スポンサーリンク

2013 06/09

モバP「青空と麦茶とロックな少女」



1VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/09(日) 20:19:01.83 ID:ip/6wiZRo


ある日の事務所―――

李衣菜「…………」ポケーッ
tdrn6.jpeg

P「…………」カタカタ…

李衣菜「あー……」

P「……。…………」カタカタ

李衣菜「いーい天気ぃ……」

P「…………そうだなぁ」

李衣菜「ですねぇ……」







スポンサーリンク



2VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/09(日) 20:20:38.29 ID:ip/6wiZRo


P「…………」カタカタ…

李衣菜「見てください、雲が流れていきます……」

P「そうだなぁ……」

李衣菜「……あ、ツバメ飛んでる……」

P「そうだなぁ……」

李衣菜「…………」

P「…………」カタカタ

李衣菜「……私ってロックですよね」

P「……そうかなぁ」



3VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/09(日) 20:21:44.85 ID:ip/6wiZRo


李衣菜「……ちょっとー、そこは『そうだなぁ』でしょー」ムクッ

P「そうかなぁ」

李衣菜「もう……」

P「なぁ、李衣菜」カタカタ

李衣菜「なんですかー?」

P「ソファーに寝転がってるなら、ちょっと麦茶持ってきてくれよ」

李衣菜「えー。今忙しいですー」ゴロゴロー



4VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/09(日) 20:22:38.62 ID:ip/6wiZRo


P「そう言うと思ったよ……」スタスタ

李衣菜「あ、私にもくださーい」

P「ホット麦茶ってロックだと思う」ガチャリ

李衣菜「あぁーいやですー」

P「冗談、冗談。氷は?」コポコポ

李衣菜「3つー」

P「……6つじゃないのか」

李衣菜「なんでですー? それだと多いですよー」

P「ロックだから6……いや、なんでもない」ポチャンポチャン

李衣菜「んー?」



5VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/09(日) 20:23:37.66 ID:ip/6wiZRo


P「お待たせ」

李衣菜「どーもですっ」

P「ほら、起きて俺も座らせてくれ。まさか横になったまま飲む気か?」

李衣菜「起こしてほしいなー」

P「杏かお前は……」

李衣菜「自堕落ってロックじゃありません?」

P「いらないなら二つとも俺が飲むぞ」

李衣菜「あぁっ、嘘です起きますっ」ガバッ



6VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/09(日) 20:24:40.26 ID:ip/6wiZRo


P「まったく、女子高生がだらしない……隣座るぞ」ポフン

李衣菜「はい、どうぞ……いやぁ、事務所に来るとつい気が緩んじゃって。えへへ」

P「お前、夕方からレッスンだろう? 先に行って自主練でもしてれば……」

李衣菜「んー、やっぱりこうやってのんびりするのも必要だと思うんです」

P「なにをいっちょ前に。……ま、たまには充電もいるか」

李衣菜「ですよね! それじゃ乾杯ですっ」

P「ほいほい」

かちんっ



7VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/09(日) 20:25:48.54 ID:ip/6wiZRo


李衣菜「んく、んく……ぷはっ、おいしー♪」

P「ごくごく……うん、冷たいし最高だな」

李衣菜「もう夏ですねー」

P「だなー。早いもんだ……」

李衣菜「でも感傷に浸ってる暇はありませんよっ、時間は待ってくれませんから!」

P「なら自主練行けよなー」

李衣菜「……時には振り返ることも大事ですよねっ」

P「おいこら」



8VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/09(日) 20:26:57.21 ID:ip/6wiZRo


李衣菜「ほ、ほら! よく言うじゃないですか、ロックとは振り返ることだって!」

P「言わねーよ。聞いたことないぞ」

李衣菜「ろ、ロックアイドル多田李衣菜の名言が、今ここに誕生したのだ!」

P「李衣菜はバカだなぁ」

李衣菜「ひどい!」

P「あはは」

李衣菜「もー!」

―――
――



9VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/09(日) 20:28:10.14 ID:ip/6wiZRo


P「…………」ボーッ

李衣菜「…………」ボーッ

麦茶「カラン…」

P「空、青いなぁ」

李衣菜「はい……」

P「李衣菜の初ライブの時も、こんな晴れの日だったな」

李衣菜「……そうでしたっけ。覚えてないです」

P「はは、お前緊張してたもんな。うん、今日と変わらない青空だったよ」

李衣菜「そっかぁ……」



10VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/09(日) 20:30:11.78 ID:ip/6wiZRo


P「…………」グビッ

李衣菜「…………」

P「…………」

李衣菜「…………私は」

P「ん?」

李衣菜「私は……変わったかなぁ」

P「李衣菜は自分でどう思うんだ?」

李衣菜「自分でですか? うーん……」

P「…………」

李衣菜「……よく分かんないです」

P「そっか」



11VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/09(日) 20:31:22.11 ID:ip/6wiZRo


李衣菜「…………」コクコク

P「…………」

李衣菜「…………」コトッ

P「……俺は、李衣菜は変わってないと思うよ」

李衣菜「……そうですか?」

P「うん、出会った頃からな。見栄っ張りでお調子者で、失敗も多くて……」

李衣菜「マイナス部分ばっかり!?」



12VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/09(日) 20:32:41.30 ID:ip/6wiZRo


李衣菜「うぅー……」ショボーン

P「でもな」

李衣菜「……なんですかぁ」

P「それでもお前は前向きで……何度つまづいても転んでも、すぐに立ち上がるんだ」

李衣菜「!」

P「少しずつだけど確実に前進してて……そういうところ、カッコいいぞ。李衣菜」

李衣菜「……~~ッ!」プイッ

P「……あれ? 前進してるってことはやっぱり昔とは変わってるのかな?」

李衣菜「…………」カァァァ



13VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/09(日) 20:33:58.34 ID:ip/6wiZRo


P「まぁスタンスは変わってないし……李衣菜?」

李衣菜「そ、その……ありがとう、ございます」

P「うん? あぁ、思ったこと言っただけだよ」

李衣菜「そうですか……えへへ」

P「……なんだ、もしかして照れてるのか?」

李衣菜「そ、そりゃ照れますよ……いつもはからかって終わりなんですもん」

P「李衣菜は可愛いなぁ」

李衣菜「ほら、そうやって。……もう」クスッ



14VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/09(日) 20:35:30.61 ID:ip/6wiZRo


P「…………」ゴクゴク

李衣菜「…………」クピクピ

P「…………」

李衣菜「……えへへ。でも嬉しいな」

P「うん?」

李衣菜「プロデューサーがそう思っててくれて……とっても嬉しいです」

李衣菜「プロデューサーが見ててくれるなら私、安心してまっすぐ進めます!」

P「……うん、脇目も振らず突っ走れ。ちゃんと見てるからな!」

李衣菜「えぇ、見ててくださいね!」



15VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/09(日) 20:36:55.01 ID:ip/6wiZRo


P「よぉし、これからもよろしく頼むぞ、李衣菜」

李衣菜「へへ、もちろんですっ」

P「……一緒に頑張っていこうな」ナデナデ

李衣菜「!」

李衣菜「はいっ!」ニコッ

―――
――



16VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/09(日) 20:38:30.78 ID:ip/6wiZRo


P「さて、そろそろ仕事に戻らないと」

李衣菜「えー、もう少しのんびりしましょうよー」

P「これでも忙しいんだけどな……」

李衣菜「ちょっとくらいいいじゃないですか……って、ん?」

チルルルル…

P「どうした?」

李衣菜「いえ、今ツバメがビルの隙間に……」



17VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/09(日) 20:39:39.48 ID:ip/6wiZRo


P「ツバメ?」

李衣菜「はい、さっきも見て……窓から見えるかなー」ガラッ

P「どれどれ……って」

ツバメ「チチチッ、チルルルル!」

P「おお!? 巣ができてるじゃんか!」

李衣菜「ホントですかっ? んんーっ、見えないー!」ググッ



18VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/09(日) 20:40:44.09 ID:ip/6wiZRo


P「あはは、身長足りないか」

李衣菜「むっ、ちっちゃくないです!」

P「はいはい……おー、雛までいるのか」

ツバメ「ゴハンデスヨーチルル」

雛「オナカヘッターチチチー」

李衣菜「雛!? 見たいっ、雛見たいですっ!」ピョンッ ピョンッ

P「あ、こら跳ねるな危ないから!」

李衣菜「で、でもぉ……」

P「はぁ……分かった分かった、見せてやるからちょっと腕広げろ」



19VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/09(日) 20:42:32.84 ID:ip/6wiZRo


李衣菜「え? なんで……こうですか?」

P「うし、持ち上げるぞー」

李衣菜「えっ、ええ!?」

ぐいっ

李衣菜「おおっ、おおおおお! パワフルですプロデューサー!」

P「軽いなぁお前。どうだ、これで見えるか?」

李衣菜「あ、ぁあんくしゅぐった、うひひへへぇ」クネクネ

P「ぶっ、変な声出すな!」



20VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/09(日) 20:43:41.97 ID:ip/6wiZRo


李衣菜「だっ、だってぇ!」

P「いいから早く見ろって、ほら!」グイッ

李衣菜「あぁっ! 今胸触ったぁー!」

P「ちょっ、触ってないから! 大声出すなよ、窓全開なんだぞ!?」

ツバメ「チルルルル」



―――ドアの向こう

<ギャーギャー

ちひろ「……まったくもう、事務所でイチャイチャして……ふふっ♪」

―――



李衣菜「プロデューサーのえ○ちー、あははっ♪」

P「やめてー!」



おわり



21VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/09(日) 20:44:35.75 ID:ip/6wiZRo


というお話だったのさ
だりーなかわいいロックの日



23VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/06/09(日) 22:29:28.29 ID:nWnG9hTUO



だりーな可愛い!


転載元:モバP「青空と麦茶とロックな少女」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1370776741/



スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SSモバマスだりーな

(2)

AFTER 小梅「白坂小梅のラジオ百物語」Season 2 第十七夜

BEFORE モバP「アイドルと写真と思い出と」

だりーなかわいい!
[ 2013/06/10 16:17 ] [ 編集 ]
「空きれい」じゃなくて良かったわ
[ 2013/06/11 23:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

モバP「青空と麦茶とロックな少女」

Copyright © 2023全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto