スポンサーリンク

2013 06/30

モバP「ロックな少女と過ごす日々」




1VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/06/29(土) 23:50:57.89 ID:FXjF8on1o


P「今日も今日とてお仕事お仕事」カタカタ

P「可愛いアイドルのためならえんやこら、っと」カタカタ…

がちゃっ

李衣菜「おはよーございまーす!」

P「おー、おはよう李衣菜」

李衣菜「あれ、プロデューサー。こんな早くからお仕事ですか?」

P「んー、まぁな。いつもこんな感じだぞ? そういう李衣菜は朝から元気だな」

李衣菜「えへへ、そりゃもう! なんたって今日は、私にとって大事な日ですから!」

P「大事な日? なんかあったっけ」

李衣菜「あらっ」ガクッ

tdrn7.jpgtdrn8.jpg









スポンサーリンク




2VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/06/29(土) 23:52:06.13 ID:FXjF8on1o


李衣菜「ちょ、ちょっとぉ! 忘れちゃったんですか!?」

P「うーん……大事な日、大事な日ねぇ」

李衣菜「うぅ、昨日あんなにお話ししたのにぃ」

P「…………あ!」

李衣菜「思い出しましたか?」

P「そうそう、李衣菜にモデルの仕事がきたんだよ」

P「カッコいい衣装もたくさんだぞ、よかったな李衣菜!」

李衣菜「えっ、ホントですか? やったぁ♪」ピョンッ




3VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/29(土) 23:54:26.25 ID:FXjF8on1o


李衣菜「って」

李衣菜「そうじゃなくてぇ!」ビシッ

P「鋭いノリツッコミいただきましたー」

李衣菜「ボケないでくださいよ、もうっ。……えへへ」

P「はは、よくわかってるじゃないか、李衣菜」




4VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/29(土) 23:57:38.50 ID:FXjF8on1o


李衣菜「プロデューサーの意地悪は、今に始まったことじゃないですもんねー」

P「そんなに意地悪かな、俺」

李衣菜「そうですよ。それでも許してあげるのは、私くらいのものですけどね」

P「へへー、ありがたき幸せー」

李衣菜「あはは、なんですかそれー」

P「それじゃ、改めて」

李衣菜「はい、お願いしますっ」




5VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/30(日) 00:00:02.19 ID:TWza10l4o





P「李衣菜、誕生日おめでとう!」

李衣菜「……えへ。ありがとうございます、プロデューサー♪」







6VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/30(日) 00:02:40.77 ID:TWza10l4o


―――

P「さて、さっそくですが李衣菜にプレゼントがあります」ゴソゴソ

李衣菜「わ、昨日から楽しみにしてたんですよっ」

P「驚いて腰抜かすなよ? ほら、これだ」

李衣菜「へへ、どもです――」

P「っと、その前に」ヒョイ

李衣菜「うわわ、ちょ、なんですか?」

P「すまんすまん。いい機会だし、ちょっと話でもと思ってさ」

李衣菜「話? 構いませんけど……」




7VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/30(日) 00:05:17.53 ID:TWza10l4o


P「まぁ座れ」ポンポン

李衣菜「はい。んしょ」ポフ

P「んー、そうだな。なにから話そうか」

李衣菜「えー。なんにも決めてないんですか?」

P「うん」

李衣菜「うんって……ふふ、まぁいいです」




8VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/30(日) 00:08:24.22 ID:TWza10l4o


P「いやぁ、改まって話すとなるとな。それだけたくさん話したいことがあるんだよ」

李衣菜「……私も。プロデューサーと話したいこと、いっぱいあります」

P「李衣菜もか?」

李衣菜「はい。今までのこととか、これからのこととか」

P「うん、そっか」

李衣菜「はい」




9VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/30(日) 00:12:54.17 ID:TWza10l4o


P「…………」

李衣菜「…………」

P「李衣菜」

李衣菜「はい?」

P「李衣菜は、立派になったな」

李衣菜「そう、ですか? へへ、ロックなアイドル、やれて――」

P「ロックかどうかは分からないけど」

李衣菜「即答すぎません?」




10VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/30(日) 00:14:06.28 ID:TWza10l4o


P「まぁまぁ」

李衣菜「むぅ」

P「ただ、最高にカッコいいと思うよ」

李衣菜「え……」

李衣菜「あ、あはは、またまたぁ。どうせからかって……」

P「からかってなんかない、本当にそう思ってる」

P「李衣菜の頑張ってる姿を、ずっとずっと隣で見てきたんだからな」

李衣菜「……プロデューサー……」




11VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/30(日) 00:15:07.46 ID:TWza10l4o


P「広いステージの上で、心が弾むようなダンスを魅せてくれて」

P「会場の外まで響くような、熱い歌声を聞かせてくれて」

P「それで……終わったあと、ファンに向かって拳を突き上げて」

P「息を切らせながら、とびきりの笑顔を浮かべながら……」



『ありがとーーーっ!!』



P「って、叫ぶんだ」

李衣菜「…………」




12VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/30(日) 00:16:18.38 ID:TWza10l4o


P「ライブのたびに俺、ドキドキしちゃってさ」

李衣菜「……プロデューサーは、私のライブでドキドキしてくれたんですか?」

P「あぁ、そうだよ。スポットライトを一身に浴びてる李衣菜が輝いて見えた」

P「こんなにキラキラしてる女の子をプロデュースできたんだって、誇りに思ってるんだ」

李衣菜「そんな……」

P「李衣菜と一緒に頑張ってきて、本当によかったよ」

P「ありがとう、李衣菜」

李衣菜「――っ!」



ぎゅっ




13VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/30(日) 00:17:50.50 ID:TWza10l4o


P「っと、李衣菜? どうしたんだ急に……」

李衣菜「…………嬉しい」ギュゥゥ

P「え?」

李衣菜「嬉しいです。プロデューサーにそう言ってもらえて」

李衣菜「私、ずっと感謝してます」

李衣菜「やりたいこと、やっと見つけられたんです」

李衣菜「なんの取り柄もなくて、ただ音楽を聴くのが好きだっただけの私に……」

李衣菜「プロデューサーが、新しい可能性を見つけてくれた」

P「…………」ギュ




14VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/30(日) 00:19:31.76 ID:TWza10l4o


李衣菜「初めてお仕事したとき、緊張するなって声をかけてくれました」

P「うん」

李衣菜「結果がついて来なかったときは、今度は頑張ろう、って励ましてくれて」

P「そんなときもあったな」

李衣菜「ファンレター貰ったときなんか、プロデューサー、嬉し泣きしてましたよね」

P「そうだな。…………いや待て、泣いてないぞ俺は。お前だろそれ」

李衣菜「…………」

P「目を逸らすなこら」




15VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/30(日) 00:20:45.95 ID:TWza10l4o


李衣菜「と、とにかくですね。今の私があるのはプロデューサーのお陰なんです」

P「……ん、ありがとな」ナデナデ

李衣菜「えへへ。こちらこそですっ」

李衣菜「これからもよろしくお願いします、プロデューサー!」ニコッ

P「あぁ。李衣菜の無限の可能性、俺に見せてくれよ!」

李衣菜「はいっ♪…………あ、なんか無限の可能性ってカッコいいなぁ。ロックです!」

P「いやそうでもないけど」

李衣菜「あれー?」




16VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/30(日) 00:21:54.86 ID:TWza10l4o


―――

P「……なぁ、李衣菜」ナデナデ

李衣菜「んー♪」スリスリ

李衣菜「あ、はい。なんですかプロデューサー?」ギュー

P「ふと思い出した。俺プロデューサー、李衣菜アイドル」

李衣菜「はい、そうですね?」

P「二人きりの部屋で抱き合うとかアウトじゃないか?」

李衣菜「…………ま、いいじゃないですか♪」ムギュゥ




17VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/30(日) 00:23:06.63 ID:TWza10l4o


P「いやいやいや、よくないって。まずいまずい、すごくまずい」

李衣菜「えー、プロデューサーは私とハグするのいやなんですか?」

P「あ、いやそうじゃなくて。立場的にって意味で」

李衣菜「うーん、それもそうですけど」

李衣菜「なんだか反体制っぽくてロックですよねー♪」コシコシ

P「あー……うん、まぁそうかな」ワシャワシャー

李衣菜「んふふー」




18VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/30(日) 00:24:45.61 ID:TWza10l4o


P「……ちょっと真面目に言うとな」

李衣菜「…………」ギュッ

P「李衣菜には、これからもアイドルを続けてもらいたい」

李衣菜「……はい」

P「李衣菜の可能性は……日本にいるだけじゃ量れない」

P「世界にだって通用すると思う」

李衣菜「!」




19VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/30(日) 00:26:02.47 ID:TWza10l4o


P「李衣菜ならやれるって、信じてる」

李衣菜「私が……世界に?」

P「あぁ。ずっと李衣菜の成長を見てきた俺が言うんだ、間違いないよ」

李衣菜「……へへ。そんなふうに言われたら、やっちゃいますよ私っ」

李衣菜「世界中の人に、私のパフォーマンスを魅せてやります!」

P「うん、一緒にやろう、李衣菜」

李衣菜「はい、一緒に!」

P「……それならこうやって過ごすのは、ちょっと控えめにしないとなぁ」ポフポフ

李衣菜「あはは、そうですねっ」




20VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/30(日) 00:27:05.92 ID:TWza10l4o


P「つらくて長い道のりになるぞ」

李衣菜「……ううん。つらくなんてないです。なんにも心配してませんよ」

李衣菜「私の大好きなプロデューサーが、一緒にいてくれるから!」

P「……そっか」

李衣菜「えへへっ」

P「じゃあ、そうだな……」

P「李衣菜がいつか、世界に名立たるトップアイドルになったら――」



P「李衣菜は俺がもらおうかな?」



李衣菜「………………ほえ?」




21VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/30(日) 00:28:50.64 ID:TWza10l4o


P「あー……そういうことだ、察してくれ」

李衣菜「え、ちょちょ、待って待って待って。え? も、もう一回お願いします」

P「やだよ恥ずかしい」

李衣菜「もら、えっもらうって、えええええええええ!?」カァァァァァッ

P「うわ、顔真っ赤だぞ李衣菜!」

李衣菜「わああああ、うわあああああああああああ!!」ジタバタ

P「あああ、こら暴れるな李衣菜! おいってば――!」

―――
――




22VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/30(日) 00:30:20.12 ID:TWza10l4o


P「……落ち着いたか?」

李衣菜「うぅー、プロデューサーのせいですよぅ……まだ顔が熱いです」

P「ごめんごめん……でも、本気だからな?」

李衣菜「わ、分かりましたから! もう言わないでいいです!」

P「お、おう……悪い」

李衣菜「で、でも……そういうことなら、なおさらトップアイドルにならなきゃ!」

李衣菜「世界の次は、プロデューサーだけのアイドルになりますね! えへへへ!」




23VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/30(日) 00:32:42.26 ID:TWza10l4o


P「……お前も大概、恥ずかしいこと言うよな」

李衣菜「プロデューサーよりはマシだと思いますけど?」

P「そうかなぁ……」

李衣菜「私たち、似たもの同士ですね!」

P「あはは、そうかもな」

李衣菜「ふふふっ♪」




24VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/30(日) 00:34:08.50 ID:TWza10l4o


―――

P「あ」

李衣菜「どうしました?」

P「そういえばプレゼント、すっかり忘れてた」

李衣菜「あっ!」

プレゼント(おうこら、イチャイチャしよってからに)




25VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/30(日) 00:36:13.12 ID:TWza10l4o


P「悪い、話に夢中になっちゃったな」

李衣菜「ううん、いいですよ。私も楽しかったですし」

P「それならよかった。よし、それじゃ李衣菜」

李衣菜「はい!」

P「今度こそ誕生日プレゼントだ。受け取ってくれ」

李衣菜「えへへ。ありがと、プロデューサー♪」




26VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/30(日) 00:36:46.33 ID:TWza10l4o


李衣菜「で、中身は指輪ですか?」

P「な、なに言ってんだっ、そんなでかい箱に入れるか!」

李衣菜「もー、じょーだんですよじょーだん。なーに照れてるんですっ?」ツンツン

P「照れてない、つつくなよ!」

李衣菜「へへへー、ホントかなぁ?」




27VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/30(日) 00:39:28.92 ID:TWza10l4o


P「いいからほら、開けろって!」

李衣菜「はーい! それではオープンっ」

ぱかっ

李衣菜「お」

李衣菜「おお!」

李衣菜「おおおおおっ! こ、これは……!」プルプル

ヘッドホン(やぁ)




28VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/30(日) 00:40:04.84 ID:TWza10l4o


P「どうだ? 前から李衣菜が欲しがってたやつだ」

李衣菜「あ……あ……!」

P「ん?」

李衣菜「ありがとおおおおおおぷろでゅーさあああああ!!」ピョーン!

だきっ!




29VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/30(日) 00:41:51.48 ID:TWza10l4o


P「おわあ!?」

李衣菜「これ、これホントにいいの!? もらっちゃっていいのー!?」ギューッ

P「く、苦し……あぁ、いいんだよ。李衣菜のためなんだからさ」

李衣菜「ウッヒョー! プロデューサー最高ですロックですっ、大好きですーっ!!」ムギュゥゥゥゥゥ!

P「あああもう暑いし痛い! 分かったから離れてくれー!」グイグイ




30VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/30(日) 00:44:16.95 ID:TWza10l4o


李衣菜「えへへえへへ、ぷろでゅぅさぁぷろでゅぅさぁ♪♪」スリスリ

P「はぁ……ダメだこりゃ。クールさのかけらもないな」

李衣菜「はっ!?」

李衣菜「いけないいけない。ここはクールにならないといけませんよね!」

P「お、一つ歳を重ねて成長したか?」

李衣菜「もちろんですよ。すー……はー……びーくーるびーくーる」

李衣菜「……ふっ。どうです?」キリッ

P「ただのドヤ顔だな」

李衣菜「そんな!」




31VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/30(日) 00:45:58.81 ID:TWza10l4o


P「あんまり意識しなくてもいいんだぞ、李衣菜はそのままでも十分だから」

李衣菜「むむむ、でもやっぱり私は……」

P「カッコいいアイドル、やれてるって言ったろ? 自信持てって」

李衣菜「そうですかね……」

P「李衣菜は李衣菜らしく、自分の道を自分のペースで進めばいいさ。な?」




32VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/30(日) 00:47:26.30 ID:TWza10l4o


李衣菜「自分の道を、自分のペースで……」

李衣菜「…………」

P「李衣菜?」

李衣菜「……プロデューサー。私、たぶんのんびりしてられないと思います」

李衣菜「自分のペースって言うなら、私は全速力で進みます」

李衣菜「世界を獲るのに、そんな悠長に歩いてられませんから!」




33VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/30(日) 00:48:58.53 ID:TWza10l4o


P「……言うじゃないか、李衣菜」

李衣菜「言いますよ。プロデューサー、ついて来られます?」

P「バカ言え、俺が引っ張ってくぞ」

李衣菜「なら手を繋いでいきましょう、いつでも隣にいられるように。ねっ!」

P「おう、そうだな!」




34VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/30(日) 00:50:09.87 ID:TWza10l4o


李衣菜「あ、そうだ!」

李衣菜「歌もダンスもですけど、やっぱりギターも弾けなきゃダメですよね?」

P「うん? うーん、そうだなぁ……」

P「ロックなアイドルになるなら、持ち歌くらいは弾けるようにならないとな」

李衣菜「はい、やってやりますよ! というわけで……」

P「ギター教えろって言うんだろ? 分かってるよ、また付き合ってやるさ」

李衣菜「てへへ。持つべきはプロデューサーですねっ」

P「なに言ってんだか……ったく」




35VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/30(日) 00:51:21.76 ID:TWza10l4o


李衣菜「あ、あの……それで、ですね」

P「なんだ、急に歯切れ悪くなって」

李衣菜「えっと、その……お願いがありまして」モジモジ

P「お願い? 言ってみな、李衣菜のお願いならなんでも聞くぞ」

李衣菜「え、えへへ。それじゃ――」



李衣菜「また……こうして、お泊りしに来てもいいですか?」




36VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/30(日) 00:52:29.87 ID:TWza10l4o


P「…………そうきたか……」

李衣菜「だ、ダメに決まってますよね。私アイドルですしっ」

P「……ま、いいんじゃないか?」

李衣菜「へっ?」

P「ばれなきゃいいんだ、ばれなきゃ。別に変なことするわけじゃなし」

李衣菜「へ、変なことって……」ポッ




37VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/30(日) 00:53:56.85 ID:TWza10l4o


P「なんで赤くなってんだ」

李衣菜「あ、いやいやなんでもないですっ」ブンブン

P「ギターの練習、するんだろ? みっちり叩き込んでやるからな!」

李衣菜「お、お手柔らかにお願いしますね?」

P「それは李衣菜次第だな。ちゃんとやれよ?」

李衣菜「あうぅ、早くも後悔しそう……」




38VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/30(日) 00:55:38.68 ID:TWza10l4o


P「自分で言い出したくせに。じゃ、こうしよう」

P「ご飯、次も美味いの作ってくれ。そしたらゆるーく頑張ろう」

李衣菜「ご飯、ですか?」

P「昨日の夕飯、オムライス美味かったからさ。また作ってくれないか?」

李衣菜「……へへへ、はいっ。プロデューサーのためなら、喜んで!」




39VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/30(日) 00:57:24.22 ID:TWza10l4o


P「よし、それじゃ日程決めちゃおうか。って言っても結構先になりそうだな……」

李衣菜「大丈夫です、それまでに少しでもギター上達しときますから!」

P「お、言ったな? 楽しみに――」

く~……きゅるるるぅ

李衣菜「!?」バッ

P「な、なんだ今の……え、李衣菜もしかして」

李衣菜「あ、あははー! なんでしょーね今の! いやー変な音でしたねっ、ねっ!?」




40VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/30(日) 00:58:40.73 ID:TWza10l4o


P「……そういや朝ご飯食べてなかったな。うん、じゃあ行こうか李衣菜」ニコニコ

李衣菜「違うんですこれはお腹の音じゃなくて、そ、そうロックの音で!」

P「ははは、食パンとコンソメスープでいいか?」スタスタ ガチャッ

李衣菜「ぷ、プロデューサー! 待ってくださいってばぁー!」トテトテッ



ぱたんっ



おわり




41VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/30(日) 00:59:36.59 ID:TWza10l4o


というお話だったのさ
勢いだけでだりーなを愛でたらこうなるんだよ、だりーな誕生日おめでとう!



転載元:モバP「ロックな少女と過ごす日々」 
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1372517457/


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SSモバマスだりーな

(22)

AFTER 結城晴「メイドちょー」 東郷あい「ん?」

BEFORE ナターリア「プロデューサーのバカー!」

ウッヒョー
[ 2013/06/30 08:37 ] [ 編集 ]
ウッヒョー
[ 2013/06/30 09:01 ] [ 編集 ]
ウッヒョー
[ 2013/06/30 09:16 ] [ 編集 ]
ウッヒョー
[ 2013/06/30 09:36 ] [ 編集 ]
ウッヒョー
[ 2013/06/30 09:43 ] [ 編集 ]
ウッヒョー
[ 2013/06/30 09:45 ] [ 編集 ]
ウッヒョー
[ 2013/06/30 10:04 ] [ 編集 ]
お前ら訓練されすぎwwwwwww






ウッヒョー

[ 2013/06/30 10:13 ] [ 編集 ]
ウッヒョー
[ 2013/06/30 10:40 ] [ 編集 ]
ウッヒョー
[ 2013/06/30 10:58 ] [ 編集 ]
ウッヒョー

なつきちスレじゃないんか(真顔)
[ 2013/06/30 11:02 ] [ 編集 ]
ウッヒョー!
[ 2013/06/30 13:53 ] [ 編集 ]
ウッヒョー!
[ 2013/06/30 15:25 ] [ 編集 ]
ウッヒョー!

[ 2013/06/30 16:18 ] [ 編集 ]
ウッヒョー!
[ 2013/06/30 16:34 ] [ 編集 ]
ウッヒョー!
[ 2013/06/30 19:59 ] [ 編集 ]
ウッヒョーって連投できないじゃないか!

ウッヒョー!
[ 2013/07/01 02:42 ] [ 編集 ]
ウッヒョー!
[ 2013/07/01 22:58 ] [ 編集 ]
ウッヒョー!
[ 2013/07/02 12:16 ] [ 編集 ]
ウッヒョー!
[ 2013/07/22 02:54 ] [ 編集 ]
アッヒョー!
[ 2013/07/27 12:39 ] [ 編集 ]
オッヒョwwwwww
[ 2015/11/25 08:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

モバP「ロックな少女と過ごす日々」

Copyright © 2019全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto