スポンサーリンク

2012 12/25

P「クリスマスイブの焼肉大会」



1以下、名無しにかわりましてゆきぽがお送りします:2012/12/24(月) 20:14:33.95 ID:atfDz2pe0


-事務所-

P「――さてみなさん、明日はクリスマスイブです」

P「しかし、我々にとってそれ以上に大切な日でもあります」

P「みなさん、当然覚えてますね?」

P「そんなめでたい日を、ただクラッカーぶっ放してチキン食ってハイ終わり、というのではあまりにも甲斐性がないと俺は思う」

P「そこで明日、みんなにも協力してもらってちょっと豪華に会を熱くしようと思うんだ――」






スポンサーリンク



2以下、名無しにかわりましてゆきぽがお送りします:2012/12/24(月) 20:22:31.44 ID:ULfGkYT60


12月24日、夕刻

-某TV局前-

雪歩「――ふぅ、お疲れ様ですぅ」

P「今日の仕事はこれで早めに終了だ。つっても、そのために早朝からスケジュールキツキツだったけどな」

雪歩「もう寒いしおなかペコペコですよぉ……事務所に帰ってお茶飲みたいなぁ」

P「ははは、お昼の時間も少ししか取れなかったからな。だが……」

雪歩「?」

P「今日はそのペコペコにすかせた腹でよかったと思うぞ。さぁ、今日はほかの連中も早上がりでスケジュールを組めたからな。事務所に戻ろう!」

雪歩「あ、はいっ!」

雪歩「(も、もしかして私の誕生日だからかなぁ? でもでも、クリスマスとお祝いがかぶっちゃうし……でもでも私のお祝いだったらうれしいなぁ……)」ワクワク




3以下、名無しにかわりましてゆきぽがお送りします:2012/12/24(月) 20:31:11.98 ID:m0OO7rEH0


-事務所前-

P「うっし、時間はまだ余裕ありそうだな」

雪歩「あ……あの、今日ってもしかしてクリスマスのパーティーなんですか?」

P「ん? んー、まあ確かにそれもある」

雪歩「『も』? それって、あの……」

P「ははは、そんな遠慮がちにならないでいいだろ。今日は雪歩、お前の誕生日パーティーだ!」

雪歩「! ほ、ほんとですかぁ!? ド、ドッキリとかじゃないですよね!?」

P「そんなたちの悪いことしないって……ただ、ちょっとクリスマスには似合わない様相のパーティーにはなるかもな」

雪歩「?? どういうことですか?」

P「まぁまぁ。後からのお楽しみってやつだよ!」

ガチャ

雪歩「……ふわぁ……!」

『雪歩、お誕生日おめでとう!』

真「ん? あっ、おかえり雪歩!」

雪歩「真ちゃん!」




6以下、名無しにかわりましてゆきぽがお送りします:2012/12/24(月) 20:43:36.40 ID:ccokXwxV0


真「へへっ、誕生日おめでとう! この横断幕なかなかいいでしょ?」

雪歩「びっくりしちゃったよ……でもいいのかなぁ、クリスマスなのに私がこんなお祝いされちゃって」

真「何言ってんのさ! 今日が雪歩の誕生日だからこそ、クリスマスも一番特別な日になるんだよ!」

雪歩「ま、真ちゃん……!」ブワッ

伊織「ちょっと真! サボってないでさっさと飾りつけやっちゃいなさいよ!」

真「もう、ちょっとくらいいいだろ! せっかく雪歩が帰ってきたんだから!」

伊織「きちんとお祝いしてあげたかったらさっさと準備終わらせなさいよね!」

雪歩「あ、私も手伝うよ!」

伊織「だーめ! 雪歩は今日一番の主役なんだからじっとしてなさい。この伊織ちゃんがわざわざ準備手伝ってるんだから、期待してなさいよね♪」

亜美「ねーねーいおりーん、これどこにつけるんだっけー?」

真美「なんかぐちゃぐちゃになったっぽいよー」

伊織「アンタらは何やってんのよ! それはこっちじゃなくてあっち!」

P「何騒いでんだよお前ら……言っとくけど、そんなにいっぱい飾り付けんなよ? 臭いがついたりしたら後が大変だからな」




8以下、名無しにかわりましてゆきぽがお送りします:2012/12/24(月) 20:51:47.85 ID:ccokXwxV0


雪歩「臭い? なんのことですか?」

P「ふふふ……実はな」

貴音「今宵、事務所で焼肉ぱぁてぃなるものを開催するのです」

P「うっわ! 食べ物の話で突然現れるな!」

雪歩「ええっ!? じ、事務所でですか?」

P「うむ。いやさ、クリスマスっぽくチキンとか食べるのもいいけど、それじゃせ雪歩の誕生日ってカンジがしないだろ?」

貴音「とはいえ、ちきんもすでに購入済みですが」グギュルルル

P「よだれ拭けバカ。で、雪歩が好きな焼肉をパーッとみんなで食べるのはどうかと思ってな。とはいえ、さすがに外でやるのも金銭的な問題があってさ……」

雪歩「それで事務所で焼肉を……」

P「……やっぱり普通のクリスマスっぽい方がいいか? 一応、雪歩に確認してから決行しようと思ってたんだが」

雪歩「いえ……ふふふ、やってみたいです。みんなで焼肉! なんだか新鮮ですぅ」

貴音「でしょう! これは真すばらしき企画だと思います!」

P「貴音もうちょっと黙れ。あとよだれ。……んじゃ、今日はクリスマスイブの焼肉大会だ!」




10以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月) 20:57:17.17 ID:V5BL3vcs0


焼肉はやめよう(懇願)




11以下、名無しにかわりましてゆきぽがお送りします:2012/12/24(月) 21:04:00.71 ID:ccokXwxV0






――そして夜

-事務所-

P「――それではお集まりいただいた765プロのみなさん! 今日は何の日だーっ!?」

「「「「「「「「「「「「雪歩(ちゃん)(ゆきぴょん)(萩原さん)の誕生日ー!!」」」」」」」」」」」」

雪歩「うぁ、あ、ありがとうございますぅ!」

社長「いやはや、萩原君は今年もアイドルとして大きく成長してくれた! おもえば辛く長い一年だったと思うが、そもそも私が若いころは……」

P「今日は雪歩生誕を祝した焼肉大会だ! 煙とか臭いとか警報機とかは小鳥さんがどうにかしてくれるから、好きなだけ騒いでくれ!」

小鳥「無礼講ぴよー!!」

P「もうみんな腹減ってるだろう! あらためて雪歩!」

「「「「「「「「「「「「お誕生日おめでとー!!!」」」」」」」」」」」」」

雪歩「うう……みんなありがとう!」

社長「……であって、辛いとき、苦しいときこそ仲間とともに歩むことが」

小鳥「社長、もうお肉焼いていきますよ」




14以下、名無しにかわりましてゆきぽがお送りします:2012/12/24(月) 21:15:29.90 ID:ccokXwxV0


ジュウ ジュウ ジュウ

春香「えへへ、事務所のみんなでこうやってご飯食べるのって楽しいね!」

雪歩「そうだね。しかも私、焼肉が大好きだからうれしさも二倍ですぅ!」

やよい「お、お肉がいっぱいですー……こんなにたくさん食べていいんですかぁ?」

千早「あとで兄弟のみんなにも持って帰ってあげたどうかしら?」

雪歩「うん。だからやよいちゃんも好きなだけ食べてね」

やよい「うっうー!」

貴音「ああまだですか! かるび! はらみ! ろぉすが私を待っております!」

響「今日ばっかりはちょっと自重しような貴音」

真「たっべるぞぉ~、しばらくお肉食べてなかったんだよね!」

伊織「アンタは全部筋肉にいっちゃうもんねぇ」

あずさ「あらあら、筋肉がつくと太りにくいって言うわよ?」

美希「ここミキのお肉ゾーンね!」

P「ははは、みんな盛り上がってるなぁ」




15以下、名無しにかわりましてゆきぽがお送りします:2012/12/24(月) 21:25:21.43 ID:7QmBXzQ20


ジュウ ジュウ ジュウ

亜美「HEY! お肉いただきだYO!」

律子「あっ! ちょっとそれ私が焼いてたの!」

真美「焼肉は戦争ですぜ律ちゃん」モグモグ

小鳥「ああ、ビールが欲しくなるわ……!」

P「一応事務所ですから。こればかりは残念ですよね」

雪歩「うーん……おいしいですぅ!」モグモグ

響「考えたら、雪歩が焼肉食べてるとこ見るのって初めてだね。お、これもうイケるかな?」

雪歩「そういえばそうだね。普段はプライベートで家族と食べたりするだけだから……」

春香「へー。家族の人も焼肉好きなの?」

雪歩「家族っていうか、お弟子さんたちかなぁ。みんなすごい勢いで食べちゃうから、いつもつい遠慮しちゃって……」

春香「そ、そうなんだ……」モグモグ

伊織「うちはお金持ちだけど、雪歩んとこも大概だもんねぇ。あ、それ私の肉よ」

真「ちぇっ」




17以下、名無しにかわりましてゆきぽがお送りします:2012/12/24(月) 21:31:43.37 ID:7QmBXzQ20


やよい「雪歩さーん! このお肉おいしそうに焼けてます! あーんしてくださいっ!」

雪歩「ええっ!? い、いいよ。やよいちゃんが食べなよ!」

やよい「お誕生日の人は特別なんです! あーんっ!」

雪歩「はぅ……あ、あーん」モグモグ

やよい「えへへー、おいしいですか?」

雪歩「う、うん。とっても!」

真「伊織もやよいみたいな心を見習ってほしいよねー」

伊織「くっ……! ちょっと雪歩! 今日は特別に伊織ちゃんの貴重なお肉をあげるわ! ほら、あーんしなさいっ!」

雪歩「ふぇえ!? い、伊織ちゃんまで!?」

小鳥「(伊織ちゃんの貴重なお肉……!?)」ハァハァ

P「小鳥さん、鳥肉が食べたくないですか」

小鳥「(プロデューサーさんが私のお肉を……!?)」ハァハァ

千早「高槻さん、あの、私にもあーんって……あの高槻さん」

P「この人たち怖い」




20以下、名無しにかわりましてゆきぽがお送りします:2012/12/24(月) 21:40:17.87 ID:7QmBXzQ20


ジュウ ジュウ ジュウ

あずさ「ああっ、いけないわいけないわ、こうやってまた太っちゃうのね~!」モグモグ

貴音「よいのです三浦あずさ、これも焼肉という魔の宴に身を捧げたものの宿命……!」モグモグモグモグ

あずさ「カルビが、カルビがいけないのよぉ!」モグモグモグモグ

P「あんたら……」

美希「はむはむ。あ、ハニーあーんしてー」

真美「ホレ、あーん」

美希「あむ。もー、真美じゃなくてハニーにしてほしいの!」

亜美「ああん? ワシらの肉が食えねぇってのか?」

律子「あんたら肉ばっか食べてないで野菜も食べなさい」ヒョイヒョイ

真美「うあうあ~! 鬼軍曹の爆撃だYO~!」

亜美「ええい、ここはにーちゃんのオクチを借りるしかない!」グイッ

P「もご!? あっつあっつ!!」

雪歩「ふふふ……みんな楽しそう」




22以下、名無しにかわりましてゆきぽがお送りします:2012/12/24(月) 21:50:40.20 ID:Jq2Iqi0l0


数時間後

P「――ふー、食った食った! みんなも満足そうだな」

貴音「げぇっぷ」

伊織「ちょっと、汚いわよ貴音」

響「ネギいっぱいこがしちゃったぞ。どうも野菜を焼くのは苦手なんだな」

真「雪歩の最後の追い上げがすごかったよね……『うおォン、私はまるで人間火力発電所ですぅ』って」

亜美「お姫ちんに匹敵しそうな食いっぷりだったよね」

雪歩「うぅ……やっちゃったぁ……あんまり調子に乗らないようにしてたのにぃ」

春香「まぁまぁ、雪歩もみんなのプレゼントタイムでテンションあがっちゃったんだよね」

やよい「なんだかかっこよかったですー!」

千早「高槻さんにあーんしてもらえた……ぐふふ「」

あずさ「はぁ……体重なんてなければいいのに」

小鳥「ピヨォ……」




24以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月) 21:57:42.19 ID:5OeOHkWa0


P「さて、今日はこれにてお開きだ! 雪歩も楽しんでくれてたし、何よりだ!」

雪歩「みんな、今日は本当にありがとう!」

真美「んっふっふ、お祝いはみんなでやった方が楽ち→もんね!」

律子「はいはい、みんな今日は楽しかった余韻が消えないうちにしっかり休むこと!」

美希「律子……さんも盛り上がってたもんね」

律子「い、いいじゃないのこういう時くらい。さぁ、解散するわよ!」

P「雪歩は荷物が多いだろ? 今日は送っていくよ」

雪歩「す、すみません何から何まで……」

P「なに、今日は雪歩の日だからな。特別扱いされていいんだよ」

雪歩「……えへへ」




26以下、名無しにかわりましてゆきぽがお送りします:2012/12/24(月) 22:07:10.58 ID:/viEolnA0


ブロロロロ……

P「しっかし見事に全身焼肉くさくなっちゃったなぁ」

雪歩「焼肉に行った後はこういう匂いがあるから実感があるんですよ」

P「ははは、確かにそうだ。企画してよかったよ、焼肉大会」

雪歩「……ありがとうございます、プロデューサー」

P「ん? なんだいきなりかしこまって」

雪歩「私、今日みたいにみんなでワイワイ焼肉を食べるのってこっそり憧れてたんですぅ。アイドルってあんまりそういう肉っぽいイメージじゃないし……」

P「ま、まぁそうだな……でも、せっかく誕生日なんだからさ。好きなことできてよかったじゃないか」

雪歩「プロデューサーが考えてくれたからです。今日、すっごく楽しかったです……ありがとうございます」

P「改まって礼をいわれるほどのことかなぁ。雪歩は焼肉好きだから、ってだけで思いついただけなんだが」

雪歩「えへへ……それでも、ですぅ」

P「そっか。よかったよかった」




28以下、名無しにかわりましてゆきぽがお送りします:2012/12/24(月) 22:15:59.41 ID:b8eGQcdU0


キキィ……

P「よし到着と……しかし、なんかすまんな。俺だけ誕生日プレゼントを買ってあげられなくて」

雪歩「そ、そんなのいいんですよぅ! 気持ちだけでうれしいですから」

P「といっても、みんなからの豪華なプレゼントを見てるとどうも……やっぱり焼肉代もう少し考えるべきだったかなぁ」

雪歩「……あ、あのぅ」

P「ん?」

雪歩「その、も、もし何かプレゼントしてくださるんでしたら……あの、つまり」

P「なんだ、欲しいものあるのか? それなら次の給料がはいったらすぐに……」

雪歩「そ、そうじゃなくて!」

P「?」

雪歩「……ちょっとだけ、その……ギュッて……してほしいな、とか……」

P「ええ? いや、構わないけど、そんなんでいいのか?」

雪歩「い、いいんですぅ! それだけで十分プレゼントですから」

P「へ、変な奴だなぁ。んじゃ、ちょっとだけ……」ギュッ

雪歩「あぅ……・」




29以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月) 22:16:53.04 ID:4PptWsbq0


えんだあああああ




31以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月) 22:21:20.22 ID:euMPykMI0


※雪歩の実家の前です




32以下、名無しにかわりましてゆきぽがお送りします:2012/12/24(月) 22:22:13.78 ID:b8eGQcdU0


P「俺いま焼肉くさいだろ」

雪歩「えへへ、そうですね……でもとってもいいにおいですぅ……」

P「そ、そうか?」

雪歩「プロデューサーのにおい、すごく落ち着きますから…………っ! あ、いえあの、今のはべつにそのっ」バッ

P「あ、あはは……これで満足した?」

雪歩「は、はいぃ……」カーッ

P「よかった。……それじゃ、またな雪歩! 来年はきちんとプレゼント渡してやるからな」

雪歩「……! はいですぅ!」

ブロロロロ……



雪歩「えへへ……いつもありがとうプロデューサーさん。ちょっと早いけど、メリークリスマスですぅ……♪」



おしり




33以下、名無しにかわりましてゆきぽがお送りします:2012/12/24(月) 22:24:13.92 ID:b8eGQcdU0


うああああゆきぽと焼肉食べたいよぉおおおおおおおおお!!



お付き合いありがとう




34以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月) 22:24:58.89 ID:yF16Zu3z0


おつん
雪歩と焼肉パーティしたい




引用元:P「クリスマスイブの焼肉大会」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1356347673/



スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SS765プロ雪歩12月24日は雪歩の誕生祭

(8)

AFTER 雪歩「冬の星座に伸ばした手」

BEFORE P「ヘーイ!パスパス!」冬馬「ウホッ!」

焼肉奉行雪歩が降臨するかと思ったが降臨したのはただの天使だったな
[ 2012/12/25 01:09 ] [ 編集 ]
焼肉奉行を思い出したのが自分だけでなくて安心したwww
……まぁあの雪歩は雪歩で天使だった、はず
[ 2012/12/25 01:47 ] [ 編集 ]
焼肉、餃子、アイス、オムライス
雪歩はとことん子供舌かわいい
[ 2012/12/25 02:08 ] [ 編集 ]
雪歩おめでとう

しかし急に「孤独のグルメ」ネタが増えてきたなw
[ 2012/12/25 08:45 ] [ 編集 ]
いつ奉行化するのかヒヤヒヤしたがほのぼのしててよかった
やはり雪歩は天使だな
[ 2012/12/25 11:46 ] [ 編集 ]
火力発電所発言で雪歩の食べっぷりは孤独のグルメのゴローさん並か。。。いいじゃないか。
[ 2012/12/25 17:53 ] [ 編集 ]
よかった…某鬼畜リボン的な展開にならなくて本当によかった…!
[ 2012/12/29 01:23 ] [ 編集 ]
ネタに走らなくたって、雪歩は天使なのさ
[ 2013/01/19 18:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

P「クリスマスイブの焼肉大会」

Copyright © 2019全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto