スポンサーリンク

2013 07/31

響「今日も、あー……つー……いー……ぞぉぉぉ゛ぉ゛ぉ゛」




1VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/07/30(火) 22:07:46.26 ID:ZXro/Wudo


P「まーた扇風機の前にはりついてるのか」

響「うがぁぁー!」

P「だらしないなぁ」

響「むっ……プロデューサーがおかしいんだ!」

P「なんで?」

響「どうしてスーツなんだっ!?ありえないぞ!」

P「まぁいつもこの格好だからな」

響「暑くて倒れちゃったらどうするの!自分そんなのやだよ……」

P「心配してくれてるのか?」

響「あたりまえだろー!だって自分はプロデューサーのことっ……(って何言おうとしてるんだ自分ー!)」

P「俺のことがなんだって?」

響「うぅ……なんでもない!」






前スレ
響「あー……つー……いー……ぞぉぉぉ゛ぉ゛ぉ゛」





スポンサーリンク




2VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/07/30(火) 22:11:43.04 ID:ZXro/Wudo


響「と、とにかく!せめて上着だけでも脱いでよ」

P「ん、そうだな。さすがに暑いし」ヌギヌギ

響「うんうん」

P「いや、ちょっと待てよ」ピタ

響「?」

P「それずるくない?」

響「はい?」

P「俺だけ脱ぐのずるくない?」

響「ちょっと何言ってるのかわからないぞ」

P「え?だから、俺が脱ぐなら響も脱がなきゃずるいよな?」

響「……?」

P「まぁとにかく俺一枚脱ぐから、響も一枚脱げよな」

響「うん?」

P「(もうひと押しだな)」




4VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/07/30(火) 22:16:17.34 ID:ZXro/Wudo


P「よーし脱いだぞ。さぁ響も」

響「う、うん……ってなんでさー!」

P「おいおい、人には脱がせておいて自分は脱がないってか!?」

響「意味わかんないからねっ!?」

P「どうしてわかってくれないんだ!」

響「……プロデューサー」

P「?」

響「なんだかんだで自分が折れて、それで脱ぐと思ったら大間違いだぞ」

P「……だめかー」

響「だめだぞ」




5VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/07/30(火) 22:21:45.56 ID:ZXro/Wudo


P「なに?演技の練習?」

響「うん……ここなんだけど、なかなか感じが掴めなくって」

P「なるほど、俺がこの男の役をやればいいんだな」

響「忙しいのにごめんねプロデューサー」

P「何言ってる。響のお願いならなんだって聞いちゃうぞ」

響「ふふっそっか!ありがと!」

 

P「好きだ……大好きだ」

響「ホント!?」

P「あぁ」

響「……うれしいっ……」

P「あなたを、一生愛すると誓います」

響「!……私もっ大好きだよ……っ!」



P「なんだ、いいじゃないかっ」

響「そ、そう?」

P「まぁ、俺のは台詞っていうかまんま本音だけどな!」

響「……じ、自分も……だぞ」ゴニョゴニョ

P「(あー今すぐ抱きしめたい)」




6VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/07/30(火) 22:23:08.78 ID:ZXro/Wudo


P「どうした響、顔が赤いぞ?」

響「うぇっ!?こ、これは……そ、そうっ!これも演技だぞ!」

響「わふふっ!ひっかかったなプロデューサー!」

P「……うおっ!なんだ演技かぁ、やるな響~」

響「ぷふーっ!」

P「ははっ!これならトップアイドルになる日も近いな!」グリグリ

響「むぐっほっぺおぐりぐりしゅるな~~!」ウガー

P「ほ~こりゃなんくるないほっぺただ」プニプニ




7VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/07/30(火) 22:27:26.07 ID:ZXro/Wudo


響「……あぅぅ……もう!自分ちょっとジュース買ってくる!」

P「おっと」

響「まったく、すぐ自分の事いじるんだから」

P「すまんすまん、可愛くてついな?」

響「そ、そういうの……卑怯だぞ……っ!」ムー

P「かわいいかわいいひびきんかわいい」

響「あーもーう!行ってきます!」プイ

P「待て待て、俺も行く」

響「来なくていいぞ!」




8VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/07/30(火) 22:30:12.59 ID:ZXro/Wudo


響「来なくていいって言ったのに」

P「いいだろー、俺も喉かわいてんだよ」

響「ん~どれにしようかな」

P「俺はこれだな」ピッ

響「(あっ……いいな、自分もそれ飲みたいぞ。でもジャンプしなきゃ届かないな……)」

P「ん?響もこれがいいのか?押してやるよ」

響「じ、自分で押せるぞ!プロデューサーはどいててっ!」

P「ちっちゃいから無理しなくていいのに」

響「あっ!またちっちゃいって言ったな!」

P「いいじゃんかわいいじゃん」

響「も、もう!絶対プロデューサーの手は借りないから!」




9VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/07/30(火) 22:32:09.04 ID:ZXro/Wudo


響「そりゃぁぁーっ!」タユン

P「(揺れた)」

響「それっ」ピッ

P「(あっ)」

響「!……うぎゃぁ~!隣のヤツ押しちゃったぞ~!!」

P「だから押してやるって言ったのに」

響「自分、ブラックコーヒーなんて飲めない……」

P「まったく……ほら、俺のやるよ」

響「え、いいの!?」

P「あぁ気にするな」

響「うわぁぁ、ありがとうだぞプロデューサー!」

響「ってこれ、飲みかけじゃないかぁ!」

P「一口だけだ問題ないだろ?」

響「えっ、う、うん……そうだよね」




10VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/07/30(火) 22:35:01.54 ID:ZXro/Wudo


響「(ど、どど、どうするの!?か、間接キスだぞ!……ぅうぎゃぁぁ……)」ドキドキ

P「飲まないのか?」

響「の、飲むぞ!……」ドキドキ

P「遠慮はいらん」

響「……えいっ!」ゴクゴク

P「っしゃあああー!ひびきんと間接キスだああああ!!!」

響「ブフォオオオーッ!な、なな、何言ってるんだー!!」

P「いやぁ、夢が叶いました」

響「へ、変態プロデューサー!!!」

P「一向に構わん!」

響「開き直るなー!」

P「おや?俺の目には響も間接キスを意識していたように見えましたが?」

響「!……し、してないっ!」

P「おっ、ここに缶の飲み口を恥ずかしそうに眉をハの字にしてじーっと見つめてる響の写真が」

響「うぇぇっ!?いつの間に撮ったんだ!?」




11VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/07/30(火) 22:37:29.51 ID:ZXro/Wudo


P「最近のアプリはシャッター音をだな」

響「今すぐ消してよぉ!」

P「断る!待ち受けにするんだ」

響「もぅ……恥ずかしすぎるーっ!」

P「心配するな、可愛いから。うわぁ、なんだこれ、天使か天使なのか?」

響「うぅ……そ、そんなに自分の写真がほしいなら!プロデューサーがそう思うなら、いくらでも撮らせてあげるさ~!」

P「!?」

響「だから、それは消してよ(な、何言ってるんだ~!自分!)」

P「ほう」ピッサクジョ

P「消したぞ」

響「早すぎるぞ!」




12VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/07/30(火) 22:39:35.64 ID:ZXro/Wudo


P「うわ~どんなポーズにしてもらおうかなぁ」

響「や、やっぱさっきのはなし!」

P「おいっ!それはホントにずるいぞ!」

響「しらないぞー!勝手に撮るほうが悪いんだろ!」

P「ぐっ……」

響「ふふーん!あんまり自分を舐めてるからそうなるんだ」

P「そうですか」

響「そうだぞ」

P「間接キス」

響「うぎゃっ!?」パシャッ

P「照れた顔もらいっ」

響「うぅぁ~!消してぇ~!」

P「ちょろいなぁ」




13VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/07/30(火) 22:42:05.29 ID:ZXro/Wudo


P「ところで響、ちょっと財布見せてくれないか」

響「うぁ?なんで?そんなことより早く消してよ」

P「わかったわかった、見せてくれたら消すから」

響「ホントに?それなら、はい」

P「どれどれ……可愛らしい財布じゃないか」

響「……あっ!!や、やっぱり返して!」

P「なに焦ってんだ?」タカイタカーイ

響「ちょっ、上にあげるなー!」ピョンピョン

P「ん?なんだこれ?写真か」ピラッ

響「うあぁぁーっ!!だめぇぇーっ!!絶対見ちゃだめだぞ~~~!!」

P「……お、おふ……あの響、これって……」

響「あぅ……だめって言ったのに……」

P「俺の写真?だよな」

響「……」

P「響さん?」

響「うぎゃぁぁぁ~~~っ!!」

P「あ、逃げた」




14VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/07/30(火) 22:44:39.24 ID:ZXro/Wudo


ガチャッ


P「おーい響!いるのか?」

響「(もうプロデューサーの顔みれないぞ……恥ずかしくて死にそうだぁっ)」

P「さっきは俺が悪かった、だから出てきてくれー」

響「(無理だぁ……絶対無理だぞ!)」

P「こんなところにいたのか」

響「(うぅ……)」

P「なにをソファの上で丸まってるんだ」

響「……恥ずかしいんだもん……」

P「恥ずかしいことなんてないさ」

響「もうプロデューサーの顔みれないよ」

P「やれやれ……」ギュ

響「うぎゃっ!?」




15VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/07/30(火) 22:49:30.23 ID:ZXro/Wudo


P「こうすれば顔は見えないだろ?」

響「う、うん……」

P「少し汗かいてるな」

響「走ってきたからね……んん、やっぱり離れてよ」

P「それがまたいいんだよ」

響「ふふっ……やっぱりへんたいだね」

P「それにしても、俺の写真か」

響「あぅ……」

P「うれしいなぁ」

響「!……ホント?」

P「あぁ、めちゃくちゃうれしいぞ!」

響「でもやっぱり恥ずかしいよ」

P「そうか?それじゃあこれは二人だけの秘密な?」

響「二人……だけの……それって……」

響「うがぁぁー!それはそれで恥ずかしいぞーっ!」




16VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/07/30(火) 22:50:55.66 ID:ZXro/Wudo


P「たださ」

響「なに?」

P「ずるくない?」

響「え?」

P「響だけ写真持ってるのずるくない?」

響「そ、それは」

P「響が持ってるなら、俺も響の写真持ってないとずるいよな?」

響「うがーっ!もう分かったさ!撮らせてあげればいいんでしょ!」

P「折れたか」

響「折れたぞ……」




17VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/07/30(火) 22:54:01.20 ID:ZXro/Wudo


P「ふぅ……今日も残業残業」カタカタカタ

小鳥「ちょっと休憩しましょうか」

P「そうですね」

小鳥「あれ?プロデューサーさん、待ち受け変えたんですか?」

P「気づいてくれましたか。かわいいでしょう」

小鳥「あらっ……ほんと、かわいいですね。ふふっ」

P「ええ、最高の笑顔ですよ!」







おわり




18VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/07/30(火) 22:56:31.45 ID:ZXro/Wudo


短いですけどおわりです。
もうちょっと何とかできたかな……




19VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/07/30(火) 22:59:50.50 ID:8SxTF5Hao


響可愛すぎる…もっと続けてもいいのよ?




24VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/07/31(水) 03:07:32.47 ID:sULOVWF7o


乙です! ④
rarehbk.jpeg

転載元:響「今日も、あー……つー……いー……ぞぉぉぉ゛ぉ゛ぉ゛」 
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1375189666/


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SS

(8)

AFTER 大原みちる「フゴフゴ! フゴフゴゴ!」

BEFORE ありす「海ですか? 興味ないですけど行くなら付き合いますよ」 

響きかわいいよ響
[ 2013/07/31 15:44 ] [ 編集 ]
これは天使ですわ結婚しよう
[ 2013/07/31 18:21 ] [ 編集 ]
もうやばい
俺の顔がニヤニヤしすぎてやばい

支援絵もイイ!
[ 2013/07/31 21:32 ] [ 編集 ]
響かわいい
ほんとかわいい愛してる
まあみんなかわいいけどね!
[ 2013/08/01 02:22 ] [ 編集 ]
ふう…
[ 2013/08/01 02:26 ] [ 編集 ]
えっ支援絵すごい
[ 2013/08/01 03:16 ] [ 編集 ]
また上手くなってるw
[ 2013/08/01 17:01 ] [ 編集 ]
うぉぉぉ!
響可愛いよぉぉぉ!
イラストも最高だよぉぉぉ!
[ 2013/08/04 04:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

響「今日も、あー……つー……いー……ぞぉぉぉ゛ぉ゛ぉ゛」

Copyright © 2020全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto