スポンサーリンク

2014 09/11

P「律子に頼られる日々」




3VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/11(木) 11:36:35.41 ID:arv394vqo


P「ただいま戻りましたー」ガチャ

シーン

P「……誰もいないのかな?」

???「スー……スー……」

P「ん?……律子?……寝てるのか」

律子「ん……」

P「はは、書類の整理してくれてたのか」

律子「スー……スー……」

P「お疲れ」ファサ

律子「ん……」

P「おっと、起こしちゃ悪いな、さて、それじゃ残りを片付けますかね」

―――
――






シリーズスレ
P「響に監視される日々」
P「貴音と食す日々」
P「やよいにお世話される日々」
P「美希に愛される日々」
P「伊織にくっつかれる日々」
P「音無さんに癒される日々」





スポンサーリンク



4VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/11(木) 11:43:10.49 ID:arv394vqo


カタカタ

律子「んぅ……あれ……?」

P「……」カタカタ

律子「……ぷろでゅーさー……?」

P「ん?ああ、起きたか律子」

律子「あれ?私……?」

P「書類の整理、ありがとな、助かったよ」

律子「あ……す、すみません!私……」

P「はは、疲れてるんだな」

律子「……まさか居眠りしちゃうなんて……」

P「あんまり無理はするなよ?」

律子「……大丈夫です、別に無理はしてませんから」

P「それならいいんだけどさ」




5VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/11(木) 11:49:44.57 ID:arv394vqo


律子「あ、上着……これ、プロデューサーの……」

P「ああ、他になかったからとりあえずと思って……あ、もしかして嫌だったか?」

律子「い、いえ!そんなことありません!」

P「それならよかったよ」

律子「……ありがとうございます」

P「うーん」

律子「?どうかしたんですか?」

P「いや、律子さ」

律子「はい」

P「何かあっただろ?」




6VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/11(木) 11:57:38.36 ID:arv394vqo


律子「え?」

P「もしくは何か悩んでるとか」

律子「き、急にどうしたんですか?」

P「普段の律子なら居眠りなんてしないからなぁ」

律子「そ、それだけで……」

P「それに、俺は律子のプロデューサーだぞ、様子がおかしかったら気がつくさ」

律子「……」

P「話してみろよ」

律子「はぁ……全く、プロデューサー殿に隠しごとはできないですね」




7VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/11(木) 12:01:58.44 ID:arv394vqo


P「ははは、どれだけ律子を見てきたと思ってる」

律子「……その言い方は怪しいですよ」

P「も、もちろんプロデューサーとしてだぞ!」

律子「ふふ、わかってますよ」

P「……うん、それじゃ、話してみろ」

律子「はい、実は……アイドルを辞めようと思ってまして」

P「……そうか」

律子「驚かないんですね?」




9VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/11(木) 12:05:29.27 ID:arv394vqo


P「まぁ、大体理由は聞かなくてもわかるしな」

律子「……そうですか」

P「プロデューサー、やりたいんだろ?」

律子「本当に、何でもお見通しなんですね」

P「律子はもともとプロデューサー志望だったしな」

律子「はい……プロデューサー殿はどう思いますか?」

P「律子がプロデューサーになることか?」

律子「はい」




11VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/11(木) 12:11:21.92 ID:arv394vqo


P「うーん……そうだなぁ……」

律子「……」

P「いいんじゃないかと思う」

律子「……そうですか」

P「律子はプロデューサーに向いてると思うしな」

律子「……ありがとうございます」

P「それが、律子がやりたいことなら俺は止めないよ」

律子「……」

P「ただな」

律子「?」

P「たとえ、プロデューサーになったとしても、今までみたいにいつでも頼ってこい」

律子「プロデューサー……」




12VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/11(木) 12:22:57.93 ID:arv394vqo


P「まぁ、俺からはそれくらいかな」

律子「……ありがとうございます」

P「……」

律子「プロデューサー殿に相談してよかったです」

P「おう、これからも何でも相談してきていいからな」

律子「ふふ……頼りにしてますから」

P「ああ」

―――
――




13VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/11(木) 12:30:05.87 ID:arv394vqo


~ある日の765プロ~

P「おーい!律子ー!」

律子「はい、何ですか?プロデューサー殿」

P「俺は頼りないか?」

律子「はい?」

P「いや、何か相談したいこととかないか?」

律子「あの、どういう意味ですか?」

P「ん?そのままの意味だけど」




14VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/11(木) 12:34:05.58 ID:arv394vqo


律子「えーと……」

P「律子はさ、あんまり人に頼ろうとしないからな」

律子「え?」

P「まぁ、自分だけじゃ解決できない時とかどうしようもないときは、流石に話してくれるけど」

律子「……」

P「それじゃあ大変じゃないか?」

律子「あの、何が言いたいんですか?」




15VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/11(木) 12:39:29.67 ID:arv394vqo


P「ん?……うーんまぁ簡単に言うとだな」

律子「はい」

P「もっと、俺を頼れ」

律子「……」

P「律子はまず、一人でやろうとするからな」

律子「はぁ……」

P「それはもちろんいいことでもあるんだけど、悪いことでもある」

律子「……」

P「他人を頼ることも、覚えたほうがいいぞ」

律子「……」




16VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/11(木) 12:46:21.40 ID:arv394vqo


P「律子は歳の割りにしっかりしてるからなぁ、弱みを隠すのも上手いし」

律子「そんなことは……」

P「でも、だからこそな、自分から誰かを頼らないとダメだ」

律子「え?」

P「そうしないと、苦しい時、誰にも気づいてもらえないぞ」

律子「……そうでしょうか?」

P「ん?」

律子「プロデューサー殿は……こうして気づいてくれるじゃないですか」

P「ああ、それはまぁ、俺は律子のプロデューサーだからな」




17VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/11(木) 12:52:28.37 ID:arv394vqo


律子「……」

P「とにかく、律子はもっと誰かを頼ること」

律子「……はい」

P「まぁ、別に俺じゃなくても、音無さんや、社長だっている」

律子「……」

P「だから、どんな小さなことでもいい、何かあったらすぐに相談しなさい」

律子「はい……わかりました」

P「うん」

律子「……とりあえずは、今後はプロデューサー殿を頼ることにします」

P「そうか、何でも言ってこいよ」

律子「ふふ……はい!」




18VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/11(木) 12:57:35.43 ID:arv394vqo


P「ま、律子は俺からみたらまだまだ子供だからな」

律子「む、子供とは何ですか」

P「はは、精一杯背伸びしてもまだまだ子供だよ」

律子「いーですよ!すぐに大人になりますから」

P「ああ、だから今のうちにいっぱい甘えとけよ?」

律子「え?は、はい……」

P「うんうん」ナデナデ

律子「ちょ、な、何するんですか!」

P「あ、ごめんつい」

律子「もう!……ふふ」

―――
――




19VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/11(木) 13:07:25.09 ID:arv394vqo


律子「……」

P「ん?どうかしたか律子?」

律子「プロデューサー殿から見て私は大人になりましたか?」

P「え?うーん……そうだなぁ……」

律子「……」

P「ま、少しはな」

律子「……少しですか」

P「はは、まぁ、成長したとは思うよ」

律子「はぁ、いつになったらプロデューサー殿に大人と思ってもらえるんですか?」




20VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/11(木) 13:12:05.00 ID:arv394vqo


P「えーと、あともうちょっとかな」

律子「ふふ、何ですかそれ」

P「まぁ、そんなに早く大人になられても困るからな」

律子「困る?」

P「ああ、律子が甘えてくれなくなるから」

律子「な、何言ってるんですか!」

P「律子が頼ってきてくれないと寂しいし」

律子「も、もう……怒りますよ!」

P「ははは、冗談だよ」




21VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/11(木) 13:15:19.17 ID:arv394vqo


律子「……大人になったら……」

P「ん?」

律子「大人になったら……甘えちゃいけないんですか……?」

P「え?あ、い、いや……そんなことはないけど……」

律子「……ぷっ」

P「へ?」

律子「あはははは!冗談ですよ冗談!」

P「……はぁ、やられた」

律子「あはははは!」




22VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/11(木) 13:18:34.96 ID:arv394vqo


P「いくらなんでも笑いすぎじゃないか……」

律子「あ、あはは、す、すみません、おかしくって……」

P「まぁいいけどさ……」

律子「あはは……ふぅ、ふふ、プロデューサー殿?」

P「ん?何だ?」

律子「私、やっぱりもう少しだけ、アイドル続けようと思います」

P「え?お、おお……そうか!」




23VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/11(木) 13:26:37.14 ID:arv394vqo


律子「あ、その反応……やっぱり、まだアイドルやって欲しかったんですね?」

P「はは、まぁ実を言うとな」

律子「だったら何でそれを言わなかったんですか?」

P「んー、律子にプロデューサーが向いてると思ったのは本当だしな、それに、これは俺のわがままだ」

律子「……そうですか」

P「でもな、俺は律子は確かにプロデューサーに向いてるとは思うけど……」

律子「……」

P「それと同じくらい、いや、それ以上に、アイドルに向いてると思ってるよ」

律子「……そうですか」




24VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/11(木) 13:31:24.69 ID:arv394vqo


P「ああ、ところで、どうしてまだアイドルを続けようと思ったんだ?」

律子「んー、まだまだアイドルから学べることはあると思いまして」

P「なるほどな、確かにアイドルの時しか学べないことってのはあるだろうな」

律子「はい、いざプロデューサーになった時に知識は多いほうがいいですから」

P「はは、律子は相変わらずまじめだなぁ」

律子「……いえ、そうでもないかもしれませんよ?」




25VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/11(木) 13:34:12.34 ID:arv394vqo


P「え?」

律子「……」

P「どういうことだ?」

律子「実は、アイドルを続けようと思った理由はもう一つあるんです」

P「へぇ」

律子「もう一つの理由のほうが大きいかも……」

P「……どんな理由なんだ?」

律子「聞きたいですか?」




26VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/11(木) 13:40:43.08 ID:arv394vqo


P「え?そりゃまぁ……」

律子「うーん、どうしようかなぁ」

P「おいおい、まさか聞かせてもらえないのか?」

律子「そうですね、まだ話さないでおきます」

P「ちょ、ちょっとだけでも……」

律子「ダメです」

P「えぇー」

律子「この理由を話すのは……今度こそ、本当に私がアイドルをやめる時にします」

P「……そうか、それじゃ、そのときまで楽しみにしとくかな」

律子「プロデューサー殿、これからもプロデュースよろしくお願いしますね!」

P「ああ、任せとけ」

律子「ふふ……頼りにしてますから!」

―――
――




27VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/11(木) 13:44:05.74 ID:arv394vqo





もう一つの理由、それは……あなたにもう少しだけ、プロデュースしてもらいたくなったから―――







28VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/11(木) 13:48:24.88 ID:arv394vqo


~数年後~

P「大丈夫か律子?」

律子「大丈夫です、大体まだお腹も大きくなってないのに大げさなのよ」

P「で、でもだな……」

律子「はぁ、まったく、しっかりしてください、これからは父親になるんですよ?」

P「そ、そうだな、俺がしっかりしないとな!」

律子「……頼りにしてるんだから」

P「……ああ」

―――
――




29VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/11(木) 13:49:24.32 ID:arv394vqo





P「これからもずっと、律子に頼られる幸せな日々が続きますように」



                                 おしまい




30VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/09/11(木) 13:50:11.20 ID:arv394vqo


以上で終わりになります短くてすみません可愛い律子が書きたかっただけなんです反省します



転載元:P「律子に頼られる日々」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1410402536/


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SS日々シリーズ律子

(4)

AFTER モバP「どうやって親御さんを説得したんだ?」

BEFORE 島村卯月「輝きとか魔法とか」

りっちゃああああああああんんん!!!
[ 2014/09/11 22:57 ] [ 編集 ]
小鳥「ピヨォ・・・」●REC ギシギシ
   
[ 2014/09/12 01:01 ] [ 編集 ]
おい鳥
[ 2014/09/12 05:05 ] [ 編集 ]
これはいいSS
やっぱ律っちゃんや
[ 2014/09/12 13:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

P「律子に頼られる日々」

Copyright © 2018全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto