スポンサーリンク

2012 05/21

P「最強のアイドル」



1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/21(月) 13:41:15.08 ID:FfdfQ7VM0


P「実は昨日寝る前に考えてたことなんですが」

小鳥「はあ、どんなことですか」

P「うちのアイドルの特徴を合わせたら、最強のアイドルが誕生するんじゃないかと」

小鳥「ま、また小学生みたいなことを考えましたね」

P「ええまあ、寝れなくてついついそんなことを」

小鳥「それで、それがどうしたんですか?」

P「いえ、途中から上手くまとまらなくなりまして……それで他の人の意見を聞きたいなと」

小鳥「もう、そんなことになにを真剣になってるんですか」

小鳥「でも、面白そうですね」




スポンサーリンク



2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/21(月) 13:41:52.93 ID:FfdfQ7VM0


P「そうでしょう?」

小鳥「みんなの特徴を……」

小鳥「うーん、でもそれって、結構無理がありますよね」

P「そうなんですよ」

小鳥「一人のアイドルにするのは無理ですよね」

P「ええ。でも、二人組のユニットにしようかと」

小鳥「ユニットですか」

P「はい。とりあえず、亜美真美の双子という特徴を使って」

小鳥「ああ、なるほど」





3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/21(月) 13:42:23.81 ID:FfdfQ7VM0


P「双子ですが、とある事情で別々の家に引き取られた、と」

小鳥「なんですかとある事情って」

P「それは一先ず置きましょう」

小鳥「考えてないんですね」

P「ええまあ。で、とりあえず別々の家に引き取られたわけですが」

P「片方は大財閥に」

小鳥「ああ、伊織ちゃんですね」

P「もう片方は大家族のお宅に」

小鳥「やよいちゃん、と」





5以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/21(月) 13:43:13.71 ID:FfdfQ7VM0


P「さて、次はあずささんの豊満な肢体と」

小鳥「なんか言い方がいやらしいですよ」

P「千早の72をそれぞれに配置しようかと」

小鳥「千早ちゃんは歌唱力じゃないんですか……」

P「普通に考えれば、栄養状態からいって大財閥の子のほうが」

P「ぼんっきゅっぼんっになると思うんですよね」

小鳥「今、千早ちゃんとやよいちゃん二人に喧嘩売りましたよね」





6以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/21(月) 13:44:12.08 ID:FfdfQ7VM0


P「あ、この話はみんなには内緒ですよ」

小鳥「言いませんよ。正直、当人たちにはいい気分のする話じゃないでしょうし」ジトッ

P「ま、まあそうなんですけど……」

P「でも、どう思います?スタイルの良さは環境に起因すべきか」

P「それともハングリーによるギャップがいいか」

小鳥「そうですねえ……」





8以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/21(月) 13:47:42.47 ID:FfdfQ7VM0


小鳥「まだその二人の性格がよくわかりませんし」

小鳥「どっちがいいとは言えないですね」

P「まあ、そうですね。じゃあ、外見よりも内面を決めましょうか」

P「ええっと、まだ使ってないアイドルは」

P「じゃあ次は、真のボーイッシュと雪歩の男性恐怖症を」

P「やはり大家族の子のほうは、兄弟もいるでしょうし、男性恐怖症はないと思うんですよね」

小鳥「そうですね。お金持ちの子が男性恐怖症のほうが自然ですね」

小鳥「でも、お嬢様なのにボーイッシュというギャップも捨てがたいですよね!」

P「うーん、その場合、大家族の子は、家族の男性は大丈夫だけど、ということになるんでしょうか」

小鳥「弟たちはまだ小さいから、とか」

P「なるほど」

P「では、どっちにしましょうか?」





10以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/21(月) 13:53:19.69 ID:FfdfQ7VM0


小鳥「ううん、まあとりあえず自然なほうを採用しましょうか」

P 「あ、そうだ、ホワイトボードに書き出しますね」

大財閥:男性恐怖症

大家族:ボーイッシュ

小鳥「こうなると、巨○な子は大財閥の子のほうがいいかもしれませんんね」

P「ボーイッシュなのに巨○も捨てがたいですよ?」

小鳥「ああ、普段はさらしで隠してるとか」

P「それを着替えてる時に大財閥のほうが見ちゃって」

小鳥「愕然とするわけですね!」





11以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/21(月) 13:59:53.07 ID:FfdfQ7VM0


P「……なんか、将来の伊織とやよいで考えたら」

小鳥「変態」

P「やめてくださいよ音無さん」

小鳥「でもまあ、巨○と72はとりあえずこれで決定ですね」

大財閥:双子、男性恐怖症、72

大家族:双子、ボーイッシュ、巨○

小鳥「……ここまで真逆だと、一卵性の双子じゃないみたいですよね」

P「まあ、体形まで違いますからね」

P「でも、顔はそっくりで、咄嗟のリアクションなんかは揃ってるって感じでどうでしょう」

小鳥「普段は真逆なのに、妙なところで揃っちゃうわけですね」

P「さて。あと残ってるのは春香、美希、響、貴音ですか」





14以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/21(月) 14:04:10.56 ID:FfdfQ7VM0


小鳥「もう少し性格面をはっきりさせたいですね」

P「そうですね、じゃあそろそろ」

P「春香の協調性があってみんなのまとめ役……でもドジっ子と」

P「美希の才能はピカイチ!……でもマイペース」

P「で行きましょうか」

小鳥「まとめ役とマイペース……」

P「これまでの特徴を考えれば、大家族の子がまとめ役」

P「お金持ちの子のほうがマイペース」

P「なのが自然ですよね」

小鳥「そうですね。反対だと不自然すぎると思います」





15以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/21(月) 14:04:18.56 ID:FDHaD5Gli


春香さんに特徴は…うわ!なにをするやめっ!!





16以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/21(月) 14:10:37.09 ID:FfdfQ7VM0


大財閥:双子、男性恐怖症、72、才能はピカイチだがマイペース

大家族:双子、ボーイッシュ、巨○、協調性があるがドジっ子

P「こうなると、今まで切り捨ててきたみんなの特徴も使えると思うんですが」

小鳥「たとえば?」

P「たとえば、やよいは家が大家族ですが、年長者なので実はお姉さんなんです」

P「これを大家族の子に付随すると」

P「普段はボーイッシュが売りの大家族の子……」

P「でも実は家に帰ると一番お姉さんで家庭的!お嫁さんにしたい!しかも巨○!」

小鳥「おおー」





17以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/21(月) 14:14:15.74 ID:FfdfQ7VM0


小鳥「あ、でも、大財閥の子のほうは、マイペースなのに男性恐怖症ってなんか折り合ってないような」

P「う……」

小鳥「あと、72とかあまり一般的ではないほうを押し付けられているような……」

P「うう……」

P「そうなんですよ……やっぱり、昨夜もここら辺から無理が出てきまして……」





18以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/21(月) 14:19:59.48 ID:FfdfQ7VM0


P「さらに、まだ響と貴音の特徴が残っているわけですが……」

P「響は、動物好きとか、沖縄?とか、取っつきやすいんですが」

P「貴音はなんか、特徴が孤高すぎて他とまぜるのが難しくて」

P「大食いぐらいしか簡単に付け足せそうな特徴はないんですが……」

P「それだと貴音の魅力を乗せきれてないんですよね……」

P「それじゃあ765プロ全員の力が合わさった最強アイドルとは……」

小鳥(巨○とか72だけでも乗せきれてないと思うけど)

P「それにさっき乗せた美希なんかも、あれは今の美希だから許されてるような気が」





19以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/21(月) 14:21:18.71 ID:FfdfQ7VM0


小鳥「うーん……なんか、もうやめませんか?」

P「え」

小鳥「私も面白そうなんて言っちゃいましたけど」

小鳥「正直、今まで私たちが話し合ってきた子が、最強のアイドルとはとても思えないんです」

P「……」

小鳥「うちのアイドルたちは、それぞれがそれぞれの特徴があって、それが上手く成り立っている」

小鳥「それをてんこ盛りにしても、逆にみんなのいいところを殺し合わせるだけだと思うんです」

P「……そうですね」





20以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/21(月) 14:21:34.31 ID:FfdfQ7VM0


P「うん!音無さんのおかげで、大切なことに気づけました!ありがとうございます!」

小鳥「そんな……私なんか」

P「……うちのアイドルは、それぞれ上手く成り立っている。それは」

P「それは、アイドルたちだけじゃなくて、律子や」

P「音無さんにもあてはまることだと思いますよ」

音無「ぷ、プロデューサーさん……」

P「さあて!そろそろサボってないでちゃんと仕事するかぁ!」

P「うちの最強のアイドルたちのために、ね」

小鳥「はい!」

おわり





23以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/21(月) 14:29:31.40 ID:cZs9bsUfO


あずささんの歌唱力&スタイルと真の運動神経が合わされば最強に見える…と言おうとしたら終わってた
テンポの良い話だったよ、乙





27以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/21(月) 15:02:58.84 ID:qTkLYwRD0



このあとホワイトボードに書かれている内容をアイドルたちが見たら……



スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SS765プロ

(2)

AFTER 春香「伊織とりせちーの声が似すぎて放っておけない」

BEFORE 美希「私、恋をしている」

なんかすごく読みづらい文だな
[ 2012/08/27 18:27 ] [ 編集 ]
面白いから続けてほしかったかな
[ 2013/06/30 22:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

P「最強のアイドル」

Copyright © 2019全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto