スポンサーリンク

2014 08/09

【ミリマスSS】永吉昴「オレも甲子園に出たい!」





1VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/08/07(木) 20:12:53.65 ID:lodWpRG30


P「うん? どうした、急に」

昴「ほら、そろそろ甲子園の季節だろ?」
ngyssbr.jpg

P「そうだな」

昴「テレビで予選とか見てたら……こう、体がうずいて」ブンブン

P「出たくなった、と」

昴「ああ!」

P「……」


P「……まぁ、アイドルのオーディションも予選みたいなもんだろ」

昴「何だよその逸らし方!?」









スポンサーリンク




2VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/08/07(木) 20:13:38.77 ID:lodWpRG30


P「今年はどこの優勝だろうな。 そろそろ東北勢、盛○大付あたりに」

昴「話聞いてるのか!?」

P「昴はどう思う?」

昴「え、うーん……東○大相模で」

P「無難だな」

昴「今年は東○大系列が熱いしな!」

P「菅○も惜しかったもんな」

昴「○大三からあんなに打ってたし……」


昴「……って違ーう!」バン




3VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/08/07(木) 20:14:34.56 ID:lodWpRG30


昴「オレが甲子園に出たいって話だよ! オレが!」バンバン

P「昴がねぇ……無理だと思うぞ?」

昴「最初から決めつけてどうするんだよ!」

P「いや、決めつけるも何も」

昴「諦めたらそこで試合終了なんだぞ!」

P「それはバスケだ」

昴「もう決めた、出る、絶対出る!」

P「絶対というかだな……」


昴「……実はさ」

P「ん?」

昴「そのためのプランも練ってきたんだ」スッ

P「おぉ…………一応、聞くだけ聞いておこう」




4VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/08/07(木) 20:15:36.86 ID:lodWpRG30


――――

――


昴「と~れないボ~ルがあ~るものか~♪」ガラガラ


P(なんでドカベン?)

小鳥「あの、プロデューサーさん」
otnsktr.jpg

P「はい」

小鳥「私も参加するんですか? このプレゼン」

P「すいません、1人で捌くのは大変なので」

小鳥「はあ……」

P「30分! 30分だけでも!」

小鳥「…………まぁ、いいですけど?」●REC

P「結構ノリノリですね」




5VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/08/07(木) 20:16:39.10 ID:lodWpRG30


昴「2人とも!」バン

P「おっ、準備出来たか」

昴「まず、『甲子園に出る』ための条件はなんだと思う?」

P「えー……まずは素振りから、とか」

昴「ブッブー!」

P「うわぁい、すごいドヤ顔」

昴「正解は……っ!」キュポン


『甲子園に出る高校にいること!!』


昴「これしか無いだろ!」バン

P「……なんか、哲学的だな」

小鳥「昴ちゃん、変な予備校講師みたいですね」




6VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/08/07(木) 20:17:38.51 ID:lodWpRG30


昴「オレは、いわゆる強豪校への進学を目指そうと思う」

P「甲子園に出れそうな高校を目指す……となると、○弁和歌山とかか?」

小鳥「最近なら聖○学院も手堅いですね」

昴「……いや、県外には行かない」

P「ほう?」

小鳥「野球留学には賛否ありますからね……」

昴「なぜならっ!」キュポン


『トップアイドル!!』


昴「アイドル活動との両立が必要だからだ!!」バン

P「アイドルも続けるのか……」

小鳥「二刀流ですね」




7VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/08/07(木) 20:18:50.81 ID:lodWpRG30


P「なら東京か……激戦区だなぁ」

小鳥「○大三とかが安定してるんですかね?」

P「うーん……でも、昴が入れるかというと……」

昴「そう、最大の問題はそこなんだ」キュポン


『スポーツ推薦を勝ち抜く!』


昴「甲子園常連レベルになると、相当すごいやつらが集まってくるからな……」

P「いや、そもそも」

昴「集まってくるからな!」

小鳥「一般入部じゃだめなの?」

昴「アイドルとの両立を考えると、推薦での特別待遇が欲しいんだよ」

P「……それで、か」

昴「その中をオレが勝ち抜くためには……何か『一芸』が必要だと思う」




8VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/08/07(木) 20:19:41.60 ID:lodWpRG30


小鳥「一芸……足が速い、とかですか?」

P「それも1つですね」

昴「ああ。 体格で劣っても、何か光るモノがあればチャンスはあるはずだ!」キュポン

P「昴の持ち味って言うと……変化球?」

小鳥「七色のムービング、とかですか?」

P「それは別の漫画です」


『スライダー』


昴「スライダー……これが、オレの武器だっ!!」バン

小鳥「……なんか地味ですね」

P「小鳥さん、全国のスライダーPを敵に回しますよ」




9VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/08/07(木) 20:20:34.66 ID:lodWpRG30


昴「そのスライダーが評価されて、オーディションを無事通過できたとする」

小鳥「急に飛びましたね」

P「オーディション言っちゃってるしな」

昴「1年目、オレがするべきことは何だ?」

小鳥「帽子を右目のところだけ割る、とか」

昴「それは不知火だ!」

P「ドカベンはもういいだろ!」

昴「……とにかくっ!」キュポン


『身体作り!!』


昴「まだ試合じゃ投げれないだろうから、しっかりとした身体を作る!」バン




10VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/08/07(木) 20:21:41.04 ID:lodWpRG30


小鳥「まず、大量にご飯を食べるのが大変らしいですよね」

P「……なぁ、嫌な予感がするんだが」

昴「これは美奈子に協力してもらう!」

P「やっぱり!」

小鳥「栄養が偏りそうですね……」

昴「それは気を付けてもらう!」

P「でも、あんまり太られるとアイドル業にも影響するぞ」

昴「大丈夫だって、体重は増やすけど筋肉だし」

小鳥「ガチムチ系アイドル……逆にアリですね」

P「完全に売り出す方針変えることになりますけどね」




11VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/08/07(木) 20:22:31.77 ID:lodWpRG30


昴「それで、いよいよエースを目指すんだけど――」ペラペラ



ガチャッ

七尾百合子「ただいま戻りましたー」
nnoyrk6.jpg


P「お疲れ……って、アレ? 百合子?」

小鳥「百合子ちゃん、もしかして今レッスン終わり?」

百合子「そうですけど……」

P「いつの間にかそんな時間に……恐るべし、昴」

百合子「昴さん?」



昴「空振りがとれる、三振がとれる左投手っていうのは――」ペラペラ


百合子「…………えっと、昴さん?」

P「まぁ、混乱してもしょうがないか」




12VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/08/07(木) 20:23:40.89 ID:lodWpRG30


――――

――


百合子「なるほど、甲子園に」

P「この手の妄想は百合子の得意分野じゃないのか?」

百合子「そうですね……この間、カンパネルラカバディでプレデターと戦っ」

P「そうか、路線が違うのか」

百合子「野球は……夜光虫なら読んだことありますけど、あまり詳しくなくて」

小鳥「それはダメよ百合子ちゃん、今度私の岩鬼×山田本を」

P「やめて下さい」


昴「それで一軍に入るために…………おっ、百合子!」

P「今気付いたのか……」

昴「ちょうどよかった、ちょっと手伝ってくれよ!」ポン

百合子「へっ?」




13VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/08/07(木) 20:24:45.78 ID:lodWpRG30


――1時間後――


百合子「ちょっと、昴!」タッタッ

昴「何だよ」

百合子「なんでサインに従わないのよ! 山田は敬遠、そう確認したでしょう!?」

昴「気が変わった。 やっぱり勝負だ」

百合子「リスクが大きすぎるわ!」

昴「……分かってるよ」

百合子「だったら!」

昴「それでも!!」グイッ

百合子「……~~っ///」


昴「オレはエースだ。 ここで逃げる訳には……いかないんだよ」


百合子「昴……」



P(なんだこれ……)●REC

小鳥「」




14VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/08/07(木) 20:25:37.05 ID:lodWpRG30


昴「――と、こうして、無事に甲子園出場を決めるってわけだ。 サンキュー百合子!」

百合子「ぁ、え、ハイ、喜んでっ!」

昴「なんだそりゃ、変なの」



P(まさか、1時間もあんなの見せつけられ続けるとは思わなかった……)

小鳥「」

昴「プロデューサー、どうだった?」

P「ああ、よかったよ。 特に後半は永久保存版だ」

百合子「と、撮ってたんですか!?」

昴「そうじゃなくて、オレの計画だよ! 行けると思う? 甲子園」

P「……」




15VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/08/07(木) 20:26:32.92 ID:lodWpRG30


P「そうだなぁ……思ったより、しっかり考えられてたな」

昴「へへっ、そうだろ?」

P「なぜか決勝の相手が明訓だったりとか、ツッコミどころはあったけど」

小鳥「それは私のアイディアです!」ガバッ

百合子「小鳥さん、まだ安静にしてて下さい!」


P「……でもな、昴」

昴「うん」

P「お前のプロデューサーとしては、その計画は認められない」

昴「うん…………え?」




16VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/08/07(木) 20:27:42.68 ID:lodWpRG30


昴「なんでだよ! 今、しっかり考えられてたって」

P「ああ。 ……非現実的な妄想としては、な」

昴「っ……」

P「具体的な目標を立てるのはいいが、ちょっと現実味に欠けてるよ」

昴「……理由は」

P「まず、高野連の規定で女子は公式戦に出れない」

P「アイドルとの両立だって厳しいだろう。 結局、どっちつかずになるのがオチだ」

百合子「ちょっと、そんな言い方って……!」

P「……」

昴「……」




17VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/08/07(木) 20:28:40.54 ID:lodWpRG30


昴「…………いいだろ、夢見たって」

P「……」

昴「知ってたよ、女子が試合に出れないことなんてさ。 両立の難しさだって分かってる」

P「……そうか」

昴「それならオレが変えてやる! 甲子園出て、トップアイドルにだってなってやる!!」バン


昴「そう……思ったって、いいだろ…………!」


百合子「昴さん……」

P「……」




18VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/08/07(木) 20:29:30.39 ID:lodWpRG30


P「……そうか。 そこまで決意が固いなら、俺から言えることは無い」

昴「じゃあ……!」

P「昴、今度のオフは金曜だったよな?」

昴「え?」



P「それなら、『現実』ってものを――――教えてやろう」



――

――――




19VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/08/07(木) 20:30:43.13 ID:lodWpRG30


ブロロロロロ


P「おーい、着いたぞー」

昴「うーっす」

百合子「……」

P「どうした百合子、酔ったか?」

百合子「……あの、どうして私も呼ばれてるんですか?」

P「百合子も今日オフだし、ちょっと手伝ってもらいたくてな」

百合子「私、スポーツは苦手なんですけど……」

昴「そう言うなって! 昨日みたいに頼むぜ、百合子」ポンポン

百合子「ひゃっ……う、うん」

昴「?」



百合子(この2人の野球対決……なんて、私が手伝えることあるのかな……?)




20VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/08/07(木) 20:31:44.17 ID:lodWpRG30


昴「ここは許可取ってんの?」

P「あぁ、市に予約を取ってある。 あんまり良いグラウンドじゃないけどな」

昴「ちょっと狭いけど……まぁ、土は悪くないな。 マウンドもあるし」

百合子「私たちで貸し切ってるんですか?」

P「そうだな……もう1人呼んでるけど」

百合子「えっ?」



高槻やよい「おはようございますーっ!」タッタッ
tktkyyi14.jpg

P「おはよう、悪いなオフなのに」

やよい「気にしないで下さいっ! 一度、昴さんの球を受けてみたかったので!」

昴「やよい……そういえば、野球好きなんだったな」




21VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/08/07(木) 20:32:38.15 ID:lodWpRG30


P「それじゃ、全員揃ったところでルールを説明しよう」

やよい「うっうー! お願いしますー!」


P「ルールって言っても簡単で、昴が投げて俺が打つ。 1打席対決だ」

百合子「確か、野球って9人でやるんじゃ?」

P「正式にはそうなんだけど、さすがにそこまでの人数は集められなかった」

昴「やよいがキャッチャーやるのか?」

P「ああ。 ついでにストライクの判定もやよいに任せる」

やよい「わかりましたーっ!」


百合子「……あの、私は」

P「百合子は、ネット裏で撮影とスピードガンを頼む」

昴「スタンドでなんか祈ってる女子高生役も」

P「それ要るか?」




22VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/08/07(木) 20:33:35.48 ID:lodWpRG30


パシッ  パシッ


昴「やよいは野球やってたのか?」

やよい「いえ、たまに弟とキャッチボールするくらいですー」

昴「ほほー」

やよい「昴さんはどれくらいやってるんですか?」

昴「うーん……分かんないな。 気付いたら、ボール投げてたよ」

やよい「はえー、すごいです!」

昴「そ、そうかな……」

やよい「そうですよ! 球も速いですし!」

昴「そうかぁ……なんか照れるな。 よし、サイン確認しようぜ、サイン!」

やよい「はいーっ!」




23VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/08/07(木) 20:34:46.45 ID:lodWpRG30


ポスッ  ポスッ


百合子「プロデューサーさんは野球やってたんですか?」

P「ああ、実はな」

百合子「甲子園とか出たんですか?」

P「うーん、惜しかったんだけどな。 四回戦で負けたよ」

百合子「それってそんなに惜しくないんじゃ……あっ」ポロッ

P「百合子は、普段キャッチボールとかしないのか?」

百合子「いえ、まったく……」

P「昴なら、頼めばやってくれると思うぞ」

百合子「え、な、なんで昴さんが出てくるんですか!」ポロッ

P(かわいい)




24VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/08/07(木) 20:35:46.20 ID:lodWpRG30


P「――さて、始めるか」

昴「なぁ、ビヨンドは卑怯じゃねぇか?」

P「筋力が衰えてるんだ、許してくれ」

百合子「ビヨンド?」

昴「ボコーンって感じのバットだよ」

百合子「ボコーン……??」


P「やよい、防具のサイズは大丈夫か?」

やよい「はいーっ! ピッタリです!」

P「そうか、よかった」

昴「どこから借りたんだ? 私物か?」

P「マイ防具なんて買えるか……知り合いのチームからだよ」




25VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/08/07(木) 20:36:45.88 ID:lodWpRG30


やよい「プレイボール!」


昴「……」ザッ

昴(絶対に、勝つ)

昴(そして認めさせてやる……オレの夢を)


P「……」ザッ

P(感覚は、徐々にだが戻ってきている)

P(フフ……大人気なくいくぜ、昴よ)


百合子「……」●REC

百合子(……もしかして)

百合子(これが、スポーツ漫画特有の長考なのかな……)




26VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/08/07(木) 20:37:21.28 ID:lodWpRG30


やよい「……」スッ

昴「……」

P「……」


昴「…………っらぁ!」ビシュ

P「……!」


ググッ

P(来た……予想通り、スライダー!)

P(まだ初球だが、貰っ――)

グググッ

P「!?」


バコーン




27VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/08/07(木) 20:38:36.19 ID:lodWpRG30


P「な…………っ」

P(消えた……!? いや、それほど変化が大きかったのか!)


やよい「ごめんなさい、弾いちゃいましたーっ」

昴「大丈夫大丈夫、いきなり捕れっていうのが難しいし」

やよい「振り逃げってあるんですか?」

昴「まぁ、さすがに振り逃げで勝ちにされることは無いだろ」


P(……なるほど)

P(どうやら、俺は昴を甘く見過ぎていたようだ)

P「……」ザッザッ

昴「……へっ、良い眼つきしやがって」




28VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/08/07(木) 20:39:26.38 ID:lodWpRG30


やよい「……」スッ

P(今のスライダーは、俺に強烈なイメージを残した)

昴「……」

P(それを生かしてくるなら――)


昴「…………っらぁ!」ビシュ

P「……」


P(――ストレートッ!)


ボコッ




29VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/08/07(木) 20:40:26.69 ID:lodWpRG30


やよい「ファール! ファールですーっ!」


P「……」

P(読みは合っていた。 差し込まれたか……いや)

P(まさか……カットボールか?)


昴(オレの持ち球がスライダーだけ、だなんて言った覚えはないぜ)

P(次の球が読めない……まずいな、初球から狙い過ぎたか)

昴(初見でほとんど情報がない以上……読まれにくいオレが有利!)



百合子(モノローグ長話……)




30VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/08/07(木) 20:41:33.34 ID:lodWpRG30


P(0-2……昴も、焦って決めには来ないはずだ)

やよい「……」スッ

昴「……」

P(ボールになるスライダーか、高めの釣り球か)

P(ここは思い切って――捨てる!)


昴「…………っらぁ!」ビシュ

P「!」

P(速……いッ)

ズバーン



やよい「……ボール!」




31VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/08/07(木) 20:42:35.35 ID:lodWpRG30


昴「……ちぇっ、惜しいな」

P(アウトローの、ストレート……だと)

P(なんつー球を……しかも、フォームに変化が無かったぞ)


昴(やっぱり、ストレートのコントロールはいまいちだな)

昴(うまいこと振ってくれるかと思ったけど、そう甘くはいかねーか)


P(……いや、打てない球速じゃなかった)

昴(決めるなら――)

P(警戒すべきは――)



P・昴(――――スライダー!)



百合子(116km/h……相場が分からない)




32VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/08/07(木) 20:43:39.36 ID:lodWpRG30


P「……」ザッ

昴「……」

昴(前に立った……スライダーの曲がりばなを叩こうってか?)

P(恐らく、さっきのが昴の最高球速……ここでも、振り遅れることは無い)


やよい「……」スッ

昴(……でも無駄だぜ、プロデューサー)

昴(分かってたって打てない……決め球ってのは、そういうもんだろ!)


P「……」

P(分かってるさ……昴のスライダーは化物だ)

P(だけど……だからこそ……)




33VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/08/07(木) 20:44:28.63 ID:lodWpRG30


昴「……」


P(俺はお前を…………信じる)




昴「…………っらぁあ!」ビシュッ




パコーン




34VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/08/07(木) 20:45:26.79 ID:lodWpRG30


百合子「……!」ガタッ


P「……」

昴「っ……!」





やよい「あっ……」

やよい(レフト線……打球が切れて……)



ガシャーン パリーン



百合子(そのままフェンスを越えて……民家に…………)

P「…………やべ」




35VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/08/07(木) 20:46:49.35 ID:lodWpRG30


P「すいませんでしたぁあーっ!!」ゲザー

老婆「あらあらいいのよ、気にしなくて」

P「申し訳ありません! 765プロで窓は弁償致しますので!」

老婆「あら~」



やよい「これって、スキャンダルになっちゃうんでしょうか……?」

昴「ったく、だからビヨンドは止めとけって言ったんだ」

百合子「……」

昴「……なんだよ、百合子?」

百合子「…………あ、いやっ、なんでも」

昴「? 変なの」




36VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/08/07(木) 20:47:27.79 ID:lodWpRG30


P「いやー、すまんすまん、無駄に飛ばしすぎた」

やよい「大丈夫でしたか?」

P「ああ、お婆さんが優しい人で助かったよ。 保険に入ってるから弁償はしなくていいって」

百合子「まぁ、グラウンドの隣ですし……」



P「それじゃ、再開するか! 昴、肩冷えてないか?」

昴「……いや、もういいよ」

P「え?」

昴「この勝負…………オレの負けだ」




37VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/08/07(木) 20:48:25.21 ID:lodWpRG30


やよい「でも、まだ勝負は……」

昴「プロデューサー。 最後のスライダー、どうやって打ったんだ?」

P「そうだな……俺、初球がひどい空振りだったろ?」

百合子「確かに……」

P「だから、また同じコースで攻めてくるんじゃないかと思ってさ」

昴「ヤマを張ってた?」

P「そんな感じかな」

昴「……そうか」


やよい「でも、同じコースに投げられる昴さんもすごいですーっ!」

P「そうだな。 打てたのはたまたまだ」

昴「……」




38VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2014/08/07(木) 20:48:44.87 ID:l3KNVuIAO


さらりと経費にしようとしたなP




39VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/08/07(木) 20:49:34.64 ID:lodWpRG30


昴「オレ、最後に投げたときに思ったんだ。 これ以上ないところに決まった、って」

P「……」

昴「でも打たれた。 ほとんどホームランだ」


昴「……プロデューサーの言ってた『現実』ってのが、なんとなく分かったよ」

百合子「……」

昴「甲子園だーっとか騒いでたけど……結局、無理なんだ。 オレに、それだけの力は無い」

やよい「昴さん……」


P「……」




40VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/08/07(木) 20:50:37.02 ID:lodWpRG30


P「…………なぁ、昴」

昴「え?」

P「今日、俺が百合子に撮影とかを頼んだのは何でだと思う?」

昴「……分かんね」

P「今日の映像と、それからスピード。 知り合いに見せようかと思ってるんだ」

やよい「私の防具を借りたチームの人ですか?」

P「ああ。 ……女子野球のプロ球団だ」

昴「!」

百合子「プ、プロ!?」



P「昴。 女子野球、やってみないか?」




41VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/08/07(木) 20:51:42.23 ID:lodWpRG30


昴「じょ、女子野球……って」

P「百合子。 今日の昴の最高球速は?」

百合子「えっと、116km/hです」


P「今の女子プロ野球の平均球速は、大体110km/h前後らしい」

百合子「……!」

P「平均球速と比べてもしょうがないが、少なくとも現時点でプロレベルの球速があるってことだ」

やよい「おおー……!」

P「それに、あのスライダーもある。 将来はエースになれる素材だと俺は思う」




42VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/08/07(木) 20:52:30.21 ID:lodWpRG30


昴「……なぁ」

P「ん?」

昴「その場合、アイドルはどうなるんだ?」

P「…………正直なところ、難しいな」

昴「……そうか」

P「ただ、それは歌って踊るアイドルとして売り出す場合だ」

昴「えっ?」

P「昴が真剣に野球を続けるなら、タレントの活動が主になる」

百合子「スポーツ選手としてバラエティに出る、ってことですか?」

P「ああ。 ……これも、色々と調整が難しいけどな」




43VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/08/07(木) 20:53:25.18 ID:lodWpRG30


P「昴は可愛いからな。 きっと人気が出るだろう」

昴「か、かわっ……!?」

百合子「ふふっ、そうですね」

昴「百合子まで!?」


P「……ただ、これも1つの案に過ぎない」

昴「……」

P「野球とアイドル。 どちらかを諦めろっていうのは、酷な話だ」

P「この先、どうしていくか……その判断は昴、お前に任せるよ」

昴「……分かった」



P「さっ、帰るぞ! ジャグ持ってきたから水分摂れよ!」ポンポン

昴「部活か!」



――

――――




44VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/08/07(木) 20:54:35.33 ID:lodWpRG30


テレビ『開幕戦は龍○大平安と春○部共栄の――』



P「ついに開幕か……やよい、どこが優勝すると思う?」

やよい「そうですねー、日大○ヶ丘を応援します!」

P「へー、どうして?」

やよい「あそこは、キャプテンの名前が浩太朗なんです! うっうー!」

P「そうか……そういうのもあるんだな」


百合子「海○と武○館がイイですね!」

P「字面の格好良さだろそれ! ……小鳥さんはどう思います?」

小鳥「そうですね……帝○・前田監督×日大○・小倉監とk」

P「怒られますよ! っていうかどっちも甲子園出てないし!」




45VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/08/07(木) 20:55:35.78 ID:lodWpRG30


P「東○大相模と盛○大付……見たいな、録画しようかな……」ブツブツ


百合子「プロデューサーさん、なんかソワソワしてません?」

小鳥「昴ちゃんを待ってるんじゃない?」

P「してませんよ! ソワソワなんて!」

小鳥「してるじゃないですか……」

P「確かに、昴がどういう道を選ぶのかは気になりますけど……何にせよ、俺はその選択を全力でサポートするだけですから」

百合子「いつもより饒舌ですね」

やよい「ぜっこーちょー! いぇい!」パァン

P「なんだそれ!」



ガチャッ

昴「……」




46VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/08/07(木) 20:56:51.85 ID:lodWpRG30


P「おっ、昴!」

昴「……」ザッザッ

P「……決めたか?」

昴「…………ああ」







昴「オレ…………メジャーに行きたい!!」

P「無理」


おわり




47VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/08/07(木) 20:58:17.00 ID:lodWpRG30


以上です。読んで下さって、ありがとうございました。


昴と百合子と甲子園観に行きたい




48VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2014/08/07(木) 21:00:21.34 ID:l3KNVuIAO






49VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2014/08/07(木) 21:07:28.28 ID:OJAnSJbOo


乙っした
116で遅いのかと思ったが速いのか




50VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2014/08/07(木) 21:42:24.60 ID:TBw3qbdCO


女でストレートが116km/hなら相当速い
しかも昴はまだ15歳だし
何年か前に外人の女が大学野球で投げて話題になったけど、
最速で110km/hも出てなかった



転載元:【ミリマスSS】永吉昴「オレも甲子園に出たい!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1407409963/


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SSグリマス百合子やよい

(8)

AFTER ありす「橘流イタリアンの!」 桃華「リベンジですわ!」

BEFORE 杏「杏・輝子・小梅のシンデレラジオ 第72回」

某動画で昴のこと知ったけどほんと好き
さばさばしてるのに女の子らしさがあって良いよね
[ 2014/08/09 14:53 ] [ 編集 ]
それな
オシャレとかにも人並みに興味はあって可愛い服着るのも楽しんじゃうし、球場みたいな男臭いところも行きたいって言ってくれる
男の理想だわ、すばるんマジかわいい
[ 2014/08/09 22:20 ] [ 編集 ]
特にラノベだとスポーツ少女ヒロインは無駄に熱い体育会系にさせられたり、
不必要にガサツな性格や理不尽暴力系にされるから萎えるんだよなぁ~
スポーツ大好きだけど身嗜みやオシャレにも気を使ってちゃんと女の子してるすばるん大好き
[ 2014/08/09 23:40 ] [ 編集 ]
可愛いのに男っぽいというのは何だろうな
真ともまたタイプは違うし
[ 2014/08/10 07:44 ] [ 編集 ]
涼ちんは・・・
[ 2014/08/10 13:17 ] [ 編集 ]
昴は男の子に混じって遊んでた子が思春期の入り口に立ったみたいな感じだと思う
これから雨に濡れた上着を脱いで上半身裸になったPを見て赤面したりするようになるピヨ
[ 2014/08/10 23:59 ] [ 編集 ]
↑小鳥さん帰りますよ
[ 2014/08/12 21:39 ] [ 編集 ]
なお現実で最速137km/hの直球、カーブ・チェンジアップ・カットボールを武器にする18歳左腕の女が現れた模様。詳しくはサラ・ハデクで。
[ 2015/04/28 11:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

【ミリマスSS】永吉昴「オレも甲子園に出たい!」

Copyright © 2020全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto