スポンサーリンク

2014 04/22

文香「静かな・・・」輝子「た、戦い・・・」





1VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/04/21(月) 16:04:26.01 ID:mCWT2M+Q0


モバP「先日、知り合いのプロデューサーと飲みに行ったんですけどね。」

ちひろ「何かあったんですか?」

文香「・・・・・・」ペラッ
sgswfmk3.jpg

輝子「フヒ・・・」モゾモゾ
hsshok9.jpg

モバP「いえ、そこで担当しているアイドルの話になったんですよ。」

モバP「なんでもスキンシップが激しいらしくて、困ってるって言ってましたよ。」

ちひろ「スキンシップですか?」

モバP「えぇ。なんでも目の前で服を脱いだり、抱きついてきたりされてるそうですよ。」

文香「・・・・・・」

輝子「・・・・・・」









スポンサーリンク




2VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/04/21(月) 16:05:40.32 ID:mCWT2M+Q0


ちひろ「プロデューサーさんも気をつけてくださいね。アイドルとの過度な触れ合いは、スキャンダルの元ですから。」

モバP「俺ですか?はははっ、大丈夫ですよ。」

モバP「それにうちのアイドル達は、そういうことはしないと思うので安心してください。」

ちひろ「そうだといいんですけど。」

文香「・・・・・・」

輝子「・・・・・・」

モバP「他にも動物系アイドルの子とかが、頬ずりしてきたりするとも言ってましたね。」

モバP「想像ですけど、きっと可愛らしいんでしょうね。羨ましいものです。」




3VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/04/21(月) 16:06:57.38 ID:mCWT2M+Q0


文香「・・・・・・」

輝子「フヒ・・・」スリスリ

モバP「ん?どうした輝子。俺の足に顔押し付けて。」

輝子「い・・・犬の真似・・・?」スリスリ

文香「・・・・・・」ジー

モバP「そうか。んー、次の衣装は動物系ってのもいいかな。」ナデナデ

輝子「フフ・・・///」

モバP「パンク系で狼とか・・・カワイイ系でもいけるかな・・・」ナデナデ

輝子「プ、プロデューサーが決めてくれるなら・・・どっちでも・・・フヒ///」




4VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/04/21(月) 16:07:39.12 ID:mCWT2M+Q0


文香「・・・・・・」ドンッ


ドサッ バラバラ ドンッ!


輝子「!?」

モバP「なんだっ!!」ガタッ

文香「す・・・すみません・・・積んでいた本の山が崩れただけです・・・」

モバP「大丈夫か!怪我とかしなかったか?」

文香「えぇ・・・」

モバP「よかった・・・気を付けないとダメだぞ。」

文香「はい・・・」

輝子「・・・・・・・・・」




5VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/04/21(月) 16:09:40.15 ID:mCWT2M+Q0


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


輝子「キノコ♪フ~ン♪フフ~~ン♪」モゾモゾ

文香「よい・・・しょ・・・」

モバP「すごい量の本だな・・・手伝おうか?」

文香「いえ・・・大丈夫です・・・あっ」ドサッ

モバP「落としてるじゃないか。やっぱり手伝うよ。」

モバP「今日はいつもの古本じゃないんだな、どれどれ」ヒョイ


『簡単!初心者でも出来るお弁当100選!』

『家庭的な料理の基礎』

『今日の食卓はこのひと皿で決まりっ!』




6VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/04/21(月) 16:12:12.31 ID:mCWT2M+Q0


モバP「料理雑誌か?」

輝子「・・・・・・・・・・・」ジー

文香「えぇ・・・ちょっと練習してみようかと・・・」

モバP「そうか。いいと思うぞ。」

文香「あの・・・プロデューサーさん・・・」

モバP「ん?どうした。」

文香「プロデューサーさんにも・・・協力してもらいたくて・・・・・・」

文香「私が・・・お弁当を作るので・・・・・・味の感想を・・・・・・聞かせてもらいたいです。」




7VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/04/21(月) 16:13:06.95 ID:mCWT2M+Q0


モバP「お安い御用だ。俺で良かったら、いくらでも協力させてもらうよ。」

文香「上達したら、いつか私の家で・・・」

輝子「ヒャッハーー!!アハハハハ!!!」

文香「!?」

モバP「どうした!急に大声出して!」

輝子「フヒ・・・ごめん・・・聴いてた曲がいいところだったから・・・つい・・・声が出た・・・」

モバP「なら仕方がないな。でも、事務所で叫んだらダメだぞ。」

輝子「うん・・・気をつける・・・・・・」

文香「・・・・・・・・・」




9VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/04/21(月) 16:45:24.02 ID:mCWT2M+Q0


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


輝子「フヒ・・・♪」

ちひろ「あれ?今日は机の下ではなくて、プロデューサーさんの膝の上ですか。」

モバP「そうなんですよ。まぁ、軽いので気になりませんけどね。」

文香「・・・・・・・・・」ジー

ちひろ「本当に仲がいいですね、お二人は。」

モバP「こうしていると、実家の妹を思い出します。」

輝子「い、妹・・・?」

モバP「年の離れた妹がいるんだが、ちょうど輝子くらいの子なんだ。」




10VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/04/21(月) 16:47:30.24 ID:mCWT2M+Q0


モバP「と言っても、歳じゃなくて大きさが、なんだけどな。」

輝子「妹・・・・・・」

モバP「あぁ、すまん。妹じゃなくて親友だったな、輝子とは。」

モバP「・・・そういえば最近、俺のこと親友って呼ばなくなったな。」

輝子「そ・・・そうかな・・・・・・」

モバP「まぁ、俺のことなんて好きに呼んでくれればいいんだけど。」

輝子「・・・・・・・・・」




11VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/04/21(月) 16:48:54.94 ID:mCWT2M+Q0


輝子「お兄・・・ちゃん?」

モバP「はははっ。これはまいったな。まるで、家族が一人増えたみたいだ。」ナデナデ

輝子「家族・・・///」

ちひろ「プロデューサーさんが輝子ちゃんに甘いのはそういう理由だったんですね。

    てっきり、ロリコ・・・小さい子が好きなんだなと思ってましたよ。」


モバP「小さいって・・・輝子はれっきとした15歳ですよ。何を言ってるんですか!」

ちひろ「冗談ですよ。」

輝子「家族・・・フヒヒ・・・キノコファミリー・・・フヒ」




12VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/04/21(月) 17:00:01.69 ID:mCWT2M+Q0


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

モバP「おーい、文香ー。そろそろ仕事に行く時間だぞー。」

文香「・・・・・・・・・」ペラッ

モバP「って聞こえてないな、こりゃ。おーい」トントン

文香「」ビクッ

文香「あ・・・プロデューサーさん・・・」ドキドキ

モバP「おう。そろそろ時間だから準備してくれよな。」

文香「はい・・・」

モバP「夢中で本を読んでいたようだが、今回はどんな本なんだ?」

文香「え・・・えっと・・・れ、恋愛ものです・・・」




13VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/04/21(月) 17:04:26.92 ID:mCWT2M+Q0


モバP「ほう。」

文香「内気な女の子が・・・片思いの男性のために・・・苦手を克服して自分を変えていくお話です・・・」

モバP「へぇー。おもしろそうだな。」

文香「プロデューサーさんは・・・どう思いますか?」

モバP「その本のことか?」

モバP「読んでいないから何とも言えんが・・・自分のために努力してくれる女の子がいたら、男としては嬉しいだろうな。」

文香「・・・・・・頑張ります」ボソッ

モバP「ん?何か言ったか?」

文香「いえ・・・なんでもありません・・・」




15VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/04/21(月) 17:29:56.46 ID:mCWT2M+Q0


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


愛梨「本日はよろしくお願いします。」ポヨン

雫「よろしくお願いしますですよーっ」ボヨン

文香「は・・・はい。よろしくお願いします・・・」

輝子「よ・・・よろしく・・・フヒ」

モバP「二人とも、あまりこういった番組は慣れてはいないのでご迷惑をお掛けするかもしれませんが、

   精一杯やらせてもらうつもりです。それでは。」

愛梨&雫「はーい。」





モバP「さて、共演者との挨拶も終わったことだし、すこし休もうか。」




16VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/04/21(月) 17:32:59.04 ID:mCWT2M+Q0


輝子「プロデューサー・・・む、胸ばっかり見てたね・・・」

モバP「あぁ、大きかったなぁと思ってな。あれが彼女たちのアイドルとしての武器の一つなんだろう。」

文香「・・・・・・ああいう女の子が好きなのですか・・・?」

モバP「うーん。あんな子達をプロデュースするってのも面白そうだな。」

文香「・・・・・・仕事の話ではなくて・・・ですね・・・」

モバP「でも、今は文香と輝子の二人で手一杯だしなぁ。他の子のことは考えられないよ。」

輝子「わ・・・私たちの・・・///」

文香「ことだけ・・・・・・///」

モバP「あぁ、これからも三人で頑張っていこうな。」




18VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/04/21(月) 17:55:58.68 ID:mCWT2M+Q0


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

輝子「ん・・・ごく・・・ごく・・・ぷはぁ・・・」

モバP「変わった瓶だな。何飲んでるんだ?」

輝子「フヒ・・・これは・・・ホレスレリン・・・ソーダ・・・」

モバP「なんだそれ?聞いたことがないな・・・」

輝子「しいたけ抽出エキスが主成分の・・・ソーダなんだ・・・」

モバP「しいたけ!? 美味しいのか、それ・・・」

輝子「フヒ・・・結構クセになる・・・フヒヒ・・・」

モバP「しかし、よく見つけたな。キノコに関するものだからか?」

輝子「うん・・・そうだ・・・一口飲んで・・・みる?」

モバP「いいのか?なら、コップ持ってこないと・・・」




19VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/04/21(月) 17:59:39.86 ID:mCWT2M+Q0


輝子「あ・・・このまま飲んで・・・いいよ・・・」

モバP「いや・・・流石に輝子が口をつけてたのをそのままってのは・・・」

輝子「嫌・・・?」

モバP「嫌ではないんだが・・・本当にいいのか?」

輝子「うん・・・気にしないから・・・フヒ」

モバP「・・・それじゃ一口だけもらうぞ。」ゴクッ

輝子「どう・・・・・・かな・・・」

モバP「・・・・・・何とも言えない味だな。不味くはないんだが・・・」

輝子(あ・・・もしかして・・・これって間接キスなんじゃ・・・・・・・・・)

輝子「///」







20VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/04/21(月) 19:28:24.87 ID:mCWT2M+Q0


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


文香「約束してた・・・お弁当です・・・」

モバP「おぉ、本当に作ってくれたのか。嬉しいなぁ。」

文香「どうぞ・・・召し上がりください。」

モバP「いただきまーす。」パカッ

モバP「おー。見た目が鮮やかで、美味そうだな。」

モバP「味の方は・・・うん、美味しい!」モグモグ

文香「あ・・・ありがとう・・・ございます・・・///」

モバP「これなら、料理の番組も考えておかないとな。」モグモグ




22VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/04/21(月) 19:33:49.19 ID:mCWT2M+Q0


文香「あ・・あの・・・」

モバP「ん?」

文香「毎日でも・・・食べたいと・・・思いますか?」

モバP「毎日か・・・もしそうなったら、幸せだな。」

文香「///」

文香「明日も・・・作ってきます・・・」

モバP「いいのか?いやぁ、嬉しいな。」




23VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/04/21(月) 21:19:31.07 ID:mCWT2M+Q0


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


文香「輝子さん・・・ちょっとよろしいでしょうか・・・」

輝子「な・・・なに・・・?」

文香「お話があります・・・」





文香「私、プロデューサーさんに・・・告白しようと・・・思います。」

輝子「!?」




24VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/04/21(月) 21:20:09.33 ID:mCWT2M+Q0


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


文香「輝子さん・・・ちょっとよろしいでしょうか・・・」

輝子「な・・・なに・・・?」

文香「お話があります・・・」





文香「私、プロデューサーさんに・・・告白しようと・・・思います。」

輝子「!?」




25VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/04/21(月) 21:21:23.85 ID:mCWT2M+Q0


文香「輝子さん・・・私はあなたが羨ましいです。」

文香「私にとってプロデューサーさんと触れ合うことは・・・とても難しいことです。」

文香「触ってしまうと・・・古い本の1ページよりも・・・簡単に破れて壊してしまいそうに思えます。」

文香「だけど、私は気になるんです・・・私とプロデューサーさんの物語のその先が。」

文香「前に進みたいんです。」

文香「あなたの気持ちも・・・分かっているつもりです。」

文香「でも、譲れないんです。」

文香「だから、謝りません。」




26VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/04/21(月) 21:22:24.57 ID:mCWT2M+Q0


輝子「・・・・・・」

輝子「私には・・・よく・・・分からない・・・・・・」

輝子「プロデューサーは大切・・・ずっと一緒にいたい・・・・・・」

輝子「プロデューサーが私のことを・・・・・・どう思っているかは・・・分からないけど。」

輝子「親友以上に・・・仲良くなれたら・・・嬉しいと思う。」

輝子「でも・・・・・・どうすればいいかは・・・・・・知らない・・・」

輝子「だから傍にいる・・・・・・いたいんだ・・・・・・」




27VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/04/21(月) 21:23:11.65 ID:mCWT2M+Q0


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


モバP「・・・・・・本気なんだな。」

文香「はい、私はあなたが好きです。」

モバP「そうか・・・すごく・・・嬉しいよ。」

モバP「でも、ごめん。文香と付き合うことは出来ない。」

文香「アイドルとプロデューサーだからですか?」

モバP「そうだな。」

文香「なら辞めます。」

モバP「・・・俺はアイドルとして成長している文香を、もっと見たいと思ってる。」

文香「アイドルじゃない私には・・・興味がありませんか?」




28VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/04/21(月) 21:23:38.45 ID:mCWT2M+Q0


モバP「違うが・・・そう思われても仕方ない。」

モバP「文香ならトップアイドルだって夢じゃないと、俺は思ってる。」

文香「私の気持ちはどうなるんですか?」

モバP「幻滅してもらって構わない。職業病のようなものだと思ってくれ。」

モバP「ただ・・・文香には、まだまだアイドルとして先に進めるってことをわかってほしい。」

文香「・・・・・・私の気持ちは変わりません。」

文香「でも、プロデューサーさんを困らせたくはありませんし、期待を裏切りたくもありません。」

文香「私のことが嫌い・・・というわけではないんですよね・・・?」

モバP「あぁ。」

文香「諦めなくても・・・いいんですよね?」

モバP「あぁ。」

文香「保留だと・・・思っていていいんですね?」

モバP「あぁ。」




29VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/04/21(月) 21:24:13.72 ID:mCWT2M+Q0


文香「・・・お願いがあります。」

モバP「なんだ。」

文香「一度だけ・・・一度だけでいいので・・・抱きしめてくれませんか。」

モバP「・・・わかった」ギュッ

文香「んっ・・・・・・ごめんなさい」ボソッ

モバP「え・・・文香、なにかいったk・・・」

     

         チュッ



文香「今は・・・これで我慢します・・・」




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




30VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/04/21(月) 21:24:45.53 ID:mCWT2M+Q0


文香「と、いうことがあったんです・・・」

輝子「そう・・・」

文香「・・・・・・あなたには負けません・・・」

輝子「フヒ・・・わ、私も・・・」




モバP「おーい、お前達ー。仕事いくぞー」


文香「はい・・・今行きます」
輝子「いま・・・いくよ・・・フヒヒ」




おわり




31VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga] :2014/04/21(月) 21:25:25.77 ID:mCWT2M+Q0


短いですが以上です。
机の下にきの子、背後には本を読んでる文香がいたら幸せだなぁ、
二人といちゃいちゃしたいなぁ、と思ったので書きました。
後半文香ばっかりなのは、きの子より文香ちゃんの方が恋愛に積極的だったとでも思ってください。
依頼出してきます。




32VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2014/04/21(月) 22:44:14.86 ID:2JXT3sewo


乙です
すごく良かった




33VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/04/21(月) 23:08:30.11 ID:xoPgMSVro


よかった




34VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage] :2014/04/21(月) 23:52:16.99 ID:N13Uw2WM0


ちょっと切なくていいね




転載元:文香「静かな・・・」輝子「た、戦い・・・」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1398063865/


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SSモバマス文香輝子

(4)

AFTER モバP「なんか、美玲も机の下に潜ってた」

BEFORE 日菜子「春ですね」

15歳ならアウトだと思うんですけど
[ 2014/04/22 04:20 ] [ 編集 ]
765の大先輩が15歳だから結婚できるよ!って言ってたから
だ、大丈夫やし・・・(小声
[ 2014/04/22 07:31 ] [ 編集 ]
ホレステリンソーダか、輝子を見ていると一度試したくなるドリンクだな
[ 2014/04/26 02:53 ] [ 編集 ]
次は輝子で書くんやで(ニッコリ
[ 2014/05/05 08:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

文香「静かな・・・」輝子「た、戦い・・・」

Copyright © 2021全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto