スポンサーリンク

2013 08/14

みちる「フゴフゴ!フゴフゴゴ!」幸子「ガボゴボガボゴボボ!」




1VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/08/13(火) 17:23:22.77 ID:vPggJ1CVo


美世「ブロロンブロロン」
hrdmy.jpg

みちる「フゴゴフゴゴ!」
ohrmcr.jpeg

幸子「ガボボ!」
ksmzsck3.jpg

美世「ブロロン?」

優「わんわん」
otyu2.jpeg

みく「にゃあ」
mekwmks.jpg

優「……わん! わんわん!」

みく「にゃ!? に、にゃあにゃあ!」

有香「押忍?」
nknyk4.jpg

幸子「ガボゴボ」

有香「押忍押忍!」






スポンサーリンク




2VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/08/13(火) 17:25:21.73 ID:vPggJ1CVo


法子「ジョボボボボ」
sinnrk.jpg

みちる「フゴフゴ!」

法子「ジョボ? ジョボボ!」

みちる「フゴ!」

みく「にゃあにゃあ」

美世「ブロロン」

菜々「ミミミンミミミン」
abnn.jpg

亜里沙「うさうさ」
mcdars2.jpg

菜々「ミミミン! ミミミンミミミン」

亜里沙「うさ?」

幸子「ガボ?」

菜々「……ミ!? ミミミン、ミミ、ミミミン!」



3VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/08/13(火) 17:27:45.82 ID:vPggJ1CVo


桃華「ですわ」
skrimmk0.jpg

有香「押忍!」

亜里沙「うさうさ」

桃華「ですわですわ」

法子「ジョボボボボボ」

美玲「……」
hyskmri3.jpeg

優「わん?」

美玲「っ! が、がおー!」

みちる「フゴ? フゴフゴ!」

幸子「ガボ、ゴボゴボ!」

美玲「がおー……」





卯月「何これ」
smmruzk3.jpg



4VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/08/13(火) 17:30:07.36 ID:MMr4YfM9o


俺「なにこれ」



5VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/08/13(火) 17:31:18.16 ID:vPggJ1CVo


P「お、卯月!」

卯月「あ、プロデューサー!」

P「お前はいつも通り普通みたいだな」

卯月「いつも通りって何ですか!」

卯月「それより何があったんですか?」

P「分からん、今晶葉が頑張って解析中だ」

都「これは……事件の予感!」
anzimyk4.jpg

P「どうだ晶葉、何か分かったか?」

晶葉「現段階では何とも言えないな……」
ikbkrakh5.jpg

都「ちょっと! 無視しないでくださいよ!」



6VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/08/13(火) 17:32:14.25 ID:o4lL7sIro


スレタイだけで吹いた



7VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/08/13(火) 17:34:01.00 ID:vPggJ1CVo


P「事件なのは誰が見ても分かるよ」

都「ぬぬぬ……」

晶葉「今分かることは、彼女達の言葉は私達には分からないが、彼女同士では言葉が通じているということだな」

P「菜々が自爆してるのはなんとなく分かるけどな」

P「ところで、お前達は今のところ大丈夫なのか?」

晶葉「ああ、今後どうなるか知れたことではないけどな」

都「まあ普段通りですよ。でもあの人達に自覚症状は無さそうですね……」

卯月「どうせ普通だから何でもないですよーだ……」

P「なぜいじけてるんだ?」



8VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/08/13(火) 17:36:54.00 ID:vPggJ1CVo


P「とにかく、この状況を早いとこ何とかしないとな」

P「このままでは仕事に影響が出かねない、いや出る」

都「真実はいつも一つ! 名探偵であるこの私がズバッと解決してみせましょう!」

晶葉「興味深い事例だからな、科学者であるこの私がバッチリ解明してみせよう」

都「ですから」

晶葉「なので」

都「優秀な助手に手伝っていただきましょう!」

晶葉「優秀な助手に手伝ってもらえると助かる」

二人「……」



9VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/08/13(火) 17:39:04.14 ID:vPggJ1CVo


都「Pさんは私と一緒に事件を解決するんです」

晶葉「Pは私と共に原因究明するんだが」

都「私の助手です!」

晶葉「いいや私の助手だ!」

P「どっちの助手とかどうでもいいから早くなんとか」

二人「どうでもよくない!」

P「お、おおう……?」

卯月「えっと、じゃあ私がプロデューサーの助手になります!」

P「それ何も解決してない」



10VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/08/13(火) 17:41:32.06 ID:vPggJ1CVo


都「あなたの助手は卯月さんでいいじゃないですか」

晶葉「君こそ助手は卯月くんで十分だろう?」

卯月「なんか私の扱い酷くない?」

P「いやもうなんでもいいから、早いとこな?」

卯月「ここはみんなで協力しましょう! ね?」

都「仕方ないですね……」

晶葉「うむ、そうだな……」

晶葉「それじゃあPよ、私達が原因を探る間、彼女達の相手を頼む」


みちる「フゴフゴゴ!」

幸子「ガボゴボボ!」


P「……」

P「えー……?」

都「いや、えー、じゃなくてですね」



12VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/08/13(火) 17:46:45.68 ID:vPggJ1CVo


P「だっていくら聞いてもやっぱり理解出来ないんだぞ?」

晶葉「大丈夫、今まで培ったPと彼女達の絆があれば何とか切り抜けられるはずだ」

P「綺麗事言われたってさあ」

都「とにかく! こっちは任せてください!」

P「あー、分かった分かった」

P「お前達、ホントに頼むぞ?」

都「お任せあれ! この手で真実を照らし出してみせます!」

晶葉「この私の頭脳にかかれば造作もない事さ」

卯月「えっと……がんばりますね!」



13VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/08/13(火) 17:49:18.40 ID:vPggJ1CVo


P「さて……」


美世「ブロロンブロロン」

桃華「でですわ、ですわわ」

美玲「がお?」


P「……わざわざ俺から突っ込むこともないよなあ」

P「とりあえず、俺の仕事をしよう、書類が溜まってるんだ」

幸子「ガボゴボ」

P「……」カタカタ

幸子「ガボゴボー!」

P「え? ああ、幸子か、どうした?」

幸子「ガボゴ、ガボボボガボ!」

P「すまんかったって」

幸子「ガボゴボ、ゴボボガ!」

P「あ? あー……」

P「(何言ってるのかさっぱり分かんねえ)」



14VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/08/13(火) 17:51:37.69 ID:vPggJ1CVo


幸子「ガボボボ?」

P「あ、ああそうだな」

P「今度バンジージャンプの取材入れておくよ」

幸子「ガボ!?」

P「なーに、スカイダイビングをこなしたお前なら出来るさ!」

幸子「ガ、ガボゴ、ガボ!」

P「じゃあ俺、ちょっち忙しいから」

幸子「ガボ、ガボー!」

P「……」カタカタ

幸子「……ガボ……」



15VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/08/13(火) 17:54:19.93 ID:vPggJ1CVo


みちる「フゴゴ!」

P「ん? みちるか」

みちる「フゴフゴゴ、フゴゴ」

P「口の中の物を飲み込んでから話してくれないか」

みちる「フゴ?」

P「ん? あー、特に何も詰め込んでないのか……」

P「(やりにくいよなあ……)」



16VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/08/13(火) 17:57:08.62 ID:vPggJ1CVo


みちる「フゴフゴフゴ、フゴフゴ」

P「えーっと……」

P「分かった、今度一ヶ月一万円生活に参加できるように掛け合ってみるよ」

みちる「フゴ!?」

P「なーに、みちるなら食費さえ節約すればいい線行けるさ!」

みちる「フゴー! フゴー!」

P「じゃあ俺、そこそこ忙しいから」

みちる「フゴゴー!」

P「……」カタカタ

みちる「フ、フゴ……」


P「……」

P「よし、今のところ何とか切り抜けられているな!」



17VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/08/13(火) 18:00:17.51 ID:TKYIK4Fso


意味がわからないわ



19VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/08/13(火) 18:00:52.32 ID:vPggJ1CVo


法子「ジョボボボボ」

P「分かった、しばらくドーナツ禁止な」

法子「ジョボ!?」


美世「ブロロンブロロン」

P「えっと、車のエンジンの爆発実験をアナウンスする仕事が入ってさ」

美世「ブ、ブロロ……」


みく「にゃあにゃあ」

P「はいはいファンやめファンやめ」

みく「にゃ、にゃにゃにゃにゃあ……?」

P「(ある意味ブレてないな)」



20VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/08/13(火) 18:03:31.97 ID:vPggJ1CVo


P「……」カタカタ

卯月「プロデューサー」

P「卯月か、何か進展があったか?」

卯月「晶葉ちゃんと都ちゃんが呼んでますよー」

P「分かった、すぐ行こう」

卯月「えっと、こっちは大丈夫でしたか?」

P「ああ、意外と何とかなった」


亜里沙「うさうさうさ……」ヒソヒソ

菜々「ミミミンミミミン……」ヒソヒソ


卯月「(……本当に大丈夫だったのかな?)」



21VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/08/13(火) 18:06:13.74 ID:vPggJ1CVo


晶葉「来たか、Pよ」

P「おう、何か分かったのか?」

都「バッチリです! 解決方法まで把握済みですよ!」

P「本当か! 随分と早かったんだな」

都「私の明晰な推理力のおかげですよ!」

晶葉「私の堪能な解析力のおかげだな」

二人「……」

卯月「ま、まあ、二人共頑張ってくれました、はい!」



22VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/08/13(火) 18:10:54.37 ID:vPggJ1CVo


P「よくやってくれたよ、今度夕食奢るよ!」

都「え? あ、その、はい」

晶葉「ん? う、うむ、そう言うのならば……」

卯月「(ナチュラルに誘うんだもんなあ……二人共顔赤いよ)」

卯月「あれ、私は?」

P「え? 卯月は何かしたか?」

卯月「ちょっと!」

P「冗談だよ、卯月も一緒に奢ってあげるよ」

卯月「一緒に……ですか」

P「ん?」

卯月「いえいえ、何でもないですよー?」

都「(なんだ、皆一緒なんですか……)」

晶葉「(二人きりじゃないのか……)」

卯月「(まあプロデューサーのことだからそんなことだろうと思ってましたよ)」



23VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/08/13(火) 18:13:52.57 ID:vPggJ1CVo


P「でだ、判明した事を教えてくれないか」

晶葉「ん、そうだな」

晶葉「彼女達の言動を詳細に把握して、より詳しい解析をしてみた」

晶葉「すると最近感染者が増えてきたある症状に酷似している事が判明したのだ」

P「それは?」

晶葉「それは……」



24VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/08/13(火) 18:15:25.36 ID:vPggJ1CVo


『うっうー!』







晶葉「鬱憂鵜連呼症候群だ」

P「なんだそりゃ」



25VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/08/13(火) 18:18:45.37 ID:vPggJ1CVo


晶葉「簡単に言うと、感染した人は自分のアイデンティティとなる言葉を繰り返し発するようになる」

晶葉「いや、それしか言わなくなると言った方が正しいかな」

P「アイデンティティがガボゴボの幸子って何なの?」

晶葉「置いておけ、話を進めるぞ」

都「さっきチラッと窓の外を見ましたが、同じような症状が出ている人は誰一人として見かけませんでした」

都「無差別に感染するのならば、私達やPさんだって無事でいられるわけがありませんからね」

P「それもそうだな」

都「つまり、元凶はこの事務所の中にいるわけですよ!」

P「ちひろか!」

ちひろ「違います!」

P「うお! ちひろさんいたの!?」

ちひろ「気付いてくれないだなんてひどいです……」



26VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/08/13(火) 18:18:45.47 ID:8xVnYyVcP


やよいは可愛いなぁ



27VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/08/13(火) 18:21:57.61 ID:vPggJ1CVo


晶葉「私達もそう思って捕まえて尋問したんだが、どうやら違うらしい」

ちひろ「私は何も知りませんから早く縄を解いてください……」

晶葉「シロならばもう解放してもいいかな」

卯月「解きますよー」

ちひろ「ふう……ていうかどうして皆さん真っ先に私を疑うんですか……」

P「だって、なあ?」

都「ですよねえ?」

晶葉「そうだよなあ?」

ちひろ「私を何だと思ってるんですか!」

都「鬼!」

晶葉「悪魔!」

P「幾多の魑魅魍魎を率いる冷酷で残虐な閻魔大王!」

ちひろ「しばくぞお前ら!」

卯月「もういいから話進めましょうよ……」



28VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/08/13(火) 18:24:55.76 ID:vPggJ1CVo


晶葉「ごほん!」

晶葉「元凶は置いておいてだな、まずは解決法を言うぞ」

都「鬱憂鵜連呼症候群について過去の資料を調べてみました」

都「するとなんと! かの有名な765プロでも同じ症状が流行っていたのです!」

P「765プロだって!?」

P「でも昨日あそこのアイドルと会ったけど、特に何ともなかったぞ?」

卯月「やよいちゃん可愛かったですよね!」

晶葉「そう、765プロではその症状に対して治療法を把握していたということだ」

晶葉「そこで私は765プロ所属のアイドルと併せて解決法を模索してみた」

晶葉「その結果……」



29VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/08/13(火) 18:27:14.96 ID:vPggJ1CVo


『うっうー! うっうっうっうっうー!』

『きゃぴぴぴぴーん! きゃぴぴぴぴーん!』

『はいさい! はいさいさいはいはいさいはい!』







『ヴ ァ イ !!!』



30VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/08/13(火) 18:29:57.22 ID:vPggJ1CVo


卯月「私ですか!?」

晶葉「そう、卯月くんの体内成分から鬱憂鵜連呼症候群に対する特効薬が出来る筈だ」

晶葉「何故か、と言われるとちょっと口を噤むが……」

卯月「うわ、気になる……」

P「とにかく、何とかなるということだな?」

晶葉「そうだな」

P「良かったー……」

晶葉「後は私と卯月くんに任せてくれれば大丈夫だ」



32VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/08/13(火) 18:34:23.10 ID:vPggJ1CVo


都「では今度は元凶を探しましょう!」

都「大本を叩かなければ、同じ事が再び起こらないとは限りませんからね」

P「元凶と言っても、ちひろさん以外には心当たりが無いんだが」

ちひろ「今度ぼったくる」

都「なんの、ある程度予測できますよ」

都「鬱憂鵜連呼症候群は、経口感染なのです」

P「経口感染?」

都「つまりウイルスの含まれる飲食物を摂ると感染するということですね」



33VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/08/13(火) 18:37:22.19 ID:vPggJ1CVo


都「そして鬱憂鵜連呼症候群ウイルスの潜伏期間はおよそ20時間!」

都「事務所の皆さんは何時頃発症しましたか?」

ちひろ「朝9時頃には既に皆さんあんな感じでした」

P「その時から今までどこ行ってたんですか」

ちひろ「ずっと隠れてましたよ、なんか怖かったですもん!」

卯月「気持ちは分かります」

都「その時間から逆算すると、昨日の午後1時前後」

都「その時間帯にウイルスの含まれる飲食物を口にしたと思われます」

都「心当たり、ありますか?」



34VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/08/13(火) 18:41:49.83 ID:vPggJ1CVo


P「心当たりか……」

P「そういえば、昨日の午前中は765プロとの合同の仕事があって……」


『うっうー!』

『これ、事務所の皆さんと一緒に食べてください!』


P「高槻やよいさんからお菓子を貰った」

卯月「あー、あのお菓子、確かに正午を過ぎたあたりに皆で食べましたね」

卯月「美味しかったですよ、あのお饅頭」

都「そ れ だ !」



36VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/08/13(火) 18:44:52.09 ID:vPggJ1CVo


都「原因はそれです! 間違いない!」

P「マジで?」

卯月「でも私、何ともないですよ?」

晶葉「卯月くんは耐性を持っているからね、そりゃあ何ともないだろう」

卯月「あ、さいですか」

都「ところで……Pさんも食べたんですよね? それ」

晶葉「な、何ともないのか?」

P「……」

P「俺、つぶあんは苦手なんだ」

卯月「そういえば食べてませんでしたね」

二人「(ほっ……)」

ちひろ「(私貰ってないどころか今初めて聞いたんですけど……)」



37VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/08/13(火) 18:47:22.79 ID:vPggJ1CVo


晶葉「そのお菓子が入っていた箱は残っているかな?」

晶葉「今の話が本当ならその箱からウイルスが検出されるだろう」

P「うーん、犯人は765プロのやよいさんだったのか……」

P「一体何の目的で……」

晶葉「ともあれ、もうすぐ特効薬が出来上がる」

晶葉「これを投与すれば今回の事件は解決だ」

都「私の名推理の」

晶葉「私の名解析の」

二人「……」



38VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/08/13(火) 18:49:34.24 ID:vPggJ1CVo


P「二人共頑張ったよ、偉い偉い」ナデナデ

都「え、あ……えへへ」

晶葉「ん、えと……うむ」

卯月「(デレデレというか、チョロいというか)」

卯月「それで、私は?」

P「なんかやったか?」

卯月「おい!」

P「冗談だってば! 卯月がいないと特効薬出来なかったもんな!」

卯月「そうですよ、感謝してくださいね! えっへん!」



39VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/08/13(火) 18:51:48.00 ID:vPggJ1CVo


「……」

「うっうー……」

「どうやら失敗に終わったみたいです」

「次からは警戒されるだろうし、今度はどうしましょうか……」


「やよいー、仕事行くぞー」

「あ、はーい!」



40VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/08/13(火) 18:53:39.42 ID:vPggJ1CVo


翌日

幸子「ちょっとプロデューサーさん! バンジージャンプとか本気ですか!」

みちる「一ヶ月一万円生活なんて本当にやらせるつもりですか! ねえ!」

P「あーいや、その、な? とりあえずみちるは食べカス飛ばさないでくれるか」



卯月「何あれ」

晶葉「昨日のツケ、だそうだ」

卯月「さいですか」



41VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/08/13(火) 18:55:28.98 ID:vPggJ1CVo


都「ふっふっふ、一段落つきましたし……」

晶葉「ふむ、そうだな……」

卯月「ん?」

都「Pさん!」

晶葉「P!」

都「Pさんは私の助手ですよね!?」

晶葉「Pは私の助手だよな!?」




P「悪いが後にしてくれないか」

二人「」

幸子「フギャー! フギャー!」

みちる「フゴー! フゴー!」

P「あー、あー」

卯月「うわぁ……」



おしまい



42VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/08/13(火) 18:56:05.42 ID:vPggJ1CVo


最初はフゴフゴガボゴボ言わせたいだけだったのになんか助手争奪戦になってた

見てくれた人、ありがとう



43VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/08/13(火) 18:57:54.39 ID:o4lL7sIro


おっつおっつ
やよいの目的はなんだったんだ



44VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/08/13(火) 21:48:26.66 ID:qmD5Q/sfo


>>1
だがおすにゃんと優の出番がほぼないとはどういうことだ



転載元:みちる「フゴフゴ!フゴフゴゴ!」幸子「ガボゴボガボゴボボ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1376382202/


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SSモバマス幸子みちる卯月晶葉

(4)

AFTER 小鳥「アイドルたちの夢診断」

BEFORE モバP「賢き貧者の一灯」 

松木「なんなんすかこれ」
[ 2013/08/14 06:29 ] [ 編集 ]
>優「わんわん」

アッキー「解せぬ」
[ 2013/08/14 19:49 ] [ 編集 ]
しぶりんがわんわん言ってない はいもう一回やり直し!
[ 2013/08/14 20:41 ] [ 編集 ]
幸子は伝説の白い狼の生き残りだった・・・?
[ 2013/08/26 12:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

みちる「フゴフゴ!フゴフゴゴ!」幸子「ガボゴボガボゴボボ!」

Copyright © 2019全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto