スポンサーリンク

2012 05/08

貴音「それは真ですか」



1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] :2012/05/08(火) 03:14:01.02 ID:2svkZra70


響「貴音ー、これ見て欲しいさー」

貴音「写真ですか。……響、これはいったい」

響「ふっふー、誰だと思う?」

貴音「どこかで見たような気もするのですが……」

響「実はそれ……自分が男装した写真なんだぞ!」

貴音「なんと。それは真ですか?」

響「えっ? だから自分だって」

貴音「真なのですね……驚きました」

響「う、うん? いや、真じゃなくて自分だぞ」

貴音「? 何を言っているのですか、響?」





スポンサーリンク



2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/08(火) 03:14:59.39 ID:2svkZra70


響「いや、だからこれは真じゃなくて自分だって話を」

貴音「ええ、真という事に驚きました」

響「さっきから貴音は何を言ってるんだ? それは真じゃないってば」

貴音「なんと。真では無かったのですね……では、これは誰なのですか?」

響「えっ? だから自分だってば」

貴音「? やはり、真だったのですね」

響「いや、真じゃないって……」

貴音「……響、先程から何を言っているのですか」

響「そ、それはこっちの台詞だぞ! 真じゃないって何度言えば分かるんだ!?」

貴音「真でなければこれはいったい誰なのですか?」

響「だから自分だって言ってるさー!」





4以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/08(火) 03:17:16.48 ID:2svkZra70


P(ん? なんか騒がしいな……これは、響と貴音か?)


響「それは真じゃないって何度言えば分かるんだ!?」

貴音「ですから、真でなければこれは誰なのですか?」

響「何度も言うけど自分だぞ!」

貴音「確認しますが、それは真なのですね」

響「うがーっ! だから真じゃないって!」

貴音「……響、なぜそう何度も嘘をつくのですか」

響「自分嘘なんて言ってないぞ!」

貴音「それが真ならば、男装した人物は響では無いという事に」

響「あー! どうしてそうなるんだー!?」





5以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/08(火) 03:20:14.59 ID:2svkZra70


P「どうしたんだ、何かあったのか?」

響「プロデューサー! 助けて……貴音が」

P「お、おう、詳しく聞かせてくれ」

響「この写真を見て欲しいさー、これが真に見える?」

P「これは……男装してるけど、響だよな」

響「ほら、やっぱりおかしいのは貴音の方だぞ!」

貴音「ですが、それを響は真では無いと言ったではありませんか」

響「うう……こんな感じなんだ、何とか言ってやってよプロデューサー」

P「貴音、これは真じゃないんだぞ。分かってるよな?」

貴音「ええ、それは何度も確認したのですが……真かどうか確認すると、真では無いと」

P「……ああ、そういう事か」

響「えっ? 何か分かったの?」





6以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/08(火) 03:22:45.06 ID:2svkZra70


P「貴音、この写真に写ってるのは響だ。間違いない」

響「そうだぞ! これなら貴音も……」

貴音「……むう」

P「それと、それは真だ。って、これじゃ日本語が変だな……」

響「えっ? それは真じゃないぞ?」

P「ああ、そうだな。響だっていうのは真なんだよ」

響「う、ううっ? 何を言ってるのかさっぱりだぞ……」

P「貴音、質問の仕方、というか言葉を変えてくれないか? 」

貴音「言葉、ですか。響、それは……本当に響なのですか?」

響「だからそうだって……あれ? もしかして、真って……」





8以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/08(火) 03:25:12.39 ID:2svkZra70


P「ああ、『真ですか?』ってのは菊地真じゃなくて、『本当ですか』って聞きたかっただけなんだ」

響「そういう事だったのかー……自分、勘違いして貴音に迷惑かけちゃった」

貴音「いえ、それはわたくしにも非があります。響、誤解を与えてしまい申し訳ありません」

響「そ、そんなに畏まらなくてもいいさー! 自分も悪かったし……ごめん」

貴音「響……では、二人とも悪い、という事で良いですね?」

響「……うん! あーあ、こんな事で騒いで……恥ずかしいさー」





10以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/08(火) 03:27:54.82 ID:2svkZra70


P「よし、三人でご飯でも食べに行くか。あんなに騒いだら腹も減っただろ?」

響「本当!? 貴音、プロデューサーが奢ってくれるみたいだぞ!」

P「そんな事は一言も……まあ、今日くらいは奢ってやるか」

貴音「なんと、それは真ですか?」

P「ああ、真だ。響、もう勘違いしないよな?」

響「ううっ……意地悪しないで欲しいさー。もう真と真は間違わないぞ!」

真「えっ? ボクの事呼びました?」





11以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/08(火) 03:30:10.48 ID:2svkZra70


響「あっ、本物の真だ」

真「ほ、本物?」

貴音「ええ、真の真ですね」

真「……? ところで、ボクの事呼びました?」

P「大丈夫だ、呼んでないからあっち行ってて良いぞ」

真「あれ? なんか扱いが酷いような……気のせいですよね?」

P「……真は何も悪くないからな。よし、お前も一緒に飯食いに行くぞ。俺のおごりだ」

真「本当ですか!? やーりぃ!」





12以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/08(火) 03:33:14.82 ID:2svkZra70


P「さて、何を食べるかな。なんかリクエストあるか?」

響「そういえば、この辺に新しくラーメン屋が出来たって誰かが言ってたぞ」

貴音「なんと。それは真ですか」

真「えっ? ボクは言ってませんけど……」

響「あっ……いや、そうじゃなくて」

P「……真、紛らわしいからお前の事まこりんって呼ぶわ」

真「ええっ!? 何ですかそれ!?」

響「まこりん、大声出したら周りの迷惑になるさー」

貴音「そうですよ、まこりん」

真「……もうまこりんでも何でもいいや」





13以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/08(火) 03:36:03.78 ID:2svkZra70


765プロ

貴音「響、ぱそこんの前で何をやっているのですか?」

響「インターネットで暇つぶししてたんだ」

貴音「いんたーねっと……わたくしには使いこなせないでしょうね」

響「あっ、そうだ。た、か、ね、っと」

貴音「何をしているのですか?」

響「貴音も有名になったから、こうやって入力すると」

貴音「わたくしの名前の後に……これは、何でしょうか」

響「グーグルに入力すると予測で出て来るんだぞ。貴音の場合は……」





14以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/08(火) 03:37:39.07 ID:2svkZra70


貴音 SS  貴音 枕  貴音 面妖  貴音 二郎

響「一番最初は……えすえす?」

貴音「えすえす、とは何でしょうか?」

響「自分もよく分かんないぞ……まあいいや、次は……枕?」

貴音「枕ですか。心当たりはありませんね……」

響「その次は、面妖だって。そういえば、貴音がたまに使ってるよね」

貴音「他の方にも知られていたのですね」

響「最後が……二郎?」

貴音「めんかたやさいましましにんにくあぶらまし」

響「た、貴音!? 急にどうしたんだー!?」

貴音「はっ……何でもありませんよ、響」





15以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/08(火) 03:37:48.84 ID:LgTnAoHK0


あかん





16以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/08(火) 03:39:14.32 ID:2svkZra70


響「765プロの他のアイドルも見てみるさー!」

春香 あざとい  千早 72  やよい もやし  美希 覚醒

貴音「あざとい……春香にこのようなイメージが」

響「うーん、世間からはそう思われてるのかー……。次は、千早の72って何だろ?」

貴音「さあ……謎の数字、72。面妖な……」

響「えっと、次はやよい……せめて玉ねぎとかだったら良かったのに……」

貴音「響、もやしを甘く見てはいけません。らぁめんとの相性は抜群なのですよ」

響「う、うん……そうだな、頑張れやよい! 美希は……覚醒?」

貴音「気になる言葉ですね……」





17以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/08(火) 03:40:39.74 ID:2svkZra70


P(ふぅ、やっと帰ってこれた……ん? あそこに居るのは、貴音と響か)


貴音「ところで響、自分のは調べてみたのですか?」

響「あっ、忘れてたさー。よーし! ひ、び、き」カタカタッ

P「……っ! 待て! 今すぐやめろ!」

響「へっ?」ターン

貴音「あなた様、どうかなさったのですか?」

P「響! 画面を見るな!」

響「……あっ」

響 ぼっち

P「……クソッ! 遅かったか……」





18以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/08(火) 03:42:17.23 ID:2svkZra70


貴音「ぼっち……これはいったい」

響「プロデューサー……これって、一人ぼっちって事なのかな」

P「響、それは」

響「自分、一人ぼっちだったのか……?」

P「違う! それは周りが勝手に思っているだけで……」

響「そっか、自分……そう思われてたんだな……」

P「響、違うんだ! それは別に……」

響「…………」

貴音「なるほど……響、どうやらこのいんたーねっと、というものは信用は出来ないようですね」

響「た、貴音……?」





19以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/08(火) 03:44:07.26 ID:2svkZra70


貴音「よく考えてみればすぐ分かる事です。響、あなたは一人ではありません」

響「で、でも……」

貴音「響、前を見なさい。そこには誰が居ますか?」

響「貴音と……プロデューサーが居る」

貴音「ええ、そしてわたくし達はいつでも側に居ます。それでもまだ、一人ぼっちだと思うのですか?」

響「た、たかねぇ……ううっ……自分、嬉しいぞ!」ギュッ

貴音「ふふ……分かればよいのですよ、響」





20以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/08(火) 03:47:34.69 ID:2svkZra70


P「……よし! 三人でラーメンでも食いに行くか! もちろん俺のおごりだ!」

響「本当!? 貴音、プロデューサーがまたご馳走してくれるって!」

貴音「ええ、断る由などありません。ともに参りましょう」

真「あれ、三人でどこか行くんですか?」

P「ようまこりん、ラーメン食いに行くぞ。奢ってやるから着いて来い」

真「やーりぃ! ってそのまこりんって、どうにかなりませんか……?」

響「まこりん、諦めも肝心さー」

貴音「そうですよ、まこりん」

真「ま、まぁ……ちょっと女の子らしくていいかなーって思ってたりも……って、あれ?」


P「何ボーっとしてんだ真、置いてくぞー」

真「ま、待ってくださいよー!」


劇終





21以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/08(火) 03:49:10.36 ID:OSYP1/SUi


おつまこりん





22以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/08(火) 03:49:26.58 ID:hDWzCtE60


真に乙であった





23以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/08(火) 03:49:39.75 ID:z5FKUChkP


まこりん乙





27以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/08(火) 04:58:05.81 ID:3EEwB1EU0


みんなかわいい



スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SS貴音

(5)

AFTER 伊織「スーパーアイドル伊織ちゃん!」

BEFORE 千早「まぁ、なんでもいいですけれど」

サザエさんみたいな話の展開だったな
乙です
[ 2012/05/08 19:18 ] [ 編集 ]
まこりんかわいいよまこりん
[ 2012/05/08 19:48 ] [ 編集 ]
三人とも真に可愛いよ
[ 2012/05/08 22:25 ] [ 編集 ]
まあ読んでてもたまに真なのかまこりんなのか一瞬だけ迷う事はあるよ
[ 2012/05/08 22:27 ] [ 編集 ]
ゲーム中でも頻繁に「それは真ですか」とかいうから気になってしょうがなかった
[ 2012/05/09 02:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

貴音「それは真ですか」

Copyright © 2019全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto