スポンサーリンク

2013 05/06

小梅「白坂小梅のラジオ百物語」 第九夜



107VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/04/30(火) 23:18:49.40 ID:dOWUWMz0o


第九夜 間違い


茄子「さて、それではそろそろ本日のアイドル百物語へと参りましょうか」
tkfjkk2.jpeg

小梅「こ、今回は、ちょっと興味深い……話?」
kumsrprs.jpg

ほたる「興味深い、ですか?」
srgkhtr.jpg

小梅「う、うん。なんというか……。あるんだろうなとは思うけど、あんまり聞いたことがないというか……」

茄子「いったいどんなお話なのでしょう……?」

小梅「あ、あと、迷惑、かも」

ほたる「……たいていの怪談話は、当事者には迷惑では……」

小梅「そ、そう? 面白いのに……」

茄子「そうですねえ。普通の人はお話くらいでとどめておきたいんじゃないかと思います。
こうして怪談を聞いたり、映画を見たりは私も好きですよ?」

小梅「……うん。楽しいよね」

ほたる「ただ、自分の身に起こると……」

小梅「……たしかに、あんまり、呪われたり……すると……」

茄子「ともあれ、今日のアイドルさんを紹介してください」

小梅「きょ、今日は、仙崎恵磨さん」

ほたる「それでは、どうぞ」






前スレ
小梅「白坂小梅のラジオ百物語」
小梅「白坂小梅のラジオ百物語」 第二夜
小梅「白坂小梅のラジオ百物語」 第三夜
小梅「白坂小梅のラジオ百物語」 第四夜
小梅「白坂小梅のラジオ百物語」 第五夜
小梅「白坂小梅のラジオ百物語」 第六夜
小梅「白坂小梅のラジオ百物語」 第七夜
小梅「白坂小梅のラジオ百物語」 第八夜





スポンサーリンク



108VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/04/30(火) 23:19:17.92 ID:dOWUWMz0o


仙崎恵磨(21)
snzkem2.jpg


○一言質問
小梅「す、好きな都市伝説とか……ある?」
恵磨「ピアスあけたら、視神経が出てくるやつ! あれ、はじめ知ったとき怖くてねー。いまはピアスの穴あけるのにも慣れちゃったから笑える」




109VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/04/30(火) 23:21:09.01 ID:dOWUWMz0o


 やっほー!!
 え?
 声が大きい?

 あ、ごめん、ごめーん。
 そっか、録音してるからね!
 適量でねっ!!

 それでそれで、今日は怪談だよね。

 あるよー。
 怪談。このアタシの経験談!

 っても、一回こっきりだけどね。
 でもねー。
 その一回がひどかったんだ。うん、マジマジ。

 まあ、いわゆるシンレー体験ってやつなんだろうけどさー。




110VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/04/30(火) 23:21:35.19 ID:dOWUWMz0o


 アタシが高校生の頃……うーん。
 あれは、二年の夏だったかなー。

 夜、寝てたんだよね。

 でも、まだ寝入ってからそれほど経ってなかったんじゃないかな。
 寝る前にタイマーでつけといたエアコンがまだ動いてたからさ。

 ふっと目が覚めて、あれ、なんで? って思ったわけ。

 それこそ、部屋が暑くて起きるとか、喉渇いて起きるとかするには、まだ全然寝てない感じだったから。

 そしたら、気配がすんの。

 自分以外の……。
 んー、なんかがいる感じ。

 『誰か』とは思わなかったな。

 親とかが入ってきたとかって感じとは、えらい違ってたから。




111VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/04/30(火) 23:24:01.60 ID:dOWUWMz0o


 なんか……うーん。
 なんて言ったらいいかなー。

 じゅくじゅくと腐ったもの触っちゃったみたいなきもちわるーい感覚?
 そんな感じでさ。

 思わず、アタシ、かけてたタオルケットを頭からかぶっちゃったよ。

 それからも、なにか部屋の中を這いずりまわっているような気がしてしょうがなかったんだけど……。

 タオルケットの中で冷や汗かいてたら、いつの間にかそれもなくなって、寝ちゃってた。

 うん。起きたら普通でねー。
 部屋の中のものが動いてるとかもなくて。

 夢だったのかって笑えて来ちゃったよ。

 でもさ、それが夢じゃなかったんだよね。

 うん、来たんだよ。
 次の日も。

 今度はまだ眠れてないときだったけど、同じ感覚。




112VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/04/30(火) 23:25:00.62 ID:dOWUWMz0o


 またタオルケットかぶりたくなったんだけど、そこで、はって気づいたわけ。

『なんでアタシの部屋で怖がらせられなきゃいけないわけ?』

 ってさ。

 一度そう思うと、猛烈に腹が立ってきてさ。

 幽霊だかお化けだかなんだか知らないけど、生きてないもんが、人間サマの世界に干渉すんなって話。

 もうかっかキテルもんだから、怖いとか全部すっ飛んで、こうなったら、そいつに向かい合ってやろうって思っちゃったんだわ。

 で、跳ね起きて、ベッドの上から、部屋をぐるって見回したの。

 最初は、なんもいないって思ったんだけど、いたよ。

 うん。
 なんと、エアコンの吹き出し口!

 そう、にゅーって、出てくるの。
 あの狭い吹き出し口から。




113VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/04/30(火) 23:25:51.45 ID:dOWUWMz0o


 どう言えばいいのかなー。

 あ、あのさ、ロード・オブ・ザ・リングってあったでしょ?
 そう、映画の。

 あれで、ゴラムとかいうのがいたの……わかる?

 うん。
 あのへんてこなちび。

 あれを、もっと、こう、凶悪にした感じ?
 凶悪っていうか、ぐにょぐにょっていうか……。

 関節とか間違った方向についてて、膚は生きてる動物の膚じゃなくて、ゴムみたいな感じだったかなー。
 ああ、違うなー、泥細工みたい?

 ともかく、まあ、変なのがぐにゃーってなりながら出てきたわけ。




114VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/04/30(火) 23:26:45.86 ID:dOWUWMz0o


 いま思い返すと、ちょっと震えが来る感じなんだけど、なにしろキレてるからね。
 もう、こっち来てみろ、みたいな感じですわ。
 ぶったたいてやるから、って勢いね。

 それで、あっちも、アタシが見てるのに気づいたんだろうね。

 いやらしーい笑い顔浮かべてアタシのこと見るの。

 おどかしてやるつもりだったんだと思うな。
 うん。そのときまでは。

 そいつってば、アタシの顔見た途端、どうしたと思う?

 びっくりした顔してたんだよ!

 もうね、その瞬間わかったの。
 あ、こいつ、人違いしやがった、って。

 わかるでしょ。こう、場違いな人が、なんか驚いたと同時にすっごく困ったような顔つきになるの。
 あれと同じ。




115VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/04/30(火) 23:27:51.80 ID:dOWUWMz0o


 それで、ひゅるんってエアコンの中に逃げ戻りやがって。

 うん、それ以来出てないよ。

 たぶん、隣とか、別の家と間違えたんじゃないの?
 変な感じもしないしね。

 ほんっと、人騒がせだよ。

 アタシのほうは逃げられて怒り心頭でがんがんエアコンたたいてたら、びっくりして起きてきた親に怒られたっていうのにさー。

 迷惑かけたほうは出てこないだけで済むとか、ほんと不公平!




116VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/04/30(火) 23:28:30.61 ID:dOWUWMz0o


茄子「ええと、これはなんと言いますか……」

ほたる「するんですね、人違い……」

小梅「ひ、人全体への怨みになるんじゃない、個人への怨みとかだと……ありえる……。でも……珍しい」

茄子「たしかに……」

ほたる「……間違いでも、そのまま脅かしてきそうなものですが……」

小梅「きっと……あっちはあっちで脅かしたりするのも……力がいる、から……」

ほたる「怨む相手に会う前に消耗してはいけないと……。なるほど、計算できる幽霊さんですね……」

茄子「それでも、間違いで出てくるのはやめてほしいですね」

小梅「う、うん」

茄子「さて、こんな話が聞けたところで、次のコーナーでは、落語などに登場するコミカルな幽霊について特集を……」


 第九夜 終




118VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/04/30(火) 23:31:58.68 ID:z40e+6wL0



アウターゾーンの妖精の話思い出した




119VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/04/30(火) 23:32:10.57 ID:ufHPO7p2O


乙ー

見た目はアレだけどドジっこ幽霊きゃわわ



転載元:小梅「白坂小梅のラジオ百物語」 
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1365945798/


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SSモバマス白坂小梅のラジオ百物語茄子ほたる小梅恵磨

(7)

AFTER 伊織「デコチョップ」 

BEFORE 真「エージェント夜を往く?」

何はともあれ、

幽霊に耐性が無くても、それが物理効きそうなヤツだったら
刃物とか持って無かったらお化けとか関係無く追っ払うわなw
[ 2013/05/06 04:09 ] [ 編集 ]
反撃されると途端に逃げてく話も有るよね
想定外に弱いのは生前から変わらないんだろうか
[ 2013/05/06 10:16 ] [ 編集 ]
精神面に干渉するから自分の恐怖心が強いと相手が強気になっちゃうね
[ 2013/05/06 11:24 ] [ 編集 ]
不安の種にもあったな、顔を合わせた途端に
「あ…人違いでした」って言って去っていく怪異の話
[ 2013/05/06 14:16 ] [ 編集 ]
『何かがいる』的な感覚ってどうなんだろ?
金縛りは中学くらいから?何度もあるけど、あれって浅い眠りで云々だし違うんだろうな
その状態だと変な夢?みたいな感じでユーレイさん見るけどレム睡眠で見てるだけで、
或る程度自己の意識があるのに体が動かないのが辛い
ただ、フッと落下しそうな感覚でハッと目が醒めて動悸が激しくなるのは止めて欲しい
[ 2013/05/07 00:07 ] [ 編集 ]
何気に毎回の一言質問も楽しみだったりする
[ 2013/05/08 09:59 ] [ 編集 ]
一言質問、うまいよね。
キャラを掴んでる。
[ 2013/05/08 22:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

小梅「白坂小梅のラジオ百物語」 第九夜

Copyright © 2019全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto