スポンサーリンク

2013 06/19

小梅「白坂小梅のラジオ百物語」Season 2 第二十一夜




126VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/18(火) 22:20:10.23 ID:JQpbK7yDo



第二十一夜 おしゃべり


茄子「さて、それでは、そろそろアイドル百物語へと参りましょうか。今日は猫特集三回目ですね」
tkfjkk2.jpeg

ほたる「えっと、そういえば、猫特集なのに……猫が出てきてませんよね?」
srgkhtr3.jpg

茄子「たしかに。猫のふりをしているお話が二つでしたね」

小梅「こ、今回はちゃんと猫の……お話にゃ」スッ
kumsrprs.jpg

茄子「あら、猫耳かわいいですね……え?」スッ

ほたる「はい?……私もですか?」スッ

小梅にゃん「今日お話してくれる……前川みくさんから、もらったにゃん」

茄子にゃん「みくさんと言えば、猫系アイドルとして有名ですにゃ」

ほたるにゃん「え? 語尾それ固定ですか……にゃん?」



前スレ
小梅「白坂小梅のラジオ百物語」Season 2 第二十夜
シリーズスレ
白坂小梅のラジオ百物語





スポンサーリンク




127VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/18(火) 22:20:53.62 ID:JQpbK7yDo




小梅にゃん「二人とも……かわいいにゃん」

茄子にゃん「なんだか楽しくなってきましたにゃん」

小梅にゃん「ねこしっぽもある……。これは猫又バージョン……」

ほたるにゃん「二叉しっぽです……にゃん」

小梅にゃん「う、うん」

茄子にゃん「さて、猫系アイドルを広めているらしい前川みくさんですが、はたしてどんなお話なのでしょうか」

ほたるにゃん「どうぞお聞きください……にゃん♪」



128VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/18(火) 22:21:25.48 ID:JQpbK7yDo



前川みく(15)
mekwmks.jpg


○一言質問
小梅「生まれ変わったら……何になりたい?」
みく「猫チャン!……と言いたいところだけど、そうすると、猫チャンをかわいがれないから、やっぱり人間かにゃあ」



129VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/18(火) 22:22:45.46 ID:JQpbK7yDo



 にゃはっ、こんにちは、小梅チャン!

 あ、これ、ねこみみにゃ。
 茄子チャンとほたるチャンの分もあるから、持って行って!

 え?
 どうしてこれをって?

 うん……。
 みく、最近、気づいたにゃ。

 これだけ猫系アイドルが増えてきたなら、いっそみんな猫チャンになるべきだって。

 みんなかわいい猫チャンになるといいにゃ!
 にゃははっ!

 そんなわけで、もらってね。
 うん。

 えっと、怪談だったよね。
 やっぱりね、みくがするにゃら、猫チャンのお話だと思うんだ!

 ただ、みく、猫チャンの怖いお話は知らなかったの。
 だから、猫チャンに関するお話をいろいろ調べてみたけど、なんだか猫チャンが可愛そうなことになっちゃう話が多いんだにゃ。
 その手のお話じゃ、化け猫は退治されちゃうものだし……。

 それで困ってたんだけど、この間おばあちゃんとお電話してる時に、とっておきのお話を教えてもらったにゃ!



130VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/18(火) 22:23:54.24 ID:JQpbK7yDo



 だから、今日はそのお話を披露するよ。

 これは、おばあちゃんのお母さん……つまりはみくのひいおばあちゃんのお話になるのにゃ。

 ひいおばあちゃんがおばあちゃんを産んで少しした頃、体の調子を崩して寝込んでしまったことがあったらしいんだにゃ。

 その頃、ひいおばあちゃんのお家では、雪っていう名前の猫チャンを飼ってたんだって。
 真っ黒な毛皮に、足だけが真っ白で……。

 昔はこういう猫チャンは白足袋をはいてるって言って福を呼ぶ猫って言われてたんだよ。
 いまだったら、白靴下って言われちゃうかにゃ?

 ともかく、寝込んでいるところに、その雪チャンはたまにやってきて、心配そうにひいおばあちゃんの顔をなめたりしてたらしいにゃ。

 それで、とある晩……たしか満月の夜だったってひいおばあちゃんは言ってたらしいよ。
 その夜、ひいおばあちゃんはお手洗いに行って、そして戻ろうとしたところで、体がふらついちゃったんだにゃ。

 だから、無理せずにお手洗いを出たところでうずくまってたんだって。



131VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/18(火) 22:25:25.85 ID:JQpbK7yDo



 しばらくすれば、廊下を戻る気力も出てくるだろうって、そう思って。

 ひいおばあちゃんがうずくまっているところからは、ずっと続く廊下が見えてたらしいにゃ。
 板戸が閉まってるけど、開ければ庭に続く場所だったんじゃないかな?

 ふとなにか音が聞こえて顔をあげると、たふたふ、と板戸が鳴っていたにゃ。

 こんな時分に一体誰が、しかも、なにか柔らかそうなもので板戸を叩いているのだろう?
 ひいおばあちゃんはそう疑問に思いながら、おっくうで動けなかったらしいんだにゃ。

 そうしたら、闇の中を、白いものが動くのが見えた。

 そう、雪チャンが奥の部屋から出てきたにゃ。
 暗い中を真っ白な足が動いていくのが見えて、ふっと雪チャンが止まったと思ったら……なんと!


 雪チャンが二本足で立ち上がったにゃ!


 しかも、そのまま歩いて、器用にするすると板戸を開けたんだって!

 ひいおばあちゃんはびっくりして、声もなく見守ってた。
 そうしたら、板戸の向こうから、同じように立ち上がった猫チャンが顔を出したらしいんだにゃ。



132VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/18(火) 22:26:33.41 ID:JQpbK7yDo



 近くを縄張りにしているぶちの野良猫だった、ってひいおばあちゃんは言ってたらしいにゃ。

『雪よ。そろそろ行こう。みな集まっているぞ』

 たぶん、さっきまで板戸を叩いていた猫チャンは、そう低い声で言ったそうにゃ。

『そうもいかん。おかあさんが寝込んでいる。離れとうないわ』

 驚いたことに、雪チャンまで人間の声でそう答える。
 ひいおばあさんはもうなにがなんだかわからなかったらしいにゃ。

『そうか。それは残念。こんなにいい月の夜に』
『うん。こんなにいい月の夜だけど』

 猫チャンたちはそう言い合って、するすると板戸を閉めたそうにゃ。
 その後、雪チャンは何事もなかったように四つ足に戻って、どっかへ行こうとしてたらしいにゃ。

 でも、ひいおばあさんはそこでなんとか動き出したらしいんだにゃ。



133VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/18(火) 22:27:39.91 ID:JQpbK7yDo



『雪』

 そう呼び止めると、雪チャンは寄ってきた。
 その頭をなでながら、ひいおばあちゃんは言ったにゃ。

『せっかくのお誘いなんだから、行ってきていいんだよ。私は大丈夫だから』

 雪チャンはしばらくじーっとひいおばあちゃんの顔を見上げていたらしいにゃ。
 それから、一声悲しそうな声で鳴くと、ひいおばあちゃんが開けてあげた板戸の隙間から出て行って……。


 そして、二度と戻ってこなかったんだって。


 猫チャンは本当は人間の言葉を話せたり、二本足で立って歩けたりするんだけど、それを見られちゃうと、姿を消さなきゃいけないんだろう。
 ひいおばあちゃんは、おばあちゃんにそう言ってたらしいよ。

 自分は余計なことをしてしまったのかもしれないね、って。



134VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/18(火) 22:28:26.35 ID:JQpbK7yDo



 でも、そんなことないと思うにゃ。

 ひいおばあちゃんが雪チャンのことを思って言ってくれたのは、雪チャンも重々わかってたと思うにゃ。

 ただ、たまたま間が悪かっただけで……。
 うん。


 え?
 猫が人の言葉を話せるなら、みくがにゃんにゃん言う必要はない?

 そ、それとこれとは話が別にゃ!



135VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/18(火) 22:29:24.91 ID:JQpbK7yDo




茄子「なるほど、今回は猫のお話でしたね」

ほたる「……私たちが見ていないところで、猫だけで話してたりするんでしょうか」

小梅「ひ、人の言葉がわかっているんじゃないか……っていうのはよく聞く」

茄子「そうですね。たしかに、ただの動物と言うには賢すぎるように見えることはありますよね」

ほたる「でも……姿を消しちゃうのは……残念ですね」

小梅「……あやかしの類が、人に正体を知られたらその場を去らなければならない、というのは一つの決まり事として……あるから」

茄子「雪女や恩返しの鶴などに顕著ですよね」

ほたる「……なるほど。結局の所は人ではないから……ということでしょうか」

小梅「見て見ぬ振り……という手も、ある」

茄子「ふむ。猫がなにかぼろを出しそうになっても、知らんぷりしておくのがよさそうです」

ほたる「……それはそれでちょっと怖いところもありますが……」

小梅「ふふっ」

茄子「さて、次のコーナーは猫特集も終わりということで、死んでもなお自分の怨みを晴らした猫のお話をいくつか……」



 第二十一夜 終



136VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/18(火) 22:29:56.50 ID:JQpbK7yDo


本日は以上です。
にゃあにゃあねこみみどうぞ。



137VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/06/18(火) 22:34:35.30 ID:9iP56KRU0


おつにゃあ



141VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/06/19(水) 00:15:23.66 ID:30WP0jaVo



小学生だった時に猫がはっきりマタタビ!?って叫んだの思い出した



142VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/06/19(水) 00:35:41.48 ID:+QbPqn2io



長靴を履いた猫ですにゃあ


転載元:小梅「白坂小梅のラジオ百物語」 Season 2  
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1370268734/


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SSモバマス白坂小梅のラジオ百物語小梅茄子ほたるみく

(13)

AFTER グリP「まつり姫のファンやめます!」まつり「ほっ!?」

BEFORE 千早「…………暇ね」

かわいいにゃあ
猫や小梅にゃん達がかわいかったのでみくにゃんのファンやめます
[ 2013/06/19 03:43 ] [ 編集 ]
猫キャラが増える事によって
アイデンティティがクライシスするなら
いっそ猫キャラ伝道師として第一人者になるという策

やはりみくにゃんは天使なんだにゃあ
[ 2013/06/19 03:59 ] [ 編集 ]
どこぞの沖縄県民は動物としゃべれるから妖獣とかすぐに分かるんだろうか
[ 2013/06/19 05:13 ] [ 編集 ]
猫は一生に一度だけ人語を話す、とか言うよね
昔飼ってた猫は「さぁしぃみぃ」とおねだりしてきよった
[ 2013/06/19 05:37 ] [ 編集 ]
夜中に聞こえる猫の鳴き声って赤ん坊の泣き声みたいに聞こえるよね
[ 2013/06/19 09:02 ] [ 編集 ]
みくにゃん「猫キャラはワシが育てた」ドヤッ
[ 2013/06/19 09:09 ] [ 編集 ]
茄子にゃんが欲しいです(切実)
[ 2013/06/19 10:38 ] [ 編集 ]
やっぱ人間語か。日本足で立つ猫の動画結構有るからなぁ~。
齢重ねた動物がなった妖怪が、老い先短い仲良かった人と連れ添う話もあるよな逆に。

No.21994
のあにゃん「猫耳メイドは私ね」フンスッ
[ 2013/06/19 16:57 ] [ 編集 ]
目の前を黒猫が歩いて横切っていったけど
おっとごめんよって感じに会釈されたにゃ
[ 2013/06/19 17:08 ] [ 編集 ]
冗談半分で次回はみくにゃんだろうっつったら本当にみくにゃんだったでござるの巻

雪って名前と内容でジブリの猫の恩返ししかでてこなかった
[ 2013/06/19 17:37 ] [ 編集 ]
猫キャラを拡散しはじめるみくにゃんに失望しました。みくにゃんのファン辞めます
[ 2013/06/20 10:02 ] [ 編集 ]
ほたるにゃんを想像したら可愛過ぎて悶えました
みくにゃんのファン辞めます
[ 2013/06/20 13:10 ] [ 編集 ]
感想レスのマタタビで笑った
[ 2013/06/21 04:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

小梅「白坂小梅のラジオ百物語」Season 2 第二十一夜

Copyright © 2024全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto