スポンサーリンク

2012 02/22

P「ハリウッド…来ちゃったな」千早「はい」




1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 02:36:53.66 ID:USJRFE8z0


P「IUを制してトップアイドルとなり、俺はハリウッド研修にやって来た…」



千早「これもプロデューサーのおかげです」



P「もう思い残すことはないし張り切って修行できるが……
千早、どうしてここにいる」



千早「あの、ついて来ちゃいました」





スポンサーリンク




5 忍法帖【Lv=7,xxxP】 :2012/02/20(月) 02:42:02.66 ID:USJRFE8z0


P「はぁ……

 ユニットはどうした?」



千早「あの後社長が解体させて765プロとして売っていく方針にしました
   竜宮小町はそのまま律子がプロデュースする形になりましたけど



P「で、お前は付いてきたと?」



千早「はい。私があそこまで輝けたのもプロデューサーのおかげだと思ったから
   世界に通用する歌手になるためにプロデューサーに付いてきました」



P「俺、これからプロデューサー学校なんだけど」



千早「大丈夫です。私はプロデューサーが学校に行ってる間にこの国で歌手をしようと思ってますから」





6 忍法帖【Lv=7,xxxP】 :2012/02/20(月) 02:47:20.24 ID:USJRFE8z0


P「おい!765プロ所属のアイドルが勝手に他の事務所に行ったらダメだろ!」



千早「心配ありません。その事務所は社長のお知り合いが経営してるらしいですから」



P「アメリカで社長の知り合い…



 そういえば初日に社長の従兄弟がハワイに遊びに行ってるとか言ってたような…



 ま、でうでもいいか」



千早「細かいことは気にしなくて大丈夫です」



P「そうだな、ところで住まいは?」



千早「そ、それは…勢いで飛び出した形ですから、あの…住まいの方は…」



P(うーん、これはどうしようもないな〜いきなりアメリカで住まい見つけるってのも無理だろうし)



P「俺と住むか?」





7以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 02:49:29.12 ID:ERXvwFww0


千早メインキター!





8以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 02:50:08.25 ID:yc1dvWsH0


続けろください





9以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 02:51:15.43 ID:USJRFE8z0


千早「え、いいんですか!?」



P「いいもなにもどうしょうもないじゃないか
 流石にアメリカにパパラッチもいないだろうからそこらへんは安心だろうけど」



千早「プ、プロデューサーと一緒…一緒…」



P「で、どうする?」



千早「ひとつ屋根の下…同じベット…」



P「おい?千早!」



千早「は、はい!」



P「どうする?」



千早「えっと、あの…不束者ですが…」



P「OK、じゃあ住まいまで行くか」



千早「はい」





10以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 02:56:33.37 ID:USJRFE8z0


P「このアパートまで」(英語)



運ちゃん「オーケー!マカセトキナシンコンサン」



P「おいおい、さすがに不釣合いだろ?」(英語)



運ちゃん「オ、チガウノ?HAHAHAコリャシッケイ!!」



P「ははは…」



千早「あの、プロデューサー。なんで笑ってるんですか?」



P「どうやら新婚さんと間違えられたらしい」



千早「ふぇ!!」





13以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 03:03:21.54 ID:USJRFE8z0


運ちゃん「オニィサン、ハリウッドハハジメタカイ?」



P「ああ、ここにはプロデューサー修行で来んだ」



運ちゃん「オオ!モシカシテニッポンノプロデューサーカイ?」



P「まぁな、IUってので優勝してここまで来たわけさ」



運ちゃん「ジャア、トナリノコハカシュカイ?」



P「そんなもんだ」



運ちゃん「ナラハナシハハヤイヨ、サッソクウタッテモラオウ」



P「…だって」



千早「はぁ、私は別に構いませんが英語はできませんよ?」



P「歌に言語なんて関係ないさ。思うままに歌えばいい
 じゃあ、はじめての世界、みせつけてやるか」



千早「はい、よろしくお願いします」





14以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 03:04:30.21 ID:USJRFE8z0


ハリウッドの地図見ながら考え中





15以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 03:04:54.59 ID:zkmQPr3S0


よーしよしよしよしいいぞいいぞお続けるんだ





16以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 03:12:10.38 ID:USJRFE8z0


Grauman's Chinese Theatre



P「おおう…運ちゃんハードル高いとこ連れてきたな・・・」



千早「プロデューサー…ここって」



P「ああ、チャイニーズシアター。世界で一番有名な映画館だな
 多くの著名人がここで活躍した」



千早「それは…とてもやる気が出てきますね」



P「よーし…俺たち765プロ1の歌姫、実力を見せてやろうぜ」



千早「はい!」



P「765プロー・・・



千早、P「ファイトー!!」





18以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 03:17:24.64 ID:USJRFE8z0


米人「おい…なんだあの少女は?」



米人B「今から歌うらしいぞ」



米人C「アーハン、ジャップが場違いな事してるなHAHAHA」



P「ったく…千早には理解出来てないだろうけど言いたい放題だな
 聞いてド肝抜かれやがれ・・・



 よーし、いくぞ!」





千早「・・・・・・・すぅっ!



   泣くことなら   たやすいけれど



   悲しみには   流されない



米人D「すげぇ・・・声が透き通ってやがる」



米人E「oh…ビューティフルジャパニーズガール・・・」





20以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 03:20:41.10 ID:USJRFE8z0


   恋したこと



   この別れさえ



   選んだのは  自分だから



黒人「ヒューこのノリなら合わせられるな」



   群れを離れた鳥のように
   明日の行き先など知らない


   だけど傷ついて血を流したって



   いつも



   心のまま



   ただ羽ばたくよ



P「行け・・・千早!」





23以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 03:24:02.80 ID:USJRFE8z0




              蒼い鳥


   もし幸せ  近くにあっても


    あの空へ  私は飛ぶ


      未来を信じて


   あなたを忘れない


     でも昨日には帰れない








米人「ヒューーー!!!」  米人「OH MY GOD!!」



米人「なんて美しい歌声だ・・・」 黒人「ソウルに・・・来たぜ」



千早「プロデューサー!!」



P「ああ!!やったぞ千早!」









26以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] :2012/02/20(月) 03:30:03.36 ID:XXfRPuLH0


英語に定評のあるわた春香さんはまだですか





27以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 03:31:39.04 ID:USJRFE8z0


その後、俺たちは大喝采の中黒人シンガーたちと歌った
千早の初の舞台はアイドルとしては考えられないが海外の反応としてはまずまずだったんじゃないかな



運ちゃん「ヘーイ!プロデューサー!ヤルジャナイカ!ソッチノオジョウサンモスバラシカッタ」



P「なーにまだまだだよ」



運ちゃん「オレイニタクシーダイムリョウ、サラニlunchヲゴチソースルヨ」



P「千早、運ちゃんがお昼ご馳走してくれるって」



千早「あ、ありがとう・・・いえ、センキュー!」





P「千早!本場のマックだぞマック!」



千早「プロデューサー…あまりはしゃがないでくだい」



P「だって、お前これみろよ!このボリューム!」



千早「四条さんが好みそうな大きさですね」





29以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 03:35:57.30 ID:USJRFE8z0


ミニコーナー  春香ちゃん



春香「はぁ・・・千早ちゃんもプロデューサーさんもアメリカ行っちゃった
   いいなぁアメリカ。私も行きたかったな」



真「どしたの春香?難しい顔して」



春香「ああ真ぉ、私もアメリカ行きたかったよぉ」



真「そうだねー海外とか行ってみたいなぁ」



雪歩「あ、真ちゃん、春香ちゃん、おはよう」



春香「おーはー雪歩」



真「おはよう雪歩」



雪歩「二人で何の話してたの?」





30以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 03:40:49.18 ID:USJRFE8z0


春香「アメリカ行きたいって」



真「行きたかったなぁ・・・雪歩はどう思う?」



雪歩「ひっいや、アメリカなんてムキムキの男の人ばっかりじゃん」



春香「あちゃー、雪歩は海外は苦手かなぁ」



真「日本人が一番ナヨナヨしてるだろうからね」



春香「そっかー海外かぁ……あ!私、イギリス行ってくる!!」



真「え、なんで!?」



春香「ビートルズになれって私の勘が告げてるのよ!」



雪歩「事務所は・・・?」



春香「社長にちょっと休むって言っといて!それじゃ!!」



真「あ、春香!……って行っちゃった」



雪歩「なんて説明しようか・・・」





31以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 03:42:12.29 ID:cEeqSUJi0


春香さんじゃずーとるびが関の山やでぇ・・・





32以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 03:44:44.63 ID:USJRFE8z0


本編



P「ここが社長が用意してくれたマンションか」



千早「すごく高級ですね」



P「ああ、社長にお礼のメールしとかないと



 あ、コダックシアターが見える」



千早「よくそんないい部屋買うお金が事務所にありましたね」



P「まぁ日本一のアイドルだから金も溜まってるだろ
 社長いわく、明日から本格的な活動するらしいから今日はもう寝るか」



千早「え、でも…ベット一つですよ?」



P「しかたない」



千早「え?」



P「しかたないんだ」





35以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 03:50:08.39 ID:USJRFE8z0


エロ書けないんだけどどうすりゃいいかな・・・



ソフトに行くか





37以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 03:51:42.07 ID:VTqHygjT0


お好きに





38以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 03:51:47.97 ID:zkmQPr3S0


軽いのでおk





42以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 03:55:04.58 ID:USJRFE8z0


千早「まさか・・・プロデューサー…」



P「一緒に寝るか?」



千早「プ・・・プロ・・・プロ・・りゅーさー・・・」プウプルプル



P(ああ、これは新たな一面)



P「どうする、千早?」



千早「あの、私は、その・・・」



P「さぁ!決めるんだ!!」



千早「あの・・・よろしくお願いします」



P「よし、じゃあ寝床も決まったことだし俺、社長とみんなにメール打っとくからシャワー行ってきな」



千早「シャ、シャワーですか…」



P「おう、じゃ無線LAN借りてくる」





43以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 04:00:12.61 ID:USJRFE8z0


ガチャ・・・バタン



千早「ふぅ・・・プロデューサー、こんなことになってどう思ってるんだろう
   もしかして…あんなことやこんなこと…



   なに考えてるの私!!まるで…その・・・」



ガチャ

P「ああ千早、売店でホットドック売ってたけどチリペッパーと普通どっちがいい?」



千早「うひゃあ!プロデューサーいきなり驚かさないでください!!」



P「おお、悪い。で、どっち」



千早「どっちでもいいです!!」



P「ああ・・・分かった(何怒ってるんだ)」





44以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 04:04:13.73 ID:USJRFE8z0


千早「・・・・・・・・・」ペタペタペタ



千早「・・・・・・くっ!」



--------------------------------
-----------------------
-----------------
------------
-------
----
P「辛い!!」



千早(体は隅々まで洗ったほうがいいかしら)



P「千早ー!まだー?」



千早「今出ます」





45以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 04:07:36.26 ID:USJRFE8z0


P「おお…髪の毛のいい匂いがダイレクトに…」



千早「何言ってるんですか?早く入ってください」



P「おお…」



P(よくよく考えれば女の子と二人っきりで同棲か)



P(・・・あーそうだった、同棲だ)



P(俺、日本に帰ったら捕まるのかな)





P「お、おう。今出たぞ」



千早「あの、どうして震えてるんですか?」



P「いや、なんでもないよ・・・」



千早「はぁ、そうですか」





46以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 04:10:30.01 ID:USJRFE8z0


P「じゃ、寝るか」



千早「・・・・はい!」



P「気合入ってんな」



千早「よろしくお願いします!」



P「あ、ああ」



ムグリムグリ



P「もう少し来ないと落ちるぞ」



千早「え、もっとですか?」



P「ほら、こっち」



千早「はぅ…(プロデューサーの臭いがプロデューサーの臭いが!)



P「んじゃ、おやすみ」



千早「はい、おやすみなさい…///」





48以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 04:16:24.82 ID:USJRFE8z0


P(あー、ヤバイ…微かな膨らみが…本当に微かだが)



P(しかもすごくいい匂い



 いかん、寝よう)



千早「あの、プロデューサー」



P「ん、なんぞ?」



千早「この研修で私を導いてください。今度は歌手として」



P「…ああ。お前の気持ちはよくわかるよ」



千早「ありがとうございます」



P「まぁ焦らず行こうな」



千早「はい・・・」





50以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 04:21:52.74 ID:USJRFE8z0


翌朝



千早「う・・・あっ・・・」



千早「プ、プロデューサー…」



P「zzzz…」



千早「あまり、動かないで…ひぅっ・・・」



千早「あっ…」



P「……あれ…なんだこれ?」サワサワ



P「あー…『おっ○い』だ」



千早「うっ…プロデューサー…あんっ…早く手をどけてください…」



P「あ、悪い悪い」



P「ってそれじゃすまねぇ!!



 すまん、千早!!」



千早「謝らないでください!私にも非はありましたから…くっ!」





51以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 04:24:11.57 ID:USJRFE8z0


P「あのー、千早…気持ちよかったぞ?」



千早「疑問形で答えないでくだい!!」



P「ひっ…ごめんなさい!」



千早「まったく、プロデューサーは…」





54以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 04:28:38.90 ID:USJRFE8z0


  ミニコーナー 我那覇ちゃんと貴音ちゃん



響「なんだ貴音?またらーめんか?」



貴音「ええ、真良きものかと」



響「それにしても凄い食べるなぁ
  そういえばアメリカには日本の何倍のハンバーガーがあるらしいぞ」



貴音「…響、それは真ですか?」



響「ああ、この前テレビで見たんだ
  こーんなハンバーガーを大きな口開けて食べるんだぞ」



貴音「面妖な!そのようなものが…フフフ、世界は広いですね響」



響「うん、いつか食べに行こうな!」



貴音「ええ」





55以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 04:33:46.07 ID:USJRFE8z0


ミニコーナー弐 頑張れピヨちゃん



小鳥「うう…プロデューサーさんが居なくなってしまって飲み仲間がいなくなりました…
   あずささんもテレビに引っ張りだこ。私一人でお酒を仰ぐのはもう嫌ですー」



小鳥「はぁ・・・」



小鳥「婚期も逃して・・・お母さんから送られてくるお見合い写真が怖いよぉ…」



プルルル



小鳥「はい、765プロです。はい、分かりました。確認しておきます」



ガチャ



小鳥「ピーヨー」



音無小鳥 2X歳
今欲しいのはMy blue bird





56以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 04:37:31.11 ID:USJRFE8z0


本編



P「で、今日はどうするんだ?
 俺は遅くまでかかると思うけど」



千早「はい、社長がくれた紙によると私はキャピトルレコードに行くようです」



P「うわー…大御所きたー」





エンダァァァァァァイヤァァァァァ



P「上の階から凄い美声が聞こえてくるな」



千早「素晴らしい響きですね」



P「それじゃあ、また後でな。わからないことがあったら電話してくれ」



千早「はい」





57以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 04:46:51.40 ID:USJRFE8z0


P「ここがIUか」



?「うおっほん!」



P「ん、このどこかで聞いたことあるようなわざとらしい咳払いは!」



?「うむ、次郎ちゃんが言ってただけあっていい面構えだ」



P「あなたは!?」



順一朗「そう!会長こと高木 順一朗だ」



P「初めまして、765プロのPです」



順一朗「うむ、噂は聞いているよ。今日からビシビシ鍛えていくからね」



P「はい!よろしくお願いします!」





58以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 04:49:43.67 ID:o6z6Qgrh0


順一郎社長…





59以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 04:51:14.01 ID:USJRFE8z0


順一郎社長…ありがとうございました





千早「キャピトルレコード…ここが新天地」



女「ん、あなた、如月千早さん?」



千早「あ、はい。あのどちら様でしょうか?」



女「ああ私は高木に頼まれた通訳って者よ。よろしく」



千早「はい、よろしくお願いします」



通訳「うん、じゃあ案内するわ。付いてきて」



千早「はい」





60以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 04:57:19.05 ID:USJRFE8z0


通訳「知ってのとおりここは多くの有名なアーティストを育てた場所の一つよ
   恥だけはかかせないでねって愚問か。あなたの話は高木から聴いてるから安心して臨んでいいわよ」



千早「はい」



通訳「それじゃ、紹介。この人がここの社長。」



社長「ヘイ、通訳。この子が如月千早かい?」



通訳「はい、そうですがご存知なんですか?」



社長「昨日チャイニーズシアターで歌ってるのを見たんだ
   一緒にいた男が見えないけど」



千早「あの人は私のプロデューサーです」



社長「おお、彼が君を育てたのか」



千早「はい、あの人のおかげで私は羽ばたくことができました
   それで、歌について相談があるのですが」



社長「おお、熱心なお嬢さんだ。よーし、社長がんばっちゃうぞ」





88以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] :2012/02/20(月) 08:36:46.71 ID:piRzk62i0


お〜に〜ぎ〜り〜、波ぁぁーーーー!





89以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 08:37:37.13 ID:y8LqThft0


磯くせぇーっ!





111以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 12:50:09.05 ID:USJRFE8z0


P「ああー疲れたー」



千早「お疲れ様ですプロデューサー」



P「おお、お疲れ」



千早「どうでしたか研修の方は」



P「いや、すごいな本場は。日本のそれと全く違う
 来てよかったよ」



千早「そうですか」



P「千早はどうだった?」



千早「はい、レコード会社の社長さん、とても音楽に情熱をもった方でとても参考になりました」



P「そいつは良かった。来て正解だったな」



千早「はい」



P「さて、飯行くか」





112以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 12:55:38.74 ID:USJRFE8z0




P「ここが映画とかで良く目にするジャズレストランか」



千早「生の演奏を聴きながら食事…四条さんみたいですけどとても趣のあるところですね」



P「ああ。やっぱり人が多いな、人気店だけのことはある」



千早「プロデューサー、ちゃんと予約してますか?」



P「もちのろん」





P「千早はどれにする?お子様ランチか?」



千早「え、そういうのあるんですか?」



P「いや、ないよ」



千早「馬鹿にしないでください!」



P「いや、怒るなって

 この前のファミレスでのお前が可愛かったからついな」



千早「まったく…プロデューサーにお任せします」



P「じゃあ、テキトーに頼んでおくか」





114以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 13:02:19.61 ID:USJRFE8z0




P「上手いな、飯もジャズも」



千早「はい…すごく綺麗な音です」



P「あはは、千早は飯より音楽か」



千早「いえ、食事もすごく美味しいですけど」



P「いやいや千早なら絶対音楽の方にいくだろうなって思ったんだよ」



千早「あう…」







115以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 13:03:35.08 ID:USJRFE8z0


P「お、今度は歌手まで出てくるぞ」



千早「ジャズシンガーですか、とても綺麗なかたですね」



P「ああ…やっぱり上手いなぁ」



千早「とても綺麗な声ですね」



オーナー「もしかして、あんた昨日チャイニーズシアターで歌ってた日本人かい?」



千早「え、はい…そうですが」



オーナー「いやーいい人物を見つけたもんだ
      お嬢ちゃん、本物のジャズであんたの歌声を聞かせてくれないか」



千早「あの…プロデューサー…」



P「いいんじゃないの?せっかくオーナーも気に入ってくれてるんだし」



千早「では、私なんかでよければ」



オーナー「おう!歌はそっちで歌ってくれ。あいつらが勝手に伴奏してくれるから自由にやってくれ」





117以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 13:07:37.37 ID:USJRFE8z0


P「うーん、千早がどんどん大きくなってるな〜

 プロデューサーとして嬉しいわ」



千早「どの曲でいきましょうか」



P「ジャズだからな、君はメロディをジャズバージョンでいってみよう
 あのジャズシンガーも加えて」



千早「大丈夫ですか?君はメロディは結構アップテンポですけど」



P「そこらへんはお前に任せるよ。しっとり歌ってくれればいい」



千早「しっとりですか…わかりました。それでは行ってきます」



P「おう、いってらっしゃい



 じゃあ、ジャズシンガーに一言言ってくるか」





120以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 13:28:49.98 ID:USJRFE8z0


米人「おお、今度は日本人のお嬢さんとの共演か」



米人「彼女若いだろ。ジャズなんか歌えるのか?」



オーナー「レディース&ジェントルメン。彼女は日本で活躍中のシンガー千早 如月です
     わたしが惚れた女の子なので歌は間違いありません

     では、お願いします」



千早「聞いてください『君はメロディ』」



   Come out,Spread your heart,You're my melody



   今溢れるキミはメロディ
   誰も止められないメロディ


 ヒュー!  フォー!



   窓の外の陽だまりに咲く 風にそよぐ太陽の薫り
   触れた指が届けてくれる 世界中を照らすドキドキ


P「やっぱりジャズバージョンは正解だったな」



  無理に笑顔作らないでよ



    ありのままを受け入れたら 今日も素敵な朝がはじまるよ







121以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 13:31:54.19 ID:hJp8IXEL0


さすがSクリア後のPは違った





122以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 13:34:42.37 ID:USJRFE8z0


 今溢れるキミはメロディ 言葉より確かな物は
   キミと紡ぐメモリー 二人で描いたストーリー
    キラキラ輝(ひか)るキミの瞳(め)の中には


       天使がくれた生まれたての涙


千早「ふぅ…」



米人「ヒュー!」 米人「イェー!」



ここでも千早の声は受け入れてくれたか



その後アメリカのジャズソングを歌手と一緒に歌っていた



P「千早の声は本当にすごいな。どんな楽曲にも合わせられる…」



オーナー「プロデューサー君、君本当にいい子をプロデュースしてるね」



P「ええ、歌に対する情熱は人類1ですよ」



オーナー「あの子はこれからどうするんだい?もしなにもないならジャズシンガーとして売っていかないか?」



P「嬉しいですけど、ごめんなさい。あいつはこれから世界を相手にしていきますから」





123以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 13:42:53.41 ID:USJRFE8z0


オーナー「そいつはデカイ夢だ。でも君たちならきっと成功すると信じてるよ
      なんせここは多くの歌手を育ててきたからな」



P「そうなんですか?」



オーナー「ああ、俺のオヤジが初めて以来世界を羽ばたいた歌手は数人いるからな」



P「へぇ…じゃあ、その時はこの店のことを自慢気に語らせてもらいます」



オーナー「HAHAHA!そうしてくれると嬉しいよ!」





千早「どうでしたか?プロデューサー」



P「ああ、お前の即興には感激したよ。このことは社長にも報告しとく」



千早「はい、私もはじめてのジャズとても勉強になりました
   ありがとうございます」



P(千早のポテンシャルが大幅にあがった。これはマジでイケるかもな)





125以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 13:48:31.26 ID:USJRFE8z0


小鳥「あら、社長。何見てるんですか?」



社長「うむ、彼から送ってもらった如月君のビデオだ
   見たまえ、立派に異国で歌い上げている
   『君はメロディ』のジャズバージョンとは彼も考えたね」


小鳥「はい」



社長「ところで音無君、思い出さないかね?」



小鳥「はい、私がジャズバーで歌った時のことですね」



社長「うむ、懐かしいね〜そう時間は経ってないような気がするが」



小鳥「あのあといろいろなことがありましたからね」



社長「ああ、黒井も卑怯な手は使ってこなくなったしね
   それではこのビデオは作曲者に回しとくよ。このしっとりとした歌、きっと四条君なら歌い上げてみせると思っている」



小鳥「はい!そう連絡させていただきます」





127以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 13:58:15.35 ID:USJRFE8z0


P「千早、お前は凄いな…」



千早「いきなりどうしたんですか?プロデューサー」



P「いや、こんな異国でいきなりもち歌をジャズで歌い上げてさらに好かれるなんて並みの人間じゃないなって」



千早「それは…プロデューサーのおかげです。以前の私ならそんな考えできませんでした。
   知ってるジャズソングをままならない英語で歌って失笑を買ってたでしょう
   でも、プロデューサーが機転をきかせてありのままの自分を表現することができた…
   やはり私にはプロデューサーが必要なんです」


P「そう言ってくれるとはほんとに嬉しいね。お前をプロデュースして本当に良かった
 最初のお前は歌のことしか興味なくて正直、俺はこの子をトップアイドルに育てることができるのか悩んだくらいだ
 それが今じゃ表現も豊かになってダンスもできる
 お前が努力したから俺はお前を信頼してこの場にたたせることができたんだ
 感謝してるよ」


千早「プロデューサー…」



P「おいおい、泣くなよ。…これからも頑張ろうな」



千早「はいっ!」





128以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 14:04:28.29 ID:USJRFE8z0


ミニコーナー やよいちゃん



やよい「うっうー!!私、高槻 やよい14歳。アイドルやってますー!



    プロデューサーのおかげで仕事もたくさん入ってきて今じゃ家庭も安泰です!



    …でも少し不安なことがあります…



    お腹いっぱいご飯が食べられるようになって私、少し混乱しています!
    お腹いっぱいってこんな不思議な気分なんだって長助と二人で話しました


    そしたら伊織ちゃんが目を潤ませてよかったねって頭を撫でてくれました!



    どういうことだったんだろう?」





後日、765プロに水が滲んだ手紙とお金が大量に送られてきました。
社長は「高槻君が自由に使っていいんだよ」と必死に言っていましたがやよいちゃんはかたくなに拒んでお金を返しました

ピヨー…その純粋さをいつまでも大事にねやよいちゃん!!





145以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 16:13:28.32 ID:USJRFE8z0


アナザーストーリー

 社長「とうとう着いたな…シドニーに」あずさ「はい!」



社長「ふむふむ…ああ、分かった。すまないな
   三浦君も、か…」



1週間後



社長「三浦君、少し話がある。律子君も来てくれ」



あずさ律子「はい」



社長「ふむ、実はだな、私の友人が三浦君のコンサートを見てぜひ、出演してほしいと言ってきたのだ」


律子「それがどうしたんですか?」



社長「うむ、それがだな、公演場所はオーストラリアのシドニーなんだ」


律子「え?」



あずさ「あらあら〜」





147以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 16:18:56.74 ID:USJRFE8z0


律子「どうして…あずささんが…」



社長「そのことなんだが私の友人がエミネンス交響楽団の一員なのだよ
   それであずさくんの『隣に…』がえらく気に入ってね、オファーが来たわけだ」


あずさ「そうなんですか」



律子「あずささん、どうします?」



社長「悪い話ではないと思うんだがね、なんせ海外でのライブだ。しかもオーケストラ演奏。きっと三浦君にとっていいものになるに違いない」



あずさ「そうですね、私も千早ちゃんのように世界に行ってみるのもいいかもしれません」



社長「おお!そうか、じゃあそう連絡するよ」



律子「ちょっと待ってください!誰が一緒に行くんですか?私が行ったら事務所に誰もいなくなっちゃいますよ」


社長「それなら心配はいらない。律子君、私は元プロデューサーだ。大人数のプロデュースはできないが一人くらいならまだ大丈夫だ」



律子「え、それって…」



社長「ああ、私が行く」





148以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 16:21:10.86 ID:USJRFE8z0




社長「ということでやってきましたオーストラリア」



あずさ「あらあら〜」



社長「三浦君が空港で迷子になった時には本当にどうしようかと思ったよ」



あずさ「すいません、なんとか見つけていただいて」



社長「それじゃあ、行こうか」



あずさ「はい」



社長「ちょっと三浦君!そっちじゃないよ!」



あずさ「あらあら、私ったら」





150以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 16:21:53.16 ID:jVbCdk0C0


ちあキングじゃねーか





151以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 16:28:52.91 ID:USJRFE8z0


社長「うむ、さすがはシドニー。海が綺麗だねぇ」



あずさ「凄く青いですね」



社長「今回君が歌うのはあそこ『オペラハウス』だ」



あずさ「あ、私テレビで見たことあります」



社長「こんなところで歌を歌えるなんてアイドル冥利に尽きるってことかな」



あずさ「もう、社長さんったら」



社長「ははは、では挨拶でもしよう」



あずさ「はい」





楽団員「おお…なんというおっ○い…」



楽団員「あんな人と共演できるなんて…音楽やってて良かった!」



社長「どうやら、ここでも人気が出そうだね」





152以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 16:32:09.00 ID:USJRFE8z0


あずさ「あらあら〜嬉しいわ〜」



指揮者「おお、高木!来てくれたか」



社長「ああ、君も相変わらず元気そうで…」



指揮者「長い話は後でいいんだよ。
    この人が三浦あずささんか」


あずさ「三浦あずさです。よろしくお願いしますね」



指揮者「美人と共演できてとてもうれしいよ。今回は楽しんでいってくれ」


あずさ「はい」



社長「では私はみているだけにするよ。このあとは君たちがやったほうがうまくいくだろう」


指揮者「ああ、そうさせてもらう」





153以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 16:35:53.41 ID:USJRFE8z0




社長「どうだったかね?」



あずさ「はい、みなさんとてもいい人でした」



社長「うむ、明日は頑張ってくれたまえ」



あずさ「はい」



社長「では、バーにでも行くか」



あずさ「待ってました〜」





社長「三浦君、そろそろやめたほうがいいんじゃないか」



あずさ「いーえ、まだまだです」



社長「明日に影響が出ないくらいにしてくれ…」



あずさ「はい、社長さん」



社長「ああ、すまない」





154以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 16:42:52.53 ID:USJRFE8z0


あずさ「社長さんはなにか趣味はありますか?」



社長「うむ…趣味というものかはわからんが順一郎の孫と遊ぶことだな
   あの時期はとても活発で私も相手をするのが疲れるよ」


あずさ「そうなんですか〜」



社長「三浦君、子供というのはいいものだ。やよい君や亜美君、真美君をみてわかるとおりとても可愛らしいものだ」


あずさ「そうですね」



社長「おじいちゃんと駆け寄ってくれるのはとても嬉しい。難しい時期もあるだろうがそれも成長…見ていて悲しくなるような嬉しいような…そんな気持ちになる」


あずさ「私も早く運命の王子さまみつけんとですね〜」



社長「おお、気分を悪くさせたかな。とにかく私は子供たちが大好きなんだ」





156以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 16:48:17.89 ID:USJRFE8z0


あずさ「とても…いいお話でした。社長さんとこうやって語り合えるなんてなかなかないですから
    ちょっと新鮮な気持ちです」



社長「うむ、私もアイドルたちとのコミュニケーションはあまりとれていないようだったな
   彼に見習って私ももう少し話してみるべきだったかな」


あずさ「大丈夫ですよ。みんな社長さんを信頼してますから」



社長「嬉しい言葉だねぇ…では、三浦君。明日は期待しているよ」



あずさ「はい。では…かんぱーい!」



あの時も黒井とこうやって腹を割って話していたら…
いや、失った時間は取り戻せない
小鳥君には悪いことをしてしまったな
彼のようにできなかった事をすごく悔しく思うよ





157以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 16:54:34.65 ID:USJRFE8z0






あずさ「では、社長さん」


社長「うむ、行ってきたまえ!」


あずさ「はい!」




異国というのに会場内は満員
765プロを作って本当に良かった
オペラハウスには彼女の歌声が隅々まで響いていた






社長「今回のライブとても良かった…
   世界に羽ばたいていくアイドルたちか
   素晴らしきことかな


   ん、三浦君の姿が見えないが…
   あ、あの姿は…もしや!」





158以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 16:57:11.96 ID:USJRFE8z0


あずさ「社長さーん!!乗る飛行機間違えちゃいましたー!!」


社長「おおい!!三浦君!早く戻ってくるんだ!」


ナレーター「離陸いたします」


社長「おおい!おおおおい!!!」


あずさ「すいませーん!社長さーん!!…行っちゃった…


    あらあら〜どうしましょう?」




アナザーストーリーEND





163以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 17:32:16.68 ID:USJRFE8z0


P「へぇ…そんなことがあったのか」



千早「どうしたんですか?」



P「あずささんがオーストラリアでライブしたんだって」



千早「それは…羨ましいですね」



P「そのあと飛行機間違えて違う国に飛ばされたんだとよ」



千早「え!大丈夫なんですか?」



P「今、イギリス

 しかも春香と合流」



千早「春香もイギリスに…」



P「いきなり行っちゃったんだって」



千早「春香…どうしたの…」





164以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 17:33:43.15 ID:USJRFE8z0


P「まぁ今日は寝るか」



千早「はい」



バサッ



P「なんかお前大胆になったな」



千早「プロデューサーと寝るのももう慣れました」



P「おいおい、一応男だぞ」



千早「大丈夫です。信頼してますから」



P「まったく…」





165以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 17:42:58.84 ID:USJRFE8z0




順一郎「では、今日もよおしく頼むよ」



P「はい!」



順一郎「ところで、君たちがこの前ジャズレストランで歌った時のことだが地元の新聞社が是非取材をしたいと言っててね
    どうだい?やってみないか?」



P「はい、お願いします」





千早(やっぱり海外は違うわね…発声量が全然違うわ)



社長「はい、じゃあ千早ちゃん。明日もよろしく頼むね」



千早「はい、ありがとうございました」



通訳「じゃあ、また明日」



千早「はい、おつかれさまでした」





167以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 17:46:14.74 ID:USJRFE8z0


千早「ふぅ…やっぱり来て正解だったわ」



P「あ、千早!」



千早「プロデューサー、お疲れ様です」



P「ああ、お疲れ。明日なんだけど地元の新聞社が俺たちのこと取材しにくるらしい」



千早「そうですか」



P「明日は日曜だからくるのは午後ぐらいだな」



千早「ミサがありますからね」



P「ああ、じゃあ帰るか」



千早「はい」





169以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 18:01:18.28 ID:USJRFE8z0


日曜



千早「ここが協会…初めて来たわ」



神父「ようこそ、ミサやってるけど見ていくかい?」



千早「あの私キリスト教徒じゃないんですけど…」



神父「いいんだよ、観光だろ?いい機会さ見て行きな」



千早「ありがとうございます」



千早(すごい…シスターの歌声が響いてる)





千早「あの、神父さん」



神父「なんだい」



千早「聖歌隊に入れてください」





170以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 18:09:39.74 ID:USJRFE8z0


P「え、聖歌隊?」



千早「はい、少しの間ですけど聖歌を習ってみようと思ってるんです」



P「あー、そうなの。社長さんに連絡しとくわ」



千早「あの…迷惑でしたか?」



P「いや、千早のやりたいようにやればいい。俺はサポートだ
 それに千早は聖歌になにか感じたんだろう?」


千早「はい、静かだけどどこまでも透き通って響いていく…鍵盤だけなのにいくつもの楽器が重なって聞こえるんです」



P「分かった。千早はたしかオペラの歌い方も独学で勉強してるんだよな」



千早「はい、こうゆう音楽は習えるところが少ないですから」



P「いい機会だ。頑張れよ」



千早「はい!」





171以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 18:14:14.39 ID:USJRFE8z0




記者「それで日本一のアイドルになったと」


P「はい、IUで優勝して俺はハリウッド研修に、千早は世界を目指すためにここにきました」


記者「はい、ありがとう。いい記事になるよ」


P「はい、ありがとうございました」


記者「反応楽しみしててね」


千早「はい、ありがとうございました」


P「ふう、アメリカの記者はぐんぐんくるな」


千早「はい、同棲のところはなんとか誤魔化せましたが」


P「いくら日本の目がないにしろ下手なことは言えないからな」


千早「それでは私は教会に行ってきます」


P「おう、頑張ってな」





172以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 18:23:18.21 ID:USJRFE8z0


P「さて、することがない」



P「アメリカっていえどもなんもないな」



P「千早の教会行ってみるか」





P「うわ…歌声が聞こえる…」



P「結構広いんだな。さすが本場」



P「教会…千早…歌姫…千早…聖歌…あ!」



P「それだ!!」



神父「おいあんたうるさいぞ」



P「すいません…あの、如月千早の保護者なんですけど」



神父「ああ、あの子の。素晴らしい子だね。来て一日目なのにもう大体歌えるようになっている」



P「マジかよ…どこまですごいんだ」





173以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 18:27:32.92 ID:USJRFE8z0


神父「あの子は日本の歌手かい?」



P「いいえ、アイドルです」



神父「アイドル?なんだそれは」



P「歌って踊れるスーパーガールですよ」



神父「レディー・ガガみたいな?」



P「神父さん結構ファンキーですね…まぁそんなかんじです」



神父「なるほど…」



P「じゃあ、邪魔しちゃ悪いんで俺はこれで」



神父「またいらっしゃい」





174以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 18:31:25.18 ID:USJRFE8z0


P「あ、もしもし社長さんですか?はい、Pです。千早なんですけど今度…」





P「社長お願いがあるんですけど」



順二郎社長「なんだい?」



P「千早のステージ衣装持ってきてください」



順二郎「もちろんいいが、着くのは一週間後ぐらいだぞ?」



P「構いません。とにかくこの曲にあうやつ送ってください」



社長「これは…なるほど、期待していいんだね?」



P「もちろん!」



社長「なら任せたまえ、早急に送ろう」



P「ありがとうございます」





175以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 18:34:38.37 ID:USJRFE8z0


二日後



千早「特別ゲストとしてライブですか?」



P「ああ、これがうまくいけば世界で活躍出来るだろう
 少なくともアメリカは攻略したも同然だ」



千早「あの…なんのイベントですか?」



P「秘密」



千早「えっ?」



P「今言ったら面白くない
 とにかく聖歌で喉を鍛えてくれ。くれぐれも前みたいに無理な歌い方はするなよ」



千早「はい、わかりました」



P「よろしい」ナデナデ



千早「あぅ…」





178以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 18:47:30.46 ID:USJRFE8z0




P「ついにこの時が来たか…」



千早「ちなみに何の日なんですか?」



P「グラミー賞授賞式」



千早「え?」



P「そのゲストとして歌うことになった」



千早「どうゆうことですか!」



P「日本一のアイドルだからって社長に頼んだら特別ゲストとして入れてくれた
 しかも歌も日本一上手い。って言ったら納得してくれた」



千早「いきなりすぎますよ!」



P「驚いた顔が見たくって…」



千早「驚かすにも限度があります!」





180以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 18:53:42.86 ID:USJRFE8z0


P「もちろん歌うのは持ち歌
 俺の一番好きな歌『眠り姫』だ」



千早「眠り姫ですか」



P「この前教会で聖歌を歌ってるのを見てきっかけはこの曲しかないって思ったんだ」



千早「日本でも一回しか発表してませんしね」



P「なんと社長さんが気を利かして生演奏だ」



千早「そこまでしてもらうなんて…少々買いかぶりすぎなんじゃ」



P「そんなことはない。千早の実力がダイレクトに伝わってるってことだ」



千早「そう…ですか…分かりました。必ず訪れた人を聴き惚れさすようがんばります」



P「よし、じゃあ、会場に向かうぞ」





181以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 19:03:02.61 ID:USJRFE8z0


ステイプルズ・センター


P「うわぁぁぁぁぁぁ・・・・テレビで見たことある人ばっかりだよぉ」



千早「プロデューサーっ、緊張させないでください」



P「だってアデルいるし……」



千早「こんなところに私なんかが入って大丈夫なんでしょうか」



P「大丈夫、俺は千早の実力を信じてる
 IU決勝戦のときのお前らしく堂々と歌い上げろ」


千早「…………はい」





順一郎「二人ともよく来てくれた」



P「会長!」



順一郎「どうだい、緊張するだろう?」





186以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] :2012/02/20(月) 19:35:19.70 ID:9Hv7T2yKO


アイマスがよく分かんない俺に
千早の参考画像下さい





191厨三病患者 ◆Mm/fbypRxo :2012/02/20(月) 19:50:50.59 ID:2QU8C3980


aAtXA_20120221133346.jpg
20120221132036_20120221133414.jpg



ほい





237以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 22:52:59.72 ID:USJRFE8z0


P「アイドルより緊張してます」



順一郎「うむ、今回この場で大きな喝采を受けたら君たちもきっと世界的有名なアーティストとして認知されるはず
    しかし、もしダメならばキミ達は失笑を買って国に帰らなくてはならない…言いたいことはわかるかね?」



千早「はい、ですがそのような心配はありません
   私は今までプロデューサーを信じてIUも制してきました
   そんな事は考えるまでもないです」


P「千早…」



順一郎「おお…そうかそうか…うむ!いい顔だ
     少々意地悪が過ぎたかな
     私も君たちならやってくれると信じているよ
     では!私は席に戻るとするよ
     君たちの健闘を祈る!」


P「千早、ありがとうな」



千早「礼を言うのは私です。このような素敵な場所まで用意して頂き…プロデューサーの邪魔をしにきたようなものなのに」



P「いや、そんなことはないよ。お前が居てくれたから俺は安心できた。正直この異国に一人でくるのはすごく不安だったんだ

 さて、そろそろ会場の隅っこに行くとするか」





246以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 23:31:50.40 ID:lYIg3VhQ0


司会「第○回グラミー賞授賞式開催です」



司会に名前を呼ばれて著名人が壇上に上がって行く



IU授賞式のこと思い出すなぁ



たしか千早がユニットの中で一番緊張してたな
千早は自分の声を自慢にしてたが決して天狗にはならなかった
それが千早のいいところだ


授賞式の後、みんなで泣いたな〜
特に千早なんか嗚咽あげながら泣いてたっけ
まだ一ヶ月程度しかたってないんだな


P「フフ…」



千早「どうしましたか?」



P「いや、IU授賞式思い出してな」



千早「あ、私もです
この雰囲気とてもあの時と似ていて」







247以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 23:38:00.07 ID:lYIg3VhQ0


P「泣いた事もか?」



千早「やっぱり覚えてたんですか…」



P「印象的だったからな」



千早「くっ…あまり思い出さないようにしていたのに」



P「まぁまぁ、あんときは可愛かったよ」



千早「…本当ですか?」



P「ああ、すごく」



千早「なら…別にいいです…」



P「へ?」



千早「なんでもありません!」





249以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 23:44:22.23 ID:lYIg3VhQ0




P「もうそろそろだな…準備しな」



千早「はい」



P「コンディションは?」



千早「大丈夫です。今なら誰よりも上手く歌える気がします」



P「そうか…安心した」



千早「では、プロデューサーありがとうございました
行って来ます!」



P「ああ、行ってこい!」





250以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 23:50:00.99 ID:lYIg3VhQ0


シンガー「スペシャルゲストかい…美しい姿だ」



シンガーB「日本のアイドルらしいぞ」



来賓「?木が連れて来たのか…なるほど素晴らしいオーラだ」



千早「みなさん、本日はこのような場所を設けていただき誠に感謝しています
私が今このような場所に立てたのも私を支えてくれた方々のおかげでした
私のような者が立つのは場違いかもしれませんがどうかきいてください
私の思い出の曲『眠り姫』!!」





251以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 23:54:06.70 ID:lYIg3VhQ0


ずっと眠っていられたら
この悲しみを忘れられる


そう願い 眠りについた夜もある


千早(優…お姉ちゃんの事見てる?)


ふたり過ごした遠い日々


記憶の中の光と影


今もまだ心の迷路 彷徨う


千早(お姉ちゃんとうとうここまで来れたよ…)





252以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 23:55:34.72 ID:lYIg3VhQ0


あれは 儚い夢
そう あなたと見た 泡沫の夢


たとえ100年の眠りでさえ
いつか物語なら終わってく


最後のページめくったら



P「千早、行け!」







253以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 23:59:30.61 ID:lYIg3VhQ0


眠り姫
目覚める 私は今
誰の助けも借りず


たった独りでも
明日へ
歩き出すために


千早(私のプロデューサーのおかげで
優と私の夢かなえられそうだよ)





254以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 00:02:14.57 ID:XJnprmCH0


朝の光が眩しくて
涙溢れても
瞳を上げたままで


順一郎「私達がみつけた原石はちゃんと光っているな
二郎ちゃん、私も765プロの事は彼らに任せられるよ」





256以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 00:05:13.68 ID:XJnprmCH0


誰も明日に向かって生まれたよ


朝に気づいて目を開け


きっと涙を希望に変えてくために


人は新たに生まれ変わるから




千早(765プロのみんな、春香…『約束』守れたかな
トップアイドルになるって世界的有名な歌手になるって)





257以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 00:09:09.77 ID:XJnprmCH0


眠り姫 目覚める 私は今
誰の助けも
今は要らないから
独りでも明日へただ
歩き出すために


そう 夜が明けたなら



未来 見つけるそのため



蒼き光の向こうへと 涙は拭い去り




あの空見上げて






米人「フォォォォ!!!」 米人「イェアァァ!!」


米人「エクセレント!!」





258以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 00:11:08.97 ID:WMm/mx8HO


俺「フォォォォ!!!」





259以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 00:11:57.07 ID:CrkEFg420


コブラ「ヒューッ」





327以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 09:36:13.92 ID:Ay1Kc0hT0


男「ふんっ!弱小765プロの弱小アイドルがこんなところまで来るとわな
あのヒヨッコずいぶん成長したものだ
まだまだだがな」


順一郎「あの男は…」



男「さて、新しいアイドルを見つけるか
今度は世界に通用するアイドルをな」



順一郎「おい!」


男「ふふふ…あーっはっはっは!!」


順一郎「おい!黒井!」



順一郎「行ってしまったか…」





329以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 09:46:54.70 ID:Ay1Kc0hT0


P「千早」



千早「どうでしたかプロデューサーって
なんで泣いてるんですか!?」



P「え、俺泣いてる?」



千早「はい…」



P「……」



順一郎「二人ともどうやらこの国に受け入れられたようだな
見たまえ、あの歓声…ただのアイドルじゃあそこまではいかない
そこで、だ。君のプロデューサー研修は本日をもって終了とする」


P「え、でも、まだ」



順一郎「いや、もういいんだ。そんな研修をしてまで如月君のプロデュース期間を短くしてはいけない
先ずは日本に帰って二郎ちゃんに報告してくれ」





330以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 09:50:05.85 ID:Ay1Kc0hT0


P「はい、今までありがとうございました」



順一郎「うむ、君たちの今後の活躍に期待しているよ」



千早「ありがとうございました」







P「終わったな…」



千早「終わりの始まりですね」


P「日本でも良くその使い方してきたな」







331以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 09:54:36.35 ID:Ay1Kc0hT0


千早「あの、少し相談があるんですが」



P「ああ、俺もある」



千早「では、プロデューサーから」



P「いや、千早からでいいよ」



千早「では……プロデューサー、これから一生私をプロデュースしてくれませんか?」



P「……奇遇だな、俺もそう言おうと思ってた
千早、俺以外に千早をプロデュースさせる気はこれっぽっちもない
これからもずっと俺のアイドルだ」


千早「…はい!これからも一生お願いします!」


P「ああ、もちろん。死ぬまでプロデュースしてやるよ」





345以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 11:35:55.53 ID:Ay1Kc0hT0


P「千早…」



千早「はい」



チュッ



P「なんというか…とうとうここまで来たな」



千早「はい…」



P「日本に帰ったら報告だな」



千早「そうですね、みんなどんな顔するでしょう」





347以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 11:41:22.12 ID:Ay1Kc0hT0






社長「予定より大分早く帰ってきたがお務めご苦労だった。
テレビで君たちの姿は見たよ
これで君たちは世界の仲間入りだ」


P「ありがとうございます。それでお話があるんですけど」


社長「もう、分かっているよ
如月君はもうアイドルではない。歌手として765プロから出てもらう。君もそう思って来たんだろ?」


P「はい…」



社長「私が無理を言ってアイドルにさせたんだ。もういいだろう」



P「しかし、千早をアイドルにしたおかげであいつはこんなに明るくなれました」





348以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 11:45:48.62 ID:Ay1Kc0hT0


社長「アイドルにさせた事も悪くはなかったか…」



P「ええ、一時は声が出ないくらいでしたから」



社長「団結か、天海君がよく言ってたね」



P「それと社長。俺は一生千早をプロデュースするつもりなんですがよろしいですか?」



者と「勿論だとも!君以上に彼女を上手に扱える人はいないはずだ
それに彼女も他の人にプロデュースされるつもりはまったくないだろう。君を追いかけてなんの伝手もないアメリカに行くぐらいだ」





349以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 11:48:12.22 ID:Ay1Kc0hT0


P「では、今後とも宜しくお願いします」



社長「こちらこそ、我が社のためそしてアイドルのために宜しくたのむよ」



P「はい!」



社長「最後に…頼みたい事があるのだが…」



P「なんですか?」





350以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 11:49:10.34 ID:Ay1Kc0hT0






P「千早、朗報だ」



千早「朗報?」



P「次はイギリスだ」



千早「もうですか!?」



P「先ずはこれを見てくれ」





352以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 11:53:15.25 ID:Ay1Kc0hT0


春香『イェーイ!!イギリスの皆さん!天海 春香でーす!』


あずさ『三浦あずさですぅ〜』



春香『日本の765プロから来ましたー!


今日は楽しんでいこうねー!!』



観客『ゔぁーい!』



あずさ『それでは聞いてください』



あずさ春香『READY!!』



英人『ホォォォ!!』英人『ハイハイハイ!!!』







353 忍法帖【Lv=10,xxxPT】 :2012/02/21(火) 11:54:21.59 ID:vHl0aE2o0


イギリスのお前ら…





354以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] :2012/02/21(火) 11:54:55.51 ID:cirD+JA00


さすがだな閣下





355以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 11:55:35.06 ID:Ay1Kc0hT0


千早「春香!?」



P「前に言ったろ…春香がイギリスに行ったって
まさかこんなことになるなんて!」



千早「それで今度はイギリスに…」



P「連れ戻して来いだって」



千早「仕事もだいぶん溜まってますからね」



P「はぁぁ…日本に帰ってきたばっかりなのに」





356以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 11:58:31.99 ID:Ay1Kc0hT0


律子「イギリスで竜宮小町…これは!」



P「やめろよ!マジで潰れるぞ!」



小鳥「春香ちゃんにあずささん、千早ちゃんまでいなかったから考えてたより予算が少ないんですぅ…ピヨー!!」


律子「あずささんがいないから竜宮も機能しないんですよ!!」



P「あああ!!もう、行くぞ千早!」





357以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 12:00:52.08 ID:Ay1Kc0hT0


千早「はい!」



P「よし!どこまでもついて来い!」



千早「あたりまえです!行きましょうプロデューサー!」



P「765プロー」



千早.P「ファイトー!!」





358以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 12:01:32.09 ID:Ay1Kc0hT0


END








P「イギリス……来ちまったな」千早「はい」







361以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 12:05:11.52 ID:qJUkISCx0




なかなか良かった





362以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 12:05:24.11 ID:Ay1Kc0hT0


って訳で終了です

今まで保守ありがとうございました

初SSで結構戸惑ったけど終われて良かったと思ってます



面白く書くってすんげー難しいんだな




スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SS千早765プロ

(4)

AFTER 雪歩「春になったら」

BEFORE 響「今度の休日にプロデューサーと二人で出かけることになったぞ!」

ないす(´ω`)
[ 2012/09/30 05:13 ] [ 編集 ]
よかったで
[ 2013/02/01 21:20 ] [ 編集 ]
面白かったで!
[ 2013/02/26 00:47 ] [ 編集 ]
音楽聞きながらだから映像まで浮かんできてマジで感動した。
[ 2015/09/06 08:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

P「ハリウッド…来ちゃったな」千早「はい」

Copyright © 2019全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto