パソコンに向かい、キーボードを叩く晶葉。

晶葉「こ、これは……」

 そこに次々と表示される、大小様々な出場グループとロボットの名前。

 「出場グループ名」……「ロボットの名前」




15VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:21:12.38 ID:m+cWpgDko



 ゾル……ジェイムズン

 フューチャーメン……グラッグ

 ロゴダウ……潰れガンキャノン

 コバヤシ生物研究所……パクマン

 みのり……とく子さん

 警視庁……K

 鎮守府……連装砲ちゃん

 ロビンソン……フライデー

 紐緒閣下……真・世界征服ロボ

 デロス……ガンマン406号

 オムニ社……マーフィ

 俺は悲しみの王子!……RX! ロボライダー!




16VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:21:48.60 ID:m+cWpgDko



晶葉「……異星のテクノロジーというか、時空超えてないか?」

モバP「何度見ても凄いなぁ」

菜々「……あのぉ、なんか変なの混ざってませんか?」

モバP「あ、ここからがアイドル枠か」


 空爆プロ……グロイザーX 

 最強プロ……ダイオージャ

 サロメプロ……にせウルトラセブン

 765プロ……インベル




17VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:22:30.25 ID:m+cWpgDko



晶葉「765プロ、いつの間にロボットなんて……」

菜々「……」

モバP「流石というか恐るべしと言うべきか」

 そうそうたる名前の並ぶエントリー欄に、晶葉はうなずいた。

晶葉「確かに、どう見ても地球製とは思えないロボが混ざっているな」

モバP「俺たちが思っている以上に、地球には異星人がたくさんいるのかしれない」

晶葉「平行宇宙や未来世界の存在かもしれないしな」




18VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:23:06.60 ID:m+cWpgDko



モバP「どちらにしろ、ウサミンロボが必要だと思うぞ」

晶葉「ウサちゃんロボでは力不足なのか……」

モバP「そもそも、ウサちゃんロボは元々、菜々のバックダンサー用ロボットだ」
モバP「アイドル警備や愛海撃退、杏出勤、及川牧場の牧童も出来るウサミンロボとはスペックが違う」

晶葉「わかった、今回はウサミンロボでエントリーしよう、しかし、だ」

モバP「ああ、わかっている。出るからには無論、優勝を狙ってもらうぞ、晶葉」

晶葉「当たり前だ、助手よ」

モバP「頼んだぞ、晶葉」




19VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:23:37.69 ID:m+cWpgDko



晶葉「ああ、明日から早速特訓と改修だ。いいな、ロボ」

 うさっ!

菜々「菜々も勿論お手伝いしますよ」 

 うさっ!

 そして、翌日。

有香「……それで、あたしが呼ばれたんですか?」
nknyk5.jpg

 中野有香である。




20VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:24:09.58 ID:m+cWpgDko



晶葉「すまない。特訓といえども、やはりアイドルの方がいいだろうと思って」

有香「わかりました。でも、やるからには真剣です」

晶葉「頼む。ロボに、正拳突きをマスターさせたい」

有香「正拳突きだけ、ですか?」

晶葉「短期間だ。一つの技を突き詰めて、そこからの派生を考えた方がいいと判断した」

有香「わかりました。気合い入れていきましょう!」




21VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:24:45.89 ID:m+cWpgDko



 うさっ!

有香「押忍!」

 うさっ!

有香「まずは構えから、ロボ君、真似してください」

 うさ

有香「腕を引いて、あごを引いて……」

 うさうさ

有香「せいっ!」




22VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:25:20.78 ID:m+cWpgDko



 うさっ!

有香「せいっ!」

 うさっ!

有香「せいっ!」

うさっ!

晶葉「ウサミンロボ、がんばってるなぁ」

菜々「今日の燃料はご褒美に、高級オイルにしましょうか」

晶葉「それはいい考えだ」




23VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:25:52.68 ID:m+cWpgDko



 せいっ!

有香「うさっ!」

晶葉「ん?」

菜々「あれ、今」

有香「せいっ!」

 うさっ!

晶葉「気のせいか」

菜々「気のせいみたいですね」




24VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:26:33.07 ID:m+cWpgDko



 さらに翌日。

きらり「にゅ?」
mrbskrr11.jpg

 諸星きらりが首をかしげていた。

きらり「きらりのお手伝いってなぁに?」

晶葉「今日は、フットワークの練習だ。敵の攻撃を避けきるための」

きらり「ふにい? きらりわかんない、なにをすればいいのかにぃ?」

菜々「きらりちゃん、今日はウサミンロボを思いっきり可愛がっていいわよ!」

 うさっ!?




25VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:27:02.02 ID:m+cWpgDko



 きらりんと輝くきらりの目。
 きらりが可愛い物に目がないのは周知の事実である。
 主に双葉杏に向けてそれは発散されているのだが、きらりが杏を力一杯抱きしめることはまずない。
 死ぬ、というのは大袈裟にしても、確実に苦悶はする。体格差というのは侮れない。
 
 しかし、相手がウサミニウム合金製のウサミンロボなら話は別だ。きらりの全力でも歪みもしないだろう。
 それでも、きらりが全力でウサミンロボを抱きしめることはない。それはマナーの問題だから。

 それが、今日は許可が出たのだ。
 力一杯、時間無制限。当たって砕けろ、Go For Broke。

きらり「うふふふふ」

 うさっ!? うさっ!?




26VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:27:35.98 ID:m+cWpgDko



 ウサミンロボとしても、実はきらりに抱きしめられること自体に否はない。
 きらりは、ウサミンロボの言葉を解する数少ないアイドルの一人なのだから。
 しかしこれは特訓なのだ。ウサミンロボは回避を続けなければならないのだ。
 因みに、特訓内容は今初耳である。

 きゅらきゅらきゅら

 ウサミンロボのキャタピラが動き出す。

きらり「にょわっ!」

 きらりが走る。

 一時間後、日野茜投入。




27VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:28:04.04 ID:m+cWpgDko



茜「トラーーーーイっ!!」
hnakn2.jpg

 きゅらきゅらきゅら

 さらに一時間後、片桐早苗投入。

早苗「ロボ君! 待ちなさーーーいっ!」
ktgrsne9.jpg

 うさっ! うさっ!!

 きゅらきゅらきゅらきゅら

 三人から終日逃げ切ったウサミンロボは、キャタピラの交換を必要としたという。




28VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:28:33.13 ID:m+cWpgDko



晶葉「キャタピラ機動の小回りがかなり向上したな、この動きを覚えておくんだぞ」

 うさ

菜々「だけど、この動きだけじゃ不安ですね」

モバP「キャタピラだけでなく、上半身の動きも何とかしたいな。相手の攻撃を受け流したり」

晶葉「それについてはすでに手配済みだ」

モバP「ほう?」

晶葉「財前時子に来てもらう」

モバP「……有紀のバットか珠美の竹刀かと思ったが」




29VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:29:02.26 ID:m+cWpgDko



晶葉「直線軌道を描く武器では練習にならないだろう」

モバP「! 鞭か」

晶葉「その通り。明日はよろしく頼む、助手」

モバP「ああ、わかっ……え? なんで俺が?」

晶葉「前から来る鞭を受け流す練習だ。そのままだとロボの位置が低すぎて練習にならない」

モバP「それはわかる」

晶葉「ロボを抱っこしていてくれないと」

モバP「それは別に俺でなくても……」




30VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:29:30.24 ID:m+cWpgDko



晶葉「明日は私もウサミンも朝から仕事だ」

モバP「ああそうか……って、待て、だったら俺も行かなきゃ」

菜々「大丈夫ですよ。いつものレギュラーお仕事ですから」

モバP「ぬう……」

晶葉「流石に、我々三人の内誰もいないのは拙いだろう」

モバP「仕方ないな。わかったよ」

晶葉「じゃあ、また明日」

菜々「失礼しまーす」




31VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:30:03.03 ID:m+cWpgDko



 うさうさ

モバP「明日は二人だけだな、ロボ」

 うさっ

 そして、翌日。

晶葉「……うー」

菜々「おはようございます」

 二人は、ウサミンロボ特訓のために池袋ラボに泊まり込んでいる。
 ラボとは言っても普段から晶葉が寝泊まりしているので、宿泊設備は完備していて快適だ。




32VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:30:38.63 ID:m+cWpgDko



晶葉「……朝のコーヒーでも飲むか?」

 晶葉は二人が起きた気配を察してやってきたウサちゃんロボに命ずる。

晶葉「……濃いめのラクタジーノを頼む。ウサミンは?」

菜々「アールグレイをホットで」

 うさっ

菜々「晶葉ちゃん、ラクタジーノ気に入ってくれたんですか」

晶葉「ウサミン星のコーヒーなんだろう?」

菜々「正確に言うと、ウサミン星でも他の星から輸入しているんですよ」

 ラクタジーノとアールグレイホットを運んでくるウサちゃんロボ。




33VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:31:06.01 ID:m+cWpgDko



 晶葉の飲むウサのコーヒーは苦い。

晶葉「時子は早朝に顔を出すと言っていたが……」

菜々「そろそろ私たちも出ましょうか」

晶葉「うむ」

 二人が仕事へと向かった直後…………

 ウサミンロボは朝日を浴びていました。
 別にエネルギー補給ではありません。
 財前時子を待っているのです。
 ウサミンロボの後ろにはモバPが待機しています。二人がいるのは事務所ビルの屋上です。




34VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:31:35.97 ID:m+cWpgDko



 うさ

モバP「今日の特訓は俺がつきあうからな」

 うさ

モバP「俺がお前を抱っこするから、お前はキャタピラ駆動なしで、時子さまの鞭裁きを受け流すんだぞ」

 うさ

モバP「うむ。いつものことながら何言ってるか全然わかんねぇ」

 うさー

モバP「晶葉と菜々はまあいいとして、なんできらりや芳乃までわかるんだろうな、お前の言葉」




35VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:32:02.44 ID:m+cWpgDko



 うさうさ

モバP「のあさんとヘレンさんも最近わかりかけてるみたいだし」

 うさ

モバP「仁奈は、ウサミンロボ着ぐるみさえあればわかるって断言してたな」

 うさぁ

モバP「七海は、おまえがウサミンマリンスペイザーを装着したときだけ言葉がわかるってさ」

 うさ

モバP「李衣菜のアレは、わかったふりだと思うぞ」




36VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:32:37.56 ID:m+cWpgDko



 うっさー

モバP「……あれ? 今、俺、会話できてた?」

 うさうさ

モバP「あれ、なんだ、これ。またわからなくなった……なんだこれ、無意識だとわかるのか?」

 うさうさ

時子「あらあら、醜い大豚と可愛い子豚ちゃんが何をしてるのかしらねぇ?」
zizntkk5.jpg

 うっさうっさ

時子「ふふふ、可愛い子豚ちゃんはちゃんと挨拶できるのねぇ」
時子「なに? 醜い大豚は挨拶すらまともに出来ないの?」




37VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:33:04.13 ID:m+cWpgDko



モバP「お、おう、おはよう。時子」

 ウサミンロボはプロデューサーがじょおうさまに挨拶するのを見ていました。
 このアイドルはじょおうさまです。前にプロデューサーがそう呼んでいたのをウサミンロボは覚えています。
 ときこさま、と呼ばれるときもあるようです。

時子「早速だけど、特訓を始めようかしら。無駄な時間は嫌いなの」

モバP「わかった」

 プロデューサーがロボを抱っこして持ち上げます。

 うさ?

 ウサミンロボは知っています。今から、じょおうさまの鞭を避ける練習なのです。
 ちゃんと痛くない鞭だと、昨日のうちに博士が教えてくれたので平気です。




38VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:33:37.34 ID:m+cWpgDko



時子「行くわよ」

 飛んでくる鞭。
 ウサミンロボは鞭を受け止めました。
 痛くありません。博士の言うとおりです。さすがは博士だと、ウサミンロボは思いました。

時子「……駄目じゃない」

 うさ?

モバP「ロボ。鞭を避けなきゃ駄目だ。つかむんじゃなくて、全く触らないようにするんだ」

 うさうさ 照れ照れ

 ウサミンロボは勘違いをしていたようです。ちょっとだけ、恥ずかしいです。




39VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:34:05.33 ID:m+cWpgDko



時子「まったく……大豚!」

モバP「はい?」

時子「子豚ちゃんにきっちりと教えておくべきことを怠った罪は重いわね」

モバP「それは晶葉や菜々の……」

時子「ふんっ、アイドル活動とは関係ないところでこの私に口答えとは……ずいぶん偉くなったものねぇ……」

モバP「お、お許しを!!」

 特訓が再開されました。




40VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:34:37.43 ID:m+cWpgDko



 ウサミンロボはじょおうさまの鞭に注目します。
 これを、上手に避けなければならないのです。
 身体に当てないように、避けたり、あるいは両腕でいなしたり。

 ……うさ?

 ウサミンロボは気づきました。今の自分はプロデューサーに抱っこされています。
 つまり、自分の避けた鞭は、プロデューサーに当たってしまうのです。

 うさ!?

 ウサミンロボは博士が、菜々が、アイドルたちが大好きです。
 ちひろさんも大好きです。ヒョウくんもブリッツェンもあっきーも、ハナコもみんな大好きです。
 勿論、プロデューサーのことも大好きです。
 プロデューサーに鞭を当てるなんて、とんでもないことだと思います。




41VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:35:08.61 ID:m+cWpgDko



 でも、これは特訓です。
 試合のための特訓です。
 争いは嫌いだけれど、試合は別です。しかもアイドルのための試合です。そのための特訓です。
 だけど。
 だけど……

 うさ!

時子「!!」

モバP「!!」

時子「くっ……ちゃんとしなさい! 子豚ちゃん!」

 うさ!

 ウサミンロボは鞭を避けません。それどころか、自分から当たりに行きます。




42VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:35:38.48 ID:m+cWpgDko



モバP「ロボ、どうして避けな……」
モバP「お前、まさか……」

時子「……」

 じょおうさまの鞭が止まったのを見て、ロボは首をかしげました。
 じょおうさまは、鞭を落としてしまいます。

 うさ?

 ウサミンロボはプロデューサーの手から飛び降りると、鞭を拾ってじょおうさまに差し出します。

 うさ?

時子「……ごめんなさい、子豚ちゃん」

モバP「!?」




43VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:36:08.24 ID:m+cWpgDko



時子「私としたことが、しくじって手首を痛めてしまったわ」

モバP「……時子が謝っている……だと?」

時子「だから、今日はもう鞭が振れないの。ごめんなさい」

 うさぁ

時子「……子豚ちゃん、試合、がんばりなさいよ」

 うさっ!

時子「いい子ね」




44VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:36:36.86 ID:m+cWpgDko



 じょおうさまは優しく笑うと、ウサミンロボの頭を撫でてくれました。

 そして振り向くと背筋をまっすぐ伸ばし、誇り高い足どりで去って行くのでした。

モバP「……誰や、あれ」

 鞭が飛んできてモバPの顔面に激突しました。

 うさっ!?

 そして特訓の日々は続き、バトリング大会の二日前の朝。




45VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:37:05.22 ID:m+cWpgDko



卯月「ぷ、プロデューサー!!」
smmruzk12.jpg

モバP「どうした、そんな慌てて走ってきて」

卯月「なんか、駅前からずっと、変な人が追いかけてきて!」

モバP「……また、ストーカーチックな迷惑ファンか」

きらり「むきゃあ、そういうのはファンとは呼ばないにぃ」

比奈「あー、またそういう連中っすか」
arkhn8.jpg

モバP「一時期ぱったり姿見せてなかったのになぁ」




46VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:37:31.61 ID:m+cWpgDko



比奈「最近、ロボちゃんが門番してないから、安心してるんスかねぇ?」

菜々「言われてみれば、最近は特訓ばかりでしたね」

晶葉「ふむ。では特訓の成果を見せてもらう時期かな?」

モバP「そうだな。そろそろストーカー対策もしておくべきだろうし」

比奈「対策と言うより、みせしめっスよね」

晶葉「行け! ウサミンロボ!」

 うさっ!

 緊急発進ウサミンロボ




47VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:38:31.53 ID:m+cWpgDko



 きゅらきゅらきゅらきゅら
 きゅらきゅきゅきゅ

 ウサミンロボが外へ出ると、自動販売機の陰に隠れるように男がいるのが見えます。
 それも、初顔ではありません。
 過去にも何度かウサミンロボが撃退している常習者の一人です。

 常習者の中には上級者もいます。
 撃退するのが早苗の関節技やきらりんキック、時子鞭、拓海リンチ、ユッキバット、歌鈴調伏だと、「我々の業界ではご褒美です」になってしまうのです。

 さすがに、ウサミンロボにフルボッコされることをご褒美だと言い張る者はいません。
 そこで、ウサミンロボが出撃するのです。




48VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:39:00.88 ID:m+cWpgDko



変態「来たか……ウサ野郎!」

 うさっ

 ウサミンロボは争いが嫌いです。
 みんなで仲良くアイドルを応援して、踊ることが大好きです。
 だけど、アイドルを苛める者は別です。
 ロボはアイドルを守ります。
 そのためのロボ。そのためのウサミニウム合金の腕。そのためのウサミン竹槍、ウサミンの赤い雨。
 そのための特訓。そのための力!

 人はロボを侵さず。ロボもまた人を傷付けず。これぞ、ウサミンロボの心得なり。
 ……だがっ! 変態はその限りにはあらず!
 躾のなってない変態は、ロボが叩き直します!




49VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:39:28.25 ID:m+cWpgDko



変態「今日こそ貴様を屠り、卯月ちゃんへのストーカー行為ひいては尻鑑賞を遂行する!」
変態「そして蘭子ノースリーブ腋鑑賞! さらにはかな子のお肉もちもち鑑賞!!」

 うさっ!

 走り出す変態へと、ウサミンロボの左腕が唸る。

卯月「あれは!」

有香「あたしとの特訓の末編み出した、ウサミンロボ必殺ブロー!」

モバP「正拳突きやなかったんかいっ!!」

 うさっうさっうさっ!!




50VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:39:57.02 ID:m+cWpgDko







   ギャラクティカ・ウサミン!!








51VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:40:31.02 ID:m+cWpgDko



 何故か巻き起こる派手な効果音。もんどり打って飛んでいく変態。
 ざしゃあ、と頭から地面に落ちる。

菜々「やりましたね!」

 だが、しかし。
 事務所前の自動販売機は二台ある。
 つまり、自動販売機の陰に隠れている変態も二人いた!!

変態2「ふはははははっ!! ロボの右側ががら空きだぜぇぇぇっ!!」

晶葉「馬鹿め」




52VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:40:59.00 ID:m+cWpgDko



有香「因みにギャラクティカウサミンの特訓は、高圧電流流れる発電所で行いました」

モバP「なんでだよ」

晶葉「ふっ、仮にも天才と言われたこの私が、たった1発のパンチを生み出すのにロボに特訓をさせたと思うか?」
晶葉「左のギャラクティカにも勝るパンチが、ロボの右腕にも宿っているのだ!!」

 ウサミンロボの右腕が唸る。

変態2「なにぃっ!?」

 うさっうさうさ!!




53VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:41:27.58 ID:m+cWpgDko







   ウサミン・ザ・レインボー!!








54VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:41:54.76 ID:m+cWpgDko



 どこん、と吹き飛ぶ変態2

モバP「……なあ、晶葉」

晶葉「どうした?」

モバP「もしかして、一度に五発のパンチを同時に放ったり、高く飛んで上空から回転しながら落下して放つパンチとか」
モバP「なんか凄いアッパーとか、ウサミンロボに覚えさせてるか?」

晶葉「なんでわかったんだ?」

モバP「うん、なんでもない」

 どくわっしゃあああっ、と顔面から地面に落ちる変態2。




55VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:42:32.63 ID:m+cWpgDko



 うさ

晶葉「よくやった、ウサミンロボ」

 うさ

きらり「ロボちゃんは正すぃことをしたんだから、落ち込んじゃダメダメぇ。ハピハピでいいんだにぃ」

 うさぁ
 
モバP「きらりの言うとおりだ、ロボ。みんな、お前のおかげで安心してアイドル活動が出来るんだからな」

菜々「もう、試合は明後日だから、今日はゆっくり休もうね」

 きゅらきゅらきゅら

 菜々につれられて事務所へと戻っていくウサミンロボ。

 因みに変態二人は、ブリッツェンが背中に乗せてどこかへ連れて行った。

 あれって、警察に行ってるわけじゃないみたいなんだけど……という早苗の呟きは皆聞いてないふりをする。




56VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:43:13.94 ID:m+cWpgDko




 そして、当日。

晶葉「なんで会場が大磯ロングビーチなんだ?」

モバP「さあ?」

菜々「あれ?」

モバP「どうした?」

菜々「あれ、会場ですよね」




57VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:43:41.43 ID:m+cWpgDko



モバP「……」

晶葉「……」

菜々「……」

晶葉「なあ、今日は何の大会だっけ?」

モバP「……リング」

菜々「聞こえませんよ」

モバP「バ……ト……リング」




58VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:44:08.20 ID:m+cWpgDko



晶葉「ほっほぉ」

菜々「菜々は目が悪くなったんでしょうか」

モバP「……」

菜々「あれ、地球語でバトリングって読むんですか」

 うさ?

 首をかしげるウサミンロボ。
 三人の視線を追った先の垂れ幕には……




59VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/22(月) 23:44:56.77 ID:m+cWpgDko




【第一回、ロボットパドリング大会】







 バトリング……ロボット(アーマードトルーパー)が戦います

 パドリング……サーフボードに乗って、両手で水をかいて進みます










 なお、ウサミンロボは準優勝でした。
  




60 ◆NOC.S1z/i2 [sage saga] :2014/09/22(月) 23:47:01.52 ID:m+cWpgDko


以上
お粗末さまでした


バトリングとパドリングだけでどこまで保つかやってみた
後悔はしていない





転載元:モバP「装甲騎兵ウサミンロボ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1411395134/


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SSモバマスウサミンロボ晶葉菜々

(10)

AFTER 貴音「皆の衆!四条音頭が始まりますよ!」

BEFORE 【モバマス】「幸せなプロデューサー」

この錚々たる面子……
ひょっとして全員バトリング大会と間違えていた可能性が…?
[ 2014/10/29 01:58 ] [ 編集 ]
サロメプロとロボライダーに吹いたwww
[ 2014/10/29 05:54 ] [ 編集 ]
パクマンってロボだったのか…。
正直ヤツだけは水着目当てな気がしてならない。
[ 2014/10/29 06:50 ] [ 編集 ]
ボトムズ最近はスパロボ出てるから、そこで知った若い人もいるかもだし・・・(震え声
[ 2014/10/29 07:46 ] [ 編集 ]
インベルならサーフボードも似合う気がする
[ 2014/10/29 09:44 ] [ 編集 ]
紐緒さんしかわかんなかった…
[ 2014/10/29 13:34 ] [ 編集 ]
ウサミンロボをSSで知った自分は
実際に画像を見るまで
連装砲ちゃんのイメージで読んでました

画像を見て「遠からず」と思いました
[ 2014/10/29 18:38 ] [ 編集 ]
なおアーニャの中の人がアップを始めた模様
[ 2014/10/29 22:22 ] [ 編集 ]
こいつの肩は赤く塗らねえのか?
[ 2014/10/30 00:15 ] [ 編集 ]
貴様……塗りたいのか!
[ 2014/10/30 06:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

モバP「装甲騎兵ウサミンロボ」

Copyright © 2019全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto