スポンサーリンク

2014 08/23

岡崎泰葉「虹を作っている場所が在る」



1VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/08/22(金) 21:45:15.64 ID:N4fJMkMRo




―――


ブロロロ…


泰葉「――道、混んでますね」
okzkysh5.jpg


P「んー……だなぁ。すっかり渋滞に嵌まっちゃったな」

泰葉「ですね……」

P「いつもならもう事務所に着いてるんだけど……ごめんな、疲れてるだろ?」

泰葉「あ、いえ。私は平気です……けど」

P「ん? ……あぁ」チラッ


李衣菜「……くぅ……くぅ……」
tdrn2.jpg

加蓮「すー……すー……んぅ……」
krn2.jpg


P「……うん、後ろは気持ち良さそうに寝てるよ」

泰葉「ふふ。そうですか」クス






関連スレ
モバP「疲れたときの特効薬」
モバP「だりやすかれんと年始め」
モバP「だりやすかれんの日常」
モバP「だりやすかれんと恵方巻き」
モバP「だりやすかれんの贈りもの」
北条加蓮「煌めくセカイが鮮やかに」
加蓮「かわいいね」李衣菜「うん、かわいい!」
多田李衣菜「理想なんて飛び越えて」
モバP「だりやすかれんととある夏の日」





スポンサーリンク




2VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/08/22(金) 21:48:26.59 ID:N4fJMkMRo


P「泰葉も、寝たかったら寝てもいいぞ。着いたら起こすからさ」

泰葉「ん……ありがとうございます。でも……」

P「でも?」

泰葉「今日のライブの熱が、まだ残ってるみたいで。眠れそうにないです」

P「ふふ、そっか」

泰葉「……えへ」




3VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/08/22(金) 21:51:31.15 ID:N4fJMkMRo


P「初めての単独ライブ、楽しかったか?」

泰葉「……はい、もちろん」

泰葉「ステージを作るのも、ファンのみんなを盛り上げるのも、全て私たちに掛かっている……」

泰葉「そういうプレッシャーもありましたけど」

P「うん」

泰葉「……そんなもの、全部吹き飛んでしまうくらい……本当に楽しかったです」

P「……うん。そう言ってくれると俺も嬉しいよ」




4VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/08/22(金) 21:54:32.64 ID:N4fJMkMRo


泰葉「サイリウムの光と、天井のたくさんの照明で……」

泰葉「まるで宇宙に浮かんでいるような、不思議な感じでした」

P「ああ。星空の下で歌ってるみたいだったぞ」

泰葉「ふふ、綺麗なステージでしたね……」

P「いや、キラキラしてる泰葉たちが一番綺麗だったよ」

泰葉「……そういうの、ずるいです」プイ

P「あはは」




5VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/08/22(金) 21:57:43.79 ID:N4fJMkMRo


泰葉「……本当、夢みたいな時間でした」

P「夢、か」

泰葉「はい。どこか現実離れしているというか……白昼夢、みたいな」

P「……でも、ちゃんと現実だったろ?」

泰葉「ふふ、そうですね。スポットライトの熱、声援……それに」


泰葉「私たち三人の気持ちが合わさった瞬間を……確かに感じましたから」




6VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/08/22(金) 22:03:07.63 ID:N4fJMkMRo


P「うん、俺も感じたよ。みんなの熱い心」

泰葉「それなら、良かったです。……ファンのみんなにも、伝わったかな?」

P「うーん、それは泰葉たちが一番分かってるんじゃないか?」

泰葉「ふふふ、そうでした。みんな喜んでたと思います。……ううん、喜んでました」

P「ああ、そんなの当然だろっ」

泰葉「ふふ♪」




7VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/08/22(金) 22:09:07.40 ID:N4fJMkMRo


泰葉「まぁ、でも……」

P「ん?」

泰葉「終わってみて、私たちもまだまだだな……って思い知りました」

P「んー……うん」

泰葉「もっともっと、上を目指せるんじゃないか、って」

P「……そっか」

泰葉「もっとみんなを楽しませたい。もっと自分たちも楽しみたい……」

泰葉「そんな想いが、どんどん湧いてくるね……なんて、控室で話しました」




8VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/08/22(金) 22:12:56.10 ID:N4fJMkMRo


P「…………」

泰葉「李衣菜の、何事にも挑戦していきたい気持ち……」

泰葉「加蓮の、夢は叶えるためにあると伝えたい気持ち……」

泰葉「それに、私の……誰かを笑顔にしたい気持ち。その全部を持ち寄ったら……」

P「……うん」

泰葉「きっと、どこまででも行ける。……そう信じてるんです」




9VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/08/22(金) 22:17:02.97 ID:N4fJMkMRo


P「……俺だって」

泰葉「はい」

P「俺だって信じてるよ」

泰葉「…………」

P「どこへでも羽ばたいて行けるって。いつも信じてるんだ、俺は」

泰葉「……はい。信じてください、あきれるくらい。もっともっと、見ていてください」


泰葉「私たちのその先を……一緒に!」

P「……ああ!」




10VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/08/22(金) 22:22:35.38 ID:N4fJMkMRo




―――


ブロロンブロロン…


泰葉「……ふふ」


P「ん、どした」

泰葉「いえ……さっきの話、昔の私が聞いたらなんて言うかなって、ふと思ったんです」

P「昔の泰葉かぁ」

泰葉「たぶん、冷たくあしらったりとか、そんなの無理って決めつけたりとか。ふふ」

P「はは……もう随分時間が経ったように感じるなぁ」




11VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/08/22(金) 22:25:57.51 ID:N4fJMkMRo


泰葉「そ、そうでしょうか……」

P「あはは、今のイメージが強いんだよな」

泰葉「……聞いてもいいですか?」

P「うん。いつも笑顔でふにゃってしててかわいい」


泰葉「ふにゃってなんですかふにゃってっ」ペシペシ

P「痛い痛い叩かないで」




12VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/08/22(金) 22:28:29.25 ID:N4fJMkMRo


泰葉「もう」

P「ま、まぁ……ほんと、変わったよ。いい意味でさ」

泰葉「……みんなのおかげです」

泰葉「ずっと前からアイドルに憧れてはいました。……でも、あのときの私は、何も出来なかった」

泰葉「……いえ。どうすればいいか、分からなかったんですね、きっと」

P「……うん」




13VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/08/22(金) 22:31:10.20 ID:N4fJMkMRo


泰葉「誰かの意思に依っていれば、楽でしたから。それとも、逃げていたのかも」

泰葉「臆病だったんです、私」


泰葉「でも、だから……」

泰葉「今、こうして……みんなに出会えたこと。感謝してもしきれないんです」


泰葉「Pさんにも、ちひろさんにも。李衣菜にも加蓮にも……」

泰葉「いっぱいいっぱい、笑顔をもらいました」

泰葉「だから今度は……私の番」


泰葉「いつか、たくさんの人を笑顔にしたいな……ふふっ♪」




14VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/08/22(金) 22:33:43.01 ID:N4fJMkMRo


P「……泰葉……」

泰葉「……あっ、ご、ごめんなさいPさん。私ったら一人で喋って……」


P「今俺が運転してなかったら、お前を思いっきり抱きしめて頭撫でまくってたと思う」

泰葉「え、……えぇ!?」

P「泰葉お前、可愛すぎるよ……。くそぅ、早く事務所着かないかな……!」ソワソワ

泰葉「あ、あのっ……その……う、うぅぅ……!」




15VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/08/22(金) 22:35:11.12 ID:N4fJMkMRo


P「……まぁ、なんだ。泰葉」

泰葉「……はぃ」


P「これからも笑顔でいてくれ。それだけでいい。……ずっと見てるから」

泰葉「……!」


泰葉「はいっ♪」




16VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/08/22(金) 22:37:50.65 ID:N4fJMkMRo


―――
――



ブロロブロンロ…


P「ふー……ようやく見慣れた景色になってきたな」

P「泰葉、ほんとに寝なくて良かったのか?」

泰葉「ええ、平気です。Pさんとお話しできて、疲れも吹き飛びましたから」

P「……ふふ、誰かさんと同じこと言うんだな」

泰葉「え、……ど、どっちですか? どうせ後ろのどっちかでしょうっ?」




17VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/08/22(金) 22:41:18.80 ID:N4fJMkMRo


P「さあなー? あとで聞いてみたらどうだ?」

泰葉「むぅ……。じゃ、じゃあ……Pさんと話すのは幸せですから。これでどうですっ」

P「あはは、なに張り合ってるんだよ」

泰葉「は、張り合ってなんかっ……」

P「負けず嫌いというかなんというか……。ちなみに、それも誰かさんと一緒な」

泰葉「なっ……!?」ガーン


泰葉「Pさんなんかきらいですっ」

P「何故に!?」




18VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/08/22(金) 22:43:03.36 ID:N4fJMkMRo


泰葉「うぅ……」

P「ほ、ほら泰葉。もうすぐ事務所着くぞ」

P「ちひろさんが『単独ライブおめでとうパーティ』やるって言ってたからさ、な?」

泰葉「…………」ツーン

P「はぁ、泰葉ぁ……」




19VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/08/22(金) 22:45:00.92 ID:N4fJMkMRo


泰葉「……さっきのこと」

P「え?」

泰葉「さっき色々話したこと、ここだけの秘密にしてください。私とPさんだけの秘密」

P「う、うん……?」

泰葉「二人に私の想いを伝えるのは、まだ出来そうにないですから。……恥ずかしくて」

P「……ん、了解」




20VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/08/22(金) 22:46:49.85 ID:N4fJMkMRo


泰葉「これから先、ずっと一緒にいられるなら……いつでも話せますしね」

泰葉「……ずっと一緒にいましょう? ね、Pさんっ」ニコッ

P「……ああ、一緒にいようなっ」

泰葉「ふふふっ、はいっ。信じてますから♪」


ブロロロ…





21VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/08/22(金) 22:48:59.27 ID:N4fJMkMRo




P(……さて……)チラッ


李衣菜「…………」ニコニコ

加蓮「…………」ニヤニヤ


P(いつから起きてたか知らないけど、顔を見るに……)

P(泰葉、強く生きろ。たとえイジり倒されようとも……!)


李衣菜「♪」

加蓮「♪」


泰葉「♪」



おわり




22VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/08/22(金) 22:51:54.76 ID:N4fJMkMRo


というお話だったのさ
だりやすかれんの泰葉編ってことでひとつ

北条加蓮「煌めくセカイが鮮やかに」
多田李衣菜「理想なんて飛び越えて」
こっちも合わせてどうぞ




23VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/08/22(金) 22:59:35.17 ID:N4fJMkMRo


イメージソングは『Dramatic daydream』
良かったら聴いてみてね




24VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2014/08/22(金) 23:00:30.06 ID:+KVNxWFno


おっつん



転載元:岡崎泰葉「虹を作っている場所が在る」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1408711505/


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SSモバマスだりやすかれん泰葉加蓮だりーな

(6)

AFTER P「アイドルも結婚したら、変わるかな…」

BEFORE モバP・麗奈「イタズラ大成功!!」

この後むちゃくちゃイジられた展開はよ
[ 2014/08/23 07:38 ] [ 編集 ]
相変わらずこの人は神だな
[ 2014/08/23 11:43 ] [ 編集 ]
最終回かと思ったが、最終回ではなくてよかった
[ 2014/08/23 14:37 ] [ 編集 ]
岡崎先輩が胸に染みる言葉を放つ度にイジられるネタが増えるなあw
[ 2014/08/23 16:20 ] [ 編集 ]
よいな
[ 2014/08/24 01:25 ] [ 編集 ]
タイトルすっごい好き
[ 2014/08/24 14:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

岡崎泰葉「虹を作っている場所が在る」

Copyright © 2018全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto