スポンサーリンク

2014 10/13

千早「とある寒い日」





2VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/10/13(月) 19:55:39.07 ID:6GLk+kVw0



P「うぅ、寒い…」

千早「どうしました、プロデューサー?」

P「ちょっと体が冷え込んでな…」

P「最近寒くなってきたからかな?」

千早「そうですか、では」


トクトク


千早「暖かいお茶です。どうぞ」

P「お、気が利くね。頂くよ」ゴクゴク

千早「萩原さん程ではありませんが…」

P「ん…そんなことないぞ。美味しいよ。いつもありがとう、千早」

千早「ふふ、どういたしまして」







スポンサーリンク




3VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/10/13(月) 19:56:36.14 ID:6GLk+kVw0



P「うー、寒い…」

千早「どうしました、プロデューサー?」

P「まだ体が冷えてて…」

P「窓際だからどうしても冷えるんだよな」

千早「そうですか、では」


スッ


千早「私の上着でよろしければ、どうぞ」

P「ははは。気持ちは嬉しいけど、千早が冷えちゃうから返すよ」

千早「私は大丈夫ですから、どうか使ってください。少し小さいですけれど…」

P「…そっか。じゃあ有り難く使わせてもらうよ。ありがとう、千早」

千早「ふふ、お役に立てて何よりです」




4VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/10/13(月) 19:57:17.36 ID:6GLk+kVw0



P「うぅぅ、寒い…」

千早「どうしました、プロデューサー?」

P「指先が冷えちゃって…」

P「パソコン使ってるとたまになるんだよな」

千早「そうですか、では」


スッ


千早「ふーっ」


スリスリ


千早「ふーっ、ふーっ」


スリスリ


千早「息をかけて、ちょっと擦るだけでも温まりますよね」

P「あぁ、十分に温まったよ。ありがとう、千早」

千早「ふふ、私も温まったのでおあいこですね」




5VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/10/13(月) 20:00:03.77 ID:6GLk+kVw0



P「………寒い…」

千早「どうしました、プロデューサー?」

P「寒さでちょっと頭痛が…」

P「少しだけ休憩しようかな」

千早「そうですか、では」


グイッ


千早「どうぞ、こちらへ」

P「どうぞ、って…。もしかして、膝枕?」

千早「ずっと休憩なしで働いてましたよね。適度に休まないと体に悪いですよ」

P「でも…」

千早「私は構いませんから。それにプロデューサーが体を壊してしまうと私たちの仕事にも影響しますよ?」

P「そ、そうだな。じゃあ、お言葉に甘えて」スッ

千早「……ん」

P「……」

千早「ふ、不快でしたら言ってくださいね…?」

P「いいや、全然そんなことないよ。むしろ落ち着く……ふわぁ…」

千早「……プロデューサー?」

P「ん…、ありがと……ちは…」ムニャムニャ

千早「ふふ、いつもお疲れ様です」ナデナデ




6VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/10/13(月) 20:00:49.28 ID:6GLk+kVw0



P「寒ぃなぁ…」

千早「どうしました、プロデューサー?」

P「デスクワークで背中と腰がちょっと…」

P「冷えると痛みが増強するんだ。いたた」

千早「そうですか、では」


グイッ


千早「こちらのソファに横になって下さい。マッサージしますから」

P「お、それは助かるよ。それじゃあ」ドサッ

千早「上に乗りますね。…この辺ですか?」ギュッ

P「あー、そこそこ」

千早「このあたりも凝ってますね…」ギュッギュッ

P「あぁ…キく……」

千早「……」ギュッギュッ

千早「……」





千早「……」ギュッ




P「…千早?」

千早「はえっ!?な、なんでしょうか?」

P「いや、背中がなんか温かかったから何してるのかな、って」

千早「いえっ!なにも……」

P「そうか?あ、すっかり良くなったよ。ありがとう、千早」

千早「いえ……」ドキドキ




7VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/10/13(月) 20:01:31.66 ID:6GLk+kVw0



P「さむ…」

千早「どうしました、プロデュー…」

P「……かったけど、仕事終わったぞー!」

千早「……っ」

P「……って、え?」

千早「…」プィ

P「……フライング?」

千早「……ちがいます」

P「……」

千早「……」

P「……プッ」

千早「……クスッ」

P「…ははは。帰ろうか、千早」

千早「………はい!」ニコッ




8VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/10/13(月) 20:02:14.21 ID:6GLk+kVw0



P「むぅ…、外は相変わらず寒いな…」

千早「どうしました、プロデューサー?」

P「風で手がかじかんで…」

P「もう歳かも。俺も千早みたいに手袋買おうかな」

千早「そうですか、では」


スッ


P「え、いいよ。別に千早の手袋を借りたくて言ったわけじゃ…」



ギュッ



P「……あ」

千早「ふふっ、手袋よりも温かいと思いますけど?」

P「ははは、そうだな。これなら千早のぬくもりを…たくさん感じることが出来る」

千早「……これからも、ずっと、ずっと…こうやって。私の手を……離さないで下さいね?」

P「あぁ、絶対に約束するよ」

千早「……約束ですよ?」ニコッ




9VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/10/13(月) 20:02:59.04 ID:6GLk+kVw0


P「…なぁ」

千早「はい?」

P「……」

P「……いつもありがとう、千早」ギュッ









千早「……ふふっ♪どういたしまして!」ギュッ



End




11VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/10/13(月) 20:05:42.99 ID:6GLk+kVw0


以上です。最近、寒くなってきているので体調には気をつけて下さい。

依頼出してきます。



転載元:千早「とある寒い日」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1413197696/


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SS千早

(4)

AFTER 杏「杏・輝子・小梅のシンデレラジオ 第83回」

BEFORE 【ミリマスSS】美奈子「キョンシー美奈子です!」

素晴らしい
[ 2014/10/14 00:19 ] [ 編集 ]
このss読んで心が温まった後画面を見てニヤニヤしてる自分を客観視して心が寒くなりました
[ 2014/10/14 01:15 ] [ 編集 ]
ちーちゃんとまったりぽかぽかしたい
[ 2014/10/14 04:07 ] [ 編集 ]
あったかい気持ちになれた
[ 2014/10/14 12:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

千早「とある寒い日」

Copyright © 2019全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto