プロデューサーさんっ!SSですよ、SS!


杏「杏・輝子・小梅のシンデレラジオ 第90回」





1VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/11/24(月) 22:27:00.78 ID:6hxJ3pGH0






7VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/11/24(月) 22:29:06.78 ID:6hxJ3pGHo


杏「ラジオネーム『アシモ軍曹』さんからだよ」

――――――――――――――――――――――――――――――――
11月13日、シンデレラジオを聞く。

オープニングトーク中、突如菜々さんが乱入し

杏ちゃん達に激しいツッコミを入れていた。

あの勢いの良さには、流石この番組の準レギュラーだと、感動すら覚えた。

次ゲストに来る時は、きっと家の1つや2つぐらいは

リスナーと番組の為に捧げてくれるよね!
――――――――――――――――――――――――――――――――

杏「菜々さんならやってくれるよ」




美希「寝て、起きて、夢心地」





1VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/11/23(日) 23:23:11.15 ID:r1PtzsJy0


「ん、ふぁ…あふぅ」

「あ、星井さん。起きたんだね。おはよう」

「ん、おはようなの。えーっと、そこの人」

「そこの人って…、はは、ひどいな。俺はプロデューサーだって朝ちゃんと説明しただろ?」

「そうだっけ?まぁ、ミキ的にはなんでもいいって思うな」

「俺としては、ちゃんと呼んでほしいんだけどな」

「んー、それはそこの人の今後のがんばり次第なの!あはっ☆」

「はは、じゃあ早く認めてもらえるよう頑張るよ」

「うん、じゃあミキ今日はもう帰るね」

「うん。また明日、星井さん」

「じゃあね~」







美希「あふぅ」





1 ◆x05CVfYU6A [saga] :2014/11/24(月) 05:31:21.04 ID:z4WMIrSv0


「あふぅ」


雪歩「美希ちゃん、美希ちゃん!」

真「うぅ……なんでこんな……」

美希「あっ、雪歩お疲れ様なの!」

雪歩「中々選ぶの苦労しちゃったけど、こんなコーディネートでどうかな?」







律子「美希には勝てる気がしない」





1VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/11/23(日) 22:29:53.73 ID:rkAM5Rtp0


律子「お疲れ様です、ただいま戻りましたー」

美希「あ、律子、おかえりなさいなのー」

律子「あんたね……何回同じこと言わせるのよ……『さん』をつけなさいって……あら?」

律子「ひょっとして、美希一人?」

美希「そうだよー」







美希「天辺に一番近い場所」





11 [saga] :2014/11/23(日) 22:20:52.14 ID:rlRo/uli0


・アイマスSSです。
・美希誕SSです、美希お誕生日おめでとう!!
・地の文あります。

ではよろしくお願いします。








21 [saga] :2014/11/23(日) 22:21:45.53 ID:rlRo/uli0



誰が最初にこうしたのだろうか。
ドアノブに挿したままの鍵を一度回す。

錆び付いた音と共にドアを押すと、隙間から強い風が漏れる。

「…………っ」

今は11月末、すっかり寒くなってしまった強い北風に押されながら、
両手で屋上へのドアを開ける。

開け放った瞬間、風は止み耳に入ってくるのは下で聞こえる鉄の音ばかり。
ずっと風の音だけ聞いていれば、少しは現実に引き戻されなくて済んだのかもしれない。





【モバマス】楓「雪見だいふくを食べる雪美ちゃん……ふふっ」






2 ◆yz988L0kIg [saga] :2014/11/23(日) 15:21:45.37 ID:AXlZyT590


――――――――――

楓「ただいまもどりました~」
kedeafaga


ちひろ「おかえりなさい楓さ…その大量の買い物袋はなんですか!?」

楓「アイスですよ~」

ちひろ「どうしてそんな大量に?」

楓「みんなが食べるのですぐ無くなるんです。アイスを愛するアイドル…ふふっ……」

ちひろ「なるほど、ありがとうございます」

楓「それじゃぁ、冷凍庫に入れてきますね」

ちひろ「お願いします」




P「遠くて近い」美希「大切な声」





1 ◆dzX3.Do/lI [saga] :2014/11/23(日) 10:04:29.68 ID:DIL0H9J5o




「ママおはよー………あふぅ」

「ママー。シャンプー切れちゃったの、取ってー」

「―――それでね、ミキ、アイドルやってみようかなって」

「ただいまー!ねね、今日のご飯なあに?」

「なんか明日テレビ出れるみたい。ミキ、どんな感じなのかな?」

「今日ね、プロデューサーさんに教えてもらったことがあるんだよ―――」

「ちゃんと聞いてくれなきゃ、や!」

「ママありがと! 大好きなの!」


「それじゃ、行ってきます」







関連スレ
P「冷蔵庫が壊れた…」美希「なんてこったいなの…」
P「美希の『情熱大陸』!」美希「ハニーも一緒なの!」
美希「…くしゅん!」P「美希?」
P「ほんの少し昔で」美希「ちょっとだけ未来のお話なの」
P「光の魔法を」美希「見に行くの」
P「二人揃って」美希「ある日の日常、なの!」
P「カップリング100の質問」美希「なんで50までなの?」



モバP「魅力?」





1 ◆DQrFQ0hp.U [sage] :2014/11/23(日) 11:45:44.12 ID:mJdW54zM0


P「ただいま戻りましー!」

櫂「あ、プロデューサーお帰りー。」
nsjmki3.jpg

P「おう櫂ただいまーーー……ねぇ櫂ちゃん?」

櫂「ん?どうしたのプロデューサー?」

P「櫂ちゃんその服装って何かな?」

櫂「これ?何って見ての通り競泳水着だよ?見るの初めてだっけ?」

P「いやスク水スパッツ競泳水着は大好きだから初めて見るわけじゃないけど…なんでこんな時期に事務所で競泳水着着てるの?」

櫂「あーそれはね実はカクカクシカジカってことなんだよ。」

P「あーなるほどカクカクシカジカってことね。でもだからって本当に着るとは…。」







美希「思握」





1 ◆sIPDGEqLDE [saga] :2014/11/23(日) 00:06:55.84 ID:McnBXhBu0



春香「ただいま戻りました~」

小鳥「お帰りなさい春香ちゃん」

春香「小鳥さん、ただいまです」

小鳥「今日もお仕事お疲れ様~」

春香「ありがとうございます! もうクタクタでお腹もぺこぺこです」

美希「あれ、春香。おかえり」

春香「美希。ただいま。美希は今帰り?」

美希「そうだよ」










copyright © 2014@プロデューサーさんっ!SSですよ、SS! all rights reserved.
   Benri-navi by myhurt Template by FC2ブログのテンプレート工房