スポンサーリンク

2013 01/07

凛「先輩アイドルに負けない」




1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/06(日) 19:48:03.45 ID:/056XJuU0


――――――


凛(……)ジー
sbyrn.jpg


P「……同じ事務所にいるのに、なんだか久しぶりな気もするなあ」

春香「ほんとです。プロデューサーさんが私を捨てて、一人にするから……」
hrks1.jpg

P「ひ、人聞きが悪いな。プロデュースをやめたわけじゃないし、もう付きっきりじゃなくてもなんとかできると思って」

春香「そうですけどー……なんだかさみしいです」

P「おいおい……」






スポンサーリンク




2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/06(日) 19:52:52.85 ID:/056XJuU0


春香「あ、そういえば凛ちゃんはどうですか? 最近大活躍みたいで、色んな現場で話を聞きますよ」

P「本当か? 確かに今は人気が出てきて、仕事も増えてきてるな。……まあ、まだまだ目を離せない部分もあるけど」

春香「きびしいですねー……でも、頑張ってるみたいでよかったです」

春香「……凛ちゃんのこと、よろしくお願いしますね? 私たちの、かわいい後輩ですから」

P「もちろん、そのつもりだ」




4以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/06(日) 19:57:12.69 ID:/056XJuU0


春香「あ、そうだ。今日、クッキー焼いてきたんです。まだ残ってるので、よかったらどうぞ」

P「おお! いただくよ。春香のお菓子も久しぶりだな……」モグモグ

P「……うん。相変わらずうまい。こっちの腕も上がってるんじゃないか?」

春香「よかった。うれしいです♪ あ、こっちの方は凛ちゃんに渡してあげて下さいね」

P「わかった。凛も喜ぶと思うよ。……またお菓子、期待してもいいか?」

春香「もちろんです。また作ってきますね」

P「そうか。ありがとうな春香」ナデナデ

春香「わっ、わっ……えへへ……はい……///」




5以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/06(日) 20:02:35.14 ID:/056XJuU0


凛(っ!?)ガタッ

凛(お菓子……そうか、お菓子か。さすがは先輩)

凛(……私も、春香さんみたいに……撫でて……)


P「……うん。変わりないみたいだな。春香……ん? 凛、いつの間に……」

P「……? どうしたんだ、ぼーっとして」

凛「……ううん。なんでもない」

P「……そうか?」

凛(……よし)




7以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/06(日) 20:06:21.39 ID:/056XJuU0


――――――


凛「おはようございます、プロデューサー」

P「おはよう、凛。今日も頑張っていこうな」

凛「うん。……あ、あのさ、プロデューサー」

P「ん? なんだ凛。何かトラブルか?」

凛「そうじゃなくて……ええと、今朝、さ。その、これ……」

P「これ? ……なんだ、この袋? 開けていいのか?」

凛「うん……それ、あげるから」




8以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/06(日) 20:11:15.68 ID:/056XJuU0


P「んーと……」ガサガサ

P「……これは、クッキー? もしかして手作り?」

凛「う、うん。一応……」

P「おおっ、すごいな。お菓子も作れるんだな、凛。……なんて、ちょっと失礼な言い方だったか? ……悪い」

凛「ううん。しょっちゅう作ってるわけじゃないし、口に合わないかも」

P「そんなこと無いと思うが……じゃあ、さっそくいただくよ」

 モグモグ

凛「……どう、かな」




10以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/06(日) 20:15:59.83 ID:/056XJuU0


P「……うん! うまい! やるなあ、凛」

凛「本当? ……よかった」

P「うんうん……多分これなら、春香ともいい勝負だと思う」

凛「っ……そ、そんなことないよ」

P「ははは、謙遜するなって。……ありがとうな、凛」

凛「う、うん」

凛(……やった……!)




11以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/06(日) 20:20:06.05 ID:/056XJuU0


P「……」

凛「……」

P「……? どうかしたか、凛?」

凛「……」

P「?」

凛「……別に。もう仕事の時間でしょ? 早く行こう、プロデューサー」スタスタ

P「……り、凛? どうした? 急に不機嫌な感じじゃないか? おーい? 凛ちゃーん?」

凛「……」スタスタ


凛(……むー)




13以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/06(日) 20:22:45.04 ID:/056XJuU0


――――――


凛(……)


やよい「プロデューサー! おひさしぶりですー!」
tktkyyisr.jpg

P「お、やよい! 久しぶり。相変わらず、元気だなあ」ナデナデ

やよい「えへへー」


凛(!? いきなり!? しかも無条件で!?)

凛(さ、さすがやよいさん……)




14以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/06(日) 20:26:33.91 ID:/056XJuU0


P「どうだ、仕事の方は。頑張ってるか?」

やよい「はい! がんばってますよ! 困ったときも、律子さんが助けてくれますし!」

P「そうか。……なにかあったら遠慮なく、俺にも相談してくれよ? やよいのプロデュースは今でもやめたわけじゃないからな」

やよい「ありがとうございます、プロデューサー!」

やよい「……あ。じゃあ……さっそく、おねがいがあるんですけど……」

P「? なんだ、やよい」




15以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/06(日) 20:28:18.07 ID:54gfD07+0


本家とモバのPって別人じゃないの?




16以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/06(日) 20:29:47.24 ID:/056XJuU0


>>15 ここでは同じPってことでお願いします


やよい「あのあの……最近、会ってなかったので……これ、してもらっていいですか?」スッ

P「これ? ……ああ、なるほど。確かにこれも久しぶりだな」スッ

やよい「……ハイ、ターッチ!」

 パチン!

やよい「イェイ! ……ありがとうございますっ、また元気にがんばってきますね!」

P「よかった。またな、やよい」

やよい「はいっ!」




21以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/06(日) 20:32:45.85 ID:/056XJuU0


凛(……ハイタッチ。自然なボディタッチ……そうか)

凛(撫でられるのが難しいなら、こっちで……)

凛(……よし、次はこれだ)




22以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/06(日) 20:35:00.64 ID:/056XJuU0


――――――

P「……おつかれさま、凛! オーディション合格おめでとう!」

凛「うん、ありがとうプロデューサー。……どうだった?」

P「カンペキだったぞ! 教えた部分はしっかりと直せていたし。だいぶ、実力もついてきたんじゃないか?」

凛「そう言ってもらえると、うれしいな……」

凛(……よし)

凛「……」スッ

P「いやー、いつも凛には驚かされるな。歌にしろダンスにしろ、覚えるのが早いというか、度胸があるというか……ん?」

凛「……」スッ




24以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/06(日) 20:38:14.64 ID:/056XJuU0


P「……?」

凛「……」スッ

P「……り、凛?」

凛「……っ」スッ

P「……えーっと……」

P「……あ、なるほど。そういうことか」

凛「!」

P「よし。いくぞ……」


凛(きたっ……!)




25以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/06(日) 20:41:11.57 ID:/056XJuU0


凛「……」

凛「……」



凛「……?」

凛「……あの、プロデューサー?」

P「……んー……凛は結構……生命線、長いな」

凛「」




26以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/06(日) 20:45:48.36 ID:/056XJuU0


P「他の線は……ん?」

凛「……」ジッ

P「……ど、どうした? またちょっと不機嫌に……」

P「……あ! わかった! ……すまん凛、勘違いしてた」

凛「……! プロデューサー」


P「心配しなくても、凛の指はきれいだぞ。確かにオーディションでは指先まで細かく見られてるときもあるが、大丈夫。凛なら―――」

凛「おつかれさまでした」スタスタ

P「り、凛!? 待て、どうしたんだ凛!? りーんっ!!」ダッ




28以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/06(日) 20:49:41.91 ID:/056XJuU0


――――――


凛(……)


真「おはようございます、プロデューサー!」
mkt2.jpg

P「お、おはよう真!」

P「明日、ソロライブだったよな。悪いな、着いててやれなくて」

真「大丈夫ですよ! ボクなら一人でも、ビシッと決めちゃいますから安心してください!」

P「はは、そのくらいやる気があるなら安心だ」

真「ボクだって今までより進歩してますから。どうですか? 前より可愛いらしくなってませんか?」キリッ

P「あ、ああ。そうだなー……」




29以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/06(日) 20:54:44.80 ID:/056XJuU0


真「あー、その顔。信じてませんね!? わかりました……見せてあげますよ!」

P「!? い、いやっ、無理にやらなくても―――」


真「……きゃっぴぴぴぴ~ん! 菊地真ちゃんで~す☆」キャピッ♪

P「」


凛「」


真「……」

P「……」




30以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/06(日) 20:57:15.37 ID:/056XJuU0


真「……そうですよね。これじゃあ全然―――」


 ポンッ


真「―――!? ぷ、プロデューサー?」

P「あのな? 可愛く見せようとしなくても、十分に真は女の子らしくなったぞ。男性ファンも、前よりもっと増えてるんだろ?」

真「……そうですけど」

P「ならいいじゃないか。今度のライブも飾らないで、自分らしくいけよ?」

真「……うん。そうですね……わかりました! プロデューサーの言うとおりにいきます!」

P「ああ! がんばれよ真!」




31以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/06(日) 20:59:01.44 ID:/056XJuU0


凛(……)

凛(……頭、ポンッって……)

凛(……)

凛(……これだ。もう、これしかない)




33以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/06(日) 21:05:11.84 ID:/056XJuU0


――――――


P「……さて。今からグラビア撮影だな……大丈夫か凛?」

凛「うん。まだ、ちょっと恥ずかしいけど大丈夫。がんばるよ」

P「よし。頼んだぞ」


カメラマン「……準備整いましたー! お願いしまーす!」


P「お、出番だな。……いってこい」

凛「はい! お願いします!」




35以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/06(日) 21:12:58.55 ID:/056XJuU0


カメラマン「じゃあ、最初はキリッと凛々しい感じで」

凛「……」スッ

カメラマン「……ん! いい感じ! 次はもうちょっとやわらかい表情で!」

凛「……」スッ

カメラマン「OK! じゃあ次は……」


P「……うん。最初の頃は照れがあったが、随分慣れてきたみたいだな。これなら安心して……」


カメラマン「……じゃあ次! ちょっと雰囲気かえてみようか! 今度は可愛らしい感じ!」

凛「可愛らしい感じ……」




36以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/06(日) 21:14:14.55 ID:/056XJuU0


凛(……はっ、ここだ!)

凛「……」

カメラマン「……凛ちゃん? どうかした―――」

凛「……きゃっ、きゃぴぴぴぴーんっ☆」キャピッ

カメラマン「」


P「」




38以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/06(日) 21:19:22.62 ID:/056XJuU0


P「……り、凛? おつかれー……」

凛「……」

P「……大丈夫だぞ? カメラマンさんも、滅多に見られないものが撮れたって喜んでたし」

凛「……っ」バシッ! バシッ!

P「痛っ!? 痛いです凛さんっ! 痛いっ!」

凛「……うう……」


凛(先輩たちを意識しすぎて……ちょっとおかしくなってるかもしれない)

凛(もう、恥ずかしい……)




40以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/06(日) 21:23:19.74 ID:/056XJuU0


P「……」

凛「……」

P「……」


 ポンッ

凛「―――っ!?」

P「あのな? 凛はどう思ってるかわからないけど、本当にカメラマンさんの言う通りだぞ」

凛「……?」

P「凛の普段見られない顔が見れた。可愛い子ぶってる感じも見れたし、恥ずかしがってる顔も見れたし―――痛い! ちょっと我慢して聞けって!」

P「……だからな? そうやって、色んな凛をもっと見せてほしいんだ。そうしてくれたら俺もうれしいし」

凛「……プロデューサー」




41以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/06(日) 21:24:51.62 ID:/056XJuU0


P「キリッとした凛もいいが、やっぱり年相応の顔もいいと思うよ。すごく可愛いぞ。今の凛」

ナデナデ

凛「っ!? わ、わ、ぷ、ぷろ、ぷろでゅー!?」

P「? ……あっ!? す、すまん! つい撫でてしまった! ち、違うぞ凛! 子ども扱いとか、そういうことじゃなくて……」

凛「……いい」

P「……え?」

凛「……撫でられるの、嫌いじゃないし」

P「……そ、そうか。ならよかった……のか? ……じゃあ……」ナデナデ

凛「……」




42以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/06(日) 21:26:04.93 ID:/056XJuU0


凛(……や、やった……)

凛(やった……!!)

凛(……春香さん! やよいさん! 真さん! ……本当にありがとうございました!)


P「……凛? なんでガッツポーズ?」



 めでたしめでたし




43以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/06(日) 21:29:42.58 ID:/056XJuU0


――――――


凛(……な……)ワナワナ


響「……だーかーらー! 自分、完璧だって言ってるだろ!」
gnhhbkxm.jpg

P「はいはい、完璧完璧。響はかんぺきだなー」ナデナデ

響「全然心がこもってない! 本気じゃないだろプロデューサー!?」

P「そんなことないぞー。響はかんぺきー。まじぱーふぇくとー」ナデナデ

響「棒読み過ぎる!? どんどんひどくなってるぞ!?」

P「ははは」ナデナデ




44以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/06(日) 21:31:20.12 ID:/056XJuU0


凛(……さ、さっきから、ずっと……撫でられてる……)

凛(さ……さすが、響さん……)

凛(……でも……)



凛「……先輩たちには……負けない……!」



P「……ん? なにか、聞こえたような……」ナデナデ

響「んがーーー!! なーでーるーなーっ!!!」



 おわり




引用元:凛「先輩アイドルに負けない」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1357469283/

スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SSモバマス765プロ春香やよい

(32)

AFTER 多田李衣菜「あー…ヒマだなぁー」

BEFORE 真「プロデューサー!よくもまこちーを!」

クール属性なのに、参考にしたアイドルはなんで全員キュート属性なんですかね?

しかし、流石響。完璧可愛い。
[ 2013/01/07 02:22 ] [ 編集 ]
多分、クールっぽくない褒め方してほしかったんだろ。しかしパッション風は恥ずかしくて・・・だったらいいな
[ 2013/01/07 03:12 ] [ 編集 ]
765勢とモバマス勢の絡みは初期の方はよく見たんだけど近頃はほとんど無かったからなぁ

もっとはやれ

[ 2013/01/07 03:30 ] [ 編集 ]
スキンシップに飢えてる凛かわいい
スキンシップに慣れすぎてPがベタベタしなくなったら即オロオロしそうな響かわいい
[ 2013/01/07 04:23 ] [ 編集 ]
変態じゃない凛可愛い
[ 2013/01/07 06:14 ] [ 編集 ]
765勢がいよいよ攻勢に出てきたか
凛の正妻ポジが大安定すぎてたからいいと思う。
それにしても、小悪魔にして天使たる亜美真美の出番は
当然次ですよね?
[ 2013/01/07 09:12 ] [ 編集 ]
765勢の前では凛の正妻力も霞んでしまうのか…
[ 2013/01/07 10:43 ] [ 編集 ]
本家とモバマス、一部の連中が勝手に反目し合ってて困るよな...
[ 2013/01/07 12:59 ] [ 編集 ]
これはとていいものですね(ホッコリ)
[ 2013/01/07 14:07 ] [ 編集 ]
*13314
なんやかんや言うても何年も愛され続けてるコンテンツの主役たちやで?
いくらシブリンの正妻力が高かろうと、大正義ハルカッスとか出てきたらそらもうあれよ。

てなわけで他の765メンバーもはよ!
[ 2013/01/07 14:28 ] [ 編集 ]
オチの響に全部持って行かれてるじゃねーかwww

そういや765アイドルとモバの大人勢が絡むSSって見たことないんだよな
強いて言うならピヨちゃんがわかるわさんにPを掠め取られる奴くらいか
[ 2013/01/07 14:28 ] [ 編集 ]
※13326
初期の頃は結構あったんだけどね
まあ、大人数じゃなくてしぶりん杏きらり蘭子みたいな露出の多いキャラのからみばかりだったけど。
他のキャラにファンが出来たり、キャラが掘り下げられる前に住み分けが必要って事になったからね…
[ 2013/01/07 14:36 ] [ 編集 ]
その点トッポってすげぇよな、最後までチョコたっぷりだもん。
[ 2013/01/07 15:27 ] [ 編集 ]
リアルタイムでスレ追っかけると酷い事になってるからなぁ
みんな仲良うせんとアカンよ
[ 2013/01/07 16:16 ] [ 編集 ]
とりあえず公式で
春香さんの声優である中村さんが
モバマスとアイマス住み分けはしっかりしようって言ったし
アイマスにわか勢かモバマス勢しか書かなくなったしね
[ 2013/01/07 17:42 ] [ 編集 ]
アイマス勢とモバマス勢とでいざこざなんてあるのかww知らなかったwww
[ 2013/01/07 18:05 ] [ 編集 ]
(モバ、765関係なく好きならなんだって)いいじゃん
[ 2013/01/07 19:39 ] [ 編集 ]
モバマス勢はアイマス本家における876プロあたりのポジションでいいと思う。
たまにゲスト出演ぐらいが丁度良い。
[ 2013/01/07 22:13 ] [ 編集 ]
※13325
大人数じゃなくて大人勢な
大人組って書いた方が良かったか
[ 2013/01/07 22:52 ] [ 編集 ]
※13355
だが現状モバマスは本家に並ぶか、よもや追い抜くかという勢い。
モバマスも本家も好きなワイは大喜びやで(ニッコリ

争いもまあそれだけ人気が出てきた、あるいはどちらも競い合う感じでいいじゃないかと思うけどね。
どっちかが廃れるより競い合ってるほうがどっちも延びそうな感じ
(だがどっちかを下とするようないざこざは)イカンでしょ
[ 2013/01/07 23:21 ] [ 編集 ]
※13325
正妻は春香じゃなくてミ……星井美希だって思うな。
ハニ……プロデューサーと一番親しいポジションに大体いるし。
[ 2013/01/08 01:01 ] [ 編集 ]
サクラ大戦のこと考えると世代交代が図れる現状はコンテンツにとっていい環境にあると思う
XBOX次世代機でアイマス3とDLCアリアリのシンデレラコンシューマ版、アイマス全アイドル出演のお祭りゲームを同時発売しよう(提案)
[ 2013/01/08 01:46 ] [ 編集 ]
まぁ皆仲良くしようぜ!モバマスもアイマスから生まれたコンテンツなんだから
でも、どんなアイドルが出ようと、俺の嫁は貴音という事実は変わらんけどね!www
[ 2013/01/08 02:46 ] [ 編集 ]
※13383
貴音Pはハゲという風潮があるが、お前さんまさか……
[ 2013/01/08 04:29 ] [ 編集 ]
>>No.13390
ぜ、全然ハゲじゃ無ぇし!滅茶苦茶フサフサだから!(憤怒
尚、祖父と父親共にハゲで2歳上の兄は最近ヤバいと嘆いてるとの事(震え声
[ 2013/01/08 05:09 ] [ 編集 ]
やよいちゃんより一緒に写ってる鳥たちのほうが可愛い・・・
[ 2013/01/08 20:20 ] [ 編集 ]
#13421
事務員さんよ、ピヨが抜けてるで
[ 2013/01/09 10:53 ] [ 編集 ]
#13391
残念だが・・・ハゲは遺伝要素が強いんだぜ
[ 2013/01/11 19:17 ] [ 編集 ]
まぁ…真可愛かったし
どうでもいいや

響大勝利だな
最近愛でるイメージがやよいから響に移りつつあるな
[ 2013/01/12 20:24 ] [ 編集 ]
自分が好きなものに自信持ってりゃいいんだよ。
[ 2013/02/08 09:24 ] [ 編集 ]
28975管理人のみ閲覧できます ▼返信コメ
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/12/13 02:14 ] [ 編集 ]
何気にパーフェクトサンチームじゃん、最高だな!

俺も響をガシガシ撫でておこぷんさせたいw
で、ささっと止めて「…あっ…」って顔させてみたいw
[ 2016/01/12 12:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

凛「先輩アイドルに負けない」

Copyright © 2024全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto