スポンサーリンク

「961プロ」のカテゴリを含む記事

北斗「冬馬のプラモ壊したのか?」翔太「うん」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/28(月) 14:59:12.58 ID:qKzF7GUe0翔太「どうしようこのプラモ…」 北斗「壊しちゃったんだから謝らないと」 翔太「やっぱそうだよね…でもこれ前に冬馬君が自慢していた奴だよね」 翔太「もしもものすごく怒って解散とか言ったりしたら…」 北斗「流石にそれはない、いくらプラモが壊れたからってそう簡単にジュピターが終わるとは思えない」 ...

黒井「765プロのPそっくりに変身してやったぞ!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/03(木) 02:43:07.68 ID:J+wdDf7j0P「もごぉ!もがぁ!?」 黒井「ふん!やかましい!静かにしていろ!」 悪徳記者(以下悪徳)「しかし、最近の特殊メイクの技術は凄いですね…」...

黒井「961プロの日常」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/07(月) 00:52:31.174 ID:wefOD92I0.netこの話は 美希「961プロの日常」 貴音「961ぷろの日常」 響「961プロの日常」 の続き的なものですが、たまには彼の名前をちゃんと思い出してあげてください3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/07(月) 00:53:28.624 ID:wefOD92I0.net第十話 PM11:00(Sat) 北斗「こんばんわ、エンジェルちゃんたち」 北斗...

黒井「王者になる為には孤独でなければならない」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage] :2015/02/12(木) 01:43:59.74 ID:X+Po6YsS0 横浜某所 フェス会場 春香「僅差で負けちゃいました…」 千早「ほぼ互角だったんですが…」 やよい「悔しいです~…」 P「さすがはジュピターって所か…だが手ごたえはあった!」 P「お前たちなら次は勝てるはずだ!」 春香&千早&やよい「はいっ!!」 ???「相変わらず仲良しごっこを...

翔太「そろそろだねー」 北斗「あぁ、そうだな!」

1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/07/17(木) 21:07:52.04 ID:8CoVeWIh0 翔太「待たされた分、思いっきり暴れようね!」 北斗「あぁ、ファンやプロデューサーも待ってるからな」 翔太「うん! 楽しみだねー♪ 冬馬くんも楽しみだよね?」 冬馬「ハァ……」ドヨーン 翔太「って、えええ!?」 北斗「おい、冬馬どうした!?」 冬馬「アー、ヤッテランネェー」ダルーン ...

美希「たなばたフェアリー」

1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/07(月) 23:18:00.59 ID:Ezd7Rl3Vo  七夕の一日、ミキ達フェアリーの3人は、文字通り「解放」される。  一年に一度しか逢えない、織姫と彦星に比べると甘っちょろいけれど。 美希「遅れてごめんなのー!」 響「美希、こっちこっち!」ブンブン...

冬馬「とんでもないプロデューサーが来ちまったぜ」金

1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/06/21(土) 22:20:32.03 ID:3up9DghJ0昼頃 961プロダクションビル前 黒P「忘れ物はないか?」 翔太「衣装もあるしー、音源もあるしー...たぶん大丈夫かな!」 北斗「それじゃ、行きましょうか降郷村に!」 冬馬「出発進行、だぜ!」 バタン ブーン 3 : 金 [sage] :2014/06/21(土) 22:26:15.29 ID:3up9DghJ0 前回(水)までの話 ・961プロが干された ・...

冬馬「とんでもないプロデューサーが来ちまったぜ」水

1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/24(土) 23:28:32.71 ID:6krxghNT0アイマスssです。時系列とか具体的な設定は微妙ですが、アニマスに近いかと思います あと、クロスではありません 書き溜めはありますが、ゆっくりと始めたいと思います2 : 1 [saga] :2014/05/24(土) 23:30:40.45 ID:6krxghNT0 961プロダクションビルの一室 翔太「いやー今日も疲れたね」 冬馬「これくらいでへばったのか翔太?...

黒井「961プロの天海春香だ」

1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga ] :2013/11/21(木) 16:28:16.68 ID:R1rfnTuFo 高木が事務所を設立した時から調査部を派遣し 何人のアイドルが所属し、どのようなアイドルがいるか そして、どこからならば崩れるのかを調べさせ その中の中心となりやすいアイドルも容易に調べがついた 私としては、その調査結果にはあまり期待はできんが なぁに、失敗なら調査部も合わせて切り捨てればいいだ...

黒井「勘違いするな」

1 : ◆cL65.x30Bs [saga] :2014/03/17(月) 22:46:42.64 ID:EhV5ew9M0※キャラ崩壊。グダグダです。 2 : ◆cL65.x30Bs [saga] :2014/03/17(月) 22:47:27.95 ID:o2PjnxT30 美希「社長!!」 黒井「どうしたんだね美希ちゃん?」 美希「おにぎりが食べたいの!!」 黒井「君は収入以上に食べ過ぎだ、これ以上はあげられないよ」 美希「そんなぁ~…社長ぉ……」...

響「961プロの日常」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/01(土) 21:59:02.20 ID:JK1tVwrV0   この話は 美希「961プロの日常」 貴音「961ぷろの日常」 の続き的なものですが、網羅君のためを思うなら前話は見ないであげてください   3 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/01(土) 22:00:16.26 ID:JK1tVwrV0 第七話 響「差別化を図りたいと思うんだぞ」 黒井「・・・・・・」 ...

貴音「961ぷろの日常」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/15(土) 00:03:51.92 ID:7ly23rsX0   この話は 美希「961プロの日常」 の続き的なものですが、ヨーダ君のためを思うなら前話は見ないであげてください   2 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/15(土) 00:05:02.04 ID:7ly23rsX0 第四話 貴音「差別だと思います」 黒井「いきなりどうした?」 貴音「どうしたもこうした...

美希「961プロの日常」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/20(月) 00:36:43.99 ID:eq4+AeH10 第一話 美希「差別だと思うの」 黒井「唐突に何だ?」 美希「オーバーマスターの歌詞、知ってる?」 黒井「もちろんだとも、自分のところの曲だからな。いつでも宣伝できるようにCDだって5枚は常備しているぞ」 美希「じゃあ歌詞カードを見てほしいの。サビの前あたり」 黒井「どれどれ・・・」...

P「車買い換えようかな」冬馬「車持ってたのか」

1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/10/30(水) 02:45:00.34 ID:VLIYSQFWOP.Kジュピターの人が書くP+961の面々が好きで、ほのぼのした5人が書ければと。 あと、車。2 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/10/30(水) 02:46:47.99 ID:VLIYSQFWOP「あぁ、送り迎えとかにも使うからな」冬馬「それって社用車ってヤツか?」P「俺の車なんだけどな社用にも使ってるんだよ。 かなり走ってるか...

冬馬「俺たちって……ジュピターっぽいことしたか?」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/28(日) 13:29:00.67 ID:lQJRd8qS0 翔太「……?突然どうしたの、冬馬くん」 冬馬「いや、だって……おかしくないか?」 翔太「何が?」 冬馬「俺たち、ジュピターなのに……アースで活動してんじゃねぇか」 翔太「……はい?」 冬馬「それって大丈夫なのか?看板に偽りありって奴じゃないのか?」 翔太「いや……何それ……」...

P「流局……流局……」冬馬「流れるなよ……頼む!来い!」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/19(火) 19:37:32.34 ID:DsGyNxRk0 冬フェス前日の夜 冬馬「よっしゃああああああ!!!!ツモ!チュウーレン、だぜ!!」 P「うわぁぁ!ハコった!ちくしょう!お前イカサマしてないか!?」 冬馬「してねぇよ。それにバレないイカサマは立派なテクニックだ。文句言われる筋合いは無ぇな」 P「くそぅ絶対してるだろ……汚いなさすがあまとうきたない……」 ...

冬馬「ジュピターに新メンバー入るらしいぜ」 北斗「誰だろうな」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/20(木) 20:52:18.67 ID:pqdICD6O0 翔太「僕女の子が良いなぁ、もうムサくてムサくて嫌になっちゃう」 北斗「同感だな、そろそろ潤いがほしいよ」 冬馬「何言ってんだてめえら、女なんか入ったら色々面倒だろ」 翔太「えー、どこが?」 冬馬「ほら、対応とか接し方とかあんだろ……」 翔太「プッ……」 冬馬「何がおかしいんだ!?」 北斗「まあまあ」...

かすみ「おじちゃんも、まいご?」黒井「違う!」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/30(金) 17:47:38.39 ID:EQNmY4aB0 かすみ「私と同じだね」 黒井「違うと言っている!」 3 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/30(金) 17:52:18.03 ID:EQNmY4aB0 かすみ「じゃあなんでキョロキョロしてるの?」 黒井「スカウトだ」 かすみ「……!!」 かすみ「い……いや」ギュッ 黒井「スカートではない! スカウトだ!」 黒...

冬馬「暇だな」P「俺は忙しいけどな」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/16(金) 13:01:15.77 ID:ApQ2zmOY0 冬馬「じゃあなんで961にいんだよ。事務所戻って仕事すりゃいいじゃねーか」 黒井「全くだ」 P「ここでの休息は重要なんですよ。コーヒーくれ冬馬」 冬馬「自分でいれろよ……」 翔太「へーほーふーん」 北斗「テレビにかじりついて何みてるんだ?」 翔太「南の島だってさ! 北斗君行ったことある?」 北斗「俺は...

律子「あなたをこうそくします!」P「な、なんだと!?」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/10(水) 13:59:28.71 ID:374liS1d0 北斗「765のプロデューサーさんが監禁された……?」 黒井「確かな情報なのか」 冬馬「情報屋から聞きだした。間違いねぇ」 翔太「誰から聞いたの?」 冬馬「緑の姉ちゃんだ」 黒井「音無君からなら間違いないだろうが……」 北斗「なぜそんなことを……」 冬馬「なぜって決まってるだろ」 冬馬「俺達のユニット活...

翔太「えっ!ドーナツが半額!?」北斗「あぁ」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/01(月) 17:48:57.16 ID:WYRU2EgB0 九月の某日 冬馬「100円セールじゃなくて半額かよ。すげぇな」 翔太「何が半額なの!?ハニーディップあるの!?」 北斗「落ち着け翔太。ほら、これがチラシだ」 翔太「貸してっ!」 冬馬「チラシまで持ってくんなよ……」 北斗「事務所の掲示板に貼ってあったから拝借してきたんだ」 冬馬「芸能事務所になんでド...

冬馬「お前がジュピターの4人目!?」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/17(月) 18:57:59.16 ID:/coaYQHT0 ハズレー 響「あぁ……」 冬馬「ふん、気合いが足りねえぜ」 響「こんなのただの遊びでしょ!?」 冬馬「……お」 トゥルルルル バンッ! オメデトー! 冬馬「ゲッチュー!どうだ見たか765プロ!」 響「……フン」プイッ ジジジジ パタッ 冬馬「……」 翔太「良かったね、冬馬君」 亜美「良かったね、あまとうー」 冬馬「あ...

冬馬「765プロのPのアドレスをゲットしたぜ!」 

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/07(火) 20:33:35.56 ID:a3vRlUXw0 冬馬「961プロを離れて、俺たちジュピターは小規模な事務所で細々と、しかし楽しくアイドルを続けている」 冬馬「団結という可能性。あいつらに出会っていなければ、今の俺たちはいない」 冬馬「だけどやっぱりこの世界、友情でどうにかできねぇ部分もあるだろ!」 翔太「それで文通かー。アドバイスをもらうって意味でも...

黒井「生レバーが……終わってしまった」P「そうですね」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 18:03:51.47 ID:YbpnadHS0 黒井「そこのレディ。生レバーをひとつ」 店員「申し訳ございません。生レバーは取り扱いできなくなりましたので……」 黒井「そ、そうだったか……ではユッケを……」 P「黒井社長……!もういい……!もう休んでください……!」 冬馬「まぁさくらユッケでも食って元気だせよ」 黒井「馬は好かん」 翔太「せっかく冬馬君が...

P「そういえば律子も二十歳になるんだよな」黒井「ほう」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/22(金) 19:52:41.11 ID:4KQ7xIAw0 冬馬「秋月って未成年だったのかよ」 北斗「冬馬とふたつ違いとは……」チラッ 冬馬「なんだよ?」 P「意外だろ」 北斗「ですね」 翔太「僕もっと大人かと思ってたよ」 冬馬「眼鏡でスーツだからな」 P「関係ない……とは言い切れない気がする」 黒井「なぜそんなことを私達に?」 P「えぇ。せっかく酒飲めるよう...

P「初めまして。961プロのプロデューサーです」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/23(土) 22:44:32.44 ID:avySnIbg0 黒井「まずは入社おめでとう」 P「ありがとうございます」 黒井「最初に言っておくが、我が961プロは凡百の甘ったれた事務所とはわけが違う」 P「はあ」 黒井「仕事は自分で探せ。率先して動け。役立たずは不要だ」 P「頑張ります」 P(大変そうだな……まずは先輩方の働きぶりを観察して行動の指針を――) 黒...

黒井「プロデューサーさん、密着取材ですよ! 密着取材!!」

1 : Swing ◆sxnyhhBh7A:2012/06/07(木) 10:18:22.01 ID:Lo6ZJSDt0P「俺に密着取材ですか?」 社長「そうなんだ」 P「なんでアイドルじゃなくて、俺なんですか?」 社長「いまや765プロも所属アイドル達のおかげで有名になった。その原動力が君である事は疑いない」 P「いやそれは」 社長「謙遜する事はない。最近はテレビをつければウチの誰かが映っているし、街には歌声が流れている」 P「それは確かに」...

P「冬馬はどんな女が好みなんだ?」冬馬「そうだな……」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/20(日) 17:50:37.69 ID:/Er0P4RE0 冬馬「やっぱ慎ましくて、自分の三歩後ろを歩いてくれるような人がいいよな」 翔太「うわっ冬馬君オタクくさーい」 北斗「となると、あずさちゃん辺りか?」 P「あずささんかぁ……あの人は母性的で大和撫子って感じだよな。方向音痴だけど」 冬馬「それがいいんじゃねーか!お淑やかでヌケてるのがいいんだよ」 黒井「...

P「冬馬が765プロに?」黒井「ウィ」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/06(日) 11:51:53.19 ID:sHdrcoZb0 P「俺が引き抜き!?」黒井「ウィ」の続きというかブタ太救済をちょろちょろと...


Page title:

961プロ

Copyright © 2017全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto