スポンサーリンク

2014 02/12

結城晴「超能力?」





1以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga] :2014/02/12(水) 03:09:23.43 ID:CHZQhpnn0


事務所

晴「うーっす」
yukhr.jpg

堀裕子「あ、晴ちゃんおはようございます!」
hryk.jpg

晴「こんちわー。事務所裕子さんだけ?」

池袋晶葉「私もいるぞ」
ikbkrakh6.jpg

裕子「ところで晴ちゃん!」

晴「ん?」

裕子「晴ちゃんは超能力とか信じますか!?」

晴「超能力?」








スポンサーリンク




2以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga] :2014/02/12(水) 03:10:06.61 ID:n/bE5mDr0


晶葉「そうだ。スプーンを曲げたりテレパシーを送ったりするあれだ」

裕子「もちろん信じますよね!?」

晴「うーん、あったら面白いんだろうけど、正直無いんじゃねーの?」

晶葉「ふむ」

裕子「むむむ…晶葉ちゃん、晴ちゃんならいいデータが取れるんじゃないですか?」

晴「データ?」

晶葉「ああ。どうやら裕子が他人に超能力をレンタルすることが出来る能力に目覚めたらしくてな」

晴「何だそれ?」



3以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga] :2014/02/12(水) 03:10:48.22 ID:n/bE5mDr0


裕子「そこで、超能力を信じない人に私のサイキックパワーをレンタルして、
私の超能力が存在していることを証明するんです!」

晴「それなら晶葉さんが実験体になればいいんじゃねえの?」

晶葉「もちろん私も実験体になったが、複数のデータがほしくてな」

晴「結果はどうだったんだ?」

晶葉「それは実験が終わってから教えよう。今結果を言ってしまうと裕子の能力に影響が出てしまうかもしれないからな」

晴「へー。ま、どうせ何にも変わらねえだろうし、協力するよ」

裕子「やった!じゃあ今から超能力をレンタルしますね」

晴「へーい」



4以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga] :2014/02/12(水) 03:11:19.79 ID:n/bE5mDr0


ギュッ!

裕子「繋いでいる手に意識を集中してください」

晴「おう」

裕子「ムムムン!サイキック・能力レンタル!!」

晴(…そんなんでいいのか?)

裕子「ふぅ…、これで晴ちゃんにも超能力が備わりましたよ!」

晴「…なんも変わらないんだけど?」

晶葉「一日過ごして超能力が出たかどうかを確かめてくれ。気付きにくい超能力かもしれないしな」

晴「裕子さんも何がレンタルされてるか分からないのか?」

裕子「はい!」

晴「…」



5以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga] :2014/02/12(水) 03:12:16.50 ID:n/bE5mDr0


晶葉「では明日結果がどうだったかを報告してくれ。どんな些細なことでも覚えていてくれるといいデータになる」

晴「了解。んじゃレッスン行ってくるからまた明日」

裕子「頑張ってくださいね!超能力も意識して使ってみましょう!!」

晴(…超能力ってそんな簡単に使えるのか?)



6以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga] :2014/02/12(水) 03:12:49.23 ID:n/bE5mDr0


事務所

晴「うーっす」

晶葉「おはよう。遅刻気味だが大丈夫か?

晴「ちょっと寝坊した」

晶葉「そうか、それでどうだ、超能力の方は?」

晴(…)

晶葉「どうした?」

晴「まあちょっとは意識しながら一日過ごしてみたけど、特に変化はなかったな」

晶葉「そうか。やはり信じるか信じないかで差があるのか…」



7以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga] :2014/02/12(水) 03:13:27.95 ID:n/bE5mDr0


晴「超能力が出た人もいるのか?」

晶葉「ああ。物体をほんの少し動かせたり、スプーンを曲げたり、
簡単な透視が出来たりと、超能力を信じた人ほど、何かしらの超能力が発現したようだ」

晴「それなら信じるって思っていればよかったな。物とか動かせたら面白かったのに」

晶葉「被験者を増やして、より正確な裕子の超能力について調べるとしよう。協力ありがとう」

晴「特に何にもしてねえしいいよ。さてと、今日の仕事は…」



8以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga] :2014/02/12(水) 03:14:01.99 ID:0gIZuyfl0


ちひろ「晴ちゃん、おはようございます」

晴「おはようございます。ちひろさん、今日のオレの予定は?」

ちひろ「はい、午前中はレッスンで、午後から写真撮影の仕事が入っていますね」

晴「…またきわどい衣装とかは勘弁なんだけど」

ちひろ「今回は大丈夫!…な、はずです」

ワイワイガヤガヤ

晴「なんか騒がしくねえか?」

ちひろ「ここ一週間はずっとそんな感じですよ。なんてったって」

晴「なんてったって?」



9以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga] :2014/02/12(水) 03:14:53.00 ID:4cqBVZgh0


ちひろ「今週はほら、バレンタインデーじゃないですか」

晴「確かに甘い匂いがするな」

ちひろ「お菓子を作って持ってくる子もいますし、事務所で作ってる子もいますからね。青春って感じですねー♪」

晴「みんなあいつにあげる為にやってるのかー」

ちひろ「モテる男は辛いですよねえ」

晴「よくわかんねえな、そういう感情」

ちひろ「あら、晴ちゃんはプロデューサーさんにあげないんですか?」

晴「…」

ちひろ「うふふ♪」



10以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga] :2014/02/12(水) 03:15:30.01 ID:u9wAeXjk0


晴「はぁ…。なあ」

ちひろ「はい?」

晴「あの二人はなんでさっきから笑いながら見つめ合ってるんだ?」



凛「…」ニコォ
sbyrn7.jpg

まゆ「…」ウフフ
skmmy6.jpg



ちひろ「乙女にとって譲れない戦いがそこにはあるんです」

晴「何だそりゃ」

ちひろ「どちらがバレンタインデー当日の一番ロマンチックな時間にチョコを渡せるかを争っているんです」

晴「どーでもいいー」



11以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga] :2014/02/12(水) 03:16:25.18 ID:WKeo26+K0


ちひろ「でもこのままではバレンタインデー当日は血の雨が降るかもしれません」

晴「バレンタインデーってそんな物騒なイベントなのか?」

ちひろ「恋する乙女は時として獰猛な獣になるんですよ」

晴「あーそうだなー」

ちひろ「このままでは事務所崩壊の危機!何とかしなければ…」

晴「じゃあ血が流れる前に、そのロマンチックな時間を賭けて勝負でもすればいいんじゃねえの?」

ちひろ「!!」ガタッ!

晴「うぉ!びっくりした」

ちひろ「ナイスアイディアです!!そうとなれば善は急げ!!早速準備をしなくては!!!」

晴「お、おう」

ちひろ「よーし、やるぞー!!!」



12以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga] :2014/02/12(水) 03:17:16.57 ID:Z1W1Y56y0


CGプロ地下闘技場

ちひろ「さあ、長かった争いもこの試合で終止符が打たれます!!」

晴(あれ、なんか場面飛んだ?)

ちひろ「準決勝のプロデューサーの所持品匂い嗅ぎ分け対決で10問中9問以上を正解した3名を紹介いたしましょう!!」

晴(どんな戦い繰り広げてんだよ!!)

ウオォォォォ!!!

ちひろ「ではまずこの人!エントリー№1、準決勝では最速で9問正解を叩き出した変態淑女!!
渋谷凛ちゃんの登場だーーーー!!!!」

凛「まあまあかな」



13以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga] :2014/02/12(水) 03:18:51.72 ID:AhLzRxkU0


ちひろ「続いてエントリー№2、準決勝では時間いいっぱい使ってプロデューサーの匂いを堪能し、
見事9問正解した狂気の淑女、佐久間まゆちゃんだーーー!!!!」


まゆ「プロデューサーさんとの素敵な時間のため、まゆは頑張りますよぉ」


ちひろ「そして、準決勝唯一の10問全問正解を記録したレジェンド!!
エントリー№3、結城晴ちゃんの登場だーーーー!!!!」


晴「えっ!?」


凛「まさかこんな優秀な後輩がいるとは気が付かなかったな」

まゆ「ええ。未開封でプロデューサーさんが買ってきて事務所に予備として置いてあった
袋入りのパンツの袋の匂いを嗅ぎ分けるなんて、狂気の沙汰とはこのことです」

晴「」

ちひろ「さて、決勝戦の勝負はこれだ!!」



14以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga] :2014/02/12(水) 03:19:21.32 ID:AhLzRxkU0








プロデューサーのワイシャツ








15以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga] :2014/02/12(水) 03:20:34.89 ID:UCrLnhzm0


ちひろ「一日中プロデューサーさんの体を包み込んでいる白き悪魔。
直に汗を吸い、彼の匂いの全てを隠すその魅惑の一枚、そのどこか一か所を選び、
皆の前でその素晴らしさを伝え、一番共感を呼んだ子に、
バレンタインデー当日の一番ロマンチックな時間をプレゼントいたします!!!」


凛「ワイシャツ…」


まゆ「うふふ…」


晴(え、これオレもやんなきゃいけないの?)


ちひろ「決勝の順番ですが、エントリー№順で行いたいと思います」

凛「そうだね。流石に10問正解した相手が最初にやったら私たち勝ち目ないもんね」

まゆ「これもプロデューサーさんとの素敵なひと時の為に。ごめんなさいね」

晴「あ、いえ、どうぞ」

ちひろ「おっとー、流石10問正解の晴選手、余裕の一つ返事!!」

晴「あ、いやそういうんじゃなくて…」

ちひろ「では早速凛ちゃんどうぞ!!」



16以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga] :2014/02/12(水) 03:21:46.41 ID:Jbap3m4N0


凛「プロデューサーはいつもネクタイをしてるよね。
ネクタイは襟部分を締め付けて、一番フェロモンが出るであろう首元に常に離れずにいる。
だからみんな一目散に襟元の匂いを嗅ぎたがる。でも違う。
私はプロデューサーの背中に魅力を感じるんだ。あの大きな背中。
一度事務所で寝てしまった時に車までおんぶしてくれたことがあったんだ。
その時の背中の感触が忘れられなくて。そして、背中は結構汗をかく。
夏場のプロデューサーの背中はうっすらと濡れていて、とてもとても魅力的なんだ。
だから私はこの背中の匂いを、思い出と共に思いっきり吸い込む。どう?」



17以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga] :2014/02/12(水) 03:22:16.35 ID:20jJn87m0





ウオォォォォォォォォ!!!!!



ちひろ「これは素晴らしい!!スタンディングオベーション!!!
さて、この勢いを覆すことが出来るか、まゆちゃんどうぞ!!!」



18以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga] :2014/02/12(水) 03:23:05.56 ID:20jJn87m0


まゆ「…流石ですね。でも、まゆにも譲れない部分があるんです。
プロデューサーさんは、まゆを退屈な世界から連れ出してくれた運命の人なんです。
プロデューサーさんの手は暖かくて、そしてずっと握っていると少し湿ってくるんです。
緊張してるのかなと思って顔を見ると少し赤くなってるんです。それがもう可愛くて。
あの大きくて暖かい手を握っていると、なんだかとても幸せな気持ちになるです。
そんな気分にさせてくれるプロデューサーさんの袖口がまゆはお気に入りです。
その匂いを嗅いでいるだけで、プロデューサーさんと手を繋いでいるような
温かい気持ちになるんです。いかがでしょうか?」



19以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga] :2014/02/12(水) 03:23:48.45 ID:/EbphwRy0





ウオォォォォォォォォ!!!!!



ちひろ「これもまた素晴らしい反応です!!流石まゆちゃん、愛が重い!!!
さあ最後に準決勝全問正解の結城晴選手の登場だーー!!!」

晴(…え、オレもこれやんなきゃいけないの?)

ちひろ「何か一言ありますか?」

晴「え?えっと、特にないけど」

ちひろ「流石全問正解の女は格が違います!!それでは最後の晴ちゃん、どうぞ!!」

晴(どうぞっていわれてもな…)



20以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga] :2014/02/12(水) 03:24:58.29 ID:NGmGUYJu0


晴「うーん」

ちひろ「おーっと晴選手、悩んでおります。流石に前の二人の強烈な思いには手も足も出ないかー!?」





晴「…なあ。そのさあ、匂いを嗅ぐのはいいんだけど、
そんな面倒なことしないで直接抱き着いて匂い嗅げばいいんじゃねえの?」





シーン

凛「」

まゆ「」

ちひろ「」

会場「」

晴「…えっ?オレなんか変なこと言った?」



21以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga] :2014/02/12(水) 03:25:57.79 ID:BKxbvgP40





パチ…パチパチパチ…ウオォォォォォォォォ!!!!!ブラボォォォォォォォォォォ!!!!




晴「な、なんだよ急に!!?」

まゆ「…完敗です。流石としか言いようがありません…」

凛「勝てる気がしないよ。優秀な後輩が育ってるって実感できて私は嬉しいよ」

晴「へ?」

ちひろ「これはもう審議の必要もないでしょう!!優勝は、結城晴選手に決定です!!!!」


ウオォォォォォォォォ!!!!!


晴「はぁ!?」

ちひろ「晴ちゃんにはバレンタインデー当日の一番ロマンチックな時間に
プロデューサーさんと二人っきりになれる権利を贈呈いたします!!皆様異論はありませんね!!?」


「「「はーい」」」


晴「え、っちょ、ちょっと!!!」



22以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga] :2014/02/12(水) 03:26:38.93 ID:BKxbvgP40




P「晴、ちょっといいか?」

晴「んだよこんな時間に呼び出しやがって」

晴(あれ、また場面が飛んだ?)

P「四年前の事なんだけどさ」

晴「随分前の事なんか思い出してどうしたんだよ」

P「四年前のバレンタインデーって覚えてるか?」

晴「あー、あったな」

P「そのあとちょっとデートしたよな」

晴「したなー。カップルばっかりで見てるこっちが恥ずかしかったのを覚えてるよ」

P「それからか、いろんなところに遊びに行ったりサッカー見に行ったりしだしたのは」

晴「あー、確かにあの日以降からよく遊びに行くようになったな」



23以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga] :2014/02/12(水) 03:27:35.90 ID:BKxbvgP40


P「あの時はまだ晴は小学生でちんちくりんだったのに今はもうこんな立派になってな」

晴「流石に四年も経てば成長もするさ」

P「だな。もう立派な大人だ」

晴「何が言いたいんだよ。要件ないならもう帰るぞ」

P「晴、お前が俺にバレンタインデーチョコをくれたその夜から、お前の事ばかり考えるようになってた。
思いが溢れだしそうな時もあったが、プロデューサーとアイドル、そして年齢、そんなことをずっと考えていた」

晴「…」

P「でももうお前に対しての気持ちが抑えられなくなったんだ!晴、俺と結婚してくれ!!」

晴「はぁ!!?」

P「結婚指輪だ、イエスなら受け取ってほしい。嫌だったらそのまま振り返らずに帰ってくれ」



24以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga] :2014/02/12(水) 03:28:39.91 ID:WuOwvtPZ0


晴「ばーか、答えが分かってんのに変な言い回ししてんじゃねえよ」

P「晴!!」

晴「はいはい。でも高校卒業するまでは待ってくれよ。あー、でも大学も行ってみたいし、それでもいいか?」

P「晴と同じ気持ちならそれで十分だ!晴ーーーーー!!!」

晴「抱き着くなよ、暑苦しい」

P「…晴」

晴「な、なんだよ…」

晴(あー、顔近づいてきてる。ファーストキスがプロポーズの時なんて、
すっげーハズい!!でもすっげーロマンチックな…)









晴「なーーーーーーーーーーーーーーう!!!!!」








ガバッ!!



25以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga] :2014/02/12(水) 03:29:10.82 ID:xdUy/sEB0


晴「ゆ…夢かぁぁぁぁぁぁ!!!!!」

晴(めちゃくちゃ恥ずかしい。どんな夢見てんだよ!!ってやべ、急がないと遅刻じゃん)





事務所

晴「うーっす」

晶葉「おはよう。遅刻気味だが大丈夫か?

晴「ちょっと寝坊した」

晶葉「そうか、それでどうだ、超能力の方は?」

晴(あれ?この流れどこかで…)



27以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga] :2014/02/12(水) 03:29:54.77 ID:kYE6qQmB0


晶葉「どうした?」

晴「まあちょっとは意識しながら一日過ごしてみたけど、特に変化はなかったな」

晶葉「そうか。やはり信じるか信じないかで差があるのか…」


晴(もしかしてオレに出た超能力って…)




凛「…」ニコォ

まゆ「…」ウフフ




ちひろ「乙女にとって譲れない戦いがそこにはあるんです」

晴「何だそりゃ」



28以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga] :2014/02/12(水) 03:30:35.30 ID:IoKofEJU0


ちひろ「どちらがバレンタインデー当日の一番ロマンチックな時間にチョコを渡せるかを争っているんです」

晴「どーでもいいー」

ちひろ「でもこのままではバレンタインデー当日は血の雨が降るかもしれません」

晴「バレンタインデーってそんな物騒なイベントなのか?」

ちひろ「恋する乙女は時として獰猛な獣になるんですよ」

晴「あーそうだなー」

ちひろ「このままでは事務所崩壊の危機!何とかしなければ…」



晴(あー、予知夢がオレの超能力だったのか…ってことは)



晴「じゃあ血が流れる前に、そのロマンチックな時間を賭けて勝負でもすればいいんじゃねえの?」

ちひろ「!!」ガタッ!



29以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga] :2014/02/12(水) 03:31:58.52 ID:CHbGU4jy0




晴(それでこの後、あのへんてこな戦いが始まるのか)


晴(…)




裕子「どうしたの晴ちゃん、袋の匂いなんて嗅いじゃって」



晴「…超能力が本当にあるか確かめようと思ってさ」



終わり



31以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage] :2014/02/12(水) 04:06:23.52 ID:gycSFCPCo


予知夢は超能力関係ない本当にただの予知夢で、真の能力はPの匂いが分かるのっていう可能性が微レ存…?



32以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage] :2014/02/12(水) 07:56:38.45 ID:s+JyOePMo


また新たなクンカーが誕生しちまったか…


転載元:結城晴「超能力?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1392142163/


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SSモバマス晶葉裕子まゆ

(12)

AFTER モバP「幸子たちから買い物に誘われた」

BEFORE 春香「ねえ千早ちゃん、リーダーって何すればいいのかな?」

晴くんのssもっと増えねーかなー
[ 2014/02/12 22:31 ] [ 編集 ]
この事務所はクンカー淑女しかいないのか(絶望)
[ 2014/02/12 23:26 ] [ 編集 ]
折角晴ちんのssだと思ったらよくあるプロデューサー争奪系でガッカリ
[ 2014/02/13 01:11 ] [ 編集 ]
晴ちんがアキえもん&ユッコのおばかコンビにもっと翻弄される展開なのかと思ったのに・・・。
[ 2014/02/13 01:51 ] [ 編集 ]
クンカーはもう既にいるからなぁ
王道こそ最強と思う、つまり晴には無駄な属性付与しなくていいんで。いや、本当に
[ 2014/02/13 02:47 ] [ 編集 ]
ふぅ。
また事案が発生するかと思ったぜ。
[ 2014/02/13 06:59 ] [ 編集 ]
モバマスではこれがよくある話でクンカーは珍しくもないのか…
[ 2014/02/13 10:35 ] [ 編集 ]
もしかして:無限ループ
[ 2014/02/13 10:55 ] [ 編集 ]
ループじゃねえよ。いい加減にしろ
構成がいいからリズムよく読めるので良かったわ
[ 2014/02/13 12:52 ] [ 編集 ]
カッパーフィールドかと思った
[ 2014/02/13 21:35 ] [ 編集 ]
また晴ちんがラブホに連れ込まれる話かと思ったらそうでもなかった
[ 2014/02/14 01:54 ] [ 編集 ]
また変態淑女が増えるのか(歓喜)
[ 2014/02/25 18:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

結城晴「超能力?」

Copyright © 2019全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto