スポンサーリンク

2013 10/15

小梅「白坂小梅のラジオ百物語」Season4 第四十一夜



38 ◆E31EyGNamM [saga] :2013/10/13(日) 21:25:52.95 ID:y4Q3BJqeo



第四十一夜 四階


ほたる「それではそろそろ次のコーナーへと……」
srgkhtr5.jpg

茄子「次はアイドル百物語ですね。今日はどのような?」
tkfjkk.jpg

小梅「今日は……怪談としては、正統派」
srskkum5.jpeg

ほたる「ありそうな……ということでしょうか?」

小梅「ううん。人づての話……だから」

茄子「ああ、なるほど。体験談ではなく、人の間を伝わってきた話なんですね」

小梅「……うん。今回は体験談は、難しいと思う」

ほたる「え? それはなんででしょうか?」

小梅「こ、今回は、安部菜々さんに、お話聞いてきたから……」

茄子「ふむ。たしかに、菜々さんはウサミン星人ですからね」

小梅「そう。ウサミン星人と、ち、地球人は常識が違う……から」




前スレ
小梅「白坂小梅のラジオ百物語」Season 4 第四十夜
シリーズスレ
白坂小梅のラジオ百物語





スポンサーリンク



39 ◆E31EyGNamM [saga] :2013/10/13(日) 21:26:35.36 ID:y4Q3BJqeo




ほたる「……そ、そういうものですかね?」

小梅「うん。た、たとえば、ウサミン星人はテレパシーが使えるから、化かされるようなことはないって言ってたし……」

ほたる「……そうなんですか」

小梅「あ、あと宝石みたいな……きらきら光る結晶で出来た猫がいて、みんなの悪夢を食べてくれるらしい……」

茄子「さすがですね、ウサミン星」

小梅「う、うん。すごい……」

ほたる「ええと……。ともあれ、今日はウサミン星の特集ではないので、そのあたりにして、菜々さんのお話へと参りましょうか」

小梅「うん。では……聞いてください」




40 ◆E31EyGNamM [saga] :2013/10/13(日) 21:27:04.45 ID:y4Q3BJqeo



安部菜々
abnn.jpg


○一言質問
小梅「ウサミン星人の霊って……いる?」
菜々「え? ええと……ウサミン星では、年を取ると、みんな銀河鉄道に乗って別の宇宙へ向かうので……」




41 ◆E31EyGNamM [saga] :2013/10/13(日) 21:28:06.96 ID:y4Q3BJqeo



 ……えーっと、ウサミン星の話で盛り上がっちゃいましたけど、そろそろ始めましょうか。

 はい。
 みなさん、こんばんは!
 ナナです!!

 今日は、よろしくお願いしますね。

 それで、さっきも小梅ちゃんと話していたんですけど、ウサミン星人の怪談はきっとこの番組の趣旨にはあいません。
 だから、人から聞いた話になるんですが、なんだか忘れられない、不思議な話をしようと思います。

 これは、ナナが高校生の頃……じゃなかった、高校一年の時に学校の先生に聞いた話です。
 その先生が高校生だった頃に経験したと言ってましたから……。

 実際に起きたのは、結構前のことになりますね。




42 ◆E31EyGNamM [saga] :2013/10/13(日) 21:29:38.59 ID:y4Q3BJqeo



 さて、当時高校男子だった先生は修学旅行に行きました。

 みんなでいろんなところを回って、そして、旅館に入ってわいわい騒いで……。
 このあたりまでは当たり前の光景ですね。

 事が起きたのは、さすがの高校生も眠くなり始める真夜中近く。
 消灯時間もとっくに過ぎ、布団に入って語り合ったりするものの、だんだんと脱落者が出て静かになる時間。

 先生の部屋では、昼間にはしゃぎすぎたのか、みんなして結構あっさりと眠りに落ちてしまったそうです。
 ただ一人、先生を除いて。

 先生は慣れない環境故にか目がさえてしまい、しかたなく、飲み物でも買おうと廊下に出たそうです。

 ただ、廊下に出てみて思い出したのですが、その旅館には、各階に自動販売機があったりはしなかったんです。




43 ◆E31EyGNamM [saga] :2013/10/13(日) 21:31:38.05 ID:y4Q3BJqeo



 自販機コーナーがあるのは、先生たちの部屋がある新館からだと地下でしかつながっていない、旧館のロビー部分。

 引率の教師の目を盗んで買いに行くには遠い距離です。
 泊まってる部屋のそばの廊下に出てるだけならまだしも、そんな遠くまでいってるのが見つかれば、怒られるのは確実ですからね。

 まあ、いまどきは、そんな一部にしか自販機がない旅館なんて、ほとんどないでしょうけど……。
 なにしろ、昔の話ですし。

 ともあれ、どうしようかと考えていると、ふと上の階への階段が見えました。
 そちらへと目をやってから、先生は首を傾げたそうです。

 あれ、おかしいな、と。

 その旅館の新館部分は、先生たちがいまいる三階が最上階のはずでした。
 それなのに、階段の向こうには、自分がいまいるのと同じような廊下があるように見えます。

 なによりも、そこには自販機がぴかぴかと光を放ちながら鎮座していたのです!




44 ◆E31EyGNamM [saga] :2013/10/13(日) 21:32:40.06 ID:y4Q3BJqeo



 不思議に思いながらも、先生は喜んで階段を上り、お金を投入。
 いそいそとジュースを買いました。

 ジュースを飲み干しながらその階を眺めたかぎりでは、普通に客室もあるようでした。

『うちの学校が使う部分が三階までってことだったのかな?』

 先生は、そう考え、初めて飲んだジュースに満足しながら、部屋に戻ったとか。


 ところが。


 翌朝、朝食を食べに部屋を出てみると、夜中に見た、そして、上ったはずの階段がありません。

 教師や友達に確認してみても、宿の人に聞いてみても、上への階段なんてあるはずがないと言われます。
 三階が最上階なのに、上の階があるわけがない、と。




45 ◆E31EyGNamM [saga] :2013/10/13(日) 21:34:04.06 ID:y4Q3BJqeo



 しかし、先生は上ったんです。
 ジュースを買って飲んだんです。

 あまりにしつこく食い下がったからでしょうか。
 宿の人は、従業員スペースの奥にある、外階段を見せてくれたそうです。

 それは保守点検用に作られた、屋上へとつながる短く狭い階段で……。


 もちろん、四階なんかそこにはありませんでした。


『思い返してみると、見たことないジュースばかり並んでいたよ。でも、別の地方だし、そんなものかと思っていたしなあ……』

 先生はそんな風に言って残念がっていました。

『あの自販機に並んだものを買い込んでおけばよかったよ。証拠にもなったし……』

 なによりも、そのとき飲んだものは、実に美味しかったそうですよ。
 大人になっても、それに匹敵するものが見つからないくらいに。




46 ◆E31EyGNamM [saga] :2013/10/13(日) 21:35:01.88 ID:y4Q3BJqeo



 先生はその夜、どこへ行ったんでしょうね。

 もしかしたら、不思議な場所っていうのは、本当に身近なところにあるのかもしれません。
 ウサミン星と同じくらい……身近に。




47 ◆E31EyGNamM [saga] :2013/10/13(日) 21:35:46.85 ID:y4Q3BJqeo




茄子「どんな味だったんでしょうねぇ」

ほたる「でも、別の時空の……飲み物ですよね? たぶん……」

小梅「うん……」

茄子「神話や伝説だと、違う世界の飲み物や食べ物を摂取すると、人の世界へ戻って来られないというのがありますよね?」

小梅「……うん。イザナミとかペルセポネーとか……」

ほたる「そういうものなんですか……」

小梅「うん……。その土地のものを凝縮した象徴的なものが、食べ物や飲み物だって意識があるから……」

ほたる「なるほど……」

茄子「この先生はするっと戻ってこられたということは、そこまで違う世界でもない、本当に近い場所だったのかもしれません」

ほたる「というと?」




48 ◆E31EyGNamM [saga] :2013/10/13(日) 21:37:12.30 ID:y4Q3BJqeo




茄子「たとえば、その時だけ、十何年後かにつながっていたとか……。今頃は増築されて四階があるとか」

小梅「……タイムスリップ……」

茄子「……まあ、これはたとえばですけど。そんな風に考えると楽しくなってきますよね」

ほたる「たしかに……」

小梅「ただ……この先生は素直に飲み物を買っただけだからよかったけど……」

ほたる「けど?」

小梅「余計なことをしたら……戻ってこられなくなる、ってお話もたくさんある」

茄子「あるはずのない四階を探検してみたりしたら……とりのこされてしまっていたかもしれませんね」

ほたる「そうなったら……神隠しですね」

小梅「うん……」

茄子「あまり不思議なことに深入りしすぎても……ということでしょうかね」

小梅「そうかも……しれない」

ほたる「うむぅ……」

茄子「なにごとも程々がよいということでしょうか。それでは次のコーナーですが、今日は、『場違いな存在』、いわゆるオーパーツについて……」


 第四十一夜 終




49 ◆E31EyGNamM [saga] :2013/10/13(日) 21:38:13.27 ID:y4Q3BJqeo



 本日は以上です。
 ウサミン星はふしぎがいっぱい。



転載元:小梅「白坂小梅のラジオ百物語」Season4
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1381326554/


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SSモバマス白坂小梅のラジオ百物語小梅茄子ほたる菜々

(15)

AFTER 若林智香「悩みがあるんですっ」

BEFORE 律子「今夜は良い夢が見れそうね」

異世界の話はこのシリーズでも何回かあったけど、今回のが別段怖い。
何の意思も介在せず、ただただ”運良く助かった”らしいっていうのが嫌だ
[ 2013/10/15 02:46 ] [ 編集 ]
ウサミン星に繋がったのかもな
[ 2013/10/15 03:25 ] [ 編集 ]
こういう異世界に迷いこむ話を見ると、ウルトラQの「あけてくれ!」を思い出す。
異世界への扉は身近にあって、ほんの偶然で迷いこんでしまうのかも。
[ 2013/10/15 03:44 ] [ 編集 ]
観光なんかで初めて来た土地だったら勘違いか記憶違いってことで処理されるしね
[ 2013/10/15 05:47 ] [ 編集 ]
仮面ライダー龍騎のミラーワールドから出られなくなって、身体が崩壊したトラウマシーンを思い出した

#26855
ウルトラQのそれも覚えてるなぁ…
[ 2013/10/15 06:10 ] [ 編集 ]
初めての土地じゃ分からん事ばっかだもんなあ~
泊まった宿が曰く付きだったのを後日知ったとか、そういう話は多いし

それと… この『先生』って実は安部さんの同級生…(ここで通信が途切れる)
[ 2013/10/15 06:24 ] [ 編集 ]
>昔のお話ですし
・・・ああ、ナチュラルに地雷をw
[ 2013/10/15 06:50 ] [ 編集 ]
異世界の食事って食べちゃダメなんだけど、だからかやたら美味しそうに描写されるよね
[ 2013/10/15 08:35 ] [ 編集 ]
No.26859
ウサミンの先生が高校1年の頃なんだから昔の話で問題ないだろ(棒
[ 2013/10/15 09:59 ] [ 編集 ]
ウサミン星は我々のすぐそばにあるのかも知れない…
ほら、あなたの隣にも…
[ 2013/10/15 10:14 ] [ 編集 ]
茄子さんが、菜々がウサミン星人であることを当然のように扱っているのが笑えるw
[ 2013/10/15 10:52 ] [ 編集 ]
黄泉竈食ひっちゅうやつか
悪意も別次元も隔絶した話ではなく、
実際は自身と身近な地続きなものなんだな
[ 2013/10/15 13:25 ] [ 編集 ]
昔の話か……確かに(納得)
[ 2013/10/16 10:35 ] [ 編集 ]
仮に未来とリンクしたとしても
少なくとも、当時の硬貨が使用可能だった点からして
現代よりもちょっと昔かなぁ?

その点からすると、並行世界がリンク先だった
…の方がしっくり来るかもね
[ 2013/10/17 00:05 ] [ 編集 ]
2階しかないはずのビルのエレベーターに3階のスイッチがあったから押してみたら建て増しされた5年後に移動してたってロアを思い出した。
[ 2013/10/17 17:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

小梅「白坂小梅のラジオ百物語」Season4 第四十一夜

Copyright © 2021全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto