スポンサーリンク

2013 01/02

真美「お正月だよ、にーちゃん!」




1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 04:10:38.22 ID:qU4+1ecY0


真美「ってことで兄ちゃん、お年玉ちょうだい!」

P「おい……お前の方が俺より給料貰ってるだろうが」

真美「お給料はパパとママが管理してて、全然自由に使えないんだよー」

P「なるほど、そりゃそうか……」

真美「ねえねえ、いいっしょ?減るもんじゃないしー」

P「減るわ!思いっきり!俺の財布から!」

P「ダメなものはダメ、我慢しなさい」

真美「ぶー」







スポンサーリンク




6以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 04:16:18.74 ID:qU4+1ecY0


真美「じゃあ兄ちゃん、ギュッてして?」

P「……え?」

真美「ねえねえ早くー」

P「お、おう」

P「……こうか?」ギュッ

真美「うん!……これがお年玉ってことで、今年はガマンしたげる」

P「真美ィ……」

真美「えへへ……」




7以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 04:22:20.06 ID:qU4+1ecY0


やよい「うっうー!おはようございますー!」

真美「」ビクッ

P「おーやよい、おはよう!それと、あけましておめでとう!」

やよい「はい、おめでとうございますー!」

やよい「あれ……真美?なにしてるの?」

真美「な、なんでもないっぽいよ!」




8以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 04:28:04.87 ID:qU4+1ecY0


P「いや、真美のやつがお年玉くれくれって言うもんでな」

真美「そうそう、やよいっちはお年玉いくら貰ったの?」

やよい「おとしだま……?」

真美「うんうん」

やよい「おとしだま……ってなんですか?プロデューサー」

P「えっ」

真美「えっ」




10以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 04:30:44.07 ID:/5zFGZ+H0


教えてあげるからついておいで




11以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 04:34:18.33 ID:qU4+1ecY0


P「やよい……お前マジか……」

真美「やよいっち……」

やよい「う?」

P「やよいィ!!」ガバッ

真美「あっ」

やよい「はわっ!!ぷ、プロデューサー!?」




12以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 04:40:02.37 ID:qU4+1ecY0


P「やよい!お年玉ってのはな……お年玉ってのはな……」

P「こういうものなんだよ!」

真美「えっ」

やよい「そ、そうなんですかぁ……」

やよい「プロデューサーのお年玉……えへへ、あったかいです……」

P「やよいィ……」

真美「……」




14以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 04:46:39.90 ID:qU4+1ecY0


真美「ちょ、ちょっと兄ちゃん!」

P「ん、どうした?真美」

真美「真美にもお年玉、ちょうだい!」

P「何言ってんだ、さっき……」

真美「いいっしょ、減るもんじゃないし!」

P「しょうがないな……ほら」ギュッ

真美「えへへ、兄ちゃんあったかい……」

やよい「うー……」




15以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 04:52:16.80 ID:qU4+1ecY0


やよい「ぷ、プロデューサー!」

P「今度はやよいか、なんだ?」

やよい「私にも、もう一回くださいっ!」

P「全く、いつになくわがままだな……ほら」ギュッ

やよい「ぷろでゅーさぁ……」

真美「むむむ……」




19以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 04:58:10.75 ID:qU4+1ecY0


真美「兄ちゃん!真美にももう一回……」

P「ダメだ、もう2回やったろ?それでおしまい」

真美「うぅ……兄ちゃんのケチ」

P「やよいも、な」

やよい「はい!」

P「よしよし、やよいはいい子だなぁ」

真美「うむむむ」




20以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 05:04:12.57 ID:qU4+1ecY0


P「それで……二人とも、なんでわざわざ事務所に来たんだ?折角の正月休みなのに」

真美「んー……亜美はお仕事だし、家にいてもアレだし……」

P「あー、竜宮は正月特番だっけか……」

P「ごめんな、俺の力量が足りないばかりに」

真美「そんなこと言わないでよ、これは兄ちゃんのせいじゃないっしょ!」

真美「来年は家族も親戚もギャフンと言わせてやるんだから!」

P「……そうだな!」




21以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 05:10:11.37 ID:qU4+1ecY0


真美「やよいっちは?」

やよい「私は、その……」

P「ん?」

やよい「えへへ、プロデューサーに会いたくて」

P「!!」

真美「!!」

P「やよいィ!!」

やよい「プロデューサー!!」




26以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 05:16:02.13 ID:qU4+1ecY0


P「やよい……ありがとうやよい」

やよい「私こそ……プロデューサーに会えてうれしいですっ!」

P「やよいィ……」

やよい「ぷろでゅーさぁ……」



イチャイチャ



真美「……」




27以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 05:22:27.41 ID:qU4+1ecY0


真美「あ、あのさ兄ちゃん」

P「どうした、真美?」

真美「真美もね、ホントは兄ちゃんに会いたくて来たの」

P「真美ィ……!」

真美「お休みの間、ずっと寂しかったんだよ?」

真美「……兄ちゃんに、会えなくて」

P「……真美ィ!!」

真美「兄ちゃん!!」

やよい「……」




31以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] :2013/01/02(水) 05:25:52.45 ID:zCFnKWuJ0


こんな醜い争いは響に見せられん!
さぁ響、おじさんのうちにおいで




32以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 05:28:13.78 ID:qU4+1ecY0


やよい「プロデューサー、あの……」

P「どうした?やよい」

真美「兄ちゃん、あのさ……」

P「次は真美か」

やよい「プロデューサー!」

真美「兄ちゃん!」

P「お、おい!ちょっと待て……なんだこれは」




33以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 05:34:15.68 ID:qU4+1ecY0


P「とにかく落ち着け、二人とも……正月くらい穏やかに過ごそうじゃないか」

真美「うん……ごめんね兄ちゃん、やよいっち」

やよい「私も……ごめんなさい、真美、プロデューサー」

P「よしよし」

P「それじゃ、落ち着いたところで……三人で初詣でも行くか?どうせ暇だしな」

真美「おっ、いいねーそれ!」

やよい「うっうー!賛成ですー!」




34以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 05:40:09.92 ID:qU4+1ecY0


P「カギは掛けたな……よし」

P「うお、やっぱ外は冷えるな……」

P「というか、お前らそんな薄着でよく寒くないよなぁ」

真美「んっふっふ~!女は強いんだもんね、やよいっち!」

やよい「うんっ!そういうことですよ、プロデューサー!」

P「そ、そうか」

P「何でもいいけど、カゼ引かないでくれよ」

真美「へーきへーき!」




36以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 05:46:15.08 ID:qU4+1ecY0


―――
その辺の神社

やよい「うわ、すごい人ですねー」

P「正月だからな……こりゃ、万が一バレたらエラいことになるな」

真美「大丈夫っしょー、変装バッチリだし」

やよい「そうですよ、その時はその時です!」

P「うん、まあ大丈夫とは思うけど一応な」

P(早めに適当に済ませて、メシでも食って帰るか……)




37以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 05:52:03.11 ID:qU4+1ecY0


真美「あ、兄ちゃん!真美知ってるよ、この真ん中って神様が通る道なんでしょ?」

P「おお、詳しいじゃないか真美」

真美「んっふっふー、この前テレビでやってたもんね!」

P「真美は賢いなぁ」

やよい「プロデューサー!あの狛犬って、昔はライオンだったんですよ!」

P「えっ、マジで?」

やよい「はい!テレビでそう言ってましたーっ!」

P「やよいは賢いなぁ」




38以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] :2013/01/02(水) 05:52:54.61 ID:tICyrToR0


この微笑ましい小競り合い
大変よろしいと思います




39以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 05:58:04.14 ID:qU4+1ecY0


真美「兄ちゃんっ!」

やよい「プロデューサーっ!」

P「またかお前ら」

P「あのな……あんま大きい声出すなよ、バレるだろ」

真美「ごめんなさい……」

やよい「ごめんなさい……」

P「うっ……まあな、別にいいんだけどな……もうちょい抑えよう、な?」

真美&やよい「はーい」




40以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 06:04:07.09 ID:qU4+1ecY0


真美「あっ!兄ちゃん、真美リンゴ飴食べたい!」

真美「兄ちゃん、兄ちゃんってば……あれ?」

真美「いない……やよいっちも」

真美「……」

真美「んっふっふ~!二人とも、いい年して迷子とは困っちゃいますなぁ~!」

真美「……」

真美「どうしよう……」




43以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 06:10:10.76 ID:qU4+1ecY0


P「本当に人多いな……はぐれないように手つないどくか」

やよい「はい!……あれっ、真美?」

P「どうした?」

やよい「真美が見当たらなくて……」

P「なに……マジだ、どこいったんだよアイツ……」

P「とりあえず、電話してみよう」

P「…………音沙汰無しか」

やよい「もしかして、事務所に置いてきちゃったのかなーって」

P「かも知れんな、不味いぞ……」




44以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 06:16:03.04 ID:qU4+1ecY0


P「とりあえず探そうか、そんなに遠くには行ってないはずだ」

やよい「そうですね……」

P「やよい、携帯持ってるよな?」

やよい「はい、充電もバッチリです!」

P「よし、手分けして探そう。何かあったら連絡くれ」

やよい「わかりました!」

P「よっし」




46以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 06:22:06.92 ID:qU4+1ecY0


真美「とりあえず人ごみから出たけど……ここ、どこだろ」

真美「兄ちゃんたち、どこにいるのかな……」

真美「うう、寒いしおなか減ったよぉ……」

真美「……」

真美「……」

真美「ぐす……兄ちゃぁん……」




47以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 06:28:15.95 ID:qU4+1ecY0


やよい「真美!」

真美「ふぇ?……やよいっち!」

やよい「もー、探したんだよ!一人でどこかに行っちゃダメでしょーっ!」

真美「うぅ、ごめんやよいっち……」

真美「……あれ、兄ちゃんは?」

やよい「あっ、今から電話するね!別のところを探してるから」

真美「そっか……」




50以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 06:34:11.87 ID:qU4+1ecY0


真美「あのさ、やよいっち……見た?」

やよい「なに?……真美の泣いてるところ?」

真美「!! ちょっ!」

やよい「えへへ、分かってるよ!プロデューサーには内緒にしとくね!」

真美「……ありがと、やよいっち」

やよい「いいんだよ、真美!」




51以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 06:40:04.57 ID:qU4+1ecY0


P「真美、お前なあ……」

真美「ごめんなさいっ!」

P「……まあ、俺の監督責任もある」

P「こっちこそ、ちゃんと見てなくてすまなかったな」

真美「兄ちゃん……」

真美「んっふっふ~!しょうがないから、許してあげよっかな~」

やよい「真美?」

真美「ごっ、ごめんなさい!ごめんなさいぃ!」

P「? お、おう……まあ何でもいいけど」




52以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 06:46:02.92 ID:qU4+1ecY0


―――

P(それから、結局一日中2人に振り回されたのであった)

真美「ねえねえ、そういえば……兄ちゃんは神社でなにお願いしたのー?」

やよい「あー!それ、私も気になりますっ!」

P「決まってるだろ?もちろん『今年こそ、皆がトップアイドルになれますように!』だ!」

真美「……それって神様に頼っていいの?」

P「うっ」

やよい「私たちの実力じゃ無理……ってことなんですか……?」

P「そ、そんなわけないぞ!そもそも、こういうのは気持ちの持ちようであってだな……」




53以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 06:49:56.95 ID:qU4+1ecY0


P「それより、そういうお前らは何を頼んだんだ?」

やよい「それはー……」

真美「兄ちゃんには秘密っしょ!」

P「マジかよ……なんか疎外感を覚えるんだが」

真美「大丈夫だよ、兄ちゃん!だって……」

やよい「私たちがずっとそばにいますから!」

P「真美、やよい……」

P(こりゃ、今年もいい年になりそうだな)

おわり




54以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 06:50:54.88 ID:qU4+1ecY0


読んでくれてありがとう、おやすみ




56以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] :2013/01/02(水) 07:00:59.72 ID:tICyrToR0


乙!




57以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] :2013/01/02(水) 07:10:05.67 ID:4etvsOIk0


グダグダ続けるより断然良かった
終わり方って重要なんだな




58以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 07:14:31.29 ID:Fll1+EEC0


ハードな犯罪でも始まるのかとおもったらそうでもなかった乙




60以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 07:35:08.96 ID:0B/sbSfX0


こういうのもいいな




61以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 07:36:42.57 ID:bTZV1oGS0



真美は合法




62以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/02(水) 08:23:26.76 ID:3ftYxhb6O


乙。可愛くてほっこりしたわ





引用元:真美「お正月だよ、にーちゃん!」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1357067438/



スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SS765プロ真美やよい

(7)

AFTER モバP「聖來と過ごした年末」 

BEFORE P「デレた律子って想像できないな」

なにこれかわいい
[ 2013/01/02 10:14 ] [ 編集 ]
全く、二人とも滅茶苦茶かわえぇなぁ!
じゃあ、俺は貴音にお年玉あげてくるぜ!
[ 2013/01/02 10:24 ] [ 編集 ]
お姉ちゃんやるやよいは貴重だから嬉しかった。
[ 2013/01/02 12:01 ] [ 編集 ]
真美が合法ならやよいも合法だなw
親戚のクソガキどもよりやよいにお年玉あげたいぜ
[ 2013/01/02 12:07 ] [ 編集 ]
新年からほのぼのさせてもらってありがとう~
[ 2013/01/02 15:48 ] [ 編集 ]
年が明けても全くSSの質が落ちない…
今年のアイマス業界も安泰だな(ガッツポ
[ 2013/01/02 18:57 ] [ 編集 ]
かわいい
おかげさまで今年もアイマスから離れられそうにない
[ 2013/01/03 03:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

真美「お正月だよ、にーちゃん!」

Copyright © 2020全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto