スポンサーリンク

2014 02/05

星輝子「バ、バレンタイン…」佐久間まゆ「あら?」




1以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga sage] :2014/02/02(日) 16:58:54.81 ID:ePd3mE7r0


輝子「ううう…うううー…」
hsshok9.jpg

まゆ「あら輝子ちゃん、頭抱えたりしてどうしたの?」
skmmy6.jpg


輝子「フヒッ!あ…まゆ、さんか…」

輝子「じ、実は、Pが、ボッチの私に、バ、バレンタインの仕事を取ってきてくれて…」

まゆ「あらあら」

輝子「わ、私は、今までこういうイ、イベントには関わりがなかったから、どうしていいか分からなくて…」

輝子「それで、し、親友のPにチョ、チョコを渡そうと思ったんだ、フヒ…」

まゆ「へぇ…」

輝子「な、なんでも友チョコという、い、いつもお世話になっている人に、感謝の気持ちを込めて渡せばいいらしい」

輝子「でも私、チョ、チョコなんて作ったことなくて…」

まゆ「なるほどぉ♪じゃあ私と一緒にチョコ作る?」

輝子「フヒッ!?ま、まゆさん…いいの?」

まゆ「ええ、Pさんに感謝の気持ちを込めて作る輝子ちゃんなら大歓迎よぉ」

輝子「フヒ、た、助かる…ありがとう、まゆ、さん」










スポンサーリンク




2以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga sage] :2014/02/02(日) 16:59:31.18 ID:ePd3mE7r0


まゆ「まぁ市販のチョコを使うからそんなに難しくはないですけどねぇ」

輝子「そ、そうなのか?わ、私はキノコ料理しか、作ったことないから」

まゆ「まぁカカオ豆から作るっていうのなら話は別ですけどねぇ」

輝子「ま、豆からか…」

まゆ「流石にまゆもカカオ豆からは作ったことはありませんねぇ」

輝子「ま、まぁ、せっかく作って、美味しくなかったら嫌だから、ふ、普通ので…」

まゆ「ですねぇ、まゆもPさんに美味しくないものは渡したくないですし…」

まゆ「ふふ、じゃあ輝子ちゃん行きましょうか♪」

輝子「フヒッ?い、行くって…?」

まゆ「チョコレートを買いに、ですよぉ」





3以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga sage] :2014/02/02(日) 16:59:59.72 ID:ePd3mE7r0


近くのスーパー


まゆ「流石にバレンタインが近いと色々なチョコレートが売ってますねぇ」

輝子「す、凄いな…この時期に、い、意識してチョコとか買ったことなかったな…フヒ」

まゆ「輝子ちゃんはどんなチョコを作りたいのですかぁ?」

輝子「そ、そうだな…で、出来るなら、キノコの形をした、チョコがいいな…フヒッ」

まゆ「キノコですかぁ、輝子ちゃんらしいですねぇ」

輝子「む、昔調べたことがあって、カファレルというお菓子メーカーが、キノコの形をしたチョコを、作っている」

まゆ「ああ、カファレルですかぁ」

輝子「で、出来るなら、あんな感じが、良いな…」

まゆ「調べてみましょうか…あら、カラフルで可愛いですねぇ」

輝子「確か、入れ物目当てで、昔買ったけど、あんな感じのチョコだと、か、可愛い…フヒヒッ」





4以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga sage] :2014/02/02(日) 17:00:36.59 ID:ePd3mE7r0


まゆ「包み紙で色分けされているだけっぽいですねぇ」

輝子「そ、そう、だ、だから傘の部分をチョコでカラフルなのを、つ、作りたい…」

まゆ「あら♪いいアイディアねぇ」

まゆ「形を付けるのは頑張ればどうにでもなるから、輝子ちゃんのチョコはそれで行きましょうか♪」

輝子「フヒッ…ま、まゆさん…あ、ありがとう」

まゆ「うふふ、いいのよ輝子ちゃん」

輝子「まゆ、さんは、や、優しい…」

まゆ「うふふ♪では色々な味のチョコを買っちゃいましょうかぁ」

まゆ(事務所の皆が輝子ちゃんみたいな感情でPさんに接してくれればいいのに)




5以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga sage] :2014/02/02(日) 17:01:10.18 ID:ePd3mE7r0


調理という過程をすっ飛ばす


輝子「で、出来た…」

まゆ「わぁ♪上手にできましたねぇ」

輝子「う、うん…中々…フヒ、フヒヒ」

輝子「ヒャッハァアアアアッ!!上手くいったぜええええっ!!!」

まゆ「キャアッ!」

輝子「あっ…ご、ごめん、まゆさん…て、テンションが上がって…」

まゆ「ビックリしたぁ…もう輝子ちゃん急に大声出したらダメよ」

輝子「ご、ごめんなさい…」

まゆ「ふふ、いいのよ、初めてで上手くいって嬉しかったのよねぇ」

輝子「う、うん…」




6以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga sage] :2014/02/02(日) 17:01:43.14 ID:ePd3mE7r0


まゆ「じゃあ次は可愛くラッピングしちゃいましょう♪」

輝子「ら、ラッピング…」

まゆ「用意してたこのキノコチョコが乗る位の籠に乗せてぇ」

まゆ「こういう可愛いラッピング用の透明な袋にいれてぇ」

まゆ「上の口はリボンで結んじゃいましょう♪」

輝子「おお…す、凄いな、まゆさんは…」

輝子「わ、私だったら、ドクロとか、ドゲがついたりとか、そ、そんなのしか思いつかない…」

まゆ「そ、それはバレンタインではちょっと、ねぇ…」

輝子「だ、だからまゆさんがいてくれて、本当に、た、助かった」

まゆ「あらあら」




7以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga sage] :2014/02/02(日) 17:02:10.76 ID:ePd3mE7r0


輝子「だ、だから、ちょっと早いけど、こ、これ」

まゆ「あら?私にもくれるの?」

輝子「フヒ…と、友チョコ…め、迷惑…?」

まゆ「うれしいっ、輝子ちゃんありがとうね♪」

輝子「フヒッ、よ、喜ばれた…う、嬉しい…」

まゆ「輝子ちゃんに先越されちゃったけど、はい輝子ちゃん♪」

輝子「フヒッ?!ま、まゆさん…わ、私に、くれるのか…?」

まゆ「えぇ、友チョコ♪」

輝子「う、嬉しい…まゆさん…友達…フヒ、フヒヒ」

まゆ「ふふ、友達よぉ輝子ちゃん」

まゆ(Pさんに恋愛感情抱かなければ、ね)




8以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga sage] :2014/02/02(日) 17:02:44.96 ID:ePd3mE7r0


バレンタイン当日

まゆ「すっかり遅くなってしまいましたねぇ」

輝子「し、仕事が意外にな、長引いちゃったね…」

輝子「きょ、今日中にPにチョコ、渡せるかな…」

まゆ「大丈夫ですよぉ、ここで待っていればスケジュール的にPさんは必ず来ますからぁ」

輝子「まゆさんは、本当にPのことを何でも、知ってるね…フヒ」

まゆ「うふふ、何でもは知りませんよぉ♪」

輝子「…あっ、Pが、き、来た」

まゆ「うふふ、では行きましょうか♪」

輝子「ん…?Pに近づく人が…」

まゆ「…えっ?」

輝子「あ、あれは…楓さん…?」





9以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga sage] :2014/02/02(日) 17:03:20.43 ID:ePd3mE7r0


輝子「あっ…か、楓さん、口に咥えていたチョコをPに食べさせた…フヒ」

輝子「す、凄い…お、大人だな…」

輝子「ねぇ、まゆさ…ヒッ!?」

まゆ「うふふ…うふふふふふふふふふふふふ」

輝子(な、なんか、笑顔なんだけど、凄く、こ、怖い…)

まゆ「まゆとしたことが…迂闊でした…」

まゆ「まさか楓さんがこういう手段に出るとは思ってもいませんでした…」

まゆ(これは凛ちゃん達よりも、強敵そうですねぇ…)

まゆ「…一旦、戻りましょうかぁ、輝子ちゃん」

輝子「フヒッ!?い、いいのか…?」

まゆ「えぇ、流石にここで渡してもPさんに迷惑かかりそうですし…」

輝子「そ、そうか…?な、なら後で渡そうか…」

まゆ「ええ、そうしましょうか…うふふ、うふふふふふふふ」




10以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga sage] :2014/02/02(日) 17:03:57.16 ID:ePd3mE7r0


輝子「その後、わ、私たちは無事Pにチョコを渡すことが出来た」

輝子「ただ、渡す時のまゆさんの雰囲気が、な、なんというか凄く、怖かった」

輝子「Pもその雰囲気に、き、気付いていたのか、少し怯えているようにみ、見えた」

輝子「ま、まぁ、私的には、無事チョコを渡せて、だ、大満足だった」

輝子「も、もっと、友達同士のイベントとか、増えればいいのに」

輝子「また何か、やってみようかな…フヒ」




11以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga sage] :2014/02/02(日) 17:04:55.51 ID:ePd3mE7r0


その後

楓「あ、プロデューサーさん。今晩飲みに行きません?」
tkgkked7.jpg

まゆ「あらぁ、まゆもついて行っていいですかぁ?」

凛「そうだね、私たちもついて行っていいよねプロデューサー」
sbyrn7.jpg

加蓮「えぇー居酒屋だからついてきちゃダメー?なんでよー」
hjkrnsr.jpg

楓「ふふっ、ごめんなさいね3人共」

スタスタ

凛「…完全にノーマークだったね、楓さん」

加蓮「うん、ちょっと強敵かも」

まゆ「うふふ、だからこそこうやって3人で集まっているのですよぉ」

凛「しばらくは協力体制だね」

加蓮「ふふ、負けないよっ」

まゆ「えぇ、勿論ですよぉ」

3人(まぁ最後に笑うのは私なんだけどね)

凛「ふふふふふ」

加蓮「ふふふふふ」

まゆ「うふふふふ」


机の下

乃々「な、なんだか、あそこ怖いんですけどぉー…」
mrkbnn5.jpg

輝子「Pは…大変だな…フヒ」



終わり




12以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga sage] :2014/02/02(日) 17:06:05.51 ID:ePd3mE7r0


以上です。

急に輝子が来たので、声付きおめでとう!

何故きのこまゆなのかというと単純に私が2人の担当Pだからです。
皆さんは月末どうでしたか、私は楓さん引けました、神秘の女神ですが。

さて、きのこ自引きしなきゃ(ガチャガチャガチャガチャガチャガチャ





14以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage] :2014/02/02(日) 17:38:17.97 ID:Z4/jfOu1o


フゴフゴ誰か一人忘れてませんか乙フゴフゴ




16以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage] :2014/02/02(日) 18:11:30.93 ID:ze0BEk7S0


>>14
みちるさんも食べて(エクレア)




17以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage] :2014/02/02(日) 18:14:24.26 ID:P54a4oVWo



この2人の組み合わせ結構好き



転載元:星輝子「バ、バレンタイン…」佐久間まゆ「あら?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1391327934/


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SSモバマス輝子まゆ加蓮乃々

(4)

AFTER モバP「バレンたくみん」

BEFORE モバP「畜生ユッキ」

楓さんはむしろ要注意人物だと思うんだけどな個人的に
[ 2014/02/05 14:18 ] [ 編集 ]
ディアボロ!!きさまぁ…なぜっ、なぜ料理シーンをすっとばしたっ!!
[ 2014/02/05 18:30 ] [ 編集 ]
前にもこのペアあったのう。
恋愛感情とかその他もろもろ相性いいんだろうね。
[ 2014/02/05 23:06 ] [ 編集 ]
今日更新のガンガンオンラインでも楓さんがまゆ加蓮出し抜いててワロタ
たとえまゆだろうと楓さんに勝てるとは到底思えないんだよなあ
[ 2014/02/06 21:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

星輝子「バ、バレンタイン…」佐久間まゆ「あら?」

Copyright © 2017全ては跡地。 All Rights Reserved.

   Designed by:paritto