スポンサーリンク

「Jupiter」のタグを含む記事の検索結果

冬馬「大人の階段登る」

1: ◆7F/YYgK6TM 2017/03/02(木) 23:50:51.44 ID:4MT/4qEj0※木星SSです。女の子要素一切ゼロです。 夜。この時期はまだまだ夜の冷え込みがつらい。 早く暖房が効いた場所に行きたくて、タクシーを降りて看板を確認してから すぐさま店のドアを開けた。 待ち合わせ場所になっていた飲食店は、受付カウンターも寒かった。 外との出入りが多いからだろうか?早く奥のスペースに行きたい。 2: ◆7F/YYgK6TM 2017/03/02(木)...

冬馬「ピンクチェックスクールにやらせたい仕事?」モバP「うん…」

1: ◆9l4AYHuEsQ 2017/02/22(水) 22:09:27.74 ID:77xNrP7Z0※デレア二~デレステの世界線をゆるく意識しています ※モバPと木星は事務所は違うが仕事を通じての友達という設定 ※真面目にプロデュース方針を考えるというより、こんなピンチェが見たいっていう妄想です ‐都内某飲食店‐ 冬馬「またなんで俺たちにそんな事を…」 翔太「ていうかそれ、他事務所の僕たちにして大丈夫な相談なわけ?」 ...

北斗「冬馬のプラモ壊したのか?」翔太「うん」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/28(月) 14:59:12.58 ID:qKzF7GUe0翔太「どうしようこのプラモ…」 北斗「壊しちゃったんだから謝らないと」 翔太「やっぱそうだよね…でもこれ前に冬馬君が自慢していた奴だよね」 翔太「もしもものすごく怒って解散とか言ったりしたら…」 北斗「流石にそれはない、いくらプラモが壊れたからってそう簡単にジュピターが終わるとは思えない」 ...

翔太「冬馬君の息子と言っている人がきたよ!」冬馬「は?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 16:53:34.68 ID:MEogjza30冬馬「いきなり何言ってんだ?ありえねぇだろ。またいつものいたずらか?その手には乗らねぇぞ」 翔太「僕だって何言ってるのかわからないけどなんかさっきからずっと冬馬君の息子だとかお父さんに会わせて!とか言ってくるんだ!」 冬馬「迷惑な奴だな、よし!俺がちょっと注意しに行ってやるぜ!」 ...

響「ふたりのしくみ」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga] :2015/02/27(金) 22:07:25.59 ID:GhM3D/6x0@沖縄。波止場。夏。 空を仰ぐと太陽が頂いていた。 漁には遅すぎる時間帯で、波止場に人気はない。 麦わら帽を被った少女を除いては。 彼女はひとり、体育座りで海を眺めていた チェックのワンピースは涼しげ。 小麦色に焼けた腕が、ひしと両膝を抱きしめている。 彼女の顔をよく...

貴音「英語で言うとばぁすでい」

1 : ◆Z2EXv0FZUc [saga] :2015/01/21(水) 22:34:24.79 ID:7O0pzmduo貴音「……ばぁすでいしょっぴんぐ、ですか。それはつまり……」 美希「お買いものするの!」 響「うん。今日は貴音、誕生日だからね」 美希「ミキたちが貴音の願いをなんでも叶えちゃうよ!」 貴音「……しかし」 響「遠慮なんていらないからな!ラーメンでもお菓子でもどんとこいさー!」 美希「社長の売り込みのおかげでミキたち、たっくさん稼...

P「スシローのチャーシューネギまみれ」

1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2014/11/08(土) 19:28:24.17 ID:h78kF85Y0突然だが、俺は生魚の寿司が大っ嫌いだ。 もちろん刺身も大っ嫌いだ。 あの魚特有の生臭さは俺に深いトラウマを刻みつけている。 子供の頃、まるで赤い宝石のように見えたマグロを口に入れた時のガッカリ感は今でも鮮明に思い出すことができる。 もちろん、回らない寿司屋ならそんなことも感じさせない美味い寿司を食べ...

翔太「そろそろだねー」 北斗「あぁ、そうだな!」

1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/07/17(木) 21:07:52.04 ID:8CoVeWIh0 翔太「待たされた分、思いっきり暴れようね!」 北斗「あぁ、ファンやプロデューサーも待ってるからな」 翔太「うん! 楽しみだねー♪ 冬馬くんも楽しみだよね?」 冬馬「ハァ……」ドヨーン 翔太「って、えええ!?」 北斗「おい、冬馬どうした!?」 冬馬「アー、ヤッテランネェー」ダルーン ...

冬馬「とんでもないプロデューサーが来ちまったぜ」金

1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/06/21(土) 22:20:32.03 ID:3up9DghJ0昼頃 961プロダクションビル前 黒P「忘れ物はないか?」 翔太「衣装もあるしー、音源もあるしー...たぶん大丈夫かな!」 北斗「それじゃ、行きましょうか降郷村に!」 冬馬「出発進行、だぜ!」 バタン ブーン 3 : 金 [sage] :2014/06/21(土) 22:26:15.29 ID:3up9DghJ0 前回(水)までの話 ・961プロが干された ・...

冬馬「とんでもないプロデューサーが来ちまったぜ」水

1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/24(土) 23:28:32.71 ID:6krxghNT0アイマスssです。時系列とか具体的な設定は微妙ですが、アニマスに近いかと思います あと、クロスではありません 書き溜めはありますが、ゆっくりと始めたいと思います2 : 1 [saga] :2014/05/24(土) 23:30:40.45 ID:6krxghNT0 961プロダクションビルの一室 翔太「いやー今日も疲れたね」 冬馬「これくらいでへばったのか翔太?...

P「目指せ!」 涼「トップアイドル!」

1 : ◆JjxDNGokTU [saga] :2014/03/06(木) 18:37:27.21 ID:ZfK1L4WJ0レッスンスタジオ// ~~♪ ~~~~♪ P 「そこ! サビ前の動作流さない!」 涼 「はい! ……もっと! たーかめて果てなく こころーの、おーくまーで」 P 「腹から声出す!」 涼 「っ、とかしつくして!」 P 「そう!」 涼 「うーずまくさなかに おちてぇーく とぉーきめぇきー……」 2 : ◆JjxDNGokTU...

北斗「趣味はヴァイオリンとピアノかな☆」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/19(水) 21:20:11.90 ID:2p3UAZuA0 北斗「それは、女性の滑らかなフォルムに通じる美しさを持っていますから」 インタビュアー「へえ。女性と楽器を同じように愛でていらっしゃるんですか?」 北斗「そうですね。俺の腕に抱かれて……かわいらしい、鳴き声が耳を叩いて。ちょうど女の子を抱きしめた時のドキドキに似てるかな?」 北斗「ん? わからないなら教え...

春香「プロデューサーさんっ、デートですよ!デート!」冬馬「俺ん家!だぜ!」

1 : ◆TSml/2eVIQ:2014/02/13(木) 18:08:42.66 ID:1NrH2yOBo春香「あの、プロデューサーさん。明日って何か予定入ってますか?」 P「明日?いや、特には無いけど」 春香「じゃあっ!・・・私と出かけませんか?」 P「出かけるって春香と2人でか?」 春香「もうっ、言わせないで下さいよ!プロデューサーさんっ、デートですよ!デート!」 P「でっ・・・!?え、えっと・・・春香、デートってのはその・・・あっレッスンか?そ、それか下...

P「車買い換えようかな」冬馬「車持ってたのか」

1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/10/30(水) 02:45:00.34 ID:VLIYSQFWOP.Kジュピターの人が書くP+961の面々が好きで、ほのぼのした5人が書ければと。 あと、車。2 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/10/30(水) 02:46:47.99 ID:VLIYSQFWOP「あぁ、送り迎えとかにも使うからな」冬馬「それって社用車ってヤツか?」P「俺の車なんだけどな社用にも使ってるんだよ。 かなり走ってるか...

春香「プロデューサーさんっ、デートですよ!デート!」冬馬「動物園!だぜ!」

1 : ◆TSml/2eVIQ [sage] :2013/09/13(金) 20:59:51.62 ID:KWZQ/BcOoP「うーん・・・どうしたもんかなあ~」やよい「うー、どうしましょー」春香「プロデューサーさん、どうしたんですか?」やよい「あっ、春香さん!おはようございますー!」ペコリッ春香「ふふっおはよう、やよい」P「いやぁ・・・それがな、やよいが『野村動物園』に出ることになったんだ」春香「野村動物園・・・ってあの人気の動物バラエティーですか!?ゴールデンじゃないですかぁ...

春香「プロデューサーさんっ、デートですよ!デート!」冬馬「カラオケ!だぜ!」

1 : ◆TSml/2eVIQ [sage] :2013/08/26(月) 21:19:39.91 ID:yei/cTpwo春香「プロデューサーさんっ、デートですよ!デート!」 P「はは、またか」 春香「むぅ~、もうちょっと乗ってくれてもいいのに・・・」 P「ははは・・・ごめんごめん」 P「でも春香、ここカラオケだぞ?ボーカルのトレーニングに来たんじゃなかったっけ?」 春香「あ、あのっ!いつも使ってるスタジオが今日は空いてなかったんです!」 P「空いてない?珍しい...

冬馬「俺たちって……ジュピターっぽいことしたか?」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/28(日) 13:29:00.67 ID:lQJRd8qS0 翔太「……?突然どうしたの、冬馬くん」 冬馬「いや、だって……おかしくないか?」 翔太「何が?」 冬馬「俺たち、ジュピターなのに……アースで活動してんじゃねぇか」 翔太「……はい?」 冬馬「それって大丈夫なのか?看板に偽りありって奴じゃないのか?」 翔太「いや……何それ……」...

冬馬「ジュピターに新メンバー入るらしいぜ」 北斗「誰だろうな」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/20(木) 20:52:18.67 ID:pqdICD6O0 翔太「僕女の子が良いなぁ、もうムサくてムサくて嫌になっちゃう」 北斗「同感だな、そろそろ潤いがほしいよ」 冬馬「何言ってんだてめえら、女なんか入ったら色々面倒だろ」 翔太「えー、どこが?」 冬馬「ほら、対応とか接し方とかあんだろ……」 翔太「プッ……」 冬馬「何がおかしいんだ!?」 北斗「まあまあ」...

翔太「社会のゴミどもが……」P「え?」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/04(日) 12:41:16.56 ID:td3nby4Z0 翔太「あ、なんでもないよ。今の日本に憂いてただけ」 冬馬「急にどうしたんだよ」 P「ゲームにでも影響されたか?」 翔太「ほんと何でもないから」 北斗「それにお前腕怪我したのか? 昨日まで包帯なんてしてなかっただろ」 黒井「う、腕に包帯だと……」 翔太「気にしないで。あと僕にあまり近づかないほうがいいよ...

翔太「えっ!ドーナツが半額!?」北斗「あぁ」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/01(月) 17:48:57.16 ID:WYRU2EgB0 九月の某日 冬馬「100円セールじゃなくて半額かよ。すげぇな」 翔太「何が半額なの!?ハニーディップあるの!?」 北斗「落ち着け翔太。ほら、これがチラシだ」 翔太「貸してっ!」 冬馬「チラシまで持ってくんなよ……」 北斗「事務所の掲示板に貼ってあったから拝借してきたんだ」 冬馬「芸能事務所になんでド...

冬馬「お前がジュピターの4人目!?」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/17(月) 18:57:59.16 ID:/coaYQHT0 ハズレー 響「あぁ……」 冬馬「ふん、気合いが足りねえぜ」 響「こんなのただの遊びでしょ!?」 冬馬「……お」 トゥルルルル バンッ! オメデトー! 冬馬「ゲッチュー!どうだ見たか765プロ!」 響「……フン」プイッ ジジジジ パタッ 冬馬「……」 翔太「良かったね、冬馬君」 亜美「良かったね、あまとうー」 冬馬「あ...

P「アイドルの皆さんキャンプですよ!キャンプ!」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/31(金) 14:38:02.60 ID:kFaR0wDw0 P「青い海!」 亜美「白い砂浜!」 真美「照りつける太陽!」 雪歩「い、いぇええええええい!!」 真「そんな無理して付き合わなくても」 伊織「大体ここ海じゃ無くて川じゃない」 美希「砂浜じゃなくて石がゴロゴロしてる河原なの」 律子「泊まる場所確保出来なかったんだから仕方ないじゃない」 P「水道...

春香「あはは、私をプロデュース出来るなんて幸せですね」 P「え」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 19:38:42.10 ID:Iv5fieq70 春香(私には何の特徴も無い……歌も踊りもお芝居も特に凄いわけじゃない) 春香(こんな私がアイドルデビューしてもすぐに埋もれてしまう) 春香(そんなの絶対イヤ!!だから……私は) P「今日から俺が君のプロデューサーだ、よろしくな!」 春香「あはは、私をプロデュース出来るなんて幸せですね」 P「え」 春...

冬馬「765プロのPのアドレスをゲットしたぜ!」 

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/07(火) 20:33:35.56 ID:a3vRlUXw0 冬馬「961プロを離れて、俺たちジュピターは小規模な事務所で細々と、しかし楽しくアイドルを続けている」 冬馬「団結という可能性。あいつらに出会っていなければ、今の俺たちはいない」 冬馬「だけどやっぱりこの世界、友情でどうにかできねぇ部分もあるだろ!」 翔太「それで文通かー。アドバイスをもらうって意味でも...

P「貴音は居るか?」貴音「はい、こちらに」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/22(日) 18:49:50.71 ID:Doaoauzx0 P「貴音、新しい仕事があるんだけどやってみるか?」 貴音「新しい……仕事、ですか?それはどのような内容なのですか?」 響「おお、おめでとう貴音!それってどんな仕事なんだ?」 P「ああ、芸能人おすすめの店の特集で今回はラーメンでな」 貴音「なんと!らぁめんですか!」 響「あはは、うちの事務所だと貴音向き...

P「今日はデートだから」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/30(土) 12:21:58.19 ID:BrPmJc2A0 雪歩「……え?」 響 「い、今なんて言ったんだ?」 P「デートするんだよ。今日、これから」 小鳥「霧が濃くて前が見えないわ……」フラフラ P「だから今日は早退しますね」 律子「早退!?」 P「もうゾッコンなんだよ」 P「人生って楽しいなぁ! はは! じゃあ俺帰るから! お疲れ!」 高木「あ、君まだ仕事が……...

黒井「プロデューサーさん、密着取材ですよ! 密着取材!!」

1 : Swing ◆sxnyhhBh7A:2012/06/07(木) 10:18:22.01 ID:Lo6ZJSDt0P「俺に密着取材ですか?」 社長「そうなんだ」 P「なんでアイドルじゃなくて、俺なんですか?」 社長「いまや765プロも所属アイドル達のおかげで有名になった。その原動力が君である事は疑いない」 P「いやそれは」 社長「謙遜する事はない。最近はテレビをつければウチの誰かが映っているし、街には歌声が流れている」 P「それは確かに」...


Page title:

Jupiter

Copyright © 2017全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto