スポンサーリンク

2013 02/24

P「風邪ひいたかなあ」真「じゃあ運動しましょう!」




1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 21:22:58.52 ID:eqJNpz0V0


P「え」

真「調子の悪い時は、運動すれば治りますよ!」

P「いや、それは」






スポンサーリンク




3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 21:24:26.46 ID:eqJNpz0V0


真「いいから、行きますよ!」

P「り、律子ー!」

律子「ちょっと、真!?」




4以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 21:25:24.56 ID:eqJNpz0V0


~翌日~

律子「えー、ということで……」

雪歩「プロデューサーが」

響「高熱を出して寝込んだ」

律子「はい、そうです」




5以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 21:26:51.37 ID:eqJNpz0V0


真「すいませんでした……」

雪歩「真ちゃん……」

真「悪気は、無かったんだよ……」




6以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 21:28:16.07 ID:eqJNpz0V0


響「プロデューサー、大丈夫かな」

雪歩「お見舞いに行ったほうが……」

律子「あんたたちは駄目」

雪歩「え」

響「なんでー!?」




8以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 21:29:33.59 ID:eqJNpz0V0


律子「アイドルがプロデューサーの家に行くなんて言語道断よ」

小鳥さん「今日、私がお見舞いに行ってきますから」

雪歩「そうですか……」

響「ちぇー…」




9以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 21:31:39.55 ID:eqJNpz0V0


小鳥さん「……さて、それじゃあプロデューサーさんのお見舞いに行ってきますね」

律子「すいません。プロデューサーが生きてるかどうか、確かめてください」

小鳥さん「ふふ、分かりました」




10以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 21:33:16.60 ID:eqJNpz0V0


小鳥さん「食材か何か、買っていったほうがいいかな」

真「あの、小鳥さん!!」

小鳥さん「あら、真ちゃん」

真「ボクも、一緒に連れて行ってください!」




11以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 21:34:51.91 ID:eqJNpz0V0


小鳥さん「駄目よ、律子さんも言ってたでしょう」

真「でも、ボクのせいでプロデューサーは……」

小鳥さん「うーん……」




12以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 21:36:20.18 ID:eqJNpz0V0


真「小鳥さん……」

小鳥さん「……律子さんには内緒よ?」

真「は、はい!!」




13以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 21:37:44.10 ID:eqJNpz0V0


P「すみません、小鳥さん」

小鳥さん「いいえ、これぐらい、何てことありませんよ」

真「プロデューサー、寝ててください!」

P「大丈夫、だいぶ調子も良くなってきたよ。明日には仕事に復帰できそうだ」




15以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 21:39:27.72 ID:eqJNpz0V0


小鳥さん「無理しないでください。治り始めが一番危ないんですから」

P「じゃあ、ちょっと横になろうかな」

小鳥さん「今おかゆ作りますから」

真「ボクも手伝います!」




16以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 21:41:38.29 ID:eqJNpz0V0


小鳥さん「こっちは大丈夫だから、プロデューサーさんを見ててくれる?」

真「あ、はい」

小鳥さん「プロデューサーさん、もう少しで洗濯も終わりますから」

P「すいません、何から何まで」




17以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 21:43:26.92 ID:eqJNpz0V0


小鳥さん「プロデューサーさんは寝ててください。後は私がやっておきますから」

真「ボクも――」

小鳥さん「ここのベランダ、塀が高いですね。日当たり悪いでしょう」




18以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 21:45:28.84 ID:eqJNpz0V0


P「それに、泥棒が入ったら外から分かりませんね」

小鳥さん「笑い事じゃありませんよ。せめて2階にしたら良かったのに」

P「家賃が安かったんです」




20以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 21:47:30.15 ID:eqJNpz0V0


小鳥さん「しょうがないプロデューサーさん」

P「はは、面目ない」

真「……」




21以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 21:49:03.51 ID:eqJNpz0V0


雪歩「プロデューサー、今日もお休みですか」

小鳥さん「もうほとんど大丈夫だけど、大事をとって今日は休んでもらったの」

響「自分もお見舞い行きたかったなー」

律子「はいはい、みんな早く仕事に行きなさーい!」




23以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 21:50:39.36 ID:eqJNpz0V0


P「はあ……休みはいいけど、もう寝飽きたなー」

P「洗濯物でも取り込むか。さすがにもう乾いてるだろ」




24以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 21:53:27.43 ID:eqJNpz0V0


P「よっと……これで全部か」

P「ああ、鍵はちゃんと閉めなくちゃ……よし」

P「小鳥さんの言うとおり、ただでさえ外から見えづらいもんなあ、ここ」

P「防犯上良くないし、本当に2階にでも引越し――っと、ピンポンが鳴った」

P「誰だろう。一応、ドアスコープで確に――え」




25以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 21:55:07.83 ID:eqJNpz0V0


真「あ――す、すいませんプロデューサー、急に……」

P「真、いったいどうしたんだ」

真「昨日、お見舞いに来たけど、結局何もできなくて……」




26以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 21:57:23.12 ID:eqJNpz0V0


P「その買い物袋は」

真「今日こそは、って……迷惑ですか?」

P「……」

真「迷惑なら、すぐに帰ります……」




27以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 21:58:49.07 ID:eqJNpz0V0


P「律子はこのことを」

真「内緒で来ました……」

P「……悪いが、玄関の敷居、またぐのは駄目だ」




28以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 22:01:24.24 ID:eqJNpz0V0


真「そう、ですよね……昨日は小鳥さんがいたけど……」

真「アイドル1人で、男の人の家になんて駄目ですよね……すいません、もう帰り――」

P「待て、真」

真「……なんですか」




29以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 22:03:30.53 ID:eqJNpz0V0


P「昨日、小鳥さんが洗濯物を干してくれたんだが……」

P「その時、ベランダの鍵をかけ忘れていたような気がする」

真「……」




30以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 22:05:40.04 ID:eqJNpz0V0


P「確かめたいが、急に調子が悪くなってきた。今すぐにでも布団で寝たい」

P「帰りに、ちゃんと閉まっているかどうか確認してくれないか」

真「……それって」




32以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 22:09:07.17 ID:eqJNpz0V0


P「いいか、ちゃんと確認するんだぞ」

P「見るだけじゃなくて『しっかり閉まってるかどうか』確認しろ。いいな?」

真「分かりました、プロデューサー!!」




34以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 22:11:24.99 ID:eqJNpz0V0


P「ちゃんと閉まってたかー」

真「内側から鍵かけて――はい、この通り、ちゃんと閉まってました!!」

P「それは良かった」




35以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 22:13:28.37 ID:eqJNpz0V0


真「プロデューサー、ご飯食べました?」

P「いや、朝から何も」

真「駄目ですよ、何か食べなきゃ。ボクが作りますね!!」




36以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 22:15:19.73 ID:eqJNpz0V0


P「火、使えるのか」

真「もう、プロデューサー。ボク結構、料理できるんですよ」

P「じゃあ頼むよ」

真「はい!!」




37以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 22:17:49.06 ID:eqJNpz0V0


P「……これは何だ」

真「うどんですよ」

P「麺が見えないが、この茶色いものは何だ」

真「肉です!」




39以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 22:20:01.83 ID:eqJNpz0V0


P「……いただきます」

真「どうですか、おいしいですか!?」

P「うん、おいしい」




40以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 22:22:32.65 ID:eqJNpz0V0


真「へへっ、やっりぃ~!!」

P「うん、おいしいよ。おいしいけど……」

真「いっぱい食べて、早く元気になってくださいね!」

P「あの、それは嬉しいんだがな、真。胃が――」




41以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 22:24:32.26 ID:eqJNpz0V0


真「昨日、ボク、何にもできなかったじゃないですか」

P「……」

真「だから今、こうしてプロデューサーの役に立てて嬉しいなって……へへ」

P「……真、おかわり」

真「はい、まだまだありますから、いっぱいおかわりしてください!!」




44以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 22:26:57.74 ID:eqJNpz0V0


律子「えー、ということで……」

雪歩「プロデューサーが」

響「食べすぎで倒れたと」




45以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 22:29:13.79 ID:eqJNpz0V0


小鳥さん「本人いわく、病み上がりでお腹が空きすぎていたようです」

律子「まったく、程があるでしょうに」

雪歩「食べ過ぎって、いったい何を食べたのかな……」

響「まさか肉とか」

真「……」




47以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 22:31:28.74 ID:eqJNpz0V0


律子「ほら、みんな早く仕事に行きなさーい!」

雪歩「真ちゃん、行こう」

真「うん……」

響「心配だな、プロデューサー」

真「そうだね……」




48以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 22:33:43.11 ID:eqJNpz0V0


雪歩「真ちゃん、電話、鳴ってるよ」

真「あ、ほんとだ……メール?」

真「あ――」




49以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 22:35:22.47 ID:eqJNpz0V0


響「どうしたの?」

真「う、ううん、何でもない。行こう、雪歩、響!」

雪歩「……真ちゃん、急に元気になったね」

響「怪しいぞ……」

真「へへ……」




51以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 22:38:22.18 ID:eqJNpz0V0


-------------------------------------------------------------------------------------------------
From プロデューサー
-------------------------------------------------------------------------------------------------
Sub 昨日はありがとう
-------------------------------------------------------------------------------------------------
あまりに美味しかったから食べ過ぎてしまったよ。

また、作りに来てくれ。
-------------------------------------------------------------------------------------------------


真「プロデューサー、ボク、もっといい女の子になれるように頑張ります」

真「歌もダンスも、料理も洗濯も、どっちもトップになれた、そのときは」

真「そのときは、ボクを――」




52以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 22:41:13.95 ID:eqJNpz0V0


-------------------------------------------------------------------------------------------------
追伸

できれば、今日もベランダの鍵が閉まっているかどうか確認してほしい。
-------------------------------------------------------------------------------------------------


真「――お姫様に、してくれますか」



おわり




55以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 22:42:39.64 ID:cijfxESq0


おっつ




57以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] :2013/02/23(土) 22:48:31.45 ID:X3uFuifF0


真ダメダメすぎ
Pイケメンすぎ




58以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 22:49:37.82 ID:WJh/qGnQ0


この真はなんか髪短いときので再生される



引用元:P「風邪ひいたかなあ」真「じゃあ運動しましょう!」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1361622178/

スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SS765プロ

(5)

AFTER モバP「Do You Know her? I Know!!」

BEFORE P「765探偵事務所」美希「想い人を探すの!」

モバマスで例えるのは無粋かもしれんが
まこちんが成長したらユッキか早苗さんみたいになるんだろうか
[ 2013/02/24 00:47 ] [ 編集 ]
真がアホの子だという風潮
…でも今回みたいな展開はないだろ なんか真が可哀想だわ
[ 2013/02/24 06:55 ] [ 編集 ]
小鳥さん「」
という名前の書き方は初めて見た気がする。
[ 2013/02/24 09:00 ] [ 編集 ]
真くんはちょっとぽんこつくらいが一番映える
[ 2013/02/24 12:40 ] [ 編集 ]
以上、音無小鳥妄想劇場をお届けしました。
[ 2013/02/24 13:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

P「風邪ひいたかなあ」真「じゃあ運動しましょう!」

Copyright © 2019全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto