スポンサーリンク

2013 12/25

雪歩「ラヴェルのボレロと缶コーヒー」





1 ◆K8xLCj98/Y [saga] :2013/12/24(火) 23:56:44.63 ID:jff72Nth0



 お仕事が終わって事務所を出て、もう2時間は経ったでしょうか。
 私は未だに、ひとりであの人を待っています。

「……はぁ」

 真ちゃん、まだお仕事が終わらないのかなぁ。
 すっごく嬉しくて、待ち合わせ場所に1時間も早く来てしまったから……自業自得、だと思います。

 21時。冷たい風をコートでしのぎました。
 22時。首元をあたためようと、マフラーをつけました。
 23時……まだ、来ません。










スポンサーリンク




2 ◆K8xLCj98/Y [saga] :2013/12/24(火) 23:57:30.91 ID:jff72Nth0



「ジュースでも買おうかな」

 100円玉で買えるぬくもり。
 あるアーティストは自分の歌の中で、そのセンテンスでホットコーヒーを表現したそうです。

 私も素敵な文章を書きたいなぁ、なんて思いながら100円玉を取り出します。
 缶コーヒーは120円。彼の生きた時代とはもう変わってしまっていることを、肌で感じました。




3 ◆K8xLCj98/Y [saga] :2013/12/24(火) 23:59:21.60 ID:jff72Nth0



 ブラックの缶コーヒーを飲めるようになったのはつい最近。
 真ちゃんの趣味です。

 無糖どころかカフェオレすら飲めなかった私も、いつしかコーヒーを好きになっていきました。
 真ちゃんとお話したいなあ。誕生日ももうすぐ終わってしまいます。

「……いいや」

 プルタブを起こす前に、このコーヒーをカイロ代わりに使おうと思って開けるのをやめました。




4 ◆K8xLCj98/Y [saga] :2013/12/25(水) 00:00:24.38 ID:R+XlQCg50



 メッセージは未読のまま。30分前にした電話も、留守番電話でした。
 遅れる、という連絡もないから……少し不安になります。

 デパート横の街頭ビジョンから延々とリピートされているクラシック曲。
 ラヴェルのボレロ。

「なんでこの時期なんだろう?」

 ボレロはクリスマスソングではなかったはずです。
 お店の人の趣味なのかなぁ。




5 ◆K8xLCj98/Y [saga] :2013/12/25(水) 00:01:25.87 ID:R+XlQCg50



 いつかお父さんがプレゼントしてくれた銀の腕時計は、今の時間が日付の変わる30分前だということを伝えてくれました。

「……電話、しちゃおうかな」

 電話帳をタップすると出てくる名前。
 特に電話をかける人の名前欄には、最初に星のマークをつけています。

 そしてよみがなの最初に「あ」と入れることで、一番上に来るようにしているんです。




6 ◆K8xLCj98/Y [saga] :2013/12/25(水) 00:02:48.56 ID:R+XlQCg50



「…………でもずっと電話が来ない、ってことは」

 忙しいんだろうな。
 そんな時に電話をするのも、悪いなぁ。

 それでも……もし、事故にあっていたら。

 恐ろしい考えが頭のなかを駆け巡って、私は通話をタップしました。




7 ◆K8xLCj98/Y [saga] :2013/12/25(水) 00:03:28.62 ID:R+XlQCg50



『もしもしー? どうした雪歩』

 ……プロデューサーの。

「あ、いえ……その、お疲れ様です、プロデューサー」

『おー。俺はもう仕事が終わって家に帰る途中だけどな』

 ちょっと待っててくれ、ハンズフリーに切り替える。と言って、数秒静かになります。

『どうしたんだ?』




8 ◆K8xLCj98/Y [saga] :2013/12/25(水) 00:04:18.50 ID:R+XlQCg50



「その……今日、真ちゃんと待ち合わせをしていたんですけど、まだ……来なくて」

『あー、そっか。連絡してなかったな。真、今日の収録が長引いちゃってさ。終わったのがさっきなんだよ』

 ……良かった、忘れてたわけじゃなかったんだ。

「そ、そうなんですか……」

『うん、22時になるちょっと前だな』

 それなら、事務所からそれほど遠くないこの場所にはもう着いているはず。
 やっぱり何かあったのかもしれません。




9 ◆K8xLCj98/Y [saga] :2013/12/25(水) 00:07:46.95 ID:R+XlQCg50



『……だってもう、日付が変わっちゃうぞ。今夜はどうするんだ』

「本当は22時にご飯を食べて、スイーツを食べて……ビジネスホテルに泊まる予定でした」

 そして明日の朝、温泉街の旅館に移動して……2日間のオフを使って旅行をするんです。
 そういうとプロデューサーはため息をつきました。

『雪歩、そういうのはちゃんと俺に伝えてくれないと』

「ごめんなさい、律子さんには伝えたんですけど……」

 プロデューサーはいつも忙しそうにしているから、言おうと思っても言えなかったんです。
 今日の仕事だってずっと真ちゃんにつきっきりで。

 真ちゃんが言ってくれてたんだと思ってました。




10 ◆K8xLCj98/Y [saga] :2013/12/25(水) 00:09:36.72 ID:R+XlQCg50



「……すみません、プロデューサー。真ちゃんが来たら連絡します」

『分かった。俺も真に電話してみるよ』

「ありがとうございます。それじゃあ、おやすみなさい」

『ああ、おやすみ。……あと、誕生日おめでとうな』

「あっ、ありがとうございます!」

 そう言えば、今日はプロデューサーに会っていなかったなぁ。
 ちゃんと覚えててくれたんだ。嬉しいな。

 マフラーの端をぎゅっと掴みます。




11 ◆K8xLCj98/Y [saga] :2013/12/25(水) 00:16:13.84 ID:R+XlQCg50



 日付が変わる20分前。まだボレロは流れていて、その単調なリズムが一層と私の不安をかきたてていきました。

「……大丈夫、かな」

 前に真ちゃんが倒れたことがあったんです。
 今年の夏、春香ちゃん、千早ちゃん、私、真ちゃんの4人でプールに行こう、となったとき。

 前日の仕事が夜遅くまで続いたようで……真ちゃんがプールサイドでふらついていたのを、千早ちゃんが支えていました。
 寝不足の身体で体力を消耗したから、フラッと倒れてしまって。

 それ以来です。
 みんなが前よりもずっと、お互いの身体のことを気遣うようになったのは。




12 ◆K8xLCj98/Y [saga] :2013/12/25(水) 00:22:09.72 ID:R+XlQCg50



 ポケットから缶コーヒーを取り出すと、さっきよりもずっとぬるくなっていました。
 そろそろ飲んじゃおうかな。

 ……真ちゃんも、まだ来てくれない。

「……寒いな」

 携帯電話の電池も、残り少なくなってきました。
 せめて真ちゃんから電話が来た時にすぐにかけられるように、バッテリーをもたせておかなきゃ。

 東京の気温は7度。
 雪は降りません。
 ただ寒いだけのクリスマスは、少し味気ないように思えます。




13 ◆K8xLCj98/Y [saga] :2013/12/25(水) 00:26:47.38 ID:R+XlQCg50



 ホワイトクリスマスだね。
 この間収録が終わった単発ドラマで、私の演じるヒロインが何度も言っていた台詞です。

 実際に雪が降れば、素敵なクリスマスになるんだけどなぁ。


 もう何度も聞いたかわからない、ボレロのクライマックス。
 同じテンポで進んでいく曲が段々と壮大になって、最高潮を迎えていきます。

 大きなシンバルの音で、音楽が止まりました。




14 ◆K8xLCj98/Y [saga] :2013/12/25(水) 00:31:31.91 ID:R+XlQCg50



 千早ちゃんに、ボレロのストーリーを聞いたことがあります。
 酒場の舞台で足慣らしをしていた踊り子が、だんだん振りを大きくすると、
 無関心だった周りのお客さんが興味を持ちだして、みんなで一緒に踊る。

 曲を聞いていると、その光景が目に浮かぶようです。

 ずっと同じリズムを保ちながら、徐々に鳴り響く楽器も増えていって――一番盛り上がった所で収束する。

 私がアイドルになってから今に至るまで、と少し似ているような気もします。




15 ◆K8xLCj98/Y [saga] :2013/12/25(水) 00:34:00.99 ID:R+XlQCg50



 プロデューサーがいたから、アイドルの仲間がいたから。
 たくさんのファンの期待に応えようとお仕事が出来る。

 それってとっても、幸せなことなんだな……って、思うんです。

 街頭ビジョンから流れていたボレロは、さっきと同じようにリピート再生がされないまま。
 何も流れてきません。




16 ◆K8xLCj98/Y [saga] :2013/12/25(水) 00:37:56.67 ID:R+XlQCg50



 2時間以上延々と流れていたのに、どうして急に止まっちゃったんだろう?
 そう思って、真後ろの街頭ビジョンの方向を向いた瞬間、でした。

「……あ」

 駅の出口から、私の待つこの場所まで――。
 ペデストリアンデッキを走ってここに向かってくる人がいました。

 見覚えのある、私と色違いのコートを着て。




17 ◆K8xLCj98/Y [saga] :2013/12/25(水) 00:39:46.55 ID:R+XlQCg50



「真ちゃん!」

「雪歩……ごめん! こんなに遅れちゃって」

「私、真ちゃんに何かあったんじゃないか、って心配で」

「雪歩への誕生日プレゼントを買う時間が無くて……選ぶのに、時間がかかっちゃってさ」

 そんでほら、と真ちゃんは真っ暗な画面の携帯電話を取り出します。

「電池、無くなっちゃって」

 公衆電話を探す時間が勿体無くて、急いでここに来た……ということみたいです。




18 ◆K8xLCj98/Y [saga] :2013/12/25(水) 00:41:06.25 ID:R+XlQCg50



「でも……間に合って、良かった」

「え?」

「24日のうちに、雪歩に会えたから」

 時計を見ると、針は限りなく0時に近づいていて……でも、まだ日は変わっていません。

「お誕生日、おめでとう。雪歩」

「ありがとう……ありがとう、真ちゃん」




19 ◆K8xLCj98/Y [saga] :2013/12/25(水) 00:43:00.96 ID:R+XlQCg50



「わわっ、日付が変わっちゃう」

 真ちゃんは黒いデジタルの腕時計を見て、慌てて鞄から赤い包装紙で包まれた箱を取り出してきました。

「……誕生日プレゼント」

「ありがとう……開けてもいい?」

「うん」

 包み紙を丁寧に剥がして、箱を開けると。




20 ◆K8xLCj98/Y [saga] :2013/12/25(水) 00:45:07.94 ID:R+XlQCg50



 ガラスの中には、かわいいサンタクロースとトナカイさんがいました。
 楽しく踊っているのかな。ボレロの踊り子みたいに。

「……スノードーム?」

「そう。でもね、それだけじゃないんだ」

 真ちゃんは前のフタを開けてみて、といいます。
 電池ボックスのようなプラスチックのフタを開けると、銀色の指輪が2つ、出てきました。

「……ペアリングだ」




21 ◆K8xLCj98/Y [saga] :2013/12/25(水) 00:48:09.94 ID:R+XlQCg50



 そう言えば秋ぐらいに、おそろいのアクセサリーが欲しいねって言ったなぁ。
 覚えててくれたんだ、真ちゃん。

「……ありがとう、ありがとう。真ちゃん」

「えへへ。ボクのほうこそ、雪歩とこうやって過ごせて……すっごく嬉しいよ」

 真ちゃんと一緒に、指輪を左手の中指にはめます。
 親友のことを大切にするには、中指にはめるのが良いらしいから。

「……おそろい、だね。雪歩」

「うん……ふふっ」




22 ◆K8xLCj98/Y [saga] :2013/12/25(水) 00:51:38.77 ID:R+XlQCg50



 突然、聞き覚えのあるメロディーが聞こえてきました。
 後ろの街頭ビジョンから聞こえる、鈴の音。

『You better watch out... you better not cry...』

「誕生日、終わっちゃったね……ごめん、本当に遅くなって」

「……いいの、こんなに素敵なクリスマス、過ごしたことないもん」

 サンタが街にやってくる。
 クリスマスの定番のその歌は何度も聞いたはずなのに、初めて聞いた歌のように新鮮に身体の中に入って行きました。




23 ◆K8xLCj98/Y [saga] :2013/12/25(水) 00:53:40.31 ID:R+XlQCg50



「……よいしょ」

 真ちゃんがスノードームのスイッチを入れると、白い明かりが中のサンタクロースたちを照らしました。
 そしてオルゴールの音と一緒に、雪が降り始めました。

「……真ちゃん」

「うん?」

「ホワイトクリスマス、だね」

 素敵なクリスマス。微笑んだ真ちゃんの手を握ると、さっきのコーヒーよりもずっと温かい気がしました。




24 ◆K8xLCj98/Y [saga] :2013/12/25(水) 00:55:52.01 ID:R+XlQCg50



「ご飯、どうする?」

「もともとお店のことは何も考えてなくて……ファミレスでもいいかな」

「ボクは構わないけど……雪歩はそれでいいの?」

「うん。真ちゃんと食べるご飯だったら、なんでもおいしいよ」

「嬉しいこと言ってくれるなぁ」

 手を繋いで夜の街を歩くクリスマス。
 イヴよりも素敵な一日になりますように。

 サンタクロースには、そんなことをお願いしてみたり。




25 ◆K8xLCj98/Y [saga] :2013/12/25(水) 00:56:33.09 ID:R+XlQCg50



 誰かを待ってる雪歩がかわいいなーと思って書きました。
 お読みいただき、ありがとうございました。お疲れ様でした。



転載元:雪歩「ラヴェルのボレロと缶コーヒー」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1387897004/


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SS765プロゆきまこ雪歩12月24日は雪歩の誕生祭

(3)

AFTER 早坂美玲「…………さむっ」

BEFORE 高森藍子「メリークリスマス、、、。」

すごい俺のツボにはまった
また書いて欲しいな
[ 2013/12/25 22:48 ] [ 編集 ]
雰囲気が良かったよ、楽しかった
[ 2013/12/26 15:53 ] [ 編集 ]
すごく良かった!
[ 2014/01/07 13:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

雪歩「ラヴェルのボレロと缶コーヒー」

Copyright © 2019全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto