スポンサーリンク

2012 05/14

P「伊織を殴り続けてみた」



1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/13(日) 23:29:50.36 ID:w/AJ4f9e0


P「はじめはいつものような強気で」

伊織「なにするのよ!」

P「とか言ってたけど次第に」

伊織「や、辞めて…」

P「と言い出し、ついには」

伊織「あんたの言うことなんでも聞くから…」

P「と、泣き出し」

P「更に殴り続けたが面倒になって辞めたら」

伊織「もっと…もっと殴ってぇ」

P「と、意味がわからないことを言われた」



そんな妄想をした




スポンサーリンク




5以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/13(日) 23:38:17.24 ID:w/AJ4f9e0


P「次に千早の胸を軽くつねってみた」

P「そしたらはじめは」

千早「な、なにするんですか!」

P「と、当たり前のように怒られ通報されかけたが」

P「更につねってみたら」

千早「プ、プロデューサー…これにはなんの意味が」

P「って言ってきたから無言で更につねってみた、そしたら」

千早「…」

P「千早も無言になったが痛そうな表情をしてたからつねるのを辞めた」

P「そしたら」

千早「…くっ」

P「と、悔しがってた」

P「千早可愛い」





6以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/13(日) 23:39:31.31 ID:Iv2bOEZ50


ちーちゃんかわいい





13以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/13(日) 23:48:31.76 ID:w/AJ4f9e0


P「春香が珍しくリボンをしていなかった」

春香「プロデューサーさん」

P「と、話しかけられたが無視をしてみた」

春香「あれ?聞こえてないのかな…プロデューサーさん!」

P「と、今度は声を大きくしてきたが更に無視を続けた」

春香「…クッキー作ってきたのになぁ」

P「と、はっきり聞こえるように言われたから」

P「あー、さっき音無さんにもらったクッキー美味かったなと言ってみた」

春香「プロデューサーさんの馬鹿…」

P「と、泣き出したからクッキーを一つもらい新しく買っておいたリボンを春香にプレゼントした」

P「春香可愛い」





19以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/13(日) 23:56:02.93 ID:w/AJ4f9e0


P「貴音が気持ち良さそうにうつ伏せで寝ていたから、尻を叩いてみた」

貴音「あ、貴方様何を!」

P「と、叩かれた痛みで起きたが構わず叩いた」

貴音「あ、貴方様…何故お尻を」

P「と、言われたから一言…お尻ちんと言ってみた」

貴音「…め、面妖な」

P「声が出ないくらい恥ずかしくなったらしいので辞めてあげることにした」

貴音「何故…」

P「と、言われたが手首が痛くなったからだ」

貴音「貴方様はいけずです」

P「と、言われた時はキュンとした」

P「尻枕してもらいたい、貴音可愛い」





20以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/13(日) 23:56:42.70 ID:OITyidYc0


よくわかってるじゃない





22以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/13(日) 23:59:20.98 ID:U3zSVnCj0


おしりちんかわいい





25以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/14(月) 00:12:03.36 ID:n4J5+Pm80


P「響が小さな体なのに激しく踊っていた」

P「今日もよく胸が揺れるなと言ってみる」

響「ダンスするときには邪魔だぞー」

P「どうやらまだセクハラには気づいていないようだ」

P「支えてやろうか、と言ってみた」

響「ん?どこをだ?」

P「彼女はアホなのだろうか…胸だよ」

響「…」

P「ようやく理解したようで耳まで真っ赤にしてあたふたしていた」

響「プロデューサー…プロデューサーはやっぱり変態だぞ!」

P「と、大きな声を出されたので手で口を塞いで耳元で、そんな完璧なお前が好きだよと言ってみた」

響「…じ、自分完璧だからさっきのセクハラ見逃してあげるさぁ」

P「と言った、ちょろいな」

P「ちょっと単純な響可愛い」





28以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/14(月) 00:16:15.99 ID:+hJWNkXX0


なんか伊織だけかわいそうなんだが
目覚めちゃったみたいだからいいのかww





29以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/14(月) 00:27:14.04 ID:n4J5+Pm80


P「やよいが給料日前でいろいろ辛そうにしてた」

やよい「はぁ…早くお給料はいらないかなぁ」

P「とつぶやいていたので気付かれないようにでベロチョロにお金を少し入れておいた」

やよい「…これ、でも」

P「と、困惑していたのでどうした?と聞いてみる」

やよい「知らない人がベロチョロにお金入れてくれたみたいです」

P「しかし、やよいは浮かない顔だったのでさらに聞いてみた、お金貰ったのなら使えばいいじゃないか」

やよい「手紙も入っててそう書いてありましたけど…」

P「けどどうしたのかと聞いてみる」

やよい「嬉しれすけどなんだか申し訳ないなぁって…プロデューサー!これ交番に届けておいてください」

P「と、言われた」

P「その日やよいにゴージャスプリンを奢ってあげた」

P「いろいろとキツいのに他人の優しさに甘えないやよい可愛い」





30以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/14(月) 00:28:44.19 ID:tc3BjNxs0


さすが>>1
やよいをいじめないとは分かってるな





31以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] :2012/05/14(月) 00:28:57.05 ID:22Y0cKfa0


やよいは良い子だなぁ





34以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/14(月) 00:35:18.75 ID:n4J5+Pm80


P「真が珍しくスカートを履いてきた」

真「プロデューサーどうですか?似合いますか?」

P「正直パンツ姿の真ばかり見ていたのでスカートに違和感があったが可愛いと言っておいた」

真「やっりー!プロデューサー、これからも毎日履いてきますね!」

P「選択を間違えたらしい、だがこれもよしと思い…明日はもっとフリフリのを履いてこいよと言ってみた」

真「やっぱりフリフリですよね!」

P「と、乗り気だったので本音を言った…いつもの真の方が可愛くて大好きだな」

真「だ、だいす…」

P「大好きと言う言葉が不意打ちだったらしく口をパクパクさせながら悶えていた」

P「まっこまっこりーん!僕っ娘の真可愛い、スカートもいいけどパンツもね」





37以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/14(月) 00:46:55.38 ID:n4J5+Pm80


P「美希がハニー大好きと言ってきた」

P「だから、あぁ、俺も好きだぞハチミツと言ってみた…もちろん美希は」

美希「ミキが言うハニーはそう言う意味じゃないの!」

P「といってきた、だからどういう意味なんだ?と聞いてみた」

美希「それはハニーのことなの…」

P「さっきと変わっていない、そしたら」

美希「ハ、プロデューサーが大好きなの…」

P「と、プロデューサーと呼んできただから俺も美希が大好きだよと言ってあげた」

美希「…ハニー愛してるの!」

P「愛してるにランクアップされてしまった」

P「ミキミキマジミキミキ」





38以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/14(月) 00:47:38.70 ID:CeJouPJpi


構わん続けろ





40以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/14(月) 00:53:27.49 ID:n4J5+Pm80


P「あずささんに運命の人見つかりましたかと聞いてみた」

P「するとあずささんは」

あずさ「まだなんですよ〜」

P「と、こっちをチラチラ目で訴えながら言ってきた」

P「だからもしかしたら運命の人なんていないのかもしれませんねと言ってみた」

あずさ「そうですよね、もう歳ですもんね…」

P「そうそう、貰い手が見付かったら奇跡ですよと言ってみる」

あずさ「…」

P「あずささんは涙を浮かべていたが、すかさず貰い手が見付からなかったら俺のところにきませんか?と言ってあげた」

あずさ「…いいんですか?」

P「はい、奇跡が起こりましたねと言ってみた…臭かったかな?」

P「あずささんはまだ21歳めっちゃ若いのにBBA扱いする奴なんなの?可愛い」





44以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] :2012/05/14(月) 00:58:58.74 ID:22Y0cKfa0



>>40
>P「あずささんはまだ21歳めっちゃ若いのにBBA扱いする奴なんなの?可愛い」




  `¨ − 、     __      _,. -‐' ¨´
      | `Tーて_,_` `ー<^ヽ
      |  !      `ヽ   ヽ ヽ
      r /      ヽ  ヽ  _Lj
 、    /´ \     \ \_j/ヽ
  ` ー   ヽイ⌒r-、ヽ ヽ__j´   `¨´
           ̄ー┴'^´






45以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/14(月) 00:59:47.42 ID:n4J5+Pm80


P「雪歩のシャベルを奪ってみた」

P「どうだ、穴が掘れなくて悔しいだろと言ったら」

雪歩「まだスコップがありますぅ」

P「と小さいスコップをチラチラみせてきた、でもそんなんじゃ掘れないだろっと言ったら」

雪歩「そ、そんなことないです!」

P「と、頬を膨らませながら訴えてきた」

雪歩「これでも掘れるって証明してみせますぅ」

P「だが、ダメダメそんなんじゃお前が怪我しちゃうだろと言っておいた、ついでにシャベルも返した」

雪歩「これで穴掘って埋まれますぅ!」

P「はぁ、俺は穴を掘れるよりお前に惚れたよと言ってやった」

雪歩「やっぱり穴掘って埋まってますぅ」

P「とうやっぱり穴を掘って埋まろうとしてしまった」

雪歩「穴掘る雪歩可愛い」





48以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/14(月) 01:02:52.81 ID:BwAb+dNV0


雪歩どうした





49以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/14(月) 01:04:13.33 ID:QDrbZzZf0


雪歩自分で言うなよwww





52以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/14(月) 01:07:02.67 ID:xLb8xNxV0


これはナルシストな雪歩





53以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/14(月) 01:07:37.60 ID:n4J5+Pm80


P「亜美に真美と言い続けてみた」

P「お、真美今日は仕事ないのに出掛けるのか?」

亜美「兄ちゃん、真美じゃないよ?」

P「もちろん知っているが続けて、仕事ないなら早く帰れと言ってみる」

亜美「今から竜宮の仕事だもん…」

P「それも知ってる、が、なに言ってるんだ竜宮は亜美だろ」

亜美「だから亜美だもん…」

P「涙を浮かべてきた」

亜美「兄ちゃんなんか知らない!」

P「亜美、気をつけて仕事行ってこいよ、お前が帰ってくるの待ってるからなと言っておいた」

亜美「兄ちゃんの馬鹿…今夜は返さないんだから!」

P「といって仕事に行った、中1女子に今夜返さないとか言われたのは初めてだ」

P「亜美、可愛い…」





56以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/14(月) 01:12:30.91 ID:n4J5+Pm80


P「真美が思春期だと亜美から聞いた」

P「真美、一緒に買い物行かないか?と聞いたら」

真美「に、兄ちゃん…今日は遠慮しておくよ」

P「と、言われた…何故かと聞いてみた」

真美「え、えっと…特に意味はないんだけど…」

P「理由になってない!と強く言ってみた、すると」

真美「く、クラスの…友達に見られたら……彼氏って思われるかも」

P「いやなのか?と聞いてみた」

真美「いやじゃないけど兄ちゃんに迷惑かなぁって…」

P「だから言ってあげた、真美の彼氏になってもいいぞ」

真美「!」

P「真美は顔を真っ赤にして硬直した」

P「真美、可愛い…」





59以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/14(月) 01:17:27.17 ID:n4J5+Pm80


P「律子がプロデューサー業について愚痴をこぼしてきた」

P「そんなに辛いか?と聞いてみた」

律子「辛いわけじゃないんですけど上手く行かないと言うか…」

P「確かにお前には才能ないからなと言ってあげた」

律子「ぷ、プロデューサー!言っていいことと悪いことがありますよ!」

P「と、最もな意見で怒られた」

律子「ホントこんな人が同僚だなんて信じられません!」

P「まだ怒っているらしかったので言ってあげた、俺がお前だけのプロデューサーになってやるよ」

律子「…ホントこんな人が同僚だなんて信じられません」

P「と、照れながら言っていた」

P「歌って踊れるプロデューサー律子可愛い」





60以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/14(月) 01:20:19.63 ID:xPk9OUyF0


P臭さいなwwww





62以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/14(月) 01:21:42.49 ID:7aUI6eGZ0


だんだんとPがホストみたいになってきてるぞ





63以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/14(月) 01:22:15.46 ID:J8y17Qm/0


なにこの路線変更
もっとやれ





64以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/14(月) 01:22:25.98 ID:n4J5+Pm80


P「音無さんが妄想にふけっていた」

小鳥「…えへへ、やっぱりいいなぁ」

P「また妄想ですか?そんなんだから結婚できないんですよと言っておいた」

小鳥「いいんですよ…どうせもう婚期逃してますから」

P「と、少し焼けになっていたのでいい男紹介しましょうかと言ってあげた」

小鳥「お、お願いします!」

P「食いついてきた、さすが小鳥…その人のヒントを教えてあげた」

小鳥「私の知り合い…近くに…わからないです」

P「妄想で脳みそ腐ったのだろうか、俺ですよと言ってあげた」

小鳥「い、今すぐ婚姻届出しに行きましょう!」

P「さすが、行動が早い」

P「小鳥さん事務員可愛い勿体ない」





65以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/14(月) 01:22:27.23 ID:edZ/zTuQ0


伊織だけひどすぎワロエナイ





67以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/14(月) 01:24:34.31 ID:qWPhYM5b0


いおりんはもう一回やってくれるはず





70以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/14(月) 01:27:17.56 ID:n4J5+Pm80


まなみ「愛ちゃんがうるさい」

まなみ「愛ちゃん、もう少し声のボリュームをと言ってみた」

愛「え?なんですか?おはよーございまーす!」

まなみ「心を鬼にして言った、うるさい」

愛「…ご、ごめんなさい」

まなみ「わかればいいよと言ってあげる」

愛「あ、えっと…

まなみ「いつもと勝手が違うからどうすればいいか迷ってるから聞いてみた」

愛「あの…落ち着かなくて…」

まなみ「そうだよね、私もだよ…やっぱりいつもの愛ちゃんがいいねと言ってあげた」

愛「まなみさんありがとー!まなみさん大スキー!」

まなみ「やっぱりうるさかった」

まなみ「けど愛ちゃん可愛い」





72以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/14(月) 01:28:57.43 ID:oV2wOdpCi


876はまだかと言おうとしたら始まってた
>>1は出来る子かわいい





75以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/14(月) 01:33:39.05 ID:n4J5+Pm80


P「いおりのデコもとい頭をなでてみた」

伊織「…ねぇ、なにしてるの」

P「で、頭をなでてるんだがと言ってみる」

伊織「頭ねぇ…ちょくすぐったい」

P「時折脇腹もくすぐってあげてる」

伊織「あ、あんた普通に頭なでれないの!」

P「お、頭なでていんだと言ってみる」

伊織「それは…き、機嫌がいいから今日だけ許してあげてるのよ」

P「じゃあ明日はダメなのか…と少し寂しそうな顔で訴えてみた」

伊織「しょうがないわね、今日だけと言わず一生なでていいわよ!」

P「許しを貰えたから言ってあげた、じゃあ一生そばにいていいんだね」

伊織「も、もちろんよ」

P「一生なでたら禿げちゃうのかなとか考えたけど伊織の可愛さに免じよう」

P「いおりんデコちゃん可愛い」





76以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/14(月) 01:38:59.50 ID:n4J5+Pm80


律子「涼が男らしくなりたいと言ってきた」

涼「律子姉ちゃん、やっぱり僕男らしく…」

律子「はぁ、あんた誰に口聞いてんの?と言ってみた」

涼「うっ…り、律子姉ちゃんだよ!」

律子「珍しく反抗してきたので、女性アイドルとしてやってんのに今更無理でしょと言ってみた」

涼「そ、そうだけど…でも…やっぱりだめだよね」

律子「すぐに諦めちゃうんだと言ってみる」

涼「でも…」

律子「男らしくなりたいんだったら私にも頑張って強気になりなさい、今日だけは見逃してあげると言ってあげた」

涼「じゃあ…」

律子「その日の涼は男らしかった」

律子「でも涼ちん可愛い」





78以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/14(月) 01:45:44.76 ID:n4J5+Pm80


尾崎「絵理がネットに引きこもったからパソコンを壊してみた」

絵理「尾崎さん…酷い」

尾崎「酷くて結構、今が肝心なんだからネットに引きこもるなと言った」

絵理「でもそれじゃあ…サイネリアとも」

尾崎「鈴木さんと関わるからダメなのとも言ってみた」

絵理「尾崎さん…友達までとるの?」

尾崎「ネットだけの友達が友達なの?と言ってあげた」

絵理「…サイネリアとはリアルでも会ってる」

尾崎「はいはい、じゃあこれならどう?と新しいパソコンと鈴木さんをあげた」

絵理「…尾崎さん!」

尾崎「喜んでる喜んで…」

絵理「…このパソコン前のよりスペックが低い?」

尾崎「私には理解できなかった」

尾崎「でもエリー可愛い」





79以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/14(月) 01:46:24.20 ID:n4J5+Pm80


おわりんこ





84以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/14(月) 01:55:29.19 ID:32DUAcPy0



こういうのも嫌いじゃない





85以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] :2012/05/14(月) 01:56:29.62 ID:ioog9C5i0



鈴木さん……



スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SS765プロ876プロ

(5)

AFTER P「本当に週休8日制にしたから」杏「さすがP!話がわか…えっ?」

BEFORE 貴音「…続・にいづますたー」

ミキミキマジミキミキ
…恐ろしく意味不明な字面になってるが、だいたい合ってる
[ 2012/05/14 22:11 ] [ 編集 ]
「まこりんまこまこりん」みたいなモンだな
[ 2012/05/14 23:21 ] [ 編集 ]
いやその理屈はおかしい
[ 2012/05/15 01:36 ] [ 編集 ]
最後の話は納得できないデス。
[ 2012/05/15 02:43 ] [ 編集 ]
虐待スレかと期待したがいい意味で期待を裏切られた
[ 2012/05/28 16:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

P「伊織を殴り続けてみた」

Copyright © 2024全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto