スポンサーリンク

2012 10/24

P「千早」




1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 04:35:52.22 ID:qlqZGB6J0


P「最近調子がいいんじゃないか?」

千早「ふふっそうですか?」

P「あぁ」

P「今日の仕事もばっちりだったし」

千早「プロデューサーのおかげですよ」クス

P「お世辞でも嬉しいよ」アタマポンポン

千早「///」

P「それじゃぁ今日の仕事も終わったし帰ろうか」

P「送っていくよ」

千早「いいんですか?」

P「もちろん」

千早「お言葉に甘えます」

P「おう いこうか」






スポンサーリンク




3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] :2012/10/24(水) 04:37:22.41 ID:qlqZGB6J0


______________車内_______



P「千早は、確か明日オフだったよな?」

千早「そうですね 久々にお休みです」

P「良ければその・・・俺と明日何処かに行かないか?」

千早「!・・・よろしいんですか?というかよく休みとれましたね?」

P「俺もたまには、休みたいさ」トオイメ

千早「でもいいんですか?貴重な休日を私となんかで・・・」

P「なんかじゃないだろ 千早だからだよ」

千早「ふふっありがとうございます」

P「さて家まで着いたよ」




4以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 04:39:36.73 ID:qlqZGB6J0


P「明日は、okでいいかな?」

千早「はい」

P「明日の昼ごろに、迎えに来るよ」

P「だから準備して待っててくれ」

千早「わかりました 楽しみに待っていますね」

P「あぁ じゃぁ俺は、帰るよ」

千早「はい 送っていただいてありがとうございます」

P「お安い御用さ お疲れ様千早」

千早「お疲れ様です プロデューサー」




5以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 04:43:39.12 ID:qlqZGB6J0


___________千早帰宅_______

千早「(明日は、ふたりきり・・・)」

千早「(これは、デートになるのかしら)」

千早「(可愛い洋服とかあったかな)」

千早「(考えすぎもだめね・・・)」

千早「(お風呂に入って今日は、もう寝よう)」

千早「(明日早く起きて考えましょう)」





6以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] :2012/10/24(水) 04:44:13.68 ID:qlqZGB6J0


_______P帰宅_________

P「ただいまっ・・・と」

P「誰もいないんですけどね」

P「(明日これを、千早に渡そう・・・)」

P「(告白とともに・・・)」

P「(もし断られたらどうしよう)」

P「(まじで、心折れるかも)」

P「(いやっ弱気になったらだめだな)」

P「(当たって砕けろだ!)」

P「(砕けませんように・・・)」




7以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] :2012/10/24(水) 04:45:48.76 ID:qlqZGB6J0


_______後日 千早宅_____


P「」ピンポーン

P「千早ープロデューサーだよ」

千早「あっすいません もうちょっと待っていただけますか」

P「はいよ」

数分後

千早「おっおまたせしました」ガチャ

千早「私服だとあまりスカートを、はかいないので」

千早「スカートにしてみたんですが・・・」

P「・・・」

千早「あの・・・プロデューサー?」




9以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] :2012/10/24(水) 04:50:03.54 ID:qlqZGB6J0


P「えっ あぁすごく似合ってるよ」

P「思わず言葉が、出なかった」

千早「ほっほんとですか?ありがとうございます!」

P「(カワイイ)」

P「じゃぁ行こうか」

千早「はい♪」

P「おっと」

千早「?」

P「せっかくのデートなんだし」ギュ

P「手繋ぐか」

千早「あっ・・・はい///」

千早「どこに行くとかは、もう決めているんですか?」




10以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 04:51:04.69 ID:qlqZGB6J0


P「実は。決めていない」キリッ

千早「ふふっ そんなことだろうと思いました」

P「(´・ω・`)」

千早「そんな顔しないで、下さい」

千早「では、私の行きたい所でもいいですか?」

P「もちろん!」

千早「ありがとうございます♪」

千早「ちょっとCDショップに行きましょう」




11以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 04:55:59.30 ID:qlqZGB6J0


_____CDショップ_____


千早「プロデューサーは、どんな曲を聞くんですか?」

P「んー仕事柄いろんな曲を聴くからなー」

P「ジャンルとわずといった感じだ」

千早「なるほど・・・」

P「楽曲を、聞くのもいいけど」

P「作詞や作曲に携わってみたいという気持ちもあるよ」

千早「それで、あれば私が、アイドルから歌手になっても」

千早「問題ありませんね?」クスッ

P「先が、まだ長そうだが頑張るよ!」

千早「ふふっお待ちしてます」




13以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 04:58:51.42 ID:qlqZGB6J0


_____ゲームセンター____


千早「ゲームセンター・・・」

P「ごめん 嫌だったか?」

千早「いっいえ そんなことは、ないです」

千早「ただ久しぶりきたなーと思っただけです」

P「そっか」

P「おっ ぬいぐるみとかあるよ」

P「千早の家のぬいぐるみ一つだったっけ?」

千早「そうですね」

P「よしっ 仲間を増やすか」

P「といっても俺もひさびさに、遊ぶから自信がないが」

千早「がんばってください」クスッ

P「b」




14以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 05:00:41.91 ID:qlqZGB6J0



______しばらくして_____


P「結構粘ったが。とれたのは。ひとつだけか・・・」

P「おおきめな、白い熊のぬいぐるみ」

P「はい 千早ぬいぐるみ持って」

P「んでギュって持って 笑顔で」

千早「はっはい」

P「よし可愛い」

千早「///」




15以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] :2012/10/24(水) 05:03:15.24 ID:qlqZGB6J0


こんな時間にしえんあざっすw


_____その後色々あり夜_____


P「もうこんな時間か」

千早「そうですね」

千早「あっというだった気がします」

P「俺もそう思う」

P「・・・」

千早「?どうしたんですか?」

P「その・・・いまから千早の家に行っても」

P「大丈夫か?」

千早「!」




18以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] :2012/10/24(水) 05:06:43.10 ID:qlqZGB6J0



千早「だっ大丈夫です」

千早「りょ料理の材料とかもまだあるので」

千早「お夕飯とか作れますっ」

P「おぉ 最近は、料理も練習してるのか」

千早「まだぜんぜんですが・・・」

P「ははは 何その時は、一緒に作ればいいさ」

千早「・・・そうですね」クスッ




19以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 05:08:27.59 ID:qlqZGB6J0


_____夜 千早宅_______


千早「あっ・・・私が先に入ってから入っていただけますか?」

P「別にいいけど何かあったか?」

千早「いっいえちょっとやってみたいことが・・・」

千早「」ガチャ バタン

千早「あっどうぞ」

P「はいよ」

千早「おっおかえりなさ・・い///」

P「・・・ただいま」ナデナデ

千早「///」




20以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 05:10:07.52 ID:qlqZGB6J0



千早「お茶いれてきますね」

千早「そのへんにくつろいでて、大丈夫です」

P「あぁ ぬいぐるみは、あのぬいぐるみの隣に置いておくぞ?」

千早「あっおねがいします」

P「ほーら 仲間だぞー・・・なんてな」

千早「お茶入りましたよー」

P「あぁいま行くよ」




21以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 05:11:06.29 ID:qlqZGB6J0


千早「粗茶ですが・・・」カチャ

P「ありがとう」ズズッ

P「うん おいしいよ」

千早「ふふっ 良かったです」

P「唐突な質問なんだけど」

千早「はい?」ズズッ

P「恋人とかは、いるのか?」




22以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 05:12:15.57 ID:qlqZGB6J0


千早「いえ いませんよ」カチャ

千早「そっその好きなひと・・・ならいま・・すけど」チラ

P「あ~・・・うん」

P「千早」

千早「はい」

P「結婚しよう」

千早「・・・・」

千早「わっ私が・・・ですか?」

P「ほかに誰がいるんだ」




23以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 05:13:24.16 ID:qlqZGB6J0


千早「おっお世辞にも家庭的とはいえませんっ」

P「なら一緒にやるか俺がすればいいことだ」

千早「///」

P「・・・返事聞いてもいいか?」

千早「・・・」

千早「わっ・・・私でよければおねがいしますっ」

P「そうか!良かった・・・」

P「断られたらどうしようかと・・・」

千早「ふふ」

P「ちょっと左手だしてもらっていいか?」

千早「はっはい」




25以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 05:14:41.31 ID:qlqZGB6J0



千早「これ・・・指輪ですか」

P「まだちょっときが、はやいかもしれないが・・・」

P「渡そうと決めていたから」

千早「」ユビジー

千早「うっ嬉しいです///」ギュ

千早「じゃぁ私からも一つあげます」

千早「目・・・閉じていただけますか」

P「あ・・あぁ」

チュ

P「えっいまのって」

千早「ふふ ファーストあげたんですから」

千早「大事にしてくださいね///」




26以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 05:16:26.86 ID:qlqZGB6J0


P「あぁずっと一緒だ」ナデナデ

千早「はい♪」

千早「あっもうお夕飯の、時間ですね」

P「一緒に作ろうか」

千早「おねがいします」

P「千早」

千早「はい?」

P「大好きだぞ」ダキシメギュウ

千早「あ・・・///」

千早「私も・・・大好きです」

千早「プロデューサー///」ギュ

終わり




27以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 05:18:55.01 ID:+MGXMo0m0



サッパリしてたな




29以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 05:26:09.68 ID:RCBoTlYf0


おつん!




32以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 07:32:47.81 ID:XIwF6cQm0



千早かわいい





引用元:P「千早」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1351020952/

スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SS千早

(13)

AFTER やよい「今日はおうちに帰りたくないです……」

BEFORE 響「なんで自分はグルーヴィーじゃなくてファンキーなんだ?」

限りなくシンプルかつベタだな
なんかちーちゃんにあってるわ
[ 2012/10/24 20:39 ] [ 編集 ]
最高
[ 2012/10/24 22:12 ] [ 編集 ]
いいね…
[ 2012/10/24 22:33 ] [ 編集 ]
だな
千早はまじめだから、こういうシンプルな話でもらしさがあるからいいんだよな
[ 2012/10/24 23:06 ] [ 編集 ]
>アタマポンポン
>ダキシメギュウ
こういうのはちょっと…
[ 2012/10/24 23:12 ] [ 編集 ]
>>P「結構粘ったが。とれたのは。ひとつだけか・・・」

いきなり姫神口調になってフイタw
[ 2012/10/25 04:04 ] [ 編集 ]
千早可愛い
 
ただアタマポンポンとか気持ち悪すぎ
スイーツ()かよ
[ 2012/10/25 04:27 ] [ 編集 ]
これ書いたのは外人さんか?
[ 2012/10/25 05:16 ] [ 編集 ]
シンプルってより急ぎすぎなだけかな
[ 2012/10/25 08:04 ] [ 編集 ]
地の文がないってだけで十分におかしいし今更気持ち悪いてw
[ 2012/10/25 09:07 ] [ 編集 ]
内容的には好きなんだが、やはり句読点がなぁ‥‥



>>8631
姫神ワラタwwwww
[ 2012/10/26 02:20 ] [ 編集 ]
千早が幸せになってくれればそれでいい
[ 2012/11/01 03:46 ] [ 編集 ]
読点の位置とかおかしくね?
[ 2014/03/18 22:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

P「千早」

Copyright © 2021全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto