スポンサーリンク

2012 12/21

春香「清純派ちーちゃんと健やかな日々」




1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/15(土) 01:44:07.92 ID:MSqx5Ere0


春香「ちーちゃんは最近、プロデューサーさんにお熱です」



(パカッ)

千早「……ふふ」

春香「あれ、ちーちゃん、嬉しそうだね?」

千早「えっ、そ、そうかしら?」パタン

春香「今、笑い声が漏れてたよ」

千早「な、何でもないわ。何でもないの」アセアセ

春香「……」

千早「……」

春香「……今、携帯見てたよね」

千早「え、えぇ……」

春香「誰のメール見てたのかなー?」グリグリ

千早「や、やめて……」カァッ




前スレ
春香「清純派ちーちゃんの初めての悩み」





スポンサーリンク




4>>3 Yes:2012/12/15(土) 01:50:34.91 ID:MSqx5Ere0


春香「えい」ヒョイッ

千早「あっ?!」

春香「ええと」パカッ

千早「だ、ダメ! 春香! やめなさい!」アワアワ

春香「ダメだよちーちゃん、見られて恥ずかしいならパスワードとかかけないと」

千早「そ、そういうの……詳しく、ないから……」

春香「あ、プロデューサーさん専用フォルダが出来てる」

千早「!」

春香「でも、わざわざフォルダ分けるほど、色んな人からメール来ないよね」

千早「まぁ、ほとんどプロデューサーと春香だけど……じゃなくて! はーるーかー!」

春香「えへへ、いいよねー、減るもんじゃないし」

千早「あ、うぅ……」プシュウウウウウ

春香「ええと、何々……『昨日の食事、喜んでもらえたみたいで良かったよ』」

千早「ろろろ朗読しないで!!」カァァァァッ

春香(初心だなぁ)




7以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/15(土) 01:55:31.17 ID:MSqx5Ere0


春香「へー、昨日、一緒にご飯食べたんだね」

千早「そ、そう……」カァッ

春香「何食べたの?」

千早「ちょっと雰囲気のあるレストランで、コース料理頼んだりして……」

春香「マナーとか大丈夫だった?」

千早「! そうなの! 私、マナーとかよく分からなくて! そしたらね、プロデューサーが、丁寧に教えてくれて!」パァァアッ

春香「ちーちゃんちーちゃん、落ち着いて」

千早「あっ、うぅ……」カァァァッ

春香「ちーちゃん、プロデューサーさんに告白してから毎日楽しそうだね」

千早「そ、そういうこと言わないで……」プシュウウウウ

春香(もう、幸せ絶頂のちーちゃんったら可愛いなー)




8以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/15(土) 02:00:37.55 ID:MSqx5Ere0


(ガチャッ)

P「おはよう」

春香「おはようございます!」

千早「あっ、ぷろっ……でゅーさー……」

P「千早……まだテンパり癖治らないのか」

千早「い、いえ……今は、たまたまタイミングが……おはようございます」ペコッ

P「あはは、でもそんなところも可愛いよ、千早」

千早「や、やめてくださいプロデューサー!」カァッ

P「お、慣れてきたか?」ナデナデ

千早「ぷ、ぷろ、でゅーさー……」カァァァァァッ

春香「ねぇちーちゃん、私コーヒーが飲みたいな、割と切実に」




10以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/15(土) 02:05:39.77 ID:MSqx5Ere0


P「うん、朝のコーヒーってのもいいな」

千早「! はい! 今、淹れてきますね!」パァァァッ

P「ブラックでいいぞー」

春香「あ、私もね!」

千早「はいっ!」

(タタタッ)

春香「……ちーちゃん……耳と尻尾が見えたよ……」

P「最近の千早は素直だなぁ」

春香「完全にプロデューサーさんに懐いてますね」

P「まぁ、そこが可愛いんだけど」

春香「プロデューサーさんも完全に惚れ込んでますよね」

P「いや……あはは……」

春香「早くコーヒー来ないかなー」




11以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/15(土) 02:10:36.38 ID:MSqx5Ere0


(パタパタパタ)

千早「コーヒー、淹れてきました」

(コトッコトッ)

春香「ありがとう!」

千早「どういたしまして」

P「ありがとう、ちーちゃん」

千早「ち、ちーちゃっ……?! ぷ、プロデューサーまで!」

P「春香が呼んでるの聞いてたら、なんだか可愛くてさ……あはは」

千早「も、もう……」

P「嫌だったか?」

千早「ぷ、プロデューサーが可愛いと思ってくれたなら、別に……」カァッ


春香「おかしいなぁちーちゃん、これ本当にブラック?」




14以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/15(土) 02:15:32.55 ID:MSqx5Ere0


P「いただきます……」ゴクッ

千早「……どうですか?」ドキドキ

P「……うん、美味しいよ、千早」

千早「……!」パァァァッ

春香「ちーちゃんちーちゃん、尻尾尻尾」

千早「え? し、尻尾なんて無いけれど」

春香「私には見えるんだよ。嬉しそうに振っている姿が」

P「確かに、千早はちょっと犬っぽいよな」

春香「忠犬ちーちゃん」

千早「ち、違います! 私は私、如月千早です! 犬じゃありません!」ガタッ

P「はいはい、いい子いい子」ナデナデ

千早「あ、うぅ……」プシュゥ

春香(空回りちーちゃんも可愛すぎるなぁもう)




16以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/15(土) 02:20:28.86 ID:MSqx5Ere0


春香「なぁんていうのが日常になってきて、若干食傷気味なんだけど」

千早「ふんふんふん♪」

春香「ちーちゃん、楽しそうに指を見てどうしたの?」

千早「えっと、これ……」オソルオソル

春香「……え、指輪? まさか……!」

千早「ち、違うわ! ま、前にプロデューサーに買ってもらったモノなの」

春香「でも、これまで付けてなかったよね?」

千早「人目に触れないほうが良い、って言われたから……これまでは、一人の時だけ」サスリサスリ

春香「もう隠す必要もないって?」

千早「さ、流石に仕事で出る時は外してる、けど……」カァッ

春香「似合ってるよ、ちーちゃん!」

千早「そ、そうかしら……ふふっ」

春香(言葉は謙虚でも満面の笑みだよちーちゃん)




18以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/15(土) 02:25:30.28 ID:MSqx5Ere0


春香「でもちーちゃん」

千早「?」

春香「さっき、『違うわ!』って、何が違うとか考えてたの?」

千早「えっ?! そ、それはっ!」アセアセ

春香「ほらほらー、言っちゃおうよちーちゃん!」

千早「それは、その……こ、婚約指輪、とかじゃないって……そういう、意味で……」

春香「……ちーちゃん可愛い!」ギュウッ

千早「は、春香!?」カァッ

春香「でもちーちゃん、そんなところまで考えてるんだ」

千早「?! べべべべつに、そ、そういうわけじゃないの! たまたま……そう、たまたまよ!」アセアセ

春香「うわー分かりやすいねー」




21>>20 誤字:2012/12/15(土) 02:32:06.28 ID:MSqx5Ere0


P「お、その指輪付けて来たのか」ガチャッ

千早「あ、プロデューサー……」

春香「ぴったりじゃないですか。プロデューサーさんもお目が高い!」

P「店頭でいくつか見たけど、千早にはこれしかないと思ってさ」

千早「私なんかには、勿体ないくらいです」

P「俺の見立て、間違ってたかな……」

千早「えっ、いや、あの、そんなことは全然なくて、私が、その……」アワアワ

P「慌てる千早も可愛いなぁ」

千早「ぷ、プロデューサー! いじわるはやめてください!」

春香「プロデューサーさん、やっぱりいい性格してますよね」

P「春香のお陰だよ」




22以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/15(土) 02:37:42.34 ID:MSqx5Ere0


春香「そんなある日、幸せ絶頂のちーちゃんが、叩き落とされるような事件が!」


春香「……え? プロデューサーさんが?」

千早「…………」ズゥゥゥゥウウン

春香「何かの間違いじゃないかなぁ」

千早「いいえ、間違いじゃないの……」

春香「でも……あのプロデューサーさんが、浮気はしないと思うけどなぁ」

千早「見たのよ……誰か、女の人と歩いてるところ……」ズゥゥゥゥゥウン

春香「ちーちゃん……」

千早「やっぱり、私なんかじゃダメだったのかしら……私、なんか……」グスッ

春香「だ、大丈夫だよ! まだ決まったわけじゃないんだから!」

千早「……ええ、そう、よね……」グスッ




24以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/15(土) 02:42:33.41 ID:MSqx5Ere0


春香「うーん、でもプロデューサーさんが浮気をするとはやっぱり……」テクテク

P「お、春香。お疲れ」

春香「あ、噂をすればプロデューサーさん」

P「噂? 俺のか?」

春香「ちょっとお聞きしたいことがあって」

P「ん、なんだ?」

春香「最近、ちーちゃん以外の女の人と一緒にいました?」

P「いっ?!」ギクッ

春香「……」

P「あ、えっと、その……」

春香「いたんですか?」

P「そ、その……いま、した……」




25以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/15(土) 02:46:35.44 ID:MSqx5Ere0


春香「……プロデューサーさん、まさか、浮気ではないですよね?」

P「それは違う、断じて違う。俺には千早だけだよ」

春香「うーん」

P「ただ……ちょっと、千早には言えない理由があって」

春香「理由、ですか?」

P「その内分かるけど……今はまだ、千早には知られたくないんだ」

春香「でもちーちゃん、浮気かと思ってかなり凹んでますよ?」

P「な、なんとかフォローしてやってくれ……それと、この会話も内密に」

春香「えーっ!? ちーちゃんが立ち直れなくなったらどうするんですか!」

P「……そ、そんなになのか?」

春香「はい、覗いてみます?」

P「……うん」




27以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/15(土) 02:51:45.14 ID:MSqx5Ere0


春香「静かーに……」

(キィッ…)

P「どれどれ……」



千早「…………うぅ」ズゥゥゥゥゥゥウン



P「ち、千早ぁ……ごめんよ……」

春香「このままだと仕事に手が付きませんよ」

P「う、うぐ、そうか……じゃあ」

春香「?」

P「千早のためにやってる、って伝えてみてくれないか?」

春香「どうしても吐かないんですね……」

春香(まぁ、プロデューサーさんが画策してることはほぼ分かるけど)




28以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/15(土) 02:55:46.36 ID:MSqx5Ere0


春香「ねぇ、ちーちゃん」

千早「春香……?」グスッ

春香「さっきプロデューサーさんに会ったから、それとなく聞いてみたんだけど」

千早「え、ええ……」

春香「ちーちゃんのために、何かやってるみたいだよ?」

千早「!」ガバッ

春香(うわぁ、待てを解除された犬みたい)

千早「本当?! それ、本当に!?」

春香「う、うん。詳しくは教えてくれなかったけど、理由があるんじゃないかなー……?」

千早「良かった……本当に、良かったぁ……!」ウルウル

春香(あーもうちーちゃん起伏が激しすぎるよ可愛いなぁ)

千早「でも、どうして教えてくれないのかしら……」

春香「それは……」

春香(多分、こっそりプレゼントでも用意してるんじゃないかなぁ)




30以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/15(土) 03:00:32.00 ID:MSqx5Ere0


春香「でもそれからというもの、ややぎこちない日々が続きました」


千早「あ、プロデューサー」

P「お、おぉ、千早か。どうした?」

千早「いえ、別に特別な用事があったわけではないんですけど」

P「そ、そうか。それじゃ……」

千早「ま、待ってください! どうして最近、そんなによそよそしいんですか……?」

P「それは……」

千早「……す、すみません。何でも、何でもないです」トボトボ

P「あ、千早……」


春香「うわぁそれは不器用すぎるよ二人とも」




31以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/15(土) 03:05:47.91 ID:MSqx5Ere0


春香「プロデューサーさん」

P「うわっ! は、春香か……」

春香「そんなじゃ、ちーちゃん本格的に落ち込んじゃいますよ」

P「俺、隠し下手だから……いつも通りやってると、つい口を滑らせてしまいそうで」

春香「ちーちゃんのこと好きなのはあんなに黙ってたのにですか?」

P「うぐ。あ、あれは、最後まで言わないつもりだったから……」

春香「……でも、これじゃあ本末転倒ですよ?」

P「そうだよな……プレゼント隠してて落ち込ませたんじゃな……」

春香「あー」

P「あっ!? しまっ……」

春香「いえ、分かってましたよ私は」




32以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/15(土) 03:10:15.86 ID:MSqx5Ere0


春香「それで、知り合いの女の人に、プレゼント選びを手伝ってもらっていたと」

P「昨日、ようやく決まってさ。来週末にでも、デートに誘って渡そうかと……」

春香「あまりシチュエーションとか拘らないで早い方がいいと思いますよ、現状だと」

P「そ、それもそうだな……明日、持ってくるか」

春香「それがいいと思います!」



春香「これで解決……だと、いいんだけどなぁ」

千早「春香……」グスッ

春香「ち、ちーちゃん。大丈夫だよ! 多分、プロデューサーさんも近い内に……」

千早「そうじゃ、なくて」グスッ

春香「へ?」

千早「また、プロデューサーを困らせて……迷惑、かけて……」グスッ

春香(もうちーちゃんはいい子だなぁ!)




33以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/15(土) 03:15:29.06 ID:MSqx5Ere0


千早「私、プロデューサーに嫌われたかもしれない……」

春香「大丈夫だよ、ちーちゃん」

千早「春香……」

春香「付き合い始めたばかりで、不安になってるだけだよ。そのくらいで嫌いになるようなプロデューサーさんじゃないよ」

千早「ええ……そう、よね……」グスッ

春香「いつも、もっともっと迷惑かけても、笑って許してくれる人なんだから」

千早「うん……」

春香「それに、ちーちゃんが好きになった人は、そんなに心の狭い人じゃないよ」

春香(恋に関しては凄く奥手で弱気だけど)




36以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/15(土) 03:20:41.33 ID:MSqx5Ere0


千早「……なんて、昨日春香には言われたけれど……」

千早「やっぱり、心配に、なってしまうわよね……」

(ピロリロリン♪)

千早「あ、プロデューサーからメール……」パカッ

千早「『今から事務所に戻るから、待っててほしい』……?」

千早「プロデューサー、何か用かしら……」

千早「……まさか、別れ話、とか……」

千早「嫌……そんなの、嫌……せっかく、せっかくこんなに幸せなのに……!」

千早「……いいえ、しっかりしなさい、如月千早」

千早「別に、そうと決まったわけではないわ」

千早「…………でも……」

千早「……プロデューサー……」




38以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/15(土) 03:24:06.57 ID:MSqx5Ere0


(メトメガアウー♪)

春香「ちーちゃんからだ」パカッ

春香「……『怖い』?」

春香「あ、そうか。プロデューサーさん、呼び出したのかな」

春香「私からしたらただの勝ち戦以外の何でもないんだけど……」

春香「……負けないで、ちーちゃん」



(ウー、ワッホイ♪)

千早「あ、春香……」パカッ

千早「『何も心配いらないよ』」

千早「……春香、ありがとう……」パタン


(ガチャッ)

千早「!」




39以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/15(土) 03:27:21.69 ID:MSqx5Ere0


P「ごめんごめん、待たせちゃったな」

千早「いえ、そんなことは……」

P「そういや、告白の時も、待ち合わせは事務所だったな……」

千早「そ、そう、ですね……」

千早(え……どうして、そんなこと……)

P「……大事な話をするような場所じゃないよな。はは……」

千早(うそ……大事な話、って……まさか……)


千早「……嫌です」


P「えっ……?」

千早「嫌です! 私、今すごく幸せなんです!」

P「お、おい、千早」

千早「わがままだって、分かってます。迷惑なのも、分かってます!」

P「千早、落ち着けって」

千早「でも! 私は! 私はっ……!」




41以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/15(土) 03:30:17.76 ID:MSqx5Ere0


千早「プロデューサーが、好きなんです、どうしようもなく!」

千早「別れたく、ないんです!」

P「千早……」

千早「悪いところは、直します。足りないことがあれば、できる限り努力します!」

千早「今の私にとって、一番大切なのは、何よりもプロデューサーなんです……!」


千早「おね、がい、です……」ポロッ…ポロッ…

千早「私を、千早を、あなたの傍に、置いてください……」ボロボロ

千早「見捨てないで、ください……!」グスッ


P「……千早は馬鹿だなぁ」

千早「大馬鹿です……」ヒック




43以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/15(土) 03:32:51.15 ID:MSqx5Ere0


P「ごめんよ千早、不安がらせちゃったな」ナデナデ

千早「うぅ……ぐすっ……ぷろでゅーさぁ……」

P「別れ話なんかじゃないよ。別れるはずないじゃないか」

千早「本当、ですか……?」

P「俺にとっても、何より大切なのは、大事なのは千早だよ」

千早「プロデューサー……」ギュウッ

P「今日呼んだのは、ちょっと渡したいものがあってさ」ゴソゴソ

千早「……?」

P「はい、これ」スッ

千早「包み……?」

P「開けてごらん」

千早「はい……」ガサガサ

(スッ)

千早「これって……チョーカー?」




44以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/15(土) 03:33:25.34 ID:K1CcYKmd0


首輪ですな




45以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/15(土) 03:33:41.34 ID:tlVBvBLU0


まさかの首輪か!?




46以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/15(土) 03:35:22.38 ID:MSqx5Ere0


P「その、ちょっと早いんだけどさ。本当は来週に、って思ったんだけど」

千早「……?」

P「……メリークリスマス、千早」

千早「……!」

(ギュウッ!)

P「お、おい、千早?!」

千早「プロデューサー……ありがとう、ありがとうございますっ!」グスッ

P「ああもう、千早は泣き虫だなぁ」ナデナデ

千早「……直した方が、いいですか……?」

P「いや、そのままでいいよ。可愛いからさ」ナデナデ

千早「……プロデューサーの、ばか」ギュウッ




47以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] :2012/12/15(土) 03:36:23.99 ID:R/zHi/BB0


ただの首輪じゃないか




48以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/15(土) 03:38:20.61 ID:MSqx5Ere0


春香「なるほど、まぁ昨日はそんなことだろうなぁとは思ってましたけど」

P「千早には悪いことしたな……」

春香「昨日のメール履歴見ます? 凄いですよ、たった数時間の間の感情の波が」

P「そういうとこも、千早の可愛いところなんだけどな……」

春香「ええと、今コーヒー切らしてるんですけど」

P「あ、じゃああとで買いに行ってくるよ」

春香「そう言う意味ではなくて」


(ガチャッ)


千早「おはようございます」

春香「あ、ちーちゃんおはよう」

P「おはよう、千早」

千早「き、昨日は、ありがとうございました……」カァッ

P「泣かせちゃってごめんな?」

千早「や、やめてください!」




50以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/15(土) 03:41:44.72 ID:MSqx5Ere0


春香「あ! 今付けてるのがプレゼントのチョーカー?」

千早「ど、どう? 似合ってる、かしら……」

春香「バッチリ! プロデューサーさん、本人いなかったのに良く選べましたね」

P「目を瞑ればすぐに思い出せるからなぁ、千早は」

千早「も、もう、プロデューサー……」

春香「だからコーヒー切らしてるのになぁ」

千早「そうなの? じゃあ、あとで買ってくるわ」

春香「いやだからそういう意味じゃなくてね」

P「でも千早、そのチョーカー、すごく似合ってるよ」

千早「そ、そうでしょうか……」カァァァッ

春香「うん、有り得ないくらいこの上なく」

千早「良かった……」ホッ

春香(忠犬が首輪付けてるみたい……)




51以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/15(土) 03:43:40.46 ID:MSqx5Ere0


P「チョーカーくらいなら、気にせずに付けて出歩けると思ってさ」

千早「はい……大切に、します……」キュッ

春香「うん、それにリード付ければ完璧だね」

千早「?」

春香「ううん、何でもない。えへへ、ちーちゃん、良かったね!」

千早「春香……」

春香「だって、ちーちゃんとプロデューサーさんなんだよ? 何も心配する事なんてないよ!」

千早「……本当に、ありがとう……」

春香「えへへ、ちーちゃんは大切な親友だもん!」

千早「春香ぁっ……!」ウルッ

P「はは、むしろ、俺が捨てられないか怖いよ」

千早「! そんなこと、有り得ません! プロデューサーがいなくなったら、私……!」

P「千早……」

千早「……プロデューサー」


春香「うん、ここ事務所だからね? 続きは他所でどうぞ」




52以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] :2012/12/15(土) 03:44:20.22 ID:3pW3v8ns0


プレイの幅が拡がりますね




53以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/15(土) 03:46:27.32 ID:MSqx5Ere0


P「そういえばコーヒーが切れてるんだっけか。今暇だし、買ってくるよ」ガタッ

千早「あ、じゃあ、私も……」ガタッ

P「外は寒いぞ、事務所で待ってろって」

千早「だって、その……今は、あまり離れたくなくて……」キュッ

P「……ったく、仕方ないなぁ。じゃあ、行くか」ギュッ

千早「あ、手……」カァッ

P「繋ぐのは、階段下りるまでな」

千早「……ふふ、はいっ」パァァァァッ

春香「それじゃあ二人とも、いってらっしゃーい」

千早P「「行ってきます」」バタン

春香「……」


春香「あぁ、コーヒーが飲みたい……ってそれを買いに行ったんだった」

春香「……お茶飲も」



おしまい




55以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/15(土) 03:49:27.72 ID:yE0+TpKQ0


乙でした




56以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/15(土) 03:50:45.99 ID:I5eRyuHr0


千早はヤンデレなイメージがどうしても離れない俺にはオアシスのようなスレだった




58以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] :2012/12/15(土) 03:51:02.29 ID:R/zHi/BB0



春香さんと一緒にコーヒー飲みたい



春香「清純派ちーちゃんと健やかな日々」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1355503447/



スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SS765プロ千早春香

(6)

AFTER 千早「高槻さん、一緒に銭湯に行きましょう」伊織「ちょっと!」

BEFORE 貴音「ただいまより第1回鍋会議を始めます」響「鍋会議?」

やはり、千早は犬属性だよな…と再認識した
[ 2012/12/21 21:30 ] [ 編集 ]
もう最高です。2828がエンドレス

もう一作あったはずだ
早く読ませてクレメンス
[ 2012/12/22 10:42 ] [ 編集 ]
千早かわいいよ千早
[ 2012/12/22 15:39 ] [ 編集 ]
千早は犬属性という風潮

一億理ある
[ 2012/12/25 16:05 ] [ 編集 ]
ヤンデレでは無いけど、病んでるね
[ 2012/12/29 06:08 ] [ 編集 ]
春香「清純派ちーちゃんが真心を込めて」が見つからないけれど、ないのかな
[ 2013/06/27 00:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

春香「清純派ちーちゃんと健やかな日々」

Copyright © 2019全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto