スポンサーリンク

2012 12/18

モバP「小梅が『見える』という風潮」



1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/17(月) 22:17:22.02 ID:RJ7X2gki0


白坂小梅(13)
kumsrprs.jpgsrskkum2.jpg



P「……」

P「……へぇ、小梅が」

小梅「ど、どう、したの……?」

P「あぁ、いや。ちょっと……ってうおっ!?」

小梅「お、おはよう、ございます。プロデューサーさん……」

P「おぉ、おはよう……早いな」

小梅「そ、早朝は、結構。多いんです……かはたれどき、だから……」

P「おう……?」

P(……やっぱり小梅は『見える』のか? そういう風潮があるみたいだが……)






スポンサーリンク



5以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/17(月) 22:25:47.57 ID:RJ7X2gki0


P「……ふぅむ」

小梅「ど、どうしたん、ですか……?」

P「うん? いや、ちょっとした疑問が生まれてな」

小梅「疑問……?」

P「うん。小梅にぜひ聞きたいことがあるんだ」

小梅「え、えっと……私に……?」

P「あぁ。小梅にしか聞けないことなんだが」

小梅「そ、それって、その、たいせつな、話……ですか?」

P「うん? そうだな……確かに大切な話かな」

P(こういう風潮は本人としては、嬉しく思うのか? 実際に見えてるのか、気になるしな)

小梅「そ、それなら……う、うん。わかった……」




7以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/17(月) 22:33:50.92 ID:RJ7X2gki0


P(……とはいったものの)

小梅「……」ワクワク

P(いきなりぶしつけに『小梅って幽霊見えるの?』って聞くのもなぁ……)

小梅「……」ドキドキ

P(よくよく考えれば小梅は13歳……中二じゃないか)

小梅「……?」

P(蘭子じゃないが、そういう設定だった場合……嬉々として語った事実がのちのち自分を苦しめる可能性もある……)

小梅「あ、あの。プロデューサーさん、どうした、の?」

P「い、いや。そうだな……今度のオフ、あいてるか?」

小梅「オ、オフ? うん……大丈夫、です……」

P「じゃあ、一緒に出掛けてほしいんだ」

小梅「ほ、ほんと……? うれしい、です……」パァァ…

P(なら、実際に幽霊がいるっていうスポットに連れて行って反応を見ればいいんじゃないか!)




9以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/17(月) 22:43:44.99 ID:RJ7X2gki0


 オフの日

P「……というわけで、あっという間にオフ日だ」

小梅「……」ソワソワ

P「早めに来たのにそれ以上に早くについてる小梅はけなげだなぁ」

小梅「……? ……」ボソボソ

P「……なんだ? 独り言……か?」

小梅「……」クルッ

P「あ」

小梅「プロ、デューサーさん……おはよう、ござい、ます」

P「お、おぉ。おはよう小梅」

小梅「えへ、へ……ちょっと、早起き、してみたん、です」

P「小梅はえらいなぁ」

小梅「あ、ありが、とう……」

P(……今、明らかに見つからない位置にいたのに急に振り向いて見つかったなぁ)




11以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/17(月) 22:52:26.57 ID:RJ7X2gki0


小梅「ど、どこに、連れて行って、くれる……の?」

P「え? そうだな……いいところかな」

小梅「いい、ところ……え、えへ、へ……楽しみ……」ニコニコ

P(小梅の笑顔はいいものだ……良く笑うようになってくれた……)

小梅「どうし、たんです、か?」

P「あぁ、いや。小梅が可愛いなぁって思ってな」

小梅「え、あ、う……う、うれしい、けど、その……」

P「やっぱりプロデューサー冥利に尽きるよ、うん」

小梅「……やっぱり、そう、ですよね……」

P「うん?」

小梅「だいじょうぶ、です。……知ってた、から……」

P「……?」




15以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/17(月) 23:01:11.53 ID:RJ7X2gki0


P「……というわけでだな、廃墟探索だ!」

小梅「わ、わぁ……」パァァ…

P(……本気で喜んでる。うん、正直怖い、が……大丈夫だよな?)

小梅「いい、の……?」

P「あ、あぁ! 何があったってちゃんと守るからな!」

小梅「……あ、ありがとう……手、つないで、いきたい、です」

P「お、おう! い、いいとも」ガクガク

小梅「……」

P「ど、どうした、小梅?」ブルブル

小梅「えへ、へ。なんでも、ない、です」きゅっ

P(う、噂は信じてないが。実際に何かが起きたときは、小梅のことは絶対に守るぞ……!)




19以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/17(月) 23:12:09.58 ID:RJ7X2gki0


P「よ、よーし、小梅。大丈夫か?」

小梅「う、うん……」

P(やっぱり噂があるだけあって、物々しい雰囲気だ……)

小梅「……あ……あの子、が」

P「え?」

小梅「……プロ、デューサー。危ない、かも」

P「ははは、そうか。なんだかんだ言っても、本物は、ダメってことか……やっぱりな」

小梅「そ、そうじゃ、なくて……えっと……」

P(よかった、なんだ……可愛いものじゃないか。やれやれ、見えるだなんてとんでもない)

小梅「も、もどろう……? あの子も、そう、いってる……」

P「おいおい小梅、あの子って誰のことさ?」

小梅「それは……」

 ――かごめ かごめ

P「!?」

小梅「……!」




23以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/17(月) 23:19:03.62 ID:RJ7X2gki0


 ――かごのなかの とりは

P「な、なんだ? 歌声……? ど、どこから!?」

小梅「う……やっぱり、いた……の……?」

P「小梅……?」

 ――いついつ でやる

小梅「プロ、デューサ、さがって……!」

P「で、でも小梅が……」

小梅「ホンモノ、は……あぶない、から……」

 シュルッ…

P「……!?」

P(な、なんだか今、黒い影みたいなものが見えたような気がするぞ?)

 ――よあけのばんに つるとかめがすべった

小梅「……っ」




25以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/17(月) 23:23:58.15 ID:RJ7X2gki0


 ――うしろのしょうめん

小梅「う……」

 だ あ れ

P「……! 危ない、小梅!」

小梅「え……あっ」

 ドンッ…シュルルルッ

P「……ぁ」

小梅「あ……あぁ……」

小梅「プロデューサー、さん……プロデューサーさん……」ユサユサ

P「」

小梅「う……わ、私が、もっと、早く……」

P「……」ムクッ

小梅「あ……! プロ……」

P「ハイレタ……」

小梅「ぁ、あぁ……」




28以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/17(月) 23:30:42.67 ID:RJ7X2gki0


P「ハイレタハイレタ……」ケタケタ

小梅「……そん、な……私の、せい、で……」

P「ハイレタハイレタ……」

小梅「……ゆる、さな……」

P「ハイ……ハイ?」

小梅「……?」

P「チョ……ヤメ……」

小梅「プ、プロデューサー、さん……?」

P「イヤァァァァァ!」

 シュウウゥゥゥゥ……

小梅「あ……抜けてく……」

P「待ってくれ、俺は怪しいものじゃ! ……って、あれ?」

小梅「……プロ、デューサ、さん……」

P「お、おろ? さっきまでいた狐っ子は?」

小梅「……え、ぇっ?」




32以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/17(月) 23:40:13.63 ID:RJ7X2gki0


小梅「……」

P「いやな、小梅がなんか黒い影に襲われそうだったからかばったんだよ」

小梅「うれし、かった……けど。危ないから……ダメ、です……」

P「うん。以降気を付けるよ……それでさ、よくわからないところにいつの間にか移動してて」

小梅「うん……」

P「狐耳が生えた女の子がいてさ。なんかいろいろ言ってるんだけどね……よくわからないから聞き流して」

小梅「……」

P「これはもう、スカウトしかねぇな! って」

小梅「……プロデューサー、さんって、人間……?」

P「おう! 幽霊は怖いけどさ……」

小梅「……狐が憑いたのに、その狐を、スカウトなんて……すごい、けど……」

P「……えっ、あれ幽霊なの? こわい」

小梅「……もう」ぎゅぅ

P「お、おい小梅……?」




33以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/17(月) 23:40:25.94 ID:kgKoN1HK0


小梅Pは死んだり憑かれたり不憫だな




34以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/17(月) 23:42:29.88 ID:1pjpMEUl0


もう少しで狐耳アイドルが生まれるところだったのに!!!!畜生!!!!





35以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/17(月) 23:43:29.46 ID:kgKoN1HK0


玉藻ちゃんですかね




36以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/17(月) 23:46:46.40 ID:rAg/CHE10


>>35
地獄先生の方が頭に浮かんでしまった




37以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/17(月) 23:47:49.70 ID:kgKoN1HK0


>>36
こっちGSの方が浮かんだ




38以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/17(月) 23:50:30.74 ID:RJ7X2gki0


小梅「あぶ、ないから……もう。ダメ……です」

P「う、うん……気を付けるよ」

小梅「……よかった」

P「なんだか今日の小梅、あったかいなぁ……」

小梅「プロデューサーさんが、冷たく、なってるの……」

P「そうなのか……うわぁ、危なかったのか」

小梅「普通、なら……そう……なのに……」

P「でも、可愛かったんだよなぁ……プロデュースしてみたかった」

小梅「……」ぎゅぅぅ

P「……こ、小梅? くるしい……」

小梅「とっても、心配……だった……から。お返し、です」

P(……あぁ、なんだかいいにおいもするし、落ち着くなぁ……)




39以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/17(月) 23:51:46.49 ID:kgKoN1HK0


それお返しやないご褒美や




43以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/18(火) 00:00:34.39 ID:2IbXVUDQ0


小梅「も、もう、だいじょうぶ……かな……?」

P「お、おぉ。なんだか元気になったよ。すごいな小梅」

小梅「え、えへ、へ……あの子が、力を、貸してくれるから……」

P「……でも、冷静になってみたらさ」

小梅「……?」

P「俺がかばわなかったら、小梅が危なかったってことだろ? だったらかばってよかったじゃないか」

小梅「わ、私は……あの子が、いるから……平気、です」

P「あの子……?」

小梅「う、うん……ずっと、一緒の、子……」

P「その子も、幽霊なのか?」

小梅「……う、うん。でも、みんなには、見えないから……言わないで、いたん、です、けど……」

P「そうか……うん。助けてくれてありがとうって伝えてくれるか?」

小梅「は、はい……」




45以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/18(火) 00:06:51.46 ID:2IbXVUDQ0


P(なるほどなぁ……小梅は『見える』どころか友達もいるのか……)

P(流石に信じざるを得ないな……待てよ?)

小梅「あ、あの。プロデューサーさん。あの子が、気を付けて、って、怒ってます……」

P「あぁ、これからはちゃんと気を付けるよ。それでさ」

小梅「なん、ですか……?」

P「……その子ってアイドルに興味とかあるか聞いてみてくれないか」

小梅「……」

P「な、小梅? いけるよ! 俺を助けてくれたってことは優しいってことだし。見えないぐらい小さな問題だって!」

小梅「……」ぷくぅ…

P「小梅?」

小梅「も、もう……プロデューサー、さん、なんて……しらない……」ぷいっ

P「え、なんで!?」




46以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/18(火) 00:08:03.45 ID:rDIt5Jzw0


小梅ちゃんのCDが出たら小さい声でいろいろと入ってるのかな




49以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/18(火) 00:14:36.54 ID:2IbXVUDQ0


P「な、なぁ小梅。どうして……」

小梅「私、は……」

P「小梅?」

小梅「プロデューサー、さんは……今の、アイドルの子を、ちゃんとみなきゃダメ、ってあの子も、いってるから……」

P「そ、そうか……いや、それは当然だけどだな? でもやっぱり気になって」

小梅「……」ボソボソ

P「小梅? っと、うわっ!?」ズルッ

 ドンガラガッシャーン!

P「い、いてて……」

小梅「……あ。やり、すぎ……」

P「へ?」




51以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/18(火) 00:20:20.93 ID:2IbXVUDQ0


小梅「……怖いもの、いっぱい。見たら、きっと……?」ブツブツ…

P「な、なぁ小梅? 俺は別に小梅や今のみんなをないがしろにするって言ってるわけじゃなくてさ……」

小梅「プロデューサー、さん。あの」

P「ん、どうした?」

小梅「じゃあ……ホラー、映画。いっしょに見て……?」

P「ほ、ほらぁえいが?」

小梅「オススメが、いっぱい、あるから……だいじょうぶ、怖い、よ」

P「それは、だいじょばないっていうんだぜ」

小梅「そしたら……あの子のスカウト、やめるって、言うと思うし……」

P「えっ? あの子って……」

小梅「いい、から……いっしょに……」

P「あ、あぁ……うん。助けてもらったわけだし、お礼だと、思えば……いや、でも怖いのはなぁ」




54以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/18(火) 00:28:40.56 ID:2IbXVUDQ0


P「……それで、さ」

小梅「まずは、これから……」

P「うん、小梅」

小梅「どうし、たの……?」

P「なんで俺の膝の上に?」

小梅「こうしたら、逃げられない、って……聞いた、から……」

P「……あの子、に?」

小梅「うん……」

P(あの子、策士タイプか!? くそっ、これじゃあ、いろいろと、まずいぞ!?)

小梅「いっぱい、オススメ、ある、から……見ようね。えへ、へ」ニコニコ

P「も、もちろんよ! ま、まかせろい!」




55以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/18(火) 00:34:05.29 ID:2IbXVUDQ0


<ヴァアアアアアァァァ! 

P「ひぃぃぃ!」ギュッ

小梅「あ……♪ あったか、い……」

<ヴォオオォォォォォォ!

P「いやぁぁぁぁぁ!」ギュウゥゥ…

小梅「えへ、へ……え? うん……とっても、楽しい、よ……」

<ガァァァアアアア!

P「うわぁぁぁぁぁ!」ギュゥゥウゥゥ…

小梅「抱きしめ、られるの……くるしくて、きもち、いい……♪」

<ニャァァァァァ!

P「ひ、ひぃぃ! あ、これは大丈夫だ」

<エ、ヒドクナイ?


おわり




57以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/18(火) 00:35:23.48 ID:2IbXVUDQ0


小梅ちゃん可愛い。お題、ありがとうー

保守支援ありがとうございました




59以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/18(火) 00:36:03.00 ID:xwr3UvTd0


わろた、みくにゃんオチ
我々には小梅成分が足りない!




60以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/18(火) 00:37:07.58 ID:rDIt5Jzw0


おっつおっつばっちし☆




引用元:モバP「小梅が『見える』という風潮」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1355750242/



スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SSモバマス小梅

(8)

AFTER 北斗「チャオ☆」 P「うわああああああああああ!!」

BEFORE 響「へぇ。キミ、ブリッツェンっていうのかー」イヴ「どうも~☆」

最後はみくにゃんの化け猫か
恐くないな

てか見境ほんとうにないなモバP
[ 2012/12/18 15:41 ] [ 編集 ]
幽霊が見えるごときで引いてたらPは務まらんのですよ!
[ 2012/12/18 15:42 ] [ 編集 ]
>P「これはもう、スカウトしかねぇな! って」
完全にホモの言動ですわ
[ 2012/12/18 16:06 ] [ 編集 ]
狐娘で男の娘のアイドル、大正解だね
[ 2012/12/18 17:19 ] [ 編集 ]
小梅ちゃんと小梅Pの話は朗らかで楽しいな(成仏)
[ 2012/12/18 22:00 ] [ 編集 ]
>「見えないぐらい小さな問題だって!」
容姿は大事だと思うがなあ。
あと最後の相槌どっから返ってきたんですかねえ…
[ 2012/12/18 22:43 ] [ 編集 ]
あー、小梅が人気があるのがわかるSSだわ
自分はちょっと苦手だけど、些細な問題だね
[ 2012/12/19 16:26 ] [ 編集 ]
今更だけどCoのメンバーなら幽霊如きものともしなさそうな面子居るよね…ちびりっこは駄目だけど
[ 2012/12/26 02:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

モバP「小梅が『見える』という風潮」

Copyright © 2021全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto