スポンサーリンク

2012 12/04

P「響と違って貴音は完璧だなぁ」





1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 03:36:51.73 ID:+/sGW/gE0


貴音「そんなことございません。響も頑張っています」

P「そうやって謙遜するところが完璧だよなぁ!響だったら『そうだぞ!自分は完璧だぞ!』ってすぐ調子に乗っちゃうもんなぁ!」ガシガシ

響「ら、乱暴に頭撫でるなよ!ちょっと恥ずかしいぞ……」

P「響はちっこいからついついイジりたくなっちゃうんだよなぁ……それに比べて貴音は背も高いし完璧だなぁ!」

響「じ、自分ちっさくないぞっ!!」

貴音「……私は響の身長に憧れることもありますよ」

P「そうやって相手どんな相手にも敬意を示す貴音マジ完璧」

響「うぅー……」

P「お?どうした?怒ったのか?ん?」プニプニ

響「うぅーーーーーーっ!!」

P「お?やんのか?お?」プニプニ

響「自分怒ったぞっ!!完璧に怒ったぞっ!!あと頬っぺた突っつくなっ!!」

P「完璧(笑)」

響「うがーーーーーーっ!!だいたいプロデューサーは勘違いしてるぞっ!!貴音は完璧じゃないぞ!!弱点だって沢山あるぞっ!!」

P「ん?弱点?」






スポンサーリンク




6以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] :2012/12/03(月) 03:46:52.75 ID:+/sGW/gE0


貴音「な、何故私に飛び火が……」

響「そうだぞ!貴音は完璧じゃないぞ!ちゃーんと弱点もあるんだぞ!」

P「ほほう。完璧な響さん詳しくお願いします」

貴音「あなた様も興味を抱かないでください……」

響「フフン!知りたいか?」

P「是非」

響「プロデューサー、どーーーーーしても知りたいのか?」

P「勿体ぶってないで早く話せよ」

響「態度がでかいぞっ!それが人に物を頼む態度かっ!?」

貴音「あなた様、私の弱点などくだらない話じゃ置いといてらぁめん食べに行きましょう」





>>1
訂正
× P「そうやって相手どんな相手にも敬意を示す貴音マジ完璧」

○ P「そうやってどんな相手にも敬意を示す貴音マジ完璧」




9以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 04:01:26.24 ID:+/sGW/gE0


P「ははーん。自分!分かったぞっ!ホントは貴音に弱点なんて無いけど、このままだと自分弄られっぱなしだからとりあえず貴音に攻撃の針を向けてやるぞ!って魂胆だろ?」

響「うがーーーーーーっ!!!似てないぞっ!!って気持ち悪いモノマネ見せるなっ」

響「そもそも自分!嘘ついてないぞっ!!」

貴音「今日は何らぁめんにしましょうか?あなた様が満足できるように二十郎に行きましょう」

P「正直に言っちゃえよー」ツンツン

響「つ、突っつくな!もう怒ったぞ。プロデューサーに貴音の弱点なんて教えてやらないっ」

貴音「それとも今日はあっさり系で行きますか?今日はあなた様に合わせてせぇぶして食べます!ご、7杯で収めます故に……」

P「そもそもあの完璧な貴音に弱点なんてある訳ないもんなー」

響「あるぞっ!ホントにあるぞっ!」

P「じゃあ言ってみろよーあるなら言ってみろよー」

貴音「さ、さぁ早く行きましょう」グイグイ




12以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 04:14:28.48 ID:+/sGW/gE0


P「貴音、今ものすごく重要な話をしてるから少し待ってくれ」

貴音「あなたさまぁ……」

貴音「ひ、響もこの話は辞めて今から食事でも……らぁめん!今かららぁめんを食べに行きましょう!」

響「後でなー。自分が如何に完璧かをプロデューサーに証明してやるところだからなー」

貴音「ひびきぃ……」

P「じゃあ教えてくれよ、貴音の弱点とやらを」

響「いいぞ!よーーーーく聞いとくんだぞ!貴音はな……」

P「貴音は?」

響「貴音はな、怖い話が大嫌いなんだぞ!!!」ドヤァ

貴音「 」

響「心霊現象とかお化けとか!貴音怖がっちゃうんだぞ!」

P「ふーん。貴音、ご飯食べに行くか」

響「あ、信じてないな!?自分嘘ついてないぞっ」




19以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 04:33:16.67 ID:+/sGW/gE0


P「貴音がお化けなんかで怖がる訳ないだろ。もっとマシな嘘つけよなぁ、な?貴音」

貴音「そそそそそそそそそうですよ。ひひひひひひひひ響もなななななななななにをいい言ってるののののののででですか」ガタガタガタガタガタ

響「 」

P「ほら貴音もこう言ってるし」

響「……自分沖縄出身だろ?沖縄って昔戦争でさ……」

貴音「やめましょうこの話は早急にやめるべきです」

響「沢山の人が死んだからさ、そういうスポットが多いんだよ」

P「そういうスポット?」

貴音「私は何も聞こえておりません私は何も聞こえておりません私は何も聞こえておりません私は何も聞こえておりません私は何も聞こえておりません私は何も聞こえておりません」

響「……死んでいった兵士や島民達が幽霊がなぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」

貴音「ひぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃっ」

P「その話何が怖いんだ?」

響「自分も全然怖くないと思うけど……アレを見てみろよ」

アレ「私は何も聞いてません響の口から何も聞こえません沖縄に戦争なんてありません世界は平和なのです」ガタガタ




21以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 04:36:37.48 ID:+mbO91D00


お姫ちんにラーメン屋が出てくる恐怖系の都市伝説を教えてあげたい
使ってる材料がアレだとか、幽霊が店主だとか、そういうの




22以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 04:49:59.89 ID:+/sGW/gE0


P「貴音、さっきの話聞こえなかったってさ」

響「いやいやいやいやいやいや」

響「どう見てもアレはビビって現実逃避してるだろ!?」

P「貴音に限って現実逃避なんてする訳ないだろー?な?貴音」

貴音「そそそそそそそうですすすすよよよ?ゆゆゆゆゆゆゆ幽霊などかかかかかかかかか……」ブルブルブルブル

P「ほら。貴音も言ってるし」

響「おかしいぞっ!!なんで貴音の言葉はすぐ信じちゃうんだよっ!?どうみても虚勢張ってるだろっ!!」

P「虚勢?響は難しい言葉知ってるなぁ」ナデナデ

響「そ、そうか?えへへ……って違うぞっ!!」

響「プロデューサーも何か怖い話してみろよ。それで貴音がビビったら自分の話信じて貰うぞ」

貴音「あなた様。私怖い話が苦手です。ですからもうその話題は……」

P「別に響に気を遣わなくて良いんだぞ?響を立ててやるなんてホント貴音は良い子だなぁ」ナデナデ

貴音「  」

P「でも俺特に怖い話なんて……あ」




23以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 04:54:52.78 ID:7Tr1q2+a0


生首の話はよ




24以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 04:56:02.98 ID:l42Gjl7i0


ラーメンすすってたら人の髪の毛だった話はよ




25以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 05:01:38.85 ID:lhWVZNvj0


手首ラーメンはよ




27以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 05:12:37.87 ID:+/sGW/gE0


響「お?なんかあるのか?」

P「いや今思うと対して怖くはないんだけど……」

貴音「あ……ああ……」

響「良いから話してよ」

P「いや、な。この前千早と春香のロケで湘南の方に行ったんだよ」

響「お?なんか雰囲気出てきたな!」ワクワク

P「大した話じゃないんだけどな……それでそのロケ急遽泊まりになったんだよ。で、急遽だったからホテルが取れなくてな。近くにあった民宿に泊まることにしたんだよ」

響「ちょっと待って!電気消してくるぞっ」

貴音「ひぃっ……」ビクビク

P「だからそんな怖い話じゃないって。まぁ良いや、続きな?」

P「春香は気にしないって言ってたが同じ部屋に泊まる訳にもいかないだろ?アイドルとプロデューサー以前に男と女の子なんだし」

P「だから二部屋借りたんだよ。で、夜遅かったし俺も疲れてたから二人に風呂入って早く寝る様に伝えて俺は先に寝ちゃったんだよ」

P「で、なんか寝てる部屋の障子が破れて沢山腕が生えてくる怖い夢を見てこの歳ながら跳ね起きたんだよ」

響「プロデューサー情けないぞ」

P「うるせぇ、あの夢マジで怖かったんだよ」




31以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 05:34:19.96 ID:+/sGW/gE0


貴音「うぅ……」フルフル

響「貴音、ちゃんと聞くべきだぞ」

P「話すぞ?」

P「それで脂汗びっしょりで目が覚めてさ。これじゃ寝付けないと思ってシャワー浴びに浴場に行ったんだよ」

響「……水場には幽霊が集まるって聞いたことあるぞ」

貴音「水……今すぐ水道止めないと」ブツブツ

P「そしたらさ、排水溝にさ、沢山あるんだよ。長くて黒い髪の毛がさ」

ひびたか「……」ゴクリ

P「まぁ民宿自体古かったし、経営してる人もお年寄りだったから掃除が出来てないのかなぁ程度だったんだよ」

P「まぁあんま気にすることなく俺も普通に頭洗ってたんだよ。そしたらさ」

P「ヒタ……ヒタ……って足音がするんだよ」

貴音「ひぃっ」ビクッ

P「頭洗ってたから目閉じてたからさ。周りが確認出来なかったんだよ」

P「で、流石に俺も怖くなってきてさ。耳を澄まして聴いてたんだよ」

「ヒタ……ヒタ……って足音がドンドン俺に近づいてくるんだよ」




38以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 05:44:48.80 ID:+/sGW/gE0


P「振り返っちゃいけない気がしたんだがこういう場面って自然と振り返っちゃうんだよな」

響「ふ、振り返ったのか?」

P「おう。薄め開けてゆっくり後ろ見たらさ、あるんだよ。青白くてほっそい脚が俺の真後ろに」

貴音「  」

響「うっ……自分聞いてないぞー聞こえてないぞー」

P「で、そのまま視点を上に向けるとさ、貞子みたいに髪を前に降ろした……」










P「全裸の千早がいたんだよ」

貴音「ひぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃっ」

響「…………………………え?」

P「メガネしてなかったから最初誰か分かんなくてさー。マジで幽霊だと思ってビビってたら思いっきしのビンダが飛んできてなーいやーアレは痛かった」




43以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 05:55:20.13 ID:+/sGW/gE0


響「……………………え?」

P「寝起き+メガネしてなかったから浴場に誰かいるとか気づかなくてさ」

貴音「あなた様!千早は物の怪だったのですか!?」

P「もののけ?あぁ化け物ってことか。もうそりゃ化け物みたいに怖かったぜ」

貴音「ひぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃっ」

響「……それがプロデューサーの怖い話?」

P「おう。ちーちゃん未だに怒ってて目が合う度にギロッて睨んでくるんだもん。怖いったらありゃしない」

響「ちなみに謝ったのか?」

P「おう。その場で俺も全裸になってジャンピング土下座したぜ」

響「……ヘンタイプロデューサー」

貴音「今日見た千早は何奴……生き霊?怨霊?ひぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃっ」ガタガタガタガタ

響「貴音ェ……」

P「いくら他にお客さんがいないからって民宿に一か所しかない浴場でバスタオル持参しない千早も千早だよなぁ」

響「……コイツ反省してないぞ」




47以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 06:10:47.95 ID:+/sGW/gE0


P「で、どうよ?俺の怖い話」

響「全然怖くないぞ」

P「大したことないって言っただろこれじゃ貴音も怖がらないし検証不可か」

響「いやいやいやいやいやいや」

響「どうみても検証結果出てるだろ!」

貴音「明日から私は千早にどのように接すれば……」ガタガタ

P「……響の為に怖がってるフリしてるんだろ?貴音は仲間想いだなぁ」

響「うがーーーーーーっ!!」

P「あんま騒ぐなよ、ここ俺ん家なんだぞ」

響「ご、ごめん。でもっ!!プロデューサーが!!」

P「騒ぐなら帰宅させるぞー」

貴音「!?」ビクッ

貴音「響、あなたのせいで今夜……いえ、しばらく私は一人で過ごせなくなりました」

響「お?じゃあまた泊まってくか?」




53以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 06:20:24.03 ID:+/sGW/gE0


貴音「是非っ!!」

響「お、おう。ってことになったぞプロデューサー」

P「またかよ。響は怖がりだなぁ」

響「違うぞっ!貴音が一人じゃ怖いから仕方なく自分も一緒に泊まってあげるんだぞ!」

P「はいはい。まぁ泊まるのは構わんが俺とお前は」

響「プロデューサーとアイドル」

P「俺のベットは?」

響「プロデューサーにとって神聖な領域だから入ってはいけない」

P「おう、ちゃんと覚えてるな。貴音もそういうことだから、なんか悪いな」

貴音「いえ。響の為ですから」

P「貴音はホント良い奴だなー」

響「もう突っ込むのに疲れたぞ……」

P「布団はいつもの所にあるからなー。あ、一個しかないから悪いが貴音、響と一緒に寝てやってくれるか?」

貴音「承知致しました」




54以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 06:31:04.88 ID:+/sGW/gE0


~午前2時~

響「うーーん……貴音暑いぞ……くっつきすぎだぞ……」ゴソゴソ

響「……………あれ?貴音?」キョロキョロ

響「貴音がいないぞ……」


ピタァ……


響「ん?なんだ貴音シャワーでも浴びてたのか?一人で浴びれるじゃないか」


ピタァ……


響「まぁプロデューサーの話全然怖くなかったもんな」


ピタァ……


響「貴音も早く寝ろよーそんなベランダに出てないでさー」

響「…………」

響「…………ベランダ?」




55以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 06:40:35.34 ID:+/sGW/gE0


響「あれ?貴音?」

響「なんだ、貴音あんな遠くにいるじゃないか。布団から落ちてるし」

響「寝像が悪いなんて自分より年上なのに貴音もまだまだだなー」

響「……………………え?」




『で、なんか寝てる部屋の障子が破れて沢山腕が生えてくる怖い夢を見てこの歳ながら跳ね起きたんだよ』



ピタァ……


響「ヒッ……」

響「うぅ……プロデューサー……起きてよプロデューサー……」ユサユサ

P「んー……なんだよぉひびきぃ……トイレかぁ?……」

響「違うっ!ベランダに誰かいるさー」

P「……そうか……そうか……」




57以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 06:50:27.41 ID:+/sGW/gE0


響「もう!泥棒かも知れないないんだぞ」

P「ひびきぃ……おまえに……まかせたぁ……ぐぅ」

響「うーーーーっ」

響「仕方ない……自分が……」


ピタァ……


響「」ビクッ

響「大丈夫だぞ……」

響「……お、お化けなんていないさー……こ、怖くなんてないさー……」


ピタァ……


響「」ビクッ

響「やっぱり怖いよぉ……」ウルウル

響「でも泥棒だったら……」

響「自分は完璧なんだぞ。泥棒だったらキックで倒せば良いんだぞ……」




65以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 07:06:52.62 ID:+/sGW/gE0


響「うぅ……」チラ

響「……なんだ……誰もいないぞ」

響「って雨降ってるのか……朝までに止んでくれないと困るぞ……」

響「じゃあこの音は……ひっ……今白いのが……」

響「…………スーパーの袋?引っかかってるのか?」

響「雨で濡れてるから風でビタビタ言ってただけか……」

響「全く……お化けかと思っ」


ピタァ……

ピタァ……

ピタッ……


響「」

響「」



響「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」




67以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 07:20:48.20 ID:+/sGW/gE0


~朝・事務所~

響「プロデューサーあの家早く引っ越すべきだぞ!!」

P「朝からそればっかりだな」

響「だって窓に手形が沢山……」

P「そんなもん無かっただろ?夢でも見たんだろ。それよりお前、ベットに入るなってあれ程言ったのに……」

響「し、仕方ないだろ!!怖くて仕方なかったんだモン……」ウルウル

P「な、泣くなよ」

響「じゃあ引っ越ししてくれるか!?なんだったら新しい家決まるまで自分の家に住んでも良いからさ!!」

響「とにかくプロデューサーにはあの家にいて欲しくないさー!!」

P「いや引っ越すって……あそこ家賃安いし」

響「都心で変に安かったら疑問に思わなきゃダメだろ!!これ自分の家の鍵な!!今日からプロデューサーの家は自分の家だぞ!!分かったなっ!?」

亜美「ひ、ひびきんが……」

真美「に、兄ちゃんにプロポーズしてる……」

伊織「朝からアイツは何発情してんのよ……」ハァ


響「自分完璧だから幽霊なんて怖くないぞ!!プロデューサーを守るぞ!!」




68以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 07:21:22.33 ID:+/sGW/gE0


響の戦いはこれからも続く



おわり




69以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 07:30:35.77 ID:0TvNK/080


いやいや、貴音は?




70以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 07:35:20.85 ID:e95q9n2L0


貴音はよはよ




71以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 07:50:14.05 ID:+/sGW/gE0


おまけ

貴音「」ペタペタ

千早「あの……四条さん?」

貴音「なんでしょうか?」ペタペタ

千早「いえ……その……」

貴音「言いたいところがあるならハッキリ言ってください」ペタペタ

千早「じゃあ言いますけど……この私に張り付けてる紙切れはなんですか?」ペリッ

貴音「なっ!?お札に触れても平気なうえに剥がすこともできるのですか!?」

千早「お、お札?この紙切れがですか……」

貴音「有名な魔力を帯びた退魔用のお札を意図も容易く剥がししかも紙切れ呼ばれ……」

貴音「敵は強大なようです……ですが私は諦めません」

千早「は、はぁ?」

貴音「千早に取り憑いた物の怪をいつか必ず!退治してみせます!」


貴音はお化けが怖くなりなりましたとさ  完




72以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 08:05:15.09 ID:/47UP3o30


怖くなりなりました




73以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 08:15:54.80 ID:eOyNUoREO



なかなか良かった




引用元:P「響と違って貴音は完璧だなぁ」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1354473411/


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SS765プロ貴音ひびたか

(10)

AFTER モバP 「事務所のみんなにクリスマスプレゼントを贈ろうと思う」

BEFORE 凛「プロデューサーが子供達に寝込みを襲われてる」

響はカワイイなぁ!
[ 2012/12/04 00:22 ] [ 編集 ]
二人とも可愛いなぁ!
[ 2012/12/04 00:27 ] [ 編集 ]
全裸で顔真っ赤にしてるちーちゃんはいずこに!

それにしても響はいじられ可愛くて貴音はアタフタ可愛いなあ!
[ 2012/12/04 01:10 ] [ 編集 ]
胸にお札を貼りまくると効果あるかも。もう1cm位の厚さになるくらいに。
[ 2012/12/04 01:20 ] [ 編集 ]
響を落として貴音を上げるSSかと思えばそうではなく貴音を利用して響の可愛さをアピールするパターンかと思えばそうでもなく響のアホさを利用して貴音の怖がり可愛いアピールするかと思えば響の為の伏線かと思ったら貴音の伏線でもあった
[ 2012/12/04 01:32 ] [ 編集 ]
※11196
お前は何を言っているんだw
[ 2012/12/04 11:29 ] [ 編集 ]
私を物の怪だと ぬりかべだと仰るんですね
[ 2012/12/04 12:08 ] [ 編集 ]
いいえ、一反木綿です
[ 2012/12/04 13:32 ] [ 編集 ]
…何で千早は真夜中に風呂に…?
[ 2012/12/04 17:12 ] [ 編集 ]
ひびたかは癒し
[ 2012/12/05 03:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

P「響と違って貴音は完璧だなぁ」

Copyright © 2019全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto