スポンサーリンク

2014 05/02

モバP「死んでも永遠に・・・」





1VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/05/01(木) 08:27:12.61 ID:CAnrdN2n0


ー夜 聖靴学園 校門前ー




P「うわぁ・・・やっぱり夜の学校って怖いよなぁ・・・」

P「こればっかりは大人になっても慣れないぞ・・・」

P「ん、あれは・・・」

マキノ「遅かったわね。」
ygmmkn6.jpg

P「あれ、マキノ一人か。沙織とメアリーは?」

マキノ「先に行って見てくると言ってたわ。私はプロデューサーを待ってたの。」

P「そうか。しかし大丈夫かな、あの二人で・・・」










スポンサーリンク




2VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/05/01(木) 08:28:46.74 ID:CAnrdN2n0


マキノ「ただの校舎じゃない。心配する事なんて何もないわよ。」

P「マキノは怖くないのか?」

マキノ「正確な情報のない存在なんていないのと同じよ。怖がる理由がないわ。」

P「現実的な意見どうも。」

マキノ「それとも、こういう時は怖がったほうが需要があるのかしらね。ふふっ。」

P「人それぞれだと思うが、何らかのリアクションはあったほうがいいだろうな。」




4VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/05/01(木) 08:29:53.99 ID:CAnrdN2n0


マキノ「ふむ・・・それじゃあこういうのはどうかしら?」ダキッ

P「おい、腕を掴むな。歩きにくいだろ。」

マキノ「あら、男性はこういうシチュエーションではこうして欲しいという意見が、私の調査によると多かったわよ。」

マキノ「それに、プロデューサーの手・・・暖かくて心地いいわ。」

P「言ってろ。俺たちも校舎の中に入るぞ。」

マキノ「了解。それじゃ行きましょうか。」




5VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/05/01(木) 08:31:12.48 ID:CAnrdN2n0


ー聖靴学園 廊下ー





ギシ・・・          ギシ・・・





P「・・・・・・静かだな。」

マキノ「それはそうよ。私たちしかいないのだから。」

P「メアリーと沙織もいるはずなんだがな・・・」

マキノ「教室を見て回るって言ってたわよ。」

P「だったら、俺たちもそうするか。いつか会えるだろ。」




6VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/05/01(木) 08:32:29.26 ID:CAnrdN2n0


 



    ギシ・・・             ギシ・・・




マキノ「ねぇ、プロデューサーは怪談とか幽霊って信じてる?」

P「うーん・・・信じてはいないが、否定的というわけでもないんだよなぁ。」

マキノ「どうして?」

P「やっぱり“もしかしたら”そういった心霊現象が起こるんじゃないかと考えてしまってな。」

マキノ「つまり実際に体験したら信じると?」

P「その通りだ。やっぱり体験してみないことには信じられないからな。」




7VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/05/01(木) 08:34:52.20 ID:CAnrdN2n0


マキノ「ふーん。そうなんだ。」


                      
                              アー・・・・・・・・・




       アァ・・・・・・・・・          






P「!?」

P「なぁ・・・今変な声みたいのが聞こえなかったか・・・?」

マキノ「変な声?」




8VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/05/01(木) 08:36:28.42 ID:CAnrdN2n0


P「あぁ、唸り声みたいな。」

マキノ「さぁ。風の音じゃない?」

P「そうか・・・そうだよな・・・」

P「それにしてもなかなか二人に会わないな。気配すら感じないぞ。」

マキノ「敏腕プロデューサーにもなると、アイドルを気配でわかるようになるの?」

P「冗談言ってる場合か。静かすぎるんだよ。」

P「まるで俺たちしかいないみたいに・・・」

P「流石に心配になってきたぞ。沙織達を探して合流しよう。」

マキノ「余計な心配だと思うけどね。」




9VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/05/01(木) 08:39:05.00 ID:CAnrdN2n0


P「おーーい、メアリー!沙織ー!いたら返事しろー!」




         シーン・・・・・・






P「・・・・・・・・・こんなに声が響く環境なのに、聞こえてないってことはないだろ・・・」

マキノ「怖くなって二人とも外に出てるのかもね。」

P「お前ももう少し心配したらどうだ。なにか事故でも起きたのかもしれないんだぞ。」

マキノ「奥山さんがついてるんだから大丈夫よ、きっと。」




10VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/05/01(木) 08:42:07.07 ID:CAnrdN2n0


P「あっ、そうだ。携帯!すっかり忘れてた。」

P「これで連絡が取れればどこにいるかが分かるな。」ポチッ




             シーン・・・





P「・・・・・・」

マキノ「・・・・・・」

P「・・・・・・出ない。」

マキノ「着信音も聞こえてこないわね。」




11VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/05/01(木) 08:44:58.40 ID:CAnrdN2n0


P「本当に校舎から出て行ったのか、それともマナーモードにしているだけか・・・」

P「・・・・・・とりあえず手当たり次第、教室の中を探してみよう。」

P「二手に分かれるぞ。見つけたら連絡してくれ。」

マキノ「了解よ。私は上の階から探すわ。」

P「俺はこのまま下の階からだな。」

P「くそっ・・・一体なにが起きてるんだよ・・・」




12VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/05/01(木) 08:50:22.05 ID:CAnrdN2n0


・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・


P「おーーい、メアリー!沙織ー!どこだー!」



          シーン・・・



P「・・・・・・」

P「・・・・・・どこにもいない。」

P「おかしい・・・明らかにおかしいぞ、これは・・・」

P「マキノの方はなにか見つけたかな・・・電話をしてみるか・・・」ピッ

P「・・・・・・」プルルルル

P「おいおい・・・頼むから出てくれよ、マキノ・・・」プルルルル

P「・・・・・・だめだ、出ない・・・」




13VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/05/01(木) 09:01:23.41 ID:CAnrdN2n0


P「落ち着け。冷静になるんだ、俺・・・」

P「一箇所ずつ・・・確実に見て回るんだ・・・見落としがないように・・・」



ガラガラ



P「!?」

P(沙織が・・・床に倒れ込んでいる?)

P「沙織!」ガバッ

沙織「プロ・・・デューサー・・・」
okymsor6.jpg




14VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/05/01(木) 09:04:08.57 ID:CAnrdN2n0


P「なにがあった!メアリーは!」

沙織「逃げ・・・て・・・」パタン

P「おい!しっかりしろ、沙織!」

P「急いで警察と救急車を・・・」

メアリー「・・・・・・ダーリン・・・」
mariiii7.jpg

P「メアリー!お前もいたのか・・・なにがあった!」

メアリー「ここに・・・いたら・・・ダメ・・・・・・・・・早く・・・・・・・」ガクッ

P「メアリー!」




15VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/05/01(木) 09:06:37.25 ID:CAnrdN2n0


P「二人の身に一体何が起きたんだ・・・」



   カツン・・・                  カツン・・・ 




マキノ「プロデューサー、こんなところにいたのね。」

P「!?」

P「マキノ、無事だったか!」

P「二人を連れ出すのを手伝ってくれ!おかしいぞこの校舎!」

マキノ「手伝う・・・ね。」

P「あぁ、二人とも意識がなくて・・・」




16VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/05/01(木) 09:10:18.29 ID:CAnrdN2n0


マキノ「・・・プロデューサー。」

P「なんだ?」

マキノ「二人はなにかプロデューサーに言った?」

P「え・・・・・・」

P「今はそんなことより・・・」

マキノ「いいから答えて。」

P「・・・逃げろ、とか・・・ここにいるなとは言ってたな。」

マキノ「そう・・・逃げろ・・・・・・ね。」




17VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/05/01(木) 09:14:49.07 ID:CAnrdN2n0


P「それがどうした。」

マキノ「いえ、なんでもないわ。」

P「よし、俺は沙織を運ぶからマキノはメアリーを・・・」

マキノ「・・・・・・その必要はないわ。」

P「えっ?」

マキノ「だって、ほら。後ろを見てみなさい。」

沙織「・・・」ムクッ

メアリー「・・・」ムクッ

P「二人とも!よかった、目を覚ましたか!」




18VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/05/01(木) 09:17:47.96 ID:CAnrdN2n0


沙織「・・・」

メアリー「・・・」

P「大丈夫か? 気分でも悪いのか?」

沙織「アァー・・・」ガシッ

メアリー「アァー・・・」ガシッ

P「お、おい・・・どうしたんだ・・・いてて・・・しがみつかれたら身動きがとれないだろ。」

P「なぁ、マキノ!見ていないで二人を連れて行くのを手伝ってくれ!」

マキノ「・・・・・・」

マキノ「ねぇ、このまま四人だけでずーっとここで過ごさない?」

P「はぁ?何を言ってるんだ。」




19VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/05/01(木) 09:20:07.49 ID:CAnrdN2n0


マキノ「言葉通り受け取ってもらって構わないわ。」

マキノ「私と奥山さんとメアリーの三人が一緒なのよ。素敵だと思わない。」

マキノ「明日も明後日も・・・死ぬまで・・・いいえ、死んでも一緒にいるのよ。」

P「な、何を言って・・・」

マキノ「フフッ・・・・・・」

P「マキノ?」

マキノ「フフフッ・・・」ガシッ

P「そんなに強く腕を握ったら・・・痛いだろ、マキノ・・・」

マキノ「ウフフフフ・・・」

P「お、おい・・・様子がおかしいぞ・・・いつものお前じゃない・・・・・・」

マキノ「フフフ・・・・・・」

マキノ「ズット・・・イッショニ・・・」

P「あ・・・・・・」

P「う・・・うわぁあああああああああああああああああ!!!」




20VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/05/01(木) 09:26:16.94 ID:CAnrdN2n0



・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・



メアリー「じゃーん!!」

沙織「ド、ドッキリ!」

マキノ「大成功ね♪」



P「・・・・・・・・・は?」




メアリー「どうだった、メアリーの演技は♪これならハリウッドでも通用するでしょ!」

沙織「お、驚ぎましたか?」

P「ドッキリ?」

マキノ「えぇ、プロデューサーが来る前に三人で打ち合わせをしてね。」

P「は、ははは。いやぁ、迫真の演技だったからわからなかったよ。」

P「よかったー。そうか、ドッキリか。はははっ。」




21VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/05/01(木) 09:34:53.87 ID:CAnrdN2n0


・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・


ちひろ「はぁ・・・今年もこの日が来たんですね・・・」

ちひろ「プロデューサーさん達がいなくなって、もう何年経つんでしょうか。」

ちひろ「あの学園の下見に行ったきり帰ってこないまま、時間だけが過ぎてしまいました・・・」

ちひろ「警察も探しているのですが、結局手がかりすら見つからないまま・・・」

ちひろ「一体どこに行ったのでしょうね・・・」














P「そうだ・・・・・・ドッキリなんだ・・・・・・こんなこと・・・あるはずが・・・」

P「あはははははははははははは・・・・・・・・・」

マキノ「ダカラ・・・ニゲナサイッテ・・・イワレタデショ・・・」

マキノ「ズット・・・イッショ・・・・・・・ダカラネ」

マキノ「シンデモ・・・エイエンニ・・・・・・ウフフ・・・」



おわり




22VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/05/01(木) 09:40:50.15 ID:CAnrdN2n0


おまけ    ハッピーエンドVer

>>19から


P「やめろ!離せ、離してくれ!」

P「くっ、どうすればいいんだ・・・」

小梅「は、破ぁ・・・・・・!!」ドーン
srskkum12.jpg

マキノ「きゃっ!」バタン

沙織「あぁ!」バタン

メアリー「あん!」バタン

P「こ、小梅!どうしてここに?」

小梅「あ、“あの子”がここに悪い子がいるって教えてくれて・・・」

小梅「き、教師と恋に落ちて・・・でも結ばれず命を落として・・・成仏出来ない子が・・・」

P「そうか・・・助かったよ。」

P「やっぱり小梅ってすごい!」


おしまい




25VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/01(木) 10:49:16.73 ID:e6BBVANLo


これは・・・寺生まれのKさん




26VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/05/01(木) 10:53:31.61 ID:CAnrdN2n0


おまけ その2   ほのぼのVer



マキノ「ほら、こっちに来てよ。」

P「おい、ここって・・・」

マキノ「保健室よ。」

P「なんで俺を連れてきたんだよ。」

マキノ「おかしいわね・・・男性は“夜の保健室”に女の子と来ると喜ぶというデータが出てるのだけど。」

P「こんなホラーチックなシチュエーションじゃなければな。今は普通に怖いだけだ。」




27VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/05/01(木) 10:54:13.71 ID:CAnrdN2n0


マキノ「あら、残念・・・ん?」

P「どうした?」

マキノ「今、人影が通ったような・・・」

P「どこだ?いないぞ。」キョロキョロ

マキノ「おかしいわね。確かに見えたの。」

マキノ「女の子みたいだったけど・・・」

P「おいおい、俺を怖がらせようとしてないか?」

マキノ「そんなつもりはないわよ。それじゃ、散策を続けましょうか。」

P「そうだな。」




28VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/05/01(木) 10:56:00.62 ID:CAnrdN2n0


・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・



マキノ「ん?」

P「また何か見つけたのか?」

マキノ「窓の外から人の手が見えたような・・・」

P「また気のせいじゃないのか?」

マキノ「うーん・・・腕に紐みたいなものを巻いてる手が・・・」

P「本物の幽霊かもな。」

マキノ「まさか。」




29VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/05/01(木) 10:57:29.23 ID:CAnrdN2n0


・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・



マキノ「ちょっと冷えてきたわね。」

P「春だけど、まだ夜は寒い日もあるからな。」

マキノ「もっとくっついて歩いていいかしら。」

P「ダメだろ、それは。」

マキノ「いいじゃない。私たちしかいないんだから。」

マキノ「男性と腕を組んで夜の校舎を歩く。体験してみたいのよ。」

P「仕方ないな・・・ほら。」

マキノ「それじゃ失礼して。」ギュッ

?「ジー」

マキノ「」ゾクッ

P「身震いしてどうした。そんなに寒いのか?」

マキノ「い、いえ・・・視線を感じたような気がして。」




30VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/05/01(木) 10:59:03.94 ID:CAnrdN2n0


・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・



マキノ「夜の女子トイレ。学校の七不思議の定番ね。」

P「流石に俺はここに入れんぞ。」

マキノ「私だけで行くわよ。待ってて。」

マキノ「女子トイレといえば花子さんね。地域によっている個室が違うと聞くけど・・・あら?」

マキノ「ひとつだけ扉が閉まってる個室があるわね。」

マキノ「だれかいるの?」 コンコン


      コンコン


マキノ「いるのね。失礼したわ。」




31VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/05/01(木) 11:00:15.88 ID:CAnrdN2n0


    

       コンコン コンコン


マキノ「お邪魔したわね。」


       コンコン コンコン コンコン



マキノ「・・・わかったから、もうノックはしなくていいわよ。」

    
       コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン

        コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン

       コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン


マキノ「・・・・・・」ゾクッ

マキノ「だ・・・誰・・・?」


       コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン

     コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン

       コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン

     コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン

        コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン

      コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン コンコン 



マキノ「ひっ!」ダッ

?「・・・・・・あまり・・・調子に乗らないほうがいいですよぉ・・・・・・」




33VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/05/01(木) 11:12:54.62 ID:CAnrdN2n0


P「おっ、戻ってきたか。どうした真っ青な顔だぞ。」

マキノ「なんでもないわ・・・早く行きましょう・・・」ガクガク

P「大丈夫か?」

マキノ「えぇ・・・問題ないわ。」

P「それじゃ行こうか。」



ギシ・・・                    ギシ・・・



P「しかし、暗い廊下だな。足元すらはっきり見えないぞ・・・って、うわっ!」ズルッ

P「いてて・・・転んじまったか。」

マキノ「大丈夫?」

P「あぁ、なにかが足に引っかかって・・・」

マキノ「これは・・・赤いリボン?」

P「なんでこんなものがあるんだ?」




34VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2014/05/01(木) 11:16:20.50 ID:RAWrSgxFo


一番怖いのは生きている人間




35VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage] :2014/05/01(木) 11:42:36.23 ID:C15pkPhH0


ほのぼのって何だっけ?




36VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2014/05/01(木) 11:46:56.50 ID:3+UvWCQao


ラッコだろ




37VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2014/05/01(木) 12:13:52.67 ID:tRF2TtRAO


それぼのぼの




38VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage] :2014/05/01(木) 12:29:14.62 ID:Xs/tgqNx0


ああ知ってる、森久保のニックネームでしょ




39VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/01(木) 12:30:26.43 ID:rucC4lSF0


むーりぃー




40VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2014/05/01(木) 12:43:24.56 ID:7D+DqBTB0


心豊かさん×ぼのののことだろ(すっとぼけ)




41VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage] :2014/05/01(木) 12:56:40.70 ID:A4PL7etM0


>>40
なにそれ心が豊かになるな




42VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/05/01(木) 13:00:23.24 ID:CAnrdN2n0


P「撮影に使う小道具なのかな?」

マキノ「その可能性が高いわね。」

P「とりあえず持って帰るか。」ヒョイ

マキノ「あら?リボンの傍に紙も落ちてるわよ。」

P「本当だ、どれどれ。」ヒョイ



『近寄るな  見ているぞ』



P「・・・これも小道具か?」

マキノ「赤い色の文字がなんだか血みたいね。」




43VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/05/01(木) 13:03:19.14 ID:CAnrdN2n0


P「暗くて気がつかなかったけど、この廊下の先の壁見てみろよ。」

マキノ「・・・なにあれ。」




『見ているぞ』 『見ているぞ』『見ているぞ』『見ているぞ』『見ているぞ』『見ているぞ』

  『見ているぞ』 『見ているぞ』『見ているぞ』『見ているぞ』『見ているぞ』『見ているぞ』

『見ているぞ』 『見ているぞ』『見ているぞ』『見ているぞ』『見ているぞ』『見ているぞ』

  『見ているぞ』 『見ているぞ』『見ているぞ』『見ているぞ』『見ているぞ』『見ているぞ』

『見ているぞ』 『見ているぞ』『見ているぞ』『見ているぞ』『見ているぞ』『見ているぞ』

  『見ているぞ』 『見ているぞ』『見ているぞ』『見ているぞ』『見ているぞ』『見ているぞ』

『見ているぞ』 『見ているぞ』『見ているぞ』『見ているぞ』『見ているぞ』『見ているぞ』

  『見ているぞ』 『見ているぞ』『見ているぞ』『見ているぞ』『見ているぞ』『見ているぞ』




P「すごい量の張り紙だな・・・これは迫力満点だ。」

マキノ「なんだか本当に監視されてる気分になるわね。」



?「シー」




44VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2014/05/01(木) 13:05:20.98 ID:IexR4qt2o


ほのぼのってことは、日常モノってことだ
この位は日常茶飯事だろう




45VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2014/05/01(木) 21:32:08.70 ID:7xBlU0UMo


ほのぼの?
除夜の鐘を108回叩いて打ち払う奴じゃなかったっけ




46VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/05/01(木) 21:59:47.89 ID:CAnrdN2n0


・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・


マキノ「ねぇ、吊り橋効果って知ってる?」

P「あれだろ。心臓の鼓動が早くなるのと恋愛のドキドキを勘違いするっていう。」

マキノ「そうね。恋に落ちやすい状況と言われてるわね。」

マキノ「私ね、ここに来てから鼓動が早くなる出来事がたくさんあったのよ。」

P「それがどうした?」

マキノ「・・・・・・鈍感ってよく言われない?」

P「今の話題となんの関係があるんだ。マキノが俺に恋する気分になってるってか?」

マキノ「そうかもね。悪くない気分だわ。」

P「なら、それは錯覚だから、深く考えるな。」




47VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/05/01(木) 22:01:20.79 ID:CAnrdN2n0


マキノ「つれないのね。」

P「冷静な分析力がお前の持ち味だろ。流されるなよ。」

マキノ「一応、私も年頃の女のつもりよ。」

マキノ「それにね、プロデューサーに知ってもらいたいのよ。」

マキノ「今、どんな気持ちであなたの隣にいるかをね。」

マキノ「だから・・・私の胸の上に・・・手を置いてみてくれない。ほら・・・」

P「マキノ・・・」

マキノ「///」カーッ

P(なんだこの状況は・・・普段のクールなマキノはどこに行った・・・)




48VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/05/01(木) 22:01:59.62 ID:CAnrdN2n0


P(蒸気した頬・・・上目遣いで不安そうにこちらを見る目・・・なんだこれは・・・)

マキノ「ねぇ・・・早くしてくれないかしら。結構恥ずかしいのだけど・・・///」

P(まずい・・・正直、このままマキノに触れてしまいそうだ・・・)



     プルルルル             プルルル        



P「!?」

マキノ「!?」

P「あ・・・すまん。俺の電話だ。」

マキノ「気にしないで。出たら?」




49VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/05/01(木) 22:02:43.19 ID:CAnrdN2n0


P「あぁ・・・・・・もしもし。」

P「なんだ、まゆか。どうした?」

P「今?次の現場の下見に来てるんだよ。・・・うん、そろそろ帰るから。」

P「あぁ、それじゃあ切るぞ。」ピッ

P「・・・結構いい時間になってきたな。帰るか。」

マキノ「もう少し楽しみたかったのだけど、残念ね。」

マキノ「ちょっと用事があるから、先に校門に行ってて。」
 
P「わかった。」




50VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/05/01(木) 22:04:32.97 ID:CAnrdN2n0


ー校門ー



P「あれ?」

小梅「こんばんわ、プロデューサーさん・・・」

P「こんなところに一人でどうした?」

マキノ「一人じゃないわ。私も一緒よ。」

小梅「お、面白そうだから・・・連れてきてもらったの・・・」

P「ん?いつの間に先回りしたんだ。用事は終わったのか?」

マキノ「?」

マキノ「今、小梅とここに来たばかりだけど?」

P「えっ・・・」

P「冗談はやめてくれよ。さっきまで俺と一緒にいただろ。」

マキノ「何を言っているのかわからないわね。」

小梅「ほ、本当に今来たところだよ?」


P「・・・・・・」


P「それじゃあ、さっきまで一緒にいたのは誰だったんだ・・・」ゾクッ




52VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/05/01(木) 22:06:11.31 ID:CAnrdN2n0



ー後日ー



マキノ「幽霊は男性よりも女性の霊の目撃例の方が多い・・・か」カタカタ

マキノ「オカルトの情報も、調べてみるとなかなか面白いわね。」

マキノ「愛情や嫉妬・・・後悔の念が男性よりも強いからかしら。」

マキノ「そういえばうちの事務所にもそんな感じの人がいたわ。」

マキノ「霊になってもプロデューサーに付きまといそうな人が・・・」








まゆ「死んでも永遠にですかぁ?」
skmmy6.jpg

まゆ「興味がありませんねぇ、死んだあとのことなんて。」

まゆ「死ぬまででいいので、プロデューサーさんにはまゆのことを生きてる間はず~っと愛してほしいものです♪」


おしまい












53VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/05/01(木) 22:08:11.45 ID:CAnrdN2n0


短いですが以上です。
マキノンと二人で夜の校舎を歩きたいと思って書きました。
ホラーって初めて書くのででよく分からなかったけど、こんな感じで良かったのかな?
では依頼出してきます。



転載元:モバP「死んでも永遠に・・・」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1398900432/


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SSモバマス聖靴学園の七不思議マキノメアリー沙織小梅

(12)

AFTER 難波笑美「ウチの相方はPはん!」P「俺の相方は笑美!」

BEFORE モバP「時子、しばらくのお別れだ」

一番怖いのは生きてる人間だってのは納得。
幽霊屋敷も発破解体しちゃえば怖くないし、海外だとそういう家の方が人気あって家賃とか高くなるらしいしね、抱き枕とかになれない分幽霊さんは2次元よりも2次元してるからな。
怖いというよりかわいいだよ。
[ 2014/05/02 02:49 ] [ 編集 ]
などと意味不明な供述をしており・・・
[ 2014/05/02 03:49 ] [ 編集 ]
コピペかな?
[ 2014/05/02 04:09 ] [ 編集 ]
本編でいきなり帰ってこないとか言ってて「ファッ!?」ってなったので>>1の勝ちだ……(震え声)
[ 2014/05/02 05:34 ] [ 編集 ]
ぼのぼのでやられたwww
[ 2014/05/02 06:38 ] [ 編集 ]
結局モバPと一緒にいたマキノ(ニセ?)は一体何だったんだ?(ガクガクブルブル
まさかとは思うがまゆはこのニセマキノの正体を看破していたのか?

今回のイベは特訓後のマキノや奥山さんの格好からして〇〇・オブ・ザ・デッドみたいな展開になるのか?
お知らせを見た時は学園の七不思議(トイレの花子さん、動く人体模型等の定番話)を解明していく中で、
話通りの心霊現象に遭遇するという学校の怖い話みたいな展開になると思ってたんだが
[ 2014/05/02 07:09 ] [ 編集 ]
正体は看破してないけどPに近づく以上実体があろうがなかろうが関係ないんじゃないか、まゆだと。
で、幽霊すら怯えるほど凄惨なオーラを放ってたと。

イベはゾンビ映画だってめあいーが言ってる。イべのシナリオと映画の内容は直接のつながりはなくて、格好は映画の方合わせなんだろう。
[ 2014/05/02 11:23 ] [ 編集 ]
Pなら除霊ぐらい出来て当然だろ
[ 2014/05/02 13:04 ] [ 編集 ]
いざとなれば鬼の手発動するからだいじょーぶよ
[ 2014/05/02 18:29 ] [ 編集 ]
要するに、選択肢で進むタイプの『捕らわれEND』・『真相解明真END』・『脱出END』か。

No.34017
オカルト系の纏めサイトで見る視える人の話で良く有るのが
「オバケと言ってもそこらの人間のだし」「アイツ等も物音でビクッってしてるし」
「つーか、リングとか呪音とかSIRENとか零とかのジャパニーズホラーで部屋から逃げるし」
とかそういう霊感アリあるあるトークw

と言う事は、ガチな病みオーラ持ちままゆならもしくは・・・?って言うか、さもあらんって勢いでw
[ 2014/05/02 21:41 ] [ 編集 ]
まゆが出てくるシナリオの方、えらく既視感あるんだけど
[ 2014/05/03 01:13 ] [ 編集 ]
やはりまゆはPを危機から助け出す天使、はっきり分かんだね
[ 2014/05/04 00:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

モバP「死んでも永遠に・・・」

Copyright © 2020全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto