スポンサーリンク

「美穂」のタグを含む記事の検索結果

小日向美穂「プロデューサーくん」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 19:07:37.21 ID:KzC4Vy7jO「ああ……ああ、ありがとうございます」 「本当に、ありがとうございます……プロデューサーさん」 「嬉しいです」 「とっても」 「心の底から」 「本当に本当に」 「私、嬉しいです」 「胸から溢れて湧いてくる熱いものに、身体の全部を溶かされていっちゃうのを抑えられないぐらい」 「気持ちよくて心地い...

五十嵐響子「ピーキーキュートとお料理番組」

1: ◆i/Ay6sgovU 2017/03/25(土) 23:23:42.67 ID:/5soC8/L0 前作 五十嵐響子「ピーキーキュートと苦労人」 2: ◆i/Ay6sgovU 2017/03/25(土) 23:24:01.35 ID:/5soC8/L0 ~五十嵐響子・自室~ 五十嵐響子「ふう……」 響子(お部屋の掃除は、これくらいでいいかな……) 響子(そろそろお昼……せっかくのオフだし、何か新しいレシピでも試そうかな?) 響子「うーん……」 響子「あっ!」 響子(そうだ! 確...

美穂の乙女心とお腹の虫と(デレマスSS)

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/01(水) 01:14:56.71 ID:uZgf9ghUo ※独自設定有り、キャラ崩れ注意 2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/01(水) 01:15:24.19 ID:uZgf9ghUo  困った。どうしたものだろう、と小日向美穂は思って色々と考えてみたけれどどうしても考えは纏まらず、うあーっとベッドに倒れた。ふかふかのベッドは気持ちよく美穂の身体を支えてくれて、...

モバP「あなたが好き」 美穂「え‥‥?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/27(月) 18:39:03.56 ID:eZwaXIdCo モバP(以下P)「あなたを好き」 美穂「え‥‥えっと、そ、それは‥‥」 P「どう思う?」 美穂「ど、どうと言われましても、そ、そのぉ‥‥あの‥‥///わ、私は‥‥///」 P「俺は後者の方が日本語として好きだ」 美穂「‥‥え?」 ※短いです...

冬馬「ピンクチェックスクールにやらせたい仕事?」モバP「うん…」

1: ◆9l4AYHuEsQ 2017/02/22(水) 22:09:27.74 ID:77xNrP7Z0※デレア二~デレステの世界線をゆるく意識しています ※モバPと木星は事務所は違うが仕事を通じての友達という設定 ※真面目にプロデュース方針を考えるというより、こんなピンチェが見たいっていう妄想です ‐都内某飲食店‐ 冬馬「またなんで俺たちにそんな事を…」 翔太「ていうかそれ、他事務所の僕たちにして大丈夫な相談なわけ?」 ...

ボクが如何にしてまゆさんの緊縛姿に向き合うのか(デレマスSS)

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 22:28:26.67 ID:3U8mubQeo ※独自設定あり、キャラ崩れ注意 2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 22:28:54.32 ID:3U8mubQeo バレンタインデーの朝、輿水幸子が小日向美穂との仕事前の打ち合わせのために事務所に入ると、裸体にリボンだけを巻いている……いや、訂正しよう。  正しくは、巻き付けようとしたけれども失敗...

ボクが如何にして美穂さんのお腹に堕ちたのか(デレマスSS)

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/04(土) 09:42:17.70 ID:4Sbe5APxo 輿水幸子にとっての小日向美穂という存在を、はたして幸子はどう思っているのかと言われると答えを窮することになる。しかしその理由はけっしてネガティブな意味合いとしてのものではなくて、むしろ大きくポジティブに寄っていると言っても過言ではない。  曰く、いつも優しい人であり。  曰く、ボクに負けないくらいにカ...

小日向美穂「失恋ビターショコラ」

1: 超短編 ◆CiplHxdHi6 2014/02/14(金) 00:03:17.20 ID:PtLp0orv0「あ、あの! プロデューサーって甘い物と苦い物、どっちが好きですか?」 「? 急にどうした?」 「ちょっとしたアンケートですっ」 思い切って彼に聞いてみる。ポカンとしているけど気付いているのかな、もうすぐバレンタインだということを。 「まぁ甘いものは好きだけど……少し苦いぐらいがちょうどいいかな。これで良い?」 「……そうですか...

蘭子「芳乃ちゃんが闇に飲まれた」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/03(火) 04:12:50.99 ID:iDHzawPeo 蘭子「くっ……なんと強大な闇の力……っ! 我が瞳に宿りし"魔眼"すら通用しないだと……!?」 芳乃「ふふふ……でしてー」ゴゴゴゴ 蘭子「かくなる上は奥の手……禁術の"邪眼"を目覚めさせるしか……!」 芳乃「わたくしにーそのような小手先の技が通じるとでもー?」ゴゴゴゴ 蘭子「……この力を解き放てば、確かに我が身も無事...

加蓮「クリスマス後日の」美穂「ガールズトーク」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/29(木) 15:36:13.36 ID:vItQWoMZO 加蓮「外さっむかったー…なんで冬ってこんなに寒いんだろ?」 美穂「冬だからじゃないかな?」 柚「わぁ、美穂チャンあったまいー!寒いからこそ遊ばなきゃソンだよ!」 加蓮「若い子は元気だね。あ、美穂ちょっとミルクティー取ってくれる?」 美穂「はい、加蓮ちゃん。ドーナッツとミルクティーって合う...

小日向美穂「夢で逢えたら」

2: ◆kBqQfBrAQE 2016/12/17(土) 16:41:19.23 ID:Tqz6kMYs0 見えない世界に足を踏み出すというのは、この上なく怖いものです。 その中では、何が待ち構えているのか分からないから。 また、その先にある光の向こうへ顔を出すことも、怖いものです。 見えない世界を歩いてきた結果が、後悔するものであるかもしれないから。 私が立っているのは、暗がりの舞台袖。 10段ほどの階段の先には、大きなステージが待っていま...

小日向美穂「高く、飛べる」

2: ◆eBIiXi2191ZO 2016/12/16(金) 22:55:05.29 ID:oKvYaFDpo  どれだけ経っても。どこにいても。  ステージに立つ前の私は、相変わらず緊張で足が震えます。  震えは今でも止まることはないけれど、でも。かつての私とは違っています。視線の向こうにはほら、私を待ってくれる大勢のファンがいるから。  そして、私に気づかせてくれたプロデューサーさんが、いるから。  私は、心地よい震えを感じながら、開幕の...

乃々「美穂さんにお誕生日プレゼント…むーりぃ…」

2: ◆vFEWRAh8RU 2016/12/16(金) 00:06:10.69 ID:LtPmVndF0 ―――事務所 美穂「ふわぁ…」 卯月「美穂ちゃん、なんだか眠そうだね。ふふっ、今日は美穂ちゃんの誕生日なのに」 美穂「それが原因なんだよ…。日付が変わった瞬間に幸子ちゃんと紗枝ちゃんと友紀ちゃんが部屋に上がりこんできて…」 乃々(美穂さんと卯月さんがおしゃべりしてます…。キラキラしてて、近づきづらい…) 3: ◆vFEWRAh8RU 2016/12/16...

小日向美穂「夢色、キラキラ、ダイヤモンドダスト」

2: ◆WJfkFowgA. 2016/12/16(金) 00:06:58.60 ID:g4iXPbsKo  小学校の頃、家族みんなで北海道旅行に行ったことがありました。生まれて初めて乗る飛行機に終始ビクビクしていたり、札幌駅の時計台にビックリしたり、美味しいご飯を食べたり。10年近く経った今でも記憶の中に残っている大切な思い出。  そして私はあの時見た光景を一生忘れることはないと思う。 『美穂! 美穂起きろ! 凄いぞ!』 『うぅん……なぁに、...

【モバマス】未央「みほちーとさっちー」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/14(月) 23:12:08.53 ID:LWFYW1bUoーーー事務所 未央(レッスンがあると思って事務所に来たけれど、まさか日付を勘違いしてたなんてなー。とは言えせっかく来たんだからそのまま帰るのももったいない) 美穂「それでね幸子ちゃん、私は卯月ちゃんにこう言ったの、それはワカメじゃなくてカツオだよって」 幸子「へえ、そうなんですか。それにしてもお味噌汁...

モバP「抜き打ちファッションチェック?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/19(水) 17:19:05.85 ID:WPxH+OkM0 美穂「美穂と!」 春菜「春菜の!」 美穂春菜「「抜き打ちファッションチェック!!」」 美穂「このコーナーはみなさんの私服を調査していくコーナーです!」 春菜「ダサい服装をしている方は私たちが直々にコーディネートしちゃいますからね!」 モバP「…………」 美穂「…………」 春菜「…………」 美穂「ってい...

卯月・美穂・響子「私たち、ピンクチェックスクールです!」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/19(水) 18:55:37.69 ID:x7irV3F80某日・とある芸能事務所 卯月「ねえ聞いてステキな恋をしてるの~♪」 ガチャッ 美穂響子「おはようございます♪」 卯月「あ、響子ちゃん、美穂ちゃん!おはよう!」 美穂「おはよう、卯月ちゃん。何してるの?」 卯月「『ラブレター』のMVを撮った時のアルバムを見てたんだ」 響子「『ラブレター』…楽しかった...

モバP「アイドルと夏祭り」

1: ◆VvO10zxPeo 2016/09/02(金) 18:00:27.47 ID:VZ7fy0T40 ナターリア編 ナターリア「オオ!夏祭りって人いっぱいなんだナ!」 モバP「花火大会が有名だしそれが目的って人が多いんじゃないか?」 ナターリア「そうだったのカ!ナターリア、花火楽しみだヨー♪」 モバP「ここの花火は期待してていいぞ。前に見たときはかなり派手だったから」 ナターリア「ウン!花火始まるまで一緒に見てまわろうネ、プロデ...

モバP「球磨焼酎?」小日向美穂「はい」

1: ◆kBqQfBrAQE 2016/08/28(日) 21:56:34.41 ID:Z2blTJWw0 モバマスSSです。 プロデューサーはP表記。 2: ◆kBqQfBrAQE 2016/08/28(日) 21:59:42.54 ID:Z2blTJWw0 P「しかし、どうして実家から美穂のところへ焼酎が送られてきたんだ?」 美穂「以前、熊本のお話をプロデューサーさんにしたじゃないですか」 P「ああ、確かにあったな。熊本城とか天草の話だよな?あとは、球磨焼酎の話とか」 美穂「はい。そ...

モバP「気が付けば異世界にいた」

2: オリP 2016/07/06(水) 20:01:34.88 ID:9myJ+JkA0モバP「ここはどこだ?草原と丘と、川や海の自然しかないが…」キョロキョロ モバP「アイドルと一緒にロケ中だったのに…。いきなり気を失って、目が覚めたらこんなところに…」 ???「プロデューサーさん!聞えますか?」 モバP「その声はちひろさん!どこにいるんですか!」 ちひろ「ああ、無事で何よりです!一緒にいたアイドルの子たちも無事なので安心してく...

高森藍子のゆるふわラジオ 小日向家

1: ◆8dLnQgHb2qlg 2016/07/25(月) 00:41:40.41 ID:kQyXUJ/BO 藍子「せーの」 「「こんばんはー」」 2: ◆8dLnQgHb2qlg 2016/07/25(月) 00:42:39.63 ID:kQyXUJ/BO 藍子「『高森藍子のゆるふわラジオ』のお時間です」 美穂「みなさん、こんにちは。番組は間違えてないですからね? 小日向美穂です」 藍子「さて、見覚えのある人もいるようなベッドが映っていますが」 美穂「私の番組からの人は毎週見てるかな?」 藍子「今日は...

緒方智絵里「ユーフォリア」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/18(月) 21:58:05.47 ID:t7kGj39d0―事務所― ガチャッ P「おはようございま~す」スタスタ 智絵里「おはようございます、プロデューサーさん」 P「おはよう智絵里。ええと、今日のスケジュールは…」 …プロデューサーさんが好き。どうしようもないくらい…好き。 プロデューサーさんに話しかけられる度、嬉しさで胸がいっぱいになる。 いつからかは分か...

小梅「幸子ちゃんは結局…」輝子「どっちと結婚するんだ…?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/23(木) 17:10:16.90 ID:bfQduzha0キャラ崩壊あり2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/23(木) 17:10:42.81 ID:bfQduzha0 幸子「…えっ?」 小梅「私…?」 輝子「それとも、私…?」 幸子「……」 幸子「えぇ…?」...

幸子「もっと可愛がってもらえるようになる香水?」

1: ◆QbMLM0d8YE 2016/06/01(水) 23:20:14.00 ID:TRwljXgh0 志希「そうそうー。幸子ちゃんにモニターになってもらいたいなーって」 幸子「また怪しい物を……。けど、ボクには必要ありませんよ! ボクは十分可愛がられてますからね!」 志希「そうかにゃー? 皆の幸子ちゃんに対するリアクションって」 幸子『ボクはカワイイですからね!』 凛『そうだね』 紗枝『せやなー』 友紀『...

五十嵐響子「ピーキーキュートと苦労人」

1: ◆i/Ay6sgovU 2016/05/29(日) 17:17:53.14 ID:1ZOv5qIF0 苦労人事務所です 2: ◆i/Ay6sgovU 2016/05/29(日) 17:18:16.33 ID:1ZOv5qIF0 ―――――事務所――――― 五十嵐響子(今晩のご飯、何にしようかなー……) 響子(お仕事上手くいったし、ちょっと奮発しちゃうのもいいかも……) 響子(この台本に一通り目を通したら、スーパーに寄って帰ろう……) ガチャ 島村卯月「こんにちは!」 緒方智絵里「こんにち...

藍子「ある日の昼下がり」

1: ◆8dLnQgHb2qlg 2016/05/06(金) 19:06:33.62 ID:J9K9lNQH0 「おはようござい、まー……す」  とある冬の日。  ドアを開けながら元気よく挨拶をして……その声は段々萎んでいった。  ゆっくりと中に入って、静かにドアを閉める。 「すぅ……………………」  今日はそれなりに早く来たつもりだったけど、美穂ちゃんのほうが早かったらしい。  ドアの方を向いてソファに座って、熊のぬいぐるみを抱きしめなが...

小日向美穂「好きを想う」

1: ◆i/Ay6sgovU 2016/03/21(月) 19:23:39.50 ID:YEu02TvIO 「ふう……。今日もレッスン、疲れたな……」 ベッドの上で横になりながら、黒髪の少女は呟く。 「アイドル……かぁ……」  まるで他人事のような言い方は、当然、自分の状況に向けられたものだ。 そしてその口調からは、自分の飛び込んだ環境への戸惑いが滲み浮かんでいる。 「明日も頑張ろう……」  小さな声を残して眠りについたこの少女――小日向美穂――は...

緒方智絵里「たまには、かっこいいと言われたい」

1: ◆C2VTzcV58A 2016/03/10(木) 02:50:26.10 ID:tFrk36EGO 智絵里「今度DJの仕事をすることにもなったし……」 智絵里「たまには、こう……クールでロックな感じにいきたいなあ」 智絵里「でも、どうやったらいいのかな……?」 智絵里「ひとりで考えていても仕方ないし、誰かに相談してみよう」...

モバP「智絵里、機嫌直してくれよ」 緒方智絵里「つーん」

1: ◆C2VTzcV58A 2016/01/11(月) 01:14:45.05 ID:gTb2ZK2r0 智絵里「………」 智絵里「ぷいっ」 P「頼むよ。謝るから」 智絵里「知りません」 P「智絵里~」 卯月「……何があったんですか?」 美穂「えっと、それが――」...

ちひろ「プロデューサーさん、迂闊なことして女装がバレないようにしてくださいね」

2: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 00:41:50.38 ID:JxSyixeG0――事務所 ちひろ「先日は本当にすみませんでした」フカブカ P「いやまぁ、何も無かったんでいいですけど……」 ちひろ「まさか予約したのが一般のホテルだったなんて……値段もろくに見ないで決めちゃった私が愚かでした」 智絵里「そ、そうですっ、よ、夜なんて、Pさんと紗枝ちゃんがい、ぃ、いっしょにねて……」モゴ...


Page title:

美穂

Copyright © 2017全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto