スポンサーリンク

2013 05/26

貴音「よる…」響「おんせん!」




1 ◆K8xLCj98/Y [saga] :2013/05/24(金) 22:42:47.33 ID:aDtc1WdF0



 満月の輝く、美しい空。
 この光が、わたくしの心を落ち着かせてくれるのです。

 食事が終わり客室に戻り、こうして見上げる空。
 黒色と青色の混ざるこの景色に、一筋の光がさしこみ――

響「貴音」

貴音「……はい?」

響「それ、さっきも聞いたぞ」

貴音「…………そう、ですね」

 椅子に座ります。
 響はベッドに寝転がって、眠いと何度も呟いていました。









スポンサーリンク




2 ◆K8xLCj98/Y [sage] :2013/05/24(金) 22:45:04.79 ID:aDtc1WdFo



 時刻はもうじき、22時となります。

貴音「もし、響」

響「んー……?」

貴音「入浴しませんか」

響「そーだね……」

貴音「…………」

響「…………ぐぅ……」

貴音「響っ」

 響へと近づき、ゆっくりと身体を揺らすと……。

響「……んー…………」





3 ◆K8xLCj98/Y [sage] :2013/05/24(金) 22:47:50.15 ID:aDtc1WdFo



貴音「……眠いのですか?」

響「そうだな……でも、お風呂も入りたいぞ……」

貴音「ええ、ここは前に亜美達が自慢していた浴場ですので」

響「でもそれ……朝風呂じゃなかったっけ……?」

貴音「……入浴は夜でこそ、ではありませんか?」

響「んー……でも、自分疲れてるし……」

貴音「その疲れを癒すためには……入浴かと」

響「……じゃあ、ちょっと待ってて」

 響は立ち上がり、洗面所へと向かいました。




4 ◆K8xLCj98/Y [sage] :2013/05/24(金) 22:50:21.00 ID:aDtc1WdFo



 しばらくして、さっぱりした表情の響が戻って来ました。

響「よーし、準備出来たぞ! はいっ、タオル」

貴音「あ、ありがとうございます、響……何をしたのですか?」

響「うん? あぁ、自分がよくやる目覚めの体操」

貴音「体操……疲れていたのでは?」

響「まあ、だるいけど……それは大丈夫! お風呂入ってなんくるなくしよう!」

貴音「ええ、それでは……!」

響「誘おうか!」

貴音「響、鍵を」

響「ちょ、ちょっと待って貴音! 下着持ってかないと!」

貴音「そうですね……いっそ、このばすろぉぶなるものを着るというのは」




5 ◆K8xLCj98/Y [sage] :2013/05/24(金) 22:53:25.12 ID:aDtc1WdFo



響「バスローブかー」

 少し前の撮影で、これを着たことがありました。
 一緒に撮影をしていた美希は「貴音、すっごく似合うのーっ!」と言っていましたが、わたくしにはどうなのかは分かりません。

響「それじゃあ、これを着て隣の部屋に行こう」

貴音「ええ」

響「うわぁ、久しぶりだなー」

貴音「響は、よく旅館に泊まるのでは?」

響「そうなんだけど、これを着て動くことはないかなぁ。寝るときに着るだけだからさ」

貴音「なるほど……ばすろぉぶは就寝時にも着るのですね」

 そうして、ばすろぉぶを身に纏い。
 隣の部屋の呼び鈴を鳴らしました。




6 ◆K8xLCj98/Y [sage] :2013/05/24(金) 22:56:39.28 ID:aDtc1WdFo



 「はぁい」という声と共に、ばすろぉぶ姿のあずさが扉を開けます。

あずさ「あら、二人共」

貴音「あずさ、真……大浴場に行きませんか?」

響「お風呂行こうよ!」

真「いいねいいね! ボクたちも、ちょうどそんな話をしてたんだ!」

響「そうなの?」

あずさ「ええ、今これに着替えていたのよ」

貴音「あずさ……」

あずさ「はい?」

貴音「美しいです」

 あずさは普段よりも妖艶でした。これが、ばすろぉぶ効果なるものでしょうか。




7 ◆K8xLCj98/Y [sage] :2013/05/24(金) 23:03:03.11 ID:aDtc1WdFo



あずさ「ええっ!? そ、その……貴音ちゃん?」

真「もう準備はできてるからねっ」

響「それじゃあ、行こう! なっ、貴音、あずささん!」

貴音「行きましょう、あずさ」

あずさ「は、はい……」

 何故だかあずさが顔を紅潮させていました。

 三階の客室から階段を降り、地下の大浴場入口へとたどり着きます。
 自動販売機が隙間なく置かれ、少し奥まった場所には機械が多く置いてあります。

響「麻雀ゲームだね」

真「こういうところって、多いよね」

 どうやらそれは、麻雀の機械。

あずさ「こういうところでしか、見ないわねぇ」




8 ◆K8xLCj98/Y [sage] :2013/05/24(金) 23:05:27.09 ID:aDtc1WdFo



 脱衣場のかごは数個を除いてどれも中身がなく、人があまりいないことを教えてくれました。

貴音「とても楽しみです」

響「春香たちが朝風呂で入ったんだっけ? いいよね」

真「ボクたちも朝風呂行こうよ!」

あずさ「ええ、とっても楽しみねぇ」

真「あずささん、朝起こしますからね!」

あずさ「うふふ、大丈夫よ、真ちゃん。わたし、8時ぐらいには」

真「6時に出発しますよ!」

あずさ「は、早いのね……」




9 ◆K8xLCj98/Y [sage] :2013/05/24(金) 23:12:40.20 ID:aDtc1WdFo



 大浴場への扉を横に動かすと、湯気が顔に当たりました。

響「うわー、広いなぁ」

あずさ「早く入りたいわねぇ」

真「あっ、”かけ湯”をするみたいですよ」

貴音「湯を身体にかけるのですね」コトン

響「どれどれ……おっ、良い感じのぬるさだぞ」バシャア

真「そう? それじゃ! ……うん、丁度いいね」バシャン

貴音「……良いですね」バシャ…

あずさ「温かくて、言葉が間延びしちゃうわぁ」

響「あずささん、いつもそうだぞ」

 かけ湯をした後は、自由に入っていいと書いてありました。
 四人で、一番大きな浴槽へと入ります。

 ……おや、他に入っている方々は、露天風呂にいるのですね。




10 ◆K8xLCj98/Y [sage] :2013/05/24(金) 23:23:19.78 ID:aDtc1WdFo



真「ふぅー……気持ちいいなあ」

あずさ「ええ、とっても……」

響「疲れが取れるなぁ」

貴音「ええ、今日の収録は楽しめましたが、同時に疲労も溜まるものでしたからね」

あずさ「楽しかったわよね」

真「でも、貴音の言うとおりに疲れましたね……」

響「あずささん、マラソンで疲れてたね」

あずさ「みんなが早すぎるからねぇ」

真「そ、そうでしたか?」

貴音「響も真も、最後は競争をしていましたからね」




11 ◆K8xLCj98/Y [sage] :2013/05/24(金) 23:30:07.28 ID:aDtc1WdFo



響「だ、だって真が!」

真「響が急に加速するからだろ!」

響「むぅー……」

真「ぬぅー……」

響・真「……ふー」

あずさ「うふふ」

貴音「それにしても……気持ちが良いですね」

響「そうだねぇ」

真「後で、露天風呂にも行ってみない?」

あずさ「それじゃあ、あの人が露天風呂を出たら、にしない? 急に大勢で行くと、気を遣わせてしまうから」

貴音「そうしましょう」




12 ◆K8xLCj98/Y [sage] :2013/05/24(金) 23:42:15.49 ID:aDtc1WdFo



真「また行けるかな、事務所のみんなで旅行」

あずさ「楽しかったわねぇ」

貴音「皆で、入浴したいですね」

響「でも、みんな忙しいもんなぁ。この仕事だって本当は……」

真「仕方ないよ。雪歩は舞台だし、美希はファッションショーに出なきゃいけないんだからさ」

響「うん……もう、あんまりみんなで集まれないのかな」

貴音「忙しいことは喜ばしいことですが……少し、残念ですね」





13 ◆K8xLCj98/Y [sage] :2013/05/24(金) 23:50:07.94 ID:aDtc1WdFo



あずさ「いっそのこと、プロデューサーさんにお風呂レポートのお仕事を頼んでみるとか」

響「……うーん、どうかなぁ」

真「いいとは思いますけど……そんなお仕事、あるんでしょうかね」

貴音「様々な温泉を楽しめるのは、良いですね」

響「そうだ、様々な温泉っていえば……このホテル、温泉街の中にあるんだよな」

真「そうなの?」

響「うん、タダでいろんなお風呂に入れるらしいぞ」

あずさ「明日、巡ってみましょうか」

貴音「ふふっ」




14 ◆K8xLCj98/Y [sage] :2013/05/25(土) 00:09:55.32 ID:AgX8rZCio



響「ふーんふふーん♪」

 響の鼻歌は「READY!!」ですね。

真「お風呂って、やっぱりいいなぁ」

 露天風呂の扉が開き、入っていた女性がそのまま大浴場を後にしました。

あずさ「それじゃあ、行きましょうか」

貴音「はい」

真「やーりぃ! 露天風呂ですね!」

響「楽しみだなぁ」





15 ◆K8xLCj98/Y [sage] :2013/05/25(土) 00:21:12.98 ID:AgX8rZCio



 夜空の下、落ち着いた雰囲気の岩風呂が見えます。

響「つ、つめたっ」

真「寒いっ」

あずさ「は、早く湯船に」

貴音「ゆっくり、温かさを感じるのです」チャポ

響「……おぉ」

真「……ふぅー」

あずさ「気持ちがいいわねぇ」





16 ◆K8xLCj98/Y [saga] :2013/05/25(土) 00:28:22.72 ID:AgX8rZCio



真「やっぱり、露天風呂と中のお風呂は違うね」

響「そうだなー……」

貴音「……月が、綺麗ですね」

あずさ「……あら」

響「……本当だ」

真「……そうか、このへんは、あまり明るいものがないから……」

貴音「客室の窓よりも、美しく見えます」

 満月の輝く、美しい空。
 その光が、わたくし達の佇むこの場所を、深く深く照らしてくれるようでした。




17 ◆K8xLCj98/Y [saga] :2013/05/25(土) 00:34:18.08 ID:AgX8rZCio



響「ねぇ、貴音」

貴音「はい?」

 静寂。ただ湯の流れる静かな音だけが聞こえています。

響「貴音は、月をよく見るよね」

貴音「ええ」

響「貴音にとって、月って……なに?」

貴音「わたくしにとって、月とは……ですか」

真「難しい質問するね、響」

あずさ「月……」




18 ◆K8xLCj98/Y [saga] :2013/05/25(土) 00:36:54.43 ID:AgX8rZCio



貴音「母親のようなものでしょうか」

あずさ「母親?」

貴音「ええ。本当の母親とは違いますが、空を見上げるといつもそこにある……」

真「……母親、かぁ」

貴音「ええ。皆はありませんか? 月を見ると、心が安らぐことが」

真「ボクは分からないけど……ホッとすることなら、少しはあるよ」

貴音「そうですか……やはり、不思議な力を秘めているのかもしれませんね」

あずさ「ふふっ、貴音ちゃんみたいね」

貴音「はい?」





19 ◆K8xLCj98/Y [saga] :2013/05/25(土) 00:38:47.65 ID:AgX8rZCio



あずさ「不思議な人だけれど、みんながとっても信頼している、月のように光で辺りを照らす」

貴音「……」

響「あずささん……かっこいいな」

あずさ「うふふ、少し子供っぽいたとえだったかもね」

貴音「わたくしは、月のようになれているでしょうか?」

真「……うん。ボク、貴音に何度も助けられたしね」

貴音「はて」

真「無意識に、みんなのことを支えてくれているんだよ」




20 ◆K8xLCj98/Y [saga] :2013/05/25(土) 00:56:59.81 ID:AgX8rZCio



響「そうだな、自分もフェアリーで貴音に何度も助けられたぞ」

あずさ「私も、番組でフォローしてもらったり、事務所に連れてってもらったり」

貴音「……ありがとう、ございます」

真「……でも、急にどうしたのさ、響?」

響「いや……なんだか、思いついて」

あずさ「ええ、わかるかも。なんだかお湯のせいか、おかしな気分になるのよね」

貴音「皆の言葉を聞けて、とても嬉しいですよ」





21 ◆K8xLCj98/Y [saga] :2013/05/25(土) 01:10:29.43 ID:AgX8rZCio



 身体を洗い、最後にもう一回湯船に入り……
 ……響がのぼせそうだと言うので、すぐにあがりました。

 のれんをくぐった先にある、椅子で響は横になっています。
 時刻は、まもなく23時になろうという頃。結構な時間、入っていたのですね。

響「ひうー……あついぞー……」

真「……大丈夫? 水でも買ってこようか」

響「水なら……フルーツ牛乳がいいな……」

真「フルーツ牛乳? じゃあ、買ってくるよ」

あずさ「真ちゃん、ちょっと待って。私が買ってくるわ」

真「えっ? いいんですか?」

あずさ「ええ。せっかくだから私がみんなにおごりましょう」

貴音「ありがとうございます、あずさ」

真「わ、悪いですよぅ!」

あずさ「ほらほら、気にしないで」




22 ◆K8xLCj98/Y [saga] :2013/05/25(土) 01:18:04.59 ID:AgX8rZCio



 ガコン、と自動販売機が音を立てました。
 一本ずつ瓶を取り出していきます。

 あずさの横で、わたくしは二本のフルーツ牛乳を持ちました。

響「ありがと……」

真「ありがとう、貴音」

あずさ「それじゃあ、飲みましょう」

貴音「ええ」

 亜美は言っていました。
 「お風呂あがりのコーヒー牛乳は最高だけど、フルーツ牛乳もいいよNE」と。

 フルーツ牛乳とやら、お手並み拝見です。
 一体どんな味がするのか、試してあげましょう。




23 ◆K8xLCj98/Y [saga] :2013/05/25(土) 01:20:00.62 ID:AgX8rZCio



貴音「――!」

響「やっぱりおいしいなー……」

真「うん……あっ、響!」ペタッ

響「つめたっ」

真「顔真っ赤だし、瓶を顔につけると気持ちがいいよ!」

響「なるほろ……サンキュー真、やってみるぞ」

あずさ「ろれつが回っていないし、今日は早く寝たほうがいいわねぇ。お願いね、貴音ちゃん……貴音ちゃん?」

貴音「はっ……すみません、あまりの美味さに言葉を失っていました」

あずさ「貴音ちゃん、フルーツ牛乳は初めて?」

貴音「……はい。幼少時は、風呂あがりはコーヒー牛乳一択とじいやに言われていましたので」




24 ◆K8xLCj98/Y [saga] :2013/05/25(土) 01:22:34.83 ID:AgX8rZCio



あずさ「うふふ、きっとやみつきになるわねぇ」

真「この味はクセになりますよね、火照った身体に最高ですし!」

響「フルーツ牛乳、おいしいよねぇ」

貴音「……ふふっ、やはり入浴というものは、面白いですね」

 ごく、ごく、ごく。
 瓶に残ったフルーツ牛乳を一気に流します。





25 ◆K8xLCj98/Y [saga] :2013/05/25(土) 01:23:33.85 ID:AgX8rZCio



 これは、朝風呂後のフルーツ牛乳も楽しみになってきますね。

貴音「皆……朝風呂も、ぜひ行きましょう」

あずさ「ええ」

真「そうだね!」

響「うんっ」

貴音「では、わたくしはおかわりを」

真「ええっ!?」





26 ◆K8xLCj98/Y [saga] :2013/05/25(土) 01:24:38.94 ID:AgX8rZCio



 前のやつ/亜美・真美・春香・千早の朝風呂
 →亜美「あさ!」真美「ぶろ!」

 入浴後のフルーツ牛乳ってやつも素晴らしいですよね。甘さで言えば断然こっち。
 お読みいただき、ありがとうございました。お疲れ様でした。




27VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/25(土) 01:28:15.96 ID:C/gtKi4No






29VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/05/25(土) 10:13:29.33 ID:UxgPgQOYO



この雰囲気好きだ



転載元:貴音「よる…」響「おんせん!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1369402967/

スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SS765プロ貴音あずさ

(5)

AFTER 春香「けふは小鳥さんちに行きませう」

BEFORE まゆ「付き添って、付き添われて」

風呂上りの響は濡れた犬みたいなにおいがしそう
[ 2013/05/26 00:33 ] [ 編集 ]
そういえばフルーツ牛乳飲んだことねえわ
飲んでみたくなった
[ 2013/05/26 03:28 ] [ 編集 ]
>No.20890
それは良い匂いなんですかね?(困惑)
[ 2013/05/26 06:36 ] [ 編集 ]
SSだと真が貴音呼び捨てにしてるけど、CDとかだとさんづけだよね
[ 2013/05/26 14:06 ] [ 編集 ]
ゲームもアニマスも呼び捨てやがな、細かいとこ突くのやめいや
[ 2013/05/26 16:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

貴音「よる…」響「おんせん!」

Copyright © 2019全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto