スポンサーリンク

「プロジェクトフェアリー」のタグを含む記事の検索結果

貴音「ふぇありぃは765にて最強」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/16(木) 18:28:52.60 ID:U1R8BbNQ0 美希「……」モグモグ 響「はーい。できるだけ早く来てよね! 自分たちもうクタクタだぞ! ……うん。うん、それじゃ!」 ピッ 響「迎えに来るまで待機だって」 美希「ふーん……この差し入れのおにぎりおいしいよ。響も食べる?」 響「ほんと? 一個もらおうかな……」 美希「じゃあねー響にはこのネギトロおにぎり...

美希「ミキの誕生日」

3: ◆8nxXVxj6ho 2015/11/23(月) 00:03:18.49 ID:WT6t144+0某日・765プロ事務所 響「…なるほどな!そういうことなら協力するぞ!」 響「編み物なら自分もよくやよいとか春香にも教えてるしね!」 貴音「ふふっ、わたくしも大変良い考えだと思います」グゥー 貴音「…何奴っ!」 響「いや貴音のお腹が鳴った音だぞ…」 ガチャッ 美希「ハニー!」 P「お疲れ」 貴音「みな揃ったようですね…さあ!お昼ご飯に参...

美希「利きおにぎり大会?」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 00:40:01.482 ID:I4yF4tQz0.net~都内某所~ 響「プロデューサー、すっごい高いビルだぞこれ!」 P「ああ、なんでも36階建てらしいぞ。パーティーは25階で行われるけれど」 貴音「私たちの曲の売上を祝して、このような豪華なところで祝宴を開いていただけるとは、真有りがたきことです」 P「高木社長も凄いな、いきなり電話があったかと思うと『君たちのた...

美希・貴音・響「プロジェクト・ファミリー」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga] :2015/03/03(火) 19:33:48.73 ID:HxvIbaLL0フェアリー組でファミレスに行った話 キャラ崩壊有り2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga] :2015/03/03(火) 19:34:08.81 ID:HxvIbaLL0 美希「ねぇ響…」 響「何…?」 美希「まだ何か食べられる…?」 響「いや・・・流石にこのファミレスに入ってもう二時間たつしきついぞ・・・」 美...

貴音「英語で言うとばぁすでい」

1 : ◆Z2EXv0FZUc [saga] :2015/01/21(水) 22:34:24.79 ID:7O0pzmduo貴音「……ばぁすでいしょっぴんぐ、ですか。それはつまり……」 美希「お買いものするの!」 響「うん。今日は貴音、誕生日だからね」 美希「ミキたちが貴音の願いをなんでも叶えちゃうよ!」 貴音「……しかし」 響「遠慮なんていらないからな!ラーメンでもお菓子でもどんとこいさー!」 美希「社長の売り込みのおかげでミキたち、たっくさん稼...

響「最近妄想をするんだ」美希「は?」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2014/12/30(火) 21:14:15.39 ID:DkXpZACq0美希「ひ、響? いきなり何言ってるの…ちょっと…ドン引きなのー…」 響「うがーっ! ちょっとドン引きってなんだ!日本語おかしいさー」 美希「ナイスなツッコミなの。ってそういう場合じゃないかな。妄想してるって…ちょっと怖い…かな…」 響「ピヨ子だってやってるじゃないか。なんで自分の時はそうなる...

貴音「妖精の記憶」

1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2014/12/10(水) 18:55:32.66 ID:foZUaXdEo-765プロ- 貴音「.......」 響 「たかねー」モフ 貴音「...響」 響 「どうしたの貴音。なんか元気ないね」 貴音「......響は」 響 「ん?」 貴音「響は、”ふぇありぃ”と聞いて、何か思うことはありますか?」 響 「え、フェアリー?」...

響「新しく家族になった猫が可愛くてね!」P「へぇー……」

1 : ◆p3yuNM37DY:2014/09/10(水) 16:17:27.15 ID:Jc9Wln6d0響「プロデューサー!」P「ん?どうした?」響「見て見て!」スッP「この写真は……子猫?」響「うん!新しく家族になった子猫なんだ!」響「すっごく可愛くってね!ついつい構っちゃうんだ!」P「そうか……よかったな、響」響「昨日何てね、芸を覚えさせようとしてね、一日中遊んで……」ペラペラP「そうかそうか……」P「…………」...

美希「たなばたフェアリー」

1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/07(月) 23:18:00.59 ID:Ezd7Rl3Vo  七夕の一日、ミキ達フェアリーの3人は、文字通り「解放」される。  一年に一度しか逢えない、織姫と彦星に比べると甘っちょろいけれど。 美希「遅れてごめんなのー!」 響「美希、こっちこっち!」ブンブン...

P「音無さん、緊急事態です。助けてください」小鳥「えっ!?」

1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/17(火) 22:05:09.60 ID:7toHruvm0小鳥「どうしたんですか? 今ライブ会場にいますよね?」 P「それです。竜宮小町についてなんですか」 小鳥「彼女たちが何か?」 P「一言で言うと、まずい、です」 小鳥「プロデューサー!?どうしたんですか一体?」 P「こっからはほかのアイドルたちにも聞いてほしい。スピーカーモードに切り替えてください」 小鳥...

黒井「勘違いするな」

1 : ◆cL65.x30Bs [saga] :2014/03/17(月) 22:46:42.64 ID:EhV5ew9M0※キャラ崩壊。グダグダです。 2 : ◆cL65.x30Bs [saga] :2014/03/17(月) 22:47:27.95 ID:o2PjnxT30 美希「社長!!」 黒井「どうしたんだね美希ちゃん?」 美希「おにぎりが食べたいの!!」 黒井「君は収入以上に食べ過ぎだ、これ以上はあげられないよ」 美希「そんなぁ~…社長ぉ……」...

貴音「妖精の居場所」

1 : 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga] :2014/01/21(火) 23:58:21.47 ID:/Y+Xe5oT0  自分の居場所というものは、砂上の楼閣のようなものです。  確固たる地位などは存在しません。  自分の居場所が不動のものとなったと慢心した時に、それは少しずつ崩れていくのですから。  トップアイドルまで、あと一歩。  そこでわたくしは、慢心したのでしょう。...

美希「メガネ!」

1 : 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga] :2014/01/17(金) 00:01:25.46 ID:Isnz0caW0 美希「うーん……」ジー 響「ん、どうしたの?」 美希「……ミキ、視力が落ちちゃったかも」 響「えっ!?」 美希「カレンダーの文字がさっぱり見えないの……」 響「なんでそんな急に?」...

響「マカロニ」

1 : ◆K8xLCj98/Y [saga] :2013/11/01(金) 23:27:19.09 ID:Q7052WfG0  自分の未来は、既に約束されていた。 2 : ◆K8xLCj98/Y [saga] :2013/11/01(金) 23:28:22.72 ID:Q7052WfG0  沖縄を離れて、学校の友達やアクターズスクールのチームメイトとも連絡を取らなくなっていった。  連絡をとっていると、いつしか自分は故郷に依存してしまうと考えたから。 「美希ちゃん。今回のアイドルアルティメイトは、君のみに出...

響「全力アマゾン卓球ナイトクルーズ」

1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/10/10(木) 23:08:15.36 ID:PLN/j4Hn0【某日・事務所】 P「なぁ、響」 響「なんだ?」 P「今度の生っすか、響チャレンジなんだけど」 響「うん」 P「今回は、放送日が響の誕生日に近いってことで……スペシャルだ」 響「す、スペシャルか……」 P「いや、変なことはしないぞ」 響「え?」...

響「ねこ吉が家出した......」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/27(金) 22:26:11.68 ID:pOJZpjWgP -響のマンション- チュンチュン... 響「んーー、今日もいい天気!!」 響「.さて、と」 響「おーいみんなー、朝ごはんの時間だぞー」 \へへっわうわうっぢゅぃっぎゃおおんっ/ 響「はいはい、慌てなくてもちゃんとみんな分あるってば」 コト... 響「よーし...”待て”!」...

響「妖精の呼子笛」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/24(火) 22:19:29.38 ID:DaOz60ciP 響(プロジェクトフェアリーが結成してから、どれくらいだろう) 響(フェアリーは、飛ぶ鳥を落とす勢いで躍進を続けている) 響(今が頑張り時) 響(だから、大きな見落としをしていることに) 響(気がつかなかったのかな)...

響「ドラマチックジェンガ」

1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/12(水) 22:24:59.01 ID:i9AoNlKc0美希「あふぅ……」スッ スッ 響「美希、寝不足か?」スッ スッ 貴音「睡眠は重要ですよ」スッ スッ 美希「うーん……よく分かんないの」スッ スッ 響「……なんか、今日暑くない?」スッ スッ 貴音「空梅雨ですから……」スッ スッ 美希「……」スッ スッ 響「……」スッ スッ 貴音「……」スッ スッ 響「……暇だな」...

貴音「面妖ですから」

1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/03/20(水) 23:52:15.72 ID:6AKRMIxS0貴音「………………」ズルズルルズルルルズルル 美希「………………」チュルチュル 響「………………」チュルチュル 貴音「……ご馳走、様でした」パンッ 響「ふえー。はっやー」 美希「貴音は相変わらずなのー。一体どこに入ってるの?なんでそんなに食べられるの?」 貴音「ふふ……。面妖ですから」 響「なんか得意げに妙な...

響「問題!」

1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/03/15(金) 13:10:47.12 ID:gXMHlUTl0響「料理で’塩少々’と’塩ひとつまみ’、どっちの方が多い?」関連スレ春香「問題!」...

貴音「ただいまより第1回鍋会議を始めます」響「鍋会議?」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] :2012/12/20(木) 23:43:32.08 ID:qdQ8EQT10 貴音「それではまず、議長の私から一言」 響「一言?」 貴音「鍋とは皆で囲み食すことによって、より美味しくいただけるものです」 貴音「私たちはいまゆにっとを組んでおりますが、その親睦を深めるのはよいことだともプロデューサーにお聞きしました」 貴音「ゆえに来週の日曜日に響の部屋にて鍋ぱあてぃを開催...

貴音「わたくし達が響を」美希「看病するのー!」

3 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/12(水) 00:57:17.31 ID:W/68nRY40 ―――ある冬の日の朝・765プロ事務所――― ガチャッ 貴音「お早う御座います」 美希「おはようなの…あふぅ」 小鳥「おはよう、貴音ちゃん、美希ちゃん。今日も朝早くから、大変ね~」 貴音「今度のらいぶは、わたくし、美希、響の三人ゆにっとで臨む初めての舞台…全力で取り組まねばなりません」 美希「ミキ的には、もうレッ...

美希響貴音「THE・3名様!」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/04(火) 23:45:53.21 ID:1kJ6mL4r0 #1 『釈然としない』 某日 夕刻 都内某所ファミレス 美希「……」ペラリ 響「……」チュゴゴゴ 貴音「……」モグモグ 響「……あのさ」 美希「何? ついに今日のトークテーマ発表?」 響「いや、そういうわけじゃないんだけど……」 響「……こほん」 響「これっくらいのっ♪ おべんとばっこにっ♪」サッ サッ 響「……って...

P「あ、あれ…?」千早「どうしました?」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/10(土) 02:22:28.73 ID:H5Nl/VYz0 P「なんで…四条さんがウチの事務所にいるんだ?」 千早「なんでしょうか、どっきりか何かですか?」 P「だって、彼女は961プロだろ?」 千早「言ってることがよく分かりません」 P「俺にも分からないんだ…」...

P「気が付いたら響が布団に潜り込んでた」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 06:36:23.36 ID:QcPohTqa0 P「……んっ……?」 響「すぅ……すぅ……」 P「……響か……」 P「狭いから離れてくれ」 響「……んー………」 P「……もういいや……寝よ……」 P「………」 P「え?」 P「なんで響が俺の家にいるんだよっ!」 響「んん……うるさいぞ……」...

美希「ハニー!」 貴音「貴方様」 響「うー…」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/14(金) 23:18:00.11 ID:PyrsVoI/0 響「美希と貴音はプロデューサーの呼び方が違ってみんなより距離が近いぞ…」 美希「ハニーは美希のハニーだから当然なの!」 貴音「とっぷしーくれっとです」 響「羨ましいなぁ 自分もプロデューサーと仲良くなりたい…」ボソッ P「3人ともそろそろ時間だからお話は中断して準備してくれ」 美希「あのねハニー 響がハニ...

響「こんなダメダメな私は沖縄へ帰りますぅ~!!」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/11(土) 01:31:16.08 ID:u8eIO1Jo0 黒井「ノン!響ちゃん、そんなことではトップアイドルにはなれないよ?」 響「でもぉ……私、本当に気が弱くて…ダメダメで……」 黒井「君には運動神経があるだろう?沖縄ちゅらさんコンテストで優勝した身じゃないか!」 響「偶然調子が良かっただけです…他のみなさんの気迫がすごくて、逃げ出しちゃいそうになっちゃいましたけ...


Page title:

プロジェクトフェアリー

Copyright © 2017全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto