スポンサーリンク

「2012年07月」日時の記事

小鳥「音を無くして」

1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2012/07/27(金) 02:18:10.55 ID:5GufPHXCoこれは石田衣良の『1ポンドの悲しみ』の中の短編の設定を一部借りた アイマスのいわゆるクロスSSです。 よろしければおつきあいください。...

P「三日月島なんちゃって殺人事件」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/30(月) 14:55:52.67 ID:uHRT/y6e0 響「うぉー! 海だー! 気持ち良いなぁ!」 伊織「さっきからアンタそればっかりじゃない。落ちるといけないから落ち着きなさいよ」 小鳥「うぶ……」 あずさ「あらあら~、だいぶ酔っちゃってますね~」 雪歩「だ、大丈夫ですか? 小鳥さん」 律子「春香、酔い止めが救急箱に入ってるはずだから持ってきてくれる?」...

貴音「想いは、生死を越えて」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/30(月) 23:26:19.38 ID:uBU2RbreO ――貴音の部屋 ――22:40 あの方は、やはり覚えてはおられなかった。 ですが、それは仕方無き事。幾百、幾千の時間の流れ。それを、覚えている事の方が、特異なのですから。 貴音「…あなた様。今度こそ、わたくしは…」チラッ、 窓から見える月だけは、あの頃と、変わらぬ姿・耀きを放っています。 貴音「ふふっ。生とは、人...

春香「レイニードライブ」

1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2012/07/24(火) 17:29:19.68 ID:5CRqJAxuo春香「おはようございます、プロデューサーさん!」 P「おはよう春香、濡れなかったか?」 春香「はい、大丈夫です!」 P「お、今日は制服か」 春香「はい、学校から直接来ちゃいました!」 そういうなり少し考え込むプロデューサーさん。 も、もしかしてそれだけ大変だって言いたい、 とか思われちゃってるのか...

P「夏は水着の季節か」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/30(月) 17:02:03.19 ID:p19UufNe0 P「水着…」 春香(もしかしてプロデューサーさんに水着姿を見せれば) 千早(…くっ) P「でもアイドルのは見慣れてるからなぁ」チラッ P「アイドルのはなぁ」チラッ 小鳥(はぁ、夏は露出が多くて嫌だなぁ) P「…」...

杏「アイドル事務所に勤めてるんだが、もう私は限界かもしれない」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/30(月) 15:48:27.50 ID:38Azhqa70 杏「ブラックな勤務体制」 ちひろ「杏ちゃん、プロデューサーさんが呼んでたわよ? なんでも新しいレギュラーとか……」 杏「ボディータッチの激しい同僚」 きらり「うきゃ? 杏ちゃんどしたー?」 杏「間違いない、ここはブラック会社だ!」 P「アホウが」ベシッ 杏「いたいっ!?」...

貴音「新装開店 麺や貴音」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 22:13:01.11 ID:LPMbImuZ0 律子「営業先からただいま戻りましたー」ガチャ 律子「……」 律子「はあ、このセットいつになったら撤去するのかしら。事務所で応対もできないし、テレビも見れないなんて本末転倒じゃない……」 律子「なんだか企画も動いてないみたいだし、一度ガツンと言ってやろうかしら」 P「ガツンと言ってもらおうじゃないか」 律子...

千早「イタコに事務所のみんな(存命中)の霊を呼んでもらいましょう」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 16:35:26.23 ID:D5eJGtUC0 春香「い、イタコ?」 千早「イタコよ」 春香「あれだよね?良く知らないけど…霊を呼ぶ的な人だよね?みんな生きてるのに…どうしてまた」 千早「この間雑誌で読んだのだけど、ああいう人たちの能力って本物なのかしらと思って」 春香「うーん、どうなんだろ…」 千早「たくさん呼んでもらいましょう」 春香「へー…...

P「花売りの娘が来た」凛「来たよ」

1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage saga] :2012/07/21(土) 19:53:53.19 ID:xddYoZBc0P「よし、じゃあ行くか、凛」 凛「うん」 小鳥「行ってらっしゃ~い」 P「19時には戻りますんで」 小鳥「はーい」 凛「…」 \\\ 車内、P運転中 凛「…ねぇ、プロデューサー」 P「ん?」 凛「プロデューサーって、音無さんと付き合っているの?」 P「ないない。  って、何でそんなこ...

響「自分は臭い……自分は臭い……」ブツブツ

3 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/28(土) 22:11:47.53 ID:CbN6SC2j0 ―――765プロ近くの健康ランドにて 春香「みんなでお風呂なんて初めてだよねー」 千早「そうね。でもタイミング的には良かったんじゃないかしら」 律子「合同ダンスレッスンやって、シャワーの代わりにみんなで一緒のお風呂に入る」 律子「……実際、竜宮でやってみたら、みんな前よりも距離感が近くなったわよ」 春香...

美希「ほんとにほしい魔法のじゅもん」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/28(土) 23:59:28.29 ID:PHLvC/SbO ――美希の部屋 ――22:30 美希「…」パラッ、パラッ 美希「…」チラッ、 ――ザーザー、ザーザー 美希「…はぁ…」ハァ... ずっと、雨なの。一昨日から、止まない雨。 雨は、キライ。 美希「ハニー…今、何してるのかな…」パタン あの時の、あの人の言葉。あれから、ミキの恋が始まったの。まるで、魔法にかかったみたいに。 ――ザーザー、サ...

響「自分たち、家族だからな!」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/28(土) 16:49:00.85 ID:6y26PxMA0  はいさーい! 自分、我那覇響!  沖縄生まれ沖縄育ちの16才!  ターリー……お父さんが亡くなってからの実家の家計を支えるために今は東京に来てお仕事もしてるさー!  こっちの高校に通いながら、なんとアイドルをやってるんだぞ。自分、かわいいからな! えへへ。  でもいざ入ったアイドル事務所はちょっと変わってて……...

P「あふぅ」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/27(金) 16:13:23.74 ID:dfaQmWNO0 事務所 P「おはようございま――」 あふぅ「はにぃ!!」 P「な、なんだ!? 俺は目の前が真っ暗になった!」 律子「はい、そこまで」 あふぅ「やー! はにぃ! はにぃ!」 P「よ、よう律子おはよう」...

千早「…そうね、たまには歌から離れてみましょう」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/27(金) 21:34:26.25 ID:QbWvYgeS0 Aランクに上がってはや半年…もうワンステップが、思うように行かない。 周囲は私に期待するけれど、私にはそれは迷惑でしかない。 伸び悩んでいる…中だるみ… 片付けるのは簡単だ。だけど、それじゃあいけない。 いつかプロデューサーが言ってくれた… 歌ばかりに固執していてはだめだ、と …長らく私は、この考えに反発して...

P「かまいたち風の夜」

1 : おさらいがてら最初から:2012/07/27(金) 00:03:37.36 ID:BUeeRqx90 空は広く青く広かった。 雲ひとつ無くまさに快晴と断言できる。 首を動かすと、真っ白な斜面を軽快に滑る人達が見えた。 ズザシュッ! と、キレのいい効果音を伴って、粉雪が削り節みたいに顔にかかった。 真上から真が覗き込んでくる。 真っ黒なゴーグルがボーイッシュな髪形によく似合っていた。 真「プロデューサー大丈夫で...

P「雪歩を嫁にしたいんですよ」 小鳥「ピヨッ!?」

6 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] :2012/07/27(金) 09:49:14.68 ID:cIRkfyJM0 ――――――オーディション会場 雪歩「うっ・・・うぅ・・・えぐっ、えぐ・・・・っ」グスグス P「・・・雪歩はよくやったよ、ちゃんとレッスンの成果がでてたぞ」 雪歩「せ、せっかくプロデューサーさんと一緒に、レッスンしたのに・・・」グスグス P「また、頑張ろう」 雪歩「は、はいっ・・・う、うっごほっゲホ...

やよい「土曜は牛の日ですー!」

4 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/25(水) 21:04:32.57 ID:G/q8mVNHP P「そもそも土用丑の日って言葉をどこで知ったんだ?」 やよい「いつも行くお店におっきく書いてありました!」 P「あぁなるほど……」 やよい「でも不思議です、土曜日は毎日あるのにどうして急に牛の日になったんでしょう?」 P「あぁ、あのなやよい。この丑の日は牛は牛でもちょっと意味が違ってだなぁ……」 やよい「...

春香「プ、プロデューサー改造計画ぅ?」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/27(金) 00:55:15.86 ID:voGE25QM0 春香「」 千早「春香?」 美希「春香?どうしたの?早く次のコーナーにいくの」 春香「え、あ、ご、ごめんなさい!え、えと次のコーナーは『緊急特別企画!プロデューサー改造計画』です!」 千早「ぷ、プロデューサー?」 美希「改造計画?」 P「…は?」 春香「え、え~と、このコーナーはアイドル達のプロデュース...

春香「追いかけて、逃げるふりをして……」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/26(木) 16:05:09.79 ID:UqWzBU1Y0 春香「……って、何で追いかけてきてくれないんですか!?」 P「ごめん、春香。俺、暑いの苦手なんだ……」 P「俺はパラソルの下でくたばってるから、他のみんなと遊んで来てくれ」 春香「でも……」 あずさ「大丈夫よ、プロデューサーさんは私がついているから」 P「いいんですか?」 あずさ「いいですよ。私もあまり泳...

貴音「荒野の女王」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/26(木) 12:37:07.57 ID:JJ8eYLOT0 貴音「らぁめんを一つ」  その豊満な銀髪の女性はカウンターに腰を下ろしながら言った。  黒いウエスタンシャツにホットパンツ、ブーツとおそろいのガンベルトには実弾と銃が差し込まれている。 真「困りますよお客さん。この店では帽子を脱いでください」 貴音「……お許しを」 真「と言われましてもこの店のルールで――...

千早「は、ハニー……」ボソッ  P「ひゃ!?」

25 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/26(木) 20:12:45.43 ID:2rzHGFhiP P「千早……?」 千早「はっ!あ、いえ!その、あの、他の人の曲も覚えておこうかな、なんて思いまして!」 P「そ、そうか……」 千早「は、はい……」 P「でも、一回だけじゃあれだろ?千早がやりたいなら、もっと練習するといい」 千早「え?えっと、そ、そうですね……それじゃあ歌詞を覚える意味でも……」 P「よし、こ...

真「ボクの夏休み」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/26(木) 02:25:39.90 ID:NZCnmHogO 7月21日(土) 今日から夏休み。 大学に進学しないボクにとっては、最後の夏休み。 だからその記念に、日記を書いてみることにした。 夏休みの最後まで飽きないようにしなくちゃね。 夏休み初日は一日中晴れ。 仕事も無かったから、部屋でのんびりと過ごした。 まずは『静かなスタート』ってとこかな?...

美希「もうミキには何にも見えないけど」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/25(水) 19:42:11.12 ID:FhoSHm010 P「よっ、美希」 美希「ハニー!もう約束の時間よりも1時間遅れてるの!」 P「ああ、ごめんな、ちょっと道に迷って」 美希「そういう嘘はいいの、ハニーが病院までの道を何回も間違えるなんて絶対有り得ないの」 P「俺だって道に迷うさ、というか何だかそういう言い方だと俺が完璧超人みたいじゃないか」 美希「ミキは...

貴音「今までが演技だったことにしておくどっきり…」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/25(水) 12:17:54.88 ID:iBu/p4Gj0 貴音「これまた面妖な…」 P「そうそう、この前無尽合体キサラギやったろ?それ見たあるDさんがな、」 P「『思えば貴音ちゃんはいつでも面妖だよね~、それこそ与えられる役もさ』」 P「『だから、たまには面妖じゃない、貴音ちゃんの新しい一面を見たいと思うんだけどさ~』と…」 貴音「それがこのどっきり企画、です...

P「アイドル達との夏祭りの思い出」

3 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/24(火) 22:33:07.60 ID:qwXSZoDe0 P「君がいた夏は」 小鳥「遠い夢の中?」 P「空に消えていった」 小鳥「打ち上げ花火?」 P「……」 小鳥「……」 P「俺の夏祭りの思い出を聞いてください」 小鳥「そういうフリでしたか」 P「妄想話なんですけど」 小鳥「えっ?」...

P「コイツが可愛くて仕方がない」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/24(火) 23:04:27.05 ID:TVXgHs1oO ――765プロ事務所 ――AM11:00 ――ガチャッ、 P「お疲れ様でーす」 小鳥「あら、プロデューサーさん。早かったですね、お帰りなさい」 P「ただいま帰りました。いや、新人の娘が駅前まで来てくれていたので、合流が早かったんですよ」 小鳥「ふふっ。そうですか。それで、プロデューサーさんがお熱の新人さんは?」 P「...

やよい「牛肉100g、さんじゅう…ひゃく…せん…??」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/24(火) 18:33:43.89 ID:/IkGLDK2O やよい「ぷ、プロデューサーさん」ヒソヒソ P「ん?どうかしたか?」 やよい「このお店、値段間違えちゃってます」ヒソヒソ P「え?」 やよい「お肉は高くても100g100円なのに、あのお肉…」 P(ああ、松坂牛か…) やよい「きっとお店の人が間違えて書いたに違いありません」 P「いや」 やよい「こっそり教えてきます!...

美希「ほしいみき、5さいなの」

6 : 代行ありがとうございます:2012/07/23(月) 21:57:01.47 ID:HKPbcEYu0 ~日曜日 765プロ事務所~ P「美希が幼女になってしまった・・・」 美希「zzz・・・」 P「くっそかわいいな・・・俺にロ○コンの気はないがロ○コンの気持ちがわかる気がする・・・」 P「しかし・・・これはいかん・・・いかんですよぉ!誰かが来る前に何とかしなくては・・・!」 小鳥「♪あなたを~あ~いしてたはぁ~♪」ガチャ 小鳥「あれ?プロデューサー...

P「かまいたちっぽい夜」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/22(日) 22:38:49.19 ID:JgkkGFEl0 空は広く青く広かった。 雲ひとつ無くまさに快晴と断言できる。 首を動かすと、真っ白な斜面を軽快に滑る人達が見えた。 ズザシュッ! と、キレのいい効果音を伴って、粉雪が削り節みたいに顔にかかった。 真上から真が覗き込んでくる。 真っ黒なゴーグルがボーイッシュな髪形によく似合っていた。 真「プロ...

美希「一秒のドキドキ」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/23(月) 23:12:09.53 ID:Lt2Yhp3NO ――765プロ事務所 ――PM17:30 ――ガチャッ、 美希「…」バタン P「おっ?美希か。お帰り。どうした?そんなしょげた顔して」 美希「ねぇ、ハニー?」ストン P「んー?どうしたー?」 美希「ハニーはさ…最後にドキドキしたのって…いつ?」 P「はっ?」 美希「だから…最後にドキドキした時は、いつ?何でドキドキしたの...

P「闇に飲まれよ!(お疲れ様です!)」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/23(月) 17:41:17.78 ID:3qt7F3lS0 P「我が主よ、風が大いなる神託を授けにきたぞ……!(蘭子、大変だ! ビッグニュースだぞ!)」 蘭子「ほう……それは真か? して、どのような神託を?(え? 本当? なになに!?)」 P「我らの運命を左右する重大なる宣告故、心して聞くが良い……(ホントに凄い大事なことを言うからね、落ち着いて聞くんだぞ)」 蘭子「...

響「自分、完壁だからな」P「はいはい……ん?」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] :2012/07/22(日) 18:21:37.59 ID:LgRH4uHn0 響「どうしたプロデューサー」 P「いや、今のセリフもう一回だけ言ってみてよ」 響「なんで?」 P「いや、頼むよもう一回だけだから」 響「じゃあ、言うけど……」 響「自分、完壁だからな!」ドヤッ P「ぷっ……うははははは!」 響「!?」 P「そうかそうか、完璧なのか!」 響「そ、そうだぞ!なに笑...

美希「ベイスターズなの!」やよい「ぜーったい、ろってです!!」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/22(日) 20:31:05.17 ID:fxnqkgvd0 亜美「うあうあ。また喧嘩が始まっちゃったよ~」 真美「ミキミキもやよいっちも最近喧嘩が多すぎだよ」 美希「ミキもこんな不毛な争いはしたくないの!」 やよい「うっうー!私もです!」 亜美「どうしたもんかね、こんな時に、満州に取り残された兄ちゃんがいてくれれば…」 真美「穏便に解決できるのにね」 P「...

P「貴音は居るか?」貴音「はい、こちらに」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/22(日) 18:49:50.71 ID:Doaoauzx0 P「貴音、新しい仕事があるんだけどやってみるか?」 貴音「新しい……仕事、ですか?それはどのような内容なのですか?」 響「おお、おめでとう貴音!それってどんな仕事なんだ?」 P「ああ、芸能人おすすめの店の特集で今回はラーメンでな」 貴音「なんと!らぁめんですか!」 響「あはは、うちの事務所だと貴音向き...

P「例えばこんな765プロ」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/22(日) 00:06:55.40 ID:lMA9sHEUO ――765プロ事務所 ――AM10:00 P「…」ハァ... 小鳥「プロデューサーさん?ため息なんかついて、どうしたんです?」クスッ P「あのですね?小鳥さん」 小鳥「はい。何ですか?」ニコニコ P「たとえば…たとえばですよ?」 小鳥「?」キョトン P「小鳥さんが一日スク水を着て事務をするなんて、どうでしょうか」 小鳥「…」 ...

春香「アイドル変換?」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/21(土) 22:41:09.01 ID:p3PLQA/m0 小鳥「じゃあいいですか?」 律子「はい、大丈夫ですよ小鳥さん」 春香「え、全然大丈夫じゃないですけど」 真「何が始まるんですか?」 小鳥・律子「せーの・・・!」 美希「ちょ、ちょっと待っ」 小鳥・律子「アイドル変換ー!!」 春香「イエー!!」 美希「フゥー!!」 真「ヨッシャー!!」 2 : 以...

きらり「あんきら☆ジオ、やったるにぃ!」杏「やったれー」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/21(土) 23:10:10.34 ID:xjjFu/cz0 きらり 杏 きらり「良い子のみんな、オッスオッス! きらりだよー☆」 杏「寝る間も惜しんでだらけたい。杏だよー」 きらり「おたよりを読ませてもらって、おしゃべりしちゃうにぃ☆」 杏「なにも来なかったら雑談したり、ぼーっとしたり、だらけたりするよー」 きらり「それじゃあ今日も、きらりん☆」 関連スレ杏...

美希「サッカーなの!」やよい「ぜーったい野球です!」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/22(日) 00:02:46.41 ID:Oean2VN00 真美「あわわ。ミキミキもやよいっちも落ち着いて」 亜美「喧嘩しても始まらないよ。ね」 美希「二人には悪いけど、これは譲れない戦いなの!」 やよい「うっうー!私も同じですー!」 真美「どうしたもんかねえ…。こんな時、シベリア送りになった兄ちゃんさえいてくれれば」 亜美「穏便に解決できるのにねー…」 P...

春香「ぷろりゅーさん?」

1 : ◆F40HwDEaOg [saga sage] :2012/07/17(火) 19:10:32.17 ID:pWTliIEx0----とある街の通り---- 女の子「……」オロオロ 女の子「お母さん…?」 女の子「……どこ?」 P「……」 P(迷子…だよな?) 女の子「……」ウルウル P「ねぇお嬢ちゃん」ポン...

真「時をかけるボクら」

1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/06/21(木) 02:34:49.29 ID:WJc3nC3DOこれは『時をかける少女』の設定を一部お借りしたアイマスSSです。 こちらでSSを投下するのは初めてですが、よろしくお願いします。 では、次レスから投下していきます。...


Page title:

2012年07月

Copyright © 2012プロデューサーさんっ!SSですよ、SS!-アイマスSSまとめ All Rights Reserved.

  Designed by:paritto